2019年8月23日 (金)

実物を初めて見た

携帯扇風機の実物を初めて見た。
わが町のJRの無人駅のホームのベンチで、女子高生が使っていた。
部活の練習に行くらしく、ユニホーム姿で大きなスポーツバッグを持っていた。

私の座っている横に来て腰かけ、すぐに携帯扇風機を取り出して首のあたりに風を当て始めた。
昨日は異常高温注意報が出ている蒸し暑さだったけど、涼しげに見える。
若い子に似合うなあ。
「いい物、持ってますね」
と、思わず話しかけてしまったが、笑顔を向けてくれたので良かった。

私も風に当たりたくなり、ミニリュックから扇子を出して開く。

P8230244-640x480 

去年の夏の終りに、スーパーのしょぼい百均コーナーで買ったもの。
地紙だけでなく、骨もポリエステルで出来ているようだ。
どぎつく派手な感じだが、季節の終りだったから、この柄しか残っていなかった。

人さんから頂いたシルクの扇子も持っているけれど、昨今の危険と言われるほどの暑さに繊細な絹の扇子は向かない気がする。
ポリ扇子は汗じみも出来ないだろうし、丈夫でリュックの底で押しつぶされることもないだろう。
私はこれでいいの。

毎年暑さがひどくなるようだから、猫も杓子も携帯扇風機をもつようになるのかな?
ガラケー、日傘、携帯扇風機、老人は荷物が重くなると困るけど。

* * * * * 

ゆっくりと参加しています。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村

2019年8月21日 (水)

ああやだ!気持ち悪い

高校時代の同級生のA子は、ごく初期の認知症なのかもしれません。
そのA子のことが気になって仕方がないのが、同級生B子です。
たびたびとかかってくる電話は、A子についてのことばかり。

◇ 本人は「私はどこも悪くない。元気だよ」と言い張っている。
◇ お医者の薬も飲んでいないようだ。
◇ 夫さんの言うことも聞かず「うるさい!」と怒鳴りだす。等々

B子はA子の夫さんとも電話で話しているようです。
昨日のB子の電話では、A子は総合病院で検査を受けることになったと言っていました。
B子は検査の結果を夫さんから聞き出すのだと思います。
そして、それを電話で知らせて来るに違いありません。
親切心から来ているのでしょうけど、なんだかなあ、という思いがします。

明日は同級生A子、B子、C子たちと4人でお昼を食べることになっています。
昨日、B子から電話で「あんたもA子のことをよく観察してな」と言われました。
観察?
友だちを観察するのかい?!
ああ 気持ち悪!

P8190242-640x480

明日の集まりをドタキャンすることも考えたけど、やっぱり行くことにします。
けれども、A子を観察なんかしません。
観察してどうしようというのでしょう。
「A子やっぱりおかしいな」とか
「前に会った時より進んでいるみたい」
などと長電話の話のネタにするつもりでしょうか。

その手には乗らないぞ。
A子とは、何でもない話をいっぱいしたいと思っています。


* * * * * 

にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村

2019年8月19日 (月)

「ほな」

老人ホームで過ごす友だちに、読み終わった本を送ることにした。

P8190243-640x480 

その中の 一冊から引用。

* * * * * 

人生でいちばんいい言葉は

(ほな)である。

 この<ホナ>は大阪弁なので少し説明が要る。
接続詞で、<ほんなら>―それなら、と言うこと。
じゃあネ、などという語感か。
<それなら>が<そんなら>になり、そこから<ほんなら>になり、ついに極端に短縮して<ほな>になった。
デパートの地下階をデパ地下というが如し。

* * * * * 

 私は大阪人ではないが、「ほなな」とか「ほんなら」と言って人と別れたり、電話を切ったりする。
(メールの場合はたいてい「では」で終わるけど)

田辺聖子の「ほな」の章は、次のように終わる。

「人は逝くときも、<ほな>と人生に別れを告げて逝くのがよろしく、原稿の引きぎわも<ほな>で切り上げるがよろしかろう。」

 * * * * * 

 他に、文春新書 樹木希林のことば「一切なりゆき」、マールカラー文庫「百人一首」を一緒に送る。
いずれも、ずっと手元に置いて読み返したい本であるが、「ほな」と別れを告げて友だちの元へ送り出そう。
(自分がまたどうしても読みたくなったら、amazonの古本を手に入れたらいいから)

* * * * * 


にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村

2019年8月16日 (金)

パッチン留めと坊主刈り

ずいぶん大きな台風でした。
大雨になるのでは、と心配でした。
ところが雨はこの地域ではそれほどでもなく、むしろ台風が日本海に入ってからの風がひどいと思いました。
カーポートの屋根が吹き飛ばされそうになった、去年の台風の時ほどではありませんでしたけど・・・
今日はすきっと晴れて、暑さが戻っています。

髪の毛が伸びて鬱陶しいので美容院に予約の電話をしたら、今日もまだお盆休みとのこと、カットは明日してもらいます。

P8010253-640x480 

パッチン留めと言っているヘアーピンです。
髪が扇風機に吹かれて顔に当たるのがうるさくて、家にいる時はこういうヘアーピンを何本も使って髪が乱れないようにしています。
髪の毛がサラサラではまずいので、まとめ髪ウオーターをシュッシュとかけたり、ヘアークリームをつけてみたり、もっと厳重にゼリー状の整髪剤でビシッと固めたりします。(私は癇癪持ちなん?)

老人ホームにいる幼馴染が、「私は坊主刈りにしているわ」と電話で言うので、「坊主刈りって言わずに、ベーリーショートって言って」と、笑ってたしなめます。
でも、あながち間違いではなく、「坊主刈りふうベリーショート」にカットしてもらっているのでしょうね。
幼馴染は右手が思うようにならないそうで、自分で髪をまとめることもできないからだと思います

私もベリーショートにしてみたいのですけど、美容師さんには「今はまだ早い」と、反対されます。
明日は、第一希望はは無理でも、出来るだけ短くさっぱりとカットしてもらいたいと思っています。

お盆も過ぎたし、またミシンもできます。
「これ、もう穿かない」と、下の孫がくれたスカートで、何か作りたいです。

P8160226-640x480


* * * * * 


にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村

2019年8月13日 (火)

振り返ってみれば

お盆に針仕事をしてはならないとか。
そういうことにはこだわらない方ですが、急いで縫わねばならない物もないし、縫物は休みます。
閑なので、自分の2年前のブログを読んでみました。

* * * * * 

2017年8月16日 (水)

やる気をなくしています

すっかりやる気のない人間になってしまって、悲しい限りです。
昨日は、(決まりきった家事以外には)これということもせずに一日が過ぎました。
強いて言えば、スーパーのリサイクルステーションに、古紙を少しばかり持って行ったことでしょうか。

今日したのは、(これはおじいさんには内緒ですが)、庭木の下枝を切り落としたくらいです。
下枝が邪魔で、草取りができないからです。
おじいさんに見つかったら、怒るかな、笑うかな、たぶん怒ると思いますよ。

昨日の古紙出しも、今日の庭木の下枝切りも、本当はどうしてもしなければならないことではありません。
しなければならないことは他にあるのに、それを一日延ばしにしているのです。

やる気のない自分が嫌だな、なさけないな、と思いながら、夕方が来てしまいます。
今日ももう夕方ですよ。
明日は、しゃんとして暮らせるかな?たぶん無理でしょうね。
気になって仕方のない、しなければならないことに手をつけたいのですけどね。

* * * * * 

↑を読んで、笑ってしまいました。
「何もしたくない病」の始まりです。
この病は、9月が来て涼しくなってからも続くのです。

年に2回くらいは罹ってしまう病気です。
今夏はまだのようです。
元気モリモリというのではないけど、したいことはいろいろあります。
ただ、暑さが身に応えるので、気を付けて頑張らないようにしています。

2年前の朝顔がきれいなので、今日の画像にして終ります。

P1160742_640x480

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村



«暑さに負けず遊んでみた(*_*;

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

レジ袋ふうエコバッグ

新聞紙バッグ作り方