登録しています

ブログ出発点

手作り帽子屋

無料ブログはココログ

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月の記事

2008年9月30日 (火)

ここまで進みました

P1060342ぺたんこバッグを

作ろうとしています。

以前作ったバッグと同じ布で

ポケットの色を変えたのです。




中袋はベージュの無地にしたいと、思います。

家にある布を使わないと、もったいないし・・・

ねーさん孫のバッグにと作っているのです。



その日のうちに出来上がらない物を縫っていると、

早く形になるものが、作りたくなります。(私は気が短すぎsign01


           P1060338

そういうことで、早縫いしたのが、かんたんお弁当袋です。

残り布で、孫姉妹のどちらが使ってもいいようにと・・・

紐はいつも色落ちしないような色にしていますが、

今日は真っ白にして、紐先に綿レースの飾りをつけました。

何もかも、ぜ~んぶ有り合せ、布減らし、ハンパレース減らし、

でも孫姉妹は 「可愛い」と、お世辞まじりに言いました。



今まで、ねーさん孫の物は、あまり縫ってこなかったのです。

かりんは、生まれたばかりの赤ちゃんだったし、

私も、慣れない孫育てに、せいいっぱいでしたし。

作ったのはのはジャンパースカートと、夏のワンピース、

どちらも1枚ずつを、あわてて縫っただけでした。

小物も手の込んだものは、何も作るゆとりもなくて、

ただ、ミシンで、ざっと縫っただけの物ばかりでした。




それでも、ねーさんは、文句も言わずに使ってくれました。

あの頃のねーさんの言ったこと、私は忘れません。



家は、いつ死んでも不思議じゃない

祖父ちゃんと祖母ちゃんが、

私ら子供を育ててるんだ。



今の私は、もう、小さな物しか作れないけど、

ねーさんの物、細々と作りたいです。



今日もお読み下さいまして、ありがとうございました。

たくさんの応援クリックを頂き、まことにありがとうございます。

Banner2ninnkiburogubana 人気ブログランキングへ  にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳以上へ

2008年9月23日 (火)

風邪ひきました★本のこと

P1060286 涼しくもないのに、

風邪をひいてしまいました。

昨夜は微熱があって、早く寝ました。

今日はもう普通にしていますが、

何となく頭が重いので、簡単な物を少しだけ縫いました。

バザーに出す予定の箸袋と、小5のかりんのマスク入れです。

マスク入れは、古布で、かりんの、元ワンピースの1部分です。

           *  *  *  *  *   

彼岸花がすぐ裏の土手で咲いています。

朝から撮ってPCに入れたら、ほとんど失敗だったので、

午後から撮り直しに行ったら、もう空は雲でいっぱいでした。

私の写真など、どっちに転んでも大したことはないのですが、

家の裏に咲く花を撮るのは私一人なので、ましなのを残しました。

                P1060269_2


本のこと

高2のねーさん孫は、中学時代の朝の読書時間に、

向田邦子の「森繁の重役読本」の文庫本を、

家から持って行って、読んだりもしていました。

自分の本が、ないわけでは、なかったのですが…

私なんか中学時代には、自分の本などありませんでした。

読んでいたのは、父が若い時分に読んだらしい本ばかりでした。

「菊池寛全集」とか「佐々木邦全集」のかび臭い匂いを

今でも思い出すほどです。

中3の夏休みの感想文は「恩讐の彼方に」について書きました。

自分の書いた最後の1行だけは憶えていますが、傑作sign01でした。

「情(なさけと)と仇(あだ)の物語である」

毎年12月が近づくと、ラジオで放送していた忠臣蔵の講談の

「義士銘銘伝」あたりで、仕入れた言葉だったのでしょうか?

