« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

2006年11月の記事

2006年11月30日 (木)

芸人して来ました

P1000367 私の若きブログともだち、3うさの母さんが、「子どもとうさぎのいる風景」のブログに「旅芸人時代」という記事(11月19日)を書いていらっしゃいましたが、実は私、本日、芸人をつとめてまいりました。

使用済み切手などを集めている「S座」という私たちのグループで、老人ホームを訪問して来たのです。唱歌、童謡、民謡踊り、フラダンス、お手玉遊びなどをさせてもらって来ました。私は民謡踊り「会津磐梯山」を担当しました。

お手玉遊びのときには、入所していらっしゃる方が「一番初めは一の宮」に始まるお手玉の数え歌を、最後まで完璧に唄って下さいまして、本当に感激いたしました。

録音機を持参すればよかったのにと、悔やんでおります。「慰問」なんていうものではありません。励まされ、慰められたのは私たちの方でした。迷惑かけるかも知れませんが,また行かせてもらって、力を頂きたいと思いました。

2006年11月28日 (火)

続 使用済み切手のロマン

私は、96年頃から、絵手紙や配食サービス活動などにに参加してP1000387 いました。でも、自分が発起人になってグループ活動をするのは、「S座」がはじめてでした。収集箱を作って、郵便局や役所、生協などに置かせてもらい、町の人々に協力をお願いしました。寄付して頂いた使用済み切手や使用済みテレホンカードなどは、整理して協力団体「日本キリスト教海外医療協力会」「誕生日ありがとう運動本部」「世界の子どもにワクチンを日本委員会」に送ることにしました。

あれからもうすぐ5年、どこのどなたかも知れない多くの方々からの、使用済み切手、テレカなどの寄付は、絶えることなく続いています。「S座」は、現在15名で活動しています。見たこともない珍しい切手に歓声を上げたりしながら、楽しく整理作業をしています。

人々の、さまざまなメッセージを運び終えた使用済み切手やテレかは、切手商や蒐集家に買い取られ、その売り上げ金は途上国の医療支援などに役立てられます。それだけではなく、使用済み切手やテレかは、他でもないこの私自身をも、第2の子育ての孤独から救い出してくれたのでした。

2006年11月27日 (月)

使用済み切手のロマン

P1000375 今日はとても嬉しい日になりました。郵便局に行ったのですが、私たちのグループ「S座」が置かせてもらっている「使用済み切手等収集箱」が、使用済み切手であふれそうになっていたのです。「これ、いただいて行きます」と、お礼を言って帰ろうとした私に、窓口の係りの方が「まだ預っていますよ」と、私がやっと両手でかかえられる程のダンボール箱を、手渡して下さったのです。中身はもちろん使用済み切手、使用済みテレホンカードです。「嬉しいです!!!」

私が友人とともに使用済み切手収集のグループ「S座」を始めたのは、02年の2月でした。その4年前、私は愛する家族、息子の嫁を亡くし、遺された孫娘ふたりを育てることになりました。人生第2の子育てです。60歳にして、30年前にタイムスリップしたかのようでした。きびしい毎日でしたし、外出も自由にできず、寂しかったです。焦りも凄く感じました。子育てって、女の肩に重くのしかかりますよね。男は外にも出て行ける。「何で私は・・・」と心でつぶやいていました。そんな時、何かのチラシで「使用済み切手収集活動」の記事を見たのです。「これなら子育てしながらでも出来る!やってやろうじゃないか!」

この続きは明日に・・・

2006年11月26日 (日)

お手玉を更新中

P1000385 この頃は、暇が出来ると、お手玉を作っています。8年前に作ったのは、孫向きに小さめにしましたが、今度のは少し大きいのを作っています。中には手芸用のビーズを入れました。これなら、虫のつく心配もありません。

お手玉は、今や私の手のリハビリの必需品です。数え歌を唄いながらお手玉を投げ上げていますが、以前は6つ辺りで落としていました。でも最近は10まで落とさずに出来るようになりました。私が唄う数え歌は次のようなものです。

1つ がらがら、 2つ ふじのき、 3つ みかんのき、 4つ よめなのき、5つ いちょうのき、6つ むくげのき、 7つ なんてんのき、8つ やまぶきのき、 9つ こうめのき、 10で とちのき。

この後、11万歳福の神、12は役者・・・ と続きます。最後まで落とさず出来る事はまずありませんが。お手玉を縫うことも、お手玉を投げ上げることも、私の手のためには必要だと思っています。孫姉妹も、ときどき取り出して遊んでいます。

2006年11月24日 (金)

夏帯で肩掛けかばん

P1000379 箪笥の引き出しの底の方に、何年も眠っていた縞柄の夏帯で、かばんを作ろうと思い立ち、構想?をねることウン日間、ごく単純な肩掛けかばんが出来上がりました。ふたのフリンジだけが飾りです。

年のせいか、軽くて物の出し入れのしやすいかばんが、欲しくなりました。すっと入れて、すっと出すことが、かなり難しくなってきまして。

P1000380 裏には青海波の木綿を使いました。実はこれ、日本手拭なんですが、ちょっと地厚でバリバリしていまして、よほど面の皮の厚い人でないと汗も拭えません。でも、かばんの裏地としては、まことにありがたい手拭様でした。

今日は孫のかりんが家にいます。昨日の祝日が登校だったのです。学校開放日とかで、誰でも学校を訪れていい日でした。でも私は行きませんでした。体力作りかけあしが見たかったのですが、かりんがいやだと言うのでした。給食の時間にも興味がありましたが、これはちょっと気がひけまして・・・後でかりんに聞いたら「おいしそうだな」と、見ていた人が2~3人いたそうで、私も行けばよかったんだ!

