« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006年12月の記事

2006年12月28日 (木)

年内最終スモック刺繍

P1000490 気ぜわしい年の暮れです。もう縫い物をしているわけには行きません。これが私の今年の針仕事納めとなりました。年が明けたら、東京の孫に、ポシェットにして送りたいと思っています。

10月以降に作ったものを、少しまとめてみたくなりました。小さいものが大きく写っていたりして、いいかげんな画像ですが・・・

P1000497P1000456_1  P1000491P1000493_1

2006年12月26日 (火)

小3孫の手作り「ピヨ」

P1000484 冬休みに入った孫姉妹、中3のねーさんは勉強だし、小3のかりんは閑そうです。「何か作るわ」と私にタオルを要求して、さささぁ~と作ってしまいました。ジャムパンをひと回り大きくしたような、ぬいぐるみ?です。制作者が言うには「ピヨ」という生き物なんだそうです。これは、私たち大人にはついていけない、謎めいた世界なのでしょうか???    P1000487

午後からは、姉妹でクッキーを焼きました。道具くらいはそろえてやりましたが、私は全く手出しはしませんでした。二人は時々もめていましたが、無事にクッキーは焼きあがり、大人にもわかるおいしい味になりました。

今年も残り6日となって、私は玄関のクリスマスツリーをしまい、床の間の掃除などをしました。雨がはげしく降り続いていました。

2006年12月24日 (日)

スモック刺繍のDS入れ

P1000466 やりかけて中断していたスモック刺繍を完成させ、孫のかりんのDS入れを作りました。本体の布は、かりんが自分で選んだのを買いました。ちょっと布の取り合わせが・・・と心配しましたが、何とかまあまあの出来かな??P1000476

今宵はクリスマスイブ、ねーさん、かりんを連れて教会のキャンドルサービスに行きました。ろうそくの炎をじっと見つめる、かりんの長いまつげを見ていると、いとおしさが私の胸いっぱいに広がるのを覚えました。このろうそくの炎のほのかな明るさを忘れることなく、母親のいない人生を強く強く生きて行ってほしいと、私は心の中で孫姉妹に語りかけていました。

2006年12月20日 (水)

あっという間のミニ巾着

P1000460 小学校の頃からの親友Kさんから、「護美輸送せり」と言うメールがあった明くる日、宅急便が届きました。色とりどりのハンカチ、小風呂敷、タルト、チョコレートなどを送って下さったのです。

今日は頂いた小風呂敷の1枚で、ミニの巾着をこしらえました。お財布が入るだけの大きさで、あっという間に出来上がりました。

P1000461_1 チョコレートは私にとって感謝の、「励ましのミニチョコ」です。我が家に不幸があって、私が第二の子育てをはじめて間もない頃、Kさんはお花代とミニチョコなどを下さいました。

死にそうにくたびれた夕方、私はKさんのミニチョコを口に入れ、「やるしかないっ」と立ち上がって夕食作りをしたものでした。「ありがとう、力が出ました」という私のお礼の手紙を、Kさんは覚えていて下さるのか、折にふれてはこのミニチョコを送って下さるのです。

2006年12月17日 (日)

外孫に贈る小物入れ

P1000456 めったに会えない外孫のノンへのプレゼントです。スモック刺繍は私としては、マンネリの感じですが、ノンに何か縫って贈るのは、初めてです。この中には、ファンシーショップで買った小さなミラー、タオル地のハンカチなどを入れて送ろうと思います。

ノンは、私の60歳の誕生日に東京で生まれました。その後、近畿地方の山間部に移り、やがてまた東京に戻りました。ノンの母親は、つまり私の娘ですが、ミシンの腕はプロ級だから、何でも作れるので、私が下手に手を出すのは・・・などと今までためらって来ました。でも、ばあちゃんなのだから、やっぱり作りたくなりました。ミラーは、同じ布で縫った袋に入れました。P1000453_1

ノンの小物入れの後は、内孫のかりんの物を作らねばなりません。かりんは、私の手元をじぃっと傍で見て、自分の番が来るのを待っていました。 ノンとかりんは同学年です。

2006年12月15日 (金)

やりかけのスモック刺繍

P1000442 やり始めてから2~3年は経ってしまったスモック刺繍です。上の孫のねーさんに、胸当てエプロンを作ろうとしていたのだと思います。大きくなったねーさんには、もう派手すぎです。でも何かにはなるだろうと、また続きをしています。

