2018年11月18日 (日)

いつの間にやら風邪を引き



風邪を引いてしまった。
昨日はくしゃみが止まらず、1日中マスクをかけて過ごした。
姉孫が早番で帰宅が早かったので、夕飯支度をしてくれて助かった。
私は入浴もやめ、後かたつけも孫に任せて早々と寝た。
お医者でもらった風邪薬は、カフェイン入りのため飲むと眠れなくなるのが分かったので、置き薬の感冒薬の中から選んで飲み、よく眠れた。

10月31日に皮膚科で取り除いてもらった大きなイボの手術跡がまだ治らない。
傷の治りが遅くなったが、年だから仕方がない。
化膿しているわけではないから心配はしていない。
「日にち薬」という言葉を思い出す。

今日もいいお天気。
いつもより1時間も遅く起きて姉孫が作った朝食を食べた。
食欲は正常、今のところくしゃみは出ない。

朝刊の4コマ漫画がおかしくて大笑いした。
笑えることは良いことだ。
ありがたいことだと思う。

 ゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

コメント欄はお休みといたします。



2018年11月17日 (土)

迷っている



リメークしたい和服がある。
25年くらい前に、名古屋の大須で買った古着。


P1170850_640x480

きちんとしたきれいな古着だった。
踊りの稽古のときに、2回か3回、着ただけである。


P1170854_640x480

地厚な羽二重の小紋、塩瀬だろうと思う。
これを洋服にしたいけど、失敗を恐れている。
合繊の稽古着がまたあるので、そちらを先にリメークする方がいいかなと迷う。

いずれは捨てる和服なのだ。
いろいろ考えて縫えば、自分の頭の体操になる。
手先の衰えの進行を抑えられるかもしれない。
そして何よりも、心のさびしさが薄らぐ。

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

コメントのお返事が遅れがちですが、
どうか、お待ちくださいね。

2018年11月15日 (木)

続 「双葉の会」という老人の集まり



「双葉の会」で、母にもらった着物でハーフコートを作った話をしたら、M子さんが言った。
「私も母の着物を持っているけど、ようほどかんの。何か切なくなってきて…」

ああ、そういう人もいるのだなと、私は思った。
私は母の着物や長じゅばんを切り刻み、いろいろ作ったな、冷たい娘なんやろか?
母の銘仙の着物は、とことん活用し残ったのは補修用の小布だけになった。

先日作った自分用のマフラー。

P1170830_640x480

ずっと以前に作って時々着ているベスト。

P1170832_480x640

2010年には母のために手提げを作った。

Photo

ミニ巾着にもした。

P1170855_640x480
そして、手作りの帽子屋をしている私の娘、「帽子や多帽」は、やはり2010年に、パッチワークの帽子を作るためにこの銘仙布を使った。
「着物地の帽子」というタイトルで、娘のブログに残っている。

Photo_2

8年も前のことですねえ。
この帽子、どうなったのでしょうね。
帽子屋本人がかぶったとは思われないのですけど、
どなたかがお買い上げ下さったのでしょうか?
可愛がってもらって、今はもう古びてしまったもしれませんが、
もしもそうなら、帽子にとっても、銘仙布にとっても本望でしょうね。
考えると胸がジーンと熱くなります。

最後にこんなことを書いて申し訳ありませんが、
「帽子や多帽」がお世話になりまして、まことにありがとうございます。
私は今まで、娘の帽子展にたったの一度しか行っていません。
多くの方々が、帽子の販売イベントに足を運んで下さることに深く感謝しています。
この足て歩けるうちに、せめてもう一度だけでも行ってみたいものだと願っています。

何だが話が横道にそれて、しめっぽくなってしまいました。sweat01
お許しになってくださいね。
最後までお読み頂きましてありがとうございます。

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。












2018年11月14日 (水)

「双葉の会」という老人の集まり(笑)


昨日は、老人会の女性たちの親睦会「双葉の会」の日だった。
集まったのは5人。
先月「わたし帰る!」と途中で帰って行ったM子さんも、機嫌よく出てきてひと安心。
飲まず食わずのおしゃべり会だが、人と会話するのは大切。
時間が経つうちに身体がぽっぽと温まってくるのだった。

昨日の主役はHさんだった、と私は思っている。
賢くて無口な人だと見ていた。
会を重ねるうち、たしかに賢い人だが、予想に反して無口どころか話し好きな人だったと判明。
しかも、聞く者の心にしみる話し方なのだ。
昨日は、Hさんの生い立ちや、波乱万丈ともいえる戦中戦後の暮らしをも聞かせてくれた。

いよいよお開きという頃、Hさんがまた話してくれたのは、新聞勧誘員とのトラブルの一件だった。
最後は警察沙汰になったというのだ。
意外な展開に一同驚き、そして貴重な学びとなった。

時々小雨の降るうすら寒さだった。
果たして何人来るかな?と思いながら地区公民館の鍵を開け待っていたが、欠席届の出ていたOさん以外はみんな来て、胸の中の思いを吐き出しておしゃべりした。
私は寒がりなので、肌シャツ、セーター、カーデと重ねて着た上に、踊り子時代の稽古着で作った作務衣を着て行ったら、

P1170849_640x480

「あんたはまだ若いから、そんな物が作れるのや」と、言われた。
「孫の世話で何も作れない時期があったから、今頃になって縫っているんや」と私は答えた。
”あんたはまだ若い”とはねえ。
考えてみたら、昨日集まった中ではホントに私が一番年が若かったのだ。
81歳の私がねえ。┐(´-`)┌



2018年11月13日 (火)

最低ね



負けず嫌いな あの人に
ちょっと意地悪したんだよ
私が少しがんばって
作った物を 見せたんだ

大したものでは ないけれど
負けず嫌いな あの人に
見せてはならない物だった

それを承知で見せたのさ
負けず嫌いな あの人は
じっと黙って見ていたよ
何でも一番でなきゃ嫌な人
たまにはちくりと刺してやろ

負けず嫌いな あの人は
負けず嫌いを 隠せずに
負けず嫌いを 顔に出す
正直すぎる人なんだ
ほんとは可愛い人なんだ

ほんとに可愛いあの人に
意地悪するって 最低ね

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

«忙しすぎてなさけない

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

レジ袋ふうエコバッグ

にほんブログ村 登録

新聞紙バッグ作り方