私は講談が嫌いではなかったのでした。

感想文を読まれた先生は、きっとおかしくて仕方がなかったと

思いますが「良く書けました」と、評価して下さってありました。



まとまらぬ頭で書いた記事にお付き合い下さいまして、

まことにありがとうございました。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳以上へ シニア日記、ハンドメイド雑貨で参加しています。

人気ブログランキングへ ←本 読書、手芸で参加しています。

たくさんの応援クリック、本当にありがとうございます。

2008年9月20日 (土)

絵本 ともだちや★布のぬくもり

あれは何年前だったでしょうか。

市の保健士さんが「私のおすすめの絵本です」と、

数冊の絵本を貸して下さいました。

孫育てをする私を、保健士さんはいろいろな面で

サポートして下さったのでした。

私はお借りした中の、内田麟太郎の「ともだちや」に心を惹かれ,

孫のかりんは「ありがとうともだち」が欲しいと言うので

その2冊を、注文して買いました。

ともだちや

内田麟太郎作 降矢なな絵

「えー、ともだちやです。P1060256

ともだちは いりませんか。

さびしい ひとは いませんか。

ともだち いちじかん ひゃくえん。

ともだち にじかん にひゃくえん。

キツネが やってきます。」



オオカミが、キツネに、トランプの相手をしろ、と言いました。

終わった後、キツネは代金を請求しました。

オオカミは、激しく怒りました。

やがて、キツネとオオカミは、本当の友だちになりました。




「えー、ともだちは いりませんか。

さびしい ひとは いませんか。

なんじかんでも ただ。

まいにちでも ただです」


と、キツネは帰って行きます。


かりんが選んだ「ありがとう ともだち」は

柳田邦男の「砂漠でみつけた一冊の絵本」の中でも

紹介されています。

砂地にしみる雨のように、絵本が心にしみる日があります。



布のぬくもり

今日は、かりんの小学校の運動会でした。

今年も、私は無事にお弁当を作ることが出来ました。

昼間は張り切っていましたが、

夕方からは、身体が何ともだるくてなりません。

絵本もめくって見ました。

P1060257 そして、

バザー用の

小物の布を

用意しました。

ごろごろしていても疲れはとれませんでしたが、

こうして布に触れて見て、少しは元気が出て来ました。

縫うのは少し先になるのですけれど・・・



今日もお読み下さいまして、ありがとうございました。

たくさんのクリックでの応援に感謝申し上げます。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳以上へ ←シニアブログと、ハンドメイドで参加しています。

人気ブログランキングへ ←本 読書と、裁縫 刺繍での参加です。

2008年9月19日 (金)

昨日読みました★紐が心配な箸袋

町の図書館がしばらく休館すると聞いてから、

まるで怖いものに追われているような気持ちで(愚か者sign01

本をbook借りてきては読んでいます。

昨日は曽野綾子の

「ただ一人の個性をつくるために」を読みました。

以下は、最後の章「人生讃歌」からの抜き書きです。



「よくも悪くもない人生、ではない。人生はよくも悪くもある。それを味わう方法が学問であり、それに至る道が教育であろう。その道を天文学や物理学でみつけた人もいるし、電気的な新しい機器の開発で探った人もいる。ひたすら家族という小さな単位の持つ要素を守りながら、途方もなく大きな人生の哲学に通じることを知った人もいる。舞踊も音楽も絵画も人生を切り取り、夾雑物を取り除き、凝縮して見せようとする。対峙し、透明な眼で捉えようとして格闘する対象はやはり人生なのだ。」

「貧困も病気も動乱も、決して個人を育てるうえでマイナスになるとばかりは限らないし、平和、豊かさ、良い環境が必ずしも個人にとって願わしいものともなりえない。そういう意味で、私は日本に絶望もしないし、手放しの希望も持たない。個性は自分で造るのだ。どこででも、いかなる環境ででも、その気さえあれば、ということだ。」

         *  *  *  *  *


紐が心配な箸袋

私が、ある人にプレゼントした箸袋の紐が、

切れて(取れて?)しまったと聞いて、ずっと気になっていました。

その後、その人は自分で箸袋を作ってみたそうで、

紐は布で縫ったと聞かされました。

家の高2の孫が普段お弁当用に使っている箸袋の紐は、

切れたことはないのですが、やはり気になっていたのