2020年9月21日 (月)

嫁に先を越されたジジババのお墓参り

昨日は、久しぶりに、じいさんと二人で嫁のお墓に参った。
お盆前の墓参は、姉孫といっしょだったから、じいさんとは4月以来だ。
じいさんが病気だった5、6、7月は、月命日にも参らなかったのだった。

今回、じいさんは墓前には近づかず、駐車場の車の中で待っていた。
墓地の通路には砂利が敷かれていて歩きにくい。
足腰が万全でない病後のじいさんには、
無理をしてもらいたくなかった。

婆さんも、本当は杖をついて歩きたいくらいだったのだが、
墓参グッズ入りの手提げと、榊と水桶を持たねばならなかったから、
杖をつくのはあきらめた。

石碑の周囲に敷き詰めた玉砂利の間から、
ところどころ生え出た小草は、
お盆過ぎからの厳しかった残暑で茶色く枯れ、
簡単に抜きとることができた。
痛んだ榊をごみ袋に入れ、
新しい榊と取り替える。

ジジババのしつけが良くなかったのか、
若い者たちは、めったにお墓参りをしない。
原因は、しつけの悪さだけではないのかも知れないと、婆さんは思う。
30歳で世を去った息子の嫁、孫姉妹にとっての母親に対しては、
父と娘たちそれぞれに、深く思うところがあるのではないか。


Photo_20200921135901 

最近、婆さん の心に浮かぶのは「墓じまい」だ。
右隣りのお墓は、今年どこかに引っ越しをされたのか、
更地になっている。

嫁の遺骨を埋葬してからの23年間、
一度も顔を合わせたこともない「お隣さん」ではあったけれど、
不思議に雑草1本すら生えていない更地を見て、
あらためて、言いようのない寂しさに襲われたのだった。

* * * * * 

ゆっくり参加しています。
応援して下さりありがとうございます。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ
にほんブログ村

にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村

2020年9月19日 (土)

気にしないようにしてる

昨日、一昨日と、じいさんの機嫌が良くなかった。
昨日なんか、朝から大声を出して怒っていた。
原因は、後から思い出せないほどの些細なこと。

二日とも、非常に湿度が高く、夏の頃のような暑さだった。
「湿気のせいやわ、きっと」と婆さんは思った。
普通に暮らしている者にとっても、嫌な蒸し暑さだもの、
まだ本調子でないじいさんには、不快な気象だったにちがいない。

じいさんの不機嫌を、あまり気にしないようにしようと、婆さんは決めた。
孫たちにも「そうしようよ」と伝えた。

今朝はさわやかな風が吹く。
秋が来たな、と感じる。

P9150332-640x480 

6時半過ぎに起きて、新聞を読み、
7時には朝飯を食べ、
ずっとTVを見ていたじいさんは、
9時にはベッドでひと休み、
そのまま眠ってしまった。

今日は、今のところ機嫌は悪くない。
穏やかな時間が過ぎていく。

* * * * * 
ゆっくり参加しています。
応援して下さりありがとうございます。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ
にほんブログ村

にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村

2020年9月16日 (水)

昨日の大洗濯

昨日は久しぶりの上天気だった。
大洗濯になった。

P9150341-640x446 

この他にも、まだある。

P9150342-640x512 

孫の親代わりをすることになった22年前から、
洗濯は、じいさんがすべて引き受けてくれていた。
じいさんは、我が家の洗濯部長だった。

その部長が病気をして、杖を頼りに歩く身体になったので
平社員の婆さんが、洗濯をしなければならなくなった。

退院して2か月余りがたち、
少しずつ元気になった元部長は、
洗濯業務の1部分を手伝ってくれるようになってきた。

あまり無理はしてほしくないけれど、
軽いリハビリの程度なら、
してもらっていいかなと、
婆さんは思っている。

それにしても、昨日の洗濯物はすごい量だった。

* * * * * 

ゆっくりですが参加しています
応援して下さってありがとうございます

にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ
にほんブログ村

2020年9月14日 (月)

パーマ屋さんには悪いけど

髪の毛を短くカットしてもらったのは、先週の水曜日だった。
その日から毎日少しずつ、自分で髪を切り直している。

先ず初めに、両耳の上の毛先を薄く削ぐようにカットした。
美容師さんが、毛先をわりとプツッと切りそろえてくれてあったからだ。
毛先が薄くないと、メガネをかけた時、髪の毛のおさまりが良くない。

使う道具はヘアーカッターというカミソリ。
カミソリでカットすると、髪の毛が痛むと言われているけれど、
カット鋏はうまく使いこなせないから仕方がない。

P9140331-640x480

 

少しずつ慎重に削ぎ切りした両耳の上の毛は、
自然な感じになって、メガネのツルの上にかぶさる。

次に手を加えるのは、襟足。
こちらもプツッと切った感じで、硬くてきちんとし過ぎ。
やはりヘアーカッターを使い、手探りで毛先を削ぎ切りにする。
裾の辺りを薄くして、ぼかしたいのだ。
襟足のカットはまだ完全には終わらず、進行中なのだけど・・・

パーマ屋さんでカットしてもらった髪を自分でいじるのは、毎度のこと。
こういう自己流カットは、次に行った時にすぐばれる。
だから、最初から
「伸びてきたので自分勝手に切りました。下手くそなので直してください」と、言う。

美容師さんは怒るわけにもいかないから、
苦笑しながら、仕事を始めて下さるのだ。

* * * * * 

ゆっくりですが参加しています
応援して下さってありがとうございます

にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ
にほんブログ村

2020年9月12日 (土)

腹が立ったけど仕方なくATMへ

我が家の洗濯物は、全自動の洗濯機で3回分あります。
そのうちの2回分を外に干して、急いで自転車で出かけました。
行った先は、ゆうちょ銀行と某地方銀行のATMです。
ドコモ口座の不正引き出しの被害に遭っていないか、
通帳記入に行かねばなりませんでした。

Photo_20200912101501

「50人以上も並んでいたら、いったん帰ってくるからね」
と、じいさんに言って家を出ましたが、
開店直後だったせいか、どちらの銀行もそれほど込んでいませんでした。
そして、我が家の家族の通帳はいずれも無事でした。

ほんとに腹立たしくて、あほらしくて、
帰宅したらどっと疲れが出ました。
3回目の洗濯は、目下休職中の洗濯部長のじいさんが、
干し終えてくれてありました。

婆さんは、ごろんと畳に転がって休憩です。
ATMに来ていた人たち、
みんな黙々と並んで記帳していました。
文句を言う人なんかいません。

顔見知りの人でもいたら、
「困りますねえ」
と、声をかけることも出来たけど、
それもかなわないから、
腹立たしさとあほらしさをかかえて帰ってきたわけで、
しばらくは、ぼうっと天井を見上げておりました。

と、その時、窓の外でバラバラと雨の音、
たいへん!せっかく干した洗濯物を濡らしては!
大急ぎで起き上がり、外に飛び出します。

何とか大濡らしは避けられましたが、
じいさんには、ひどく叱られました。
足の弱い婆さんが、無理して走ったからです。

まったくいいこと無しの朝でした。

* * * * * 

ゆっくりですが参加しています
応援して下さってありがとうございます

にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村

«パーマ屋さんに行ってきました

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

レジ袋ふうエコバッグ

新聞紙バッグ作り方