今日は爺ちゃんと映画を見に行って来ました。映画館についてからは、二人は別行動でした。爺ちゃんは「ありがとう」を、私は「武士の一分」を見ました。見終わってまたいっしょになって、遅いお昼を食べました。

大人の映画を見るのは何年ぶりでしょうか。40ウン年前はふたりでよく見に行きました。名画も見ましたが、そうでないのも見ました。子どもが生まれてからは、爺ちゃんは(その頃は爺ちゃんではなかったけど)一人で見に行っていました。

久しぶりに見た今日の映画は面白かったけれど、爺ちゃんと私の人生も、かなり面白いではないか、と思いながら家に帰りました。下の孫のかりんの下校時間を気にかけながら・・・

2006年12月14日 (木)

小さなブックカバー

P1000438 お父様の病気見舞いに里帰りされたNさんですが、その後お父様は亡くなり、長い里帰りになりました。私は本をお借りしていましたので、尚のこと気がかりでした。四十九日の法要もすまされて、帰宅されましたので、やっと本をお返しできることになりました。

本は徳間文庫の「がばいばあちゃん」シリーズの一冊ですが、手縫いのブックカバーをかぶせてお返しすることにしました。寂しくなられたNさんに、元気になってねと言う気持ちをこめて作りました。

今日もはっきりしないお天気です。ここ二三日は腰が時々にぶく痛みます。何かをしていると腰のことも忘れるので、遠くに住む外孫に何か作ろうと、端切れ布を引っ張り出して考えています。

2006年12月 8日 (金)

スモック刺繍のポシェット完成

P1000421 スモック刺繍のパーツを縫い付けて、ポシェットが出来上がりました。10月に作ったデジカメ入れとは、親戚の間柄です。仲良しであってほしいです。

今日は、孫の中学校のねーさんの方の個人面談でした。先生、親、子どもの三者面談でしたが、親は、勿論このばあちゃんが代わりを務めました。志望校を確認し、書類などを種々もらって帰宅しました。頑張らなければ・・・ね。小学校のかりんの個人面談は来週で、これも私の務めです。2学期がもうすぐ終わります。

昨日は、私たち使用済み切手収集「S座」グループの勉強会でした。朝の9時過ぎに、10名が集まって、自分たちでお昼ごはんを作って食べました。「冬ご飯の勉強会」ということで、町の施設を借りました。切手集めと平行して、ヘルシー料理の勉強もしているのです。

筑前煮、ほうれん草の胡麻和え、ワカメとじゃこの酢の物、白菜の塩もみ、具沢山の豚汁、りんご、いちご。主婦のお昼としては、超豪華!で、お米の寄付もあり、10人前で何と3573円で出来ました。そしてこの日は「S座」の今年の仕事納め?となりました。

2006年12月 6日 (水)

孫かりん、ご機嫌ななめ

P1000411 孫のかりんは、少し不機嫌な顔で、学校に行きました。かりんは、今日は習字があるので、スカートの下に汚れに強い、ジーパンをはかせたのでした。

かりんは、ニットのスパッツがはきたかったのですが、黒のスパッツは、今朝、洗濯してもらったし(洗濯は爺ちゃんがしてくれます)ピンクとグレーのスパッツは、汚れが目立ち過ぎます。やむを得ず、姉のお古のジーパンをはかせたのでした。お古といっても、あんまり着ていませんから、きれいです。でもやっぱり、かりんには納得が行かなかったのでしょう。誰でも、こういうことってありますものね。

「行ってきます」と、振り返って手を上げていたかりんの顔が、今も、ちら、ちら、と私の心をよぎります。もうお昼です。

2006年12月 2日 (土)

スモック刺繍進行中

P1000404手仕事しています。

ひまひまに、スモック刺繍をしています。何を作るかは決めていませんが、おそらく袋物になると思います。

失敗 3連発!

ここ数日の間に、3つばかり失敗をしでかしました。その1、手紙の切手の貼り忘れ。80円では料金不足の封書なのに、10円切手をプラスするのを忘れたのです。投函した瞬間に「あっ」と声を上げても、後の祭り。先方さんに電話でお詫びして「10円払ってください」

その2、携帯電話の充電器を壊しました。充電器は2500円とかで、結局、本体を買い換えました。3年半使ったからポイントもたまっていたし・・・

その3、銀行のキャッシュカードが見つからず、喪失届けを出したら、ちゃんと家にありました。手続きをして、また使えるようになりました。以上、なさけない話です。

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

レジ袋ふうエコバッグ

新聞紙バッグ作り方