2006年11月14日 (火)

ハンカチ入れ作りました

P1000355_1 こま切れの時間をつなぎあわせて、2日がかりで、やっとハンカチ入れが出来上がりました。少し大きなものを作る前に、準備運動のつもりで、こんな小さなものを作ってみたのですが、けっこう時間がかかってしまいました。P1000354_1

昨日学校を休んだ孫のかりんは、今日は元気に登校しました。体力づくりの駆け足は休むことしましたが、体育の服装は身に付けて、私に連絡帳に「見学希望」と書かせ、「体育の服装にしました」と、付け加えさせました。

昨夕、担任の先生がおいで下さった時に、駆け足を休ませて下さるようお願いしておいたのですが・・・かりんは、きちんとし過ぎなのかな?

午後からは、ねーさんの中学校の進路説明会に行きました。朝は冷えましたが、昼間はあたたかくて助かりました。学校の体育館は、寒いですからね。

2006年11月13日 (月)

穏やかな薄曇り日です

P1000166 今日は孫のかりんが学校を休んでいます。熱もなく、食欲もありますが、少し頭が痛いというので休ませました。元気ですし、退屈そうですが、登校すれば、体力づくりの駆け足もある時期なので、無理はしない方がいいと思います。

秋の学校行事もあらかた済んで、疲れが出たのでしょう。放課後のお友達との遊びも盛んでしたしね。ちょっとひと休みもいいでしょう。

ねーさんは、今日は実力テストで、1週間先には期末テストが迫っています。お腹の具合がよくないと言いながらも、頑張っています。P1000174 季節の変わり目ですから、誰も彼も少し体調をくずしがちです。

庭の花も、植え替えの時期が来ています。日々草もポーチェラカも抜き取りました。ハイビスカスは、朝夕の寒さにもめげず咲き続けていますが、霜が降りれば駄目になるでしょう。また冬が来るのですね。

2006年11月11日 (土)

シルバー人材の手作り小物

P1000348 去る9日木曜日、シルバー人材センターの福祉・家事援助サービス推進大会に行って来ました。落合恵子さんの講演が素晴らしかったのですが、それに先立って行われた会員作品展、作品即売会の小物類にも、素晴らしいものが多くありました。

私が買ったのは、根付です。可愛くてあでやかで、すっかり魅せられてしまいました。私も私なりに、自分の納得のできる物を作って行きたいな、と思いました。

2006年11月10日 (金)

残りの柿をとりました

001 広くもない裏庭に、1本だけ柿の木があります。この間から、3回くらいに分けて実をとってもらいましたが、まだ17個残っていました。

お昼ごはんのあと、爺ちゃんが高枝きり鋏を持ち出して「柿をとってしまうよ」と言い出しました。私は虫取り網で下から受けました。受け損なった二つは地面に衝突して、ひび割れてしまいました。木の枝に邪魔され、網にうまく入らなかったのです。最後の三つだけは、とらずに烏のおやつ?に残しておいてもらいました。

先刻かりんが学校から帰りましたが、玄関でお友達が待っていてくれて、すぐに遊びに行きました。宿題もするみたいです。私もいよいよ孫離れしないといけないんだな、と思われてきました。空には雲が広がってきました。明日は雨になるのでしょうか?静かに秋が深まっていきます。

2006年11月 7日 (火)

スモック刺繍の前掛け(水玉)

P1000337 木枯らしが吹いて、立冬らしい1日でした。孫姉妹の冬服を出しました。この1年で、着られなくなった物が多くて、慌てています。

私の冬物も少し出しましたが「あら、こんなのがあったんだ!」などと気づいて、苦笑してしまいました。去年の今頃に着ていたものを忘れるとは・・・

スモック刺繍の前掛けも見つかりました。20年位前に作って大切にして来ました。少し日焼していますが、痛んではいません。作っても人に上げてしまうので、手元に残っているのはほんの僅かです。また作らなくては、と思いました。

2006年11月 5日 (日)

小中学校の文化祭に

1023kr 一昨日はかりんの小学校の、昨日今日はねーさんの中学校のと、文化祭が続いています。

昨日は、ねーさんたちの合唱コンクールを聴いてきました。講堂の後ろの席から見たステージの上のねーさんは、亡きママをひとまわり小さくしたようで、愛おしく懐かしい思いが私の胸にこみあげました。

小学校の文化祭では、かりんがかいがいしく食券を引き換えたり、会場を案内してくれました。家庭室の「PTA食堂」で、おにぎりとプリンの昼食を食べました。かりんと二人きりでの文化祭の食事は、今年がはじめてでした。1104karinn_1

孫姉妹は成長してくれました。「大きくなってくれて、ありがとう」と心から言いたいです。

2006年11月 2日 (木)

同窓会に行って来ました

P1000296 高校卒業50周年記念バスツアーに参加させてもらって来ました。今回で5度目の1泊旅行だったそうですが、私にとっては、初めての泊りがけのクラス会でした。

「旅行の達人」みたいな方々に囲まれた「家猫1匹」でしたが、親切にして下さって、本当に楽しい二日間でした。永平寺、中宮温泉、白山スーパー林道、何もかも新鮮でした。

孫姉妹のねーさん、かりんもよく我慢してくれました。爺さんは、本当は私が出かけるのは好きではない人ですが、家事を引き受け、バス停まで送り迎えしてくれたり、最大のこころ遣いをしてくれました。家族みんなに感謝して、元の老主婦の暮らしに戻ったところです。

P1000283

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

レジ袋ふうエコバッグ

新聞紙バッグ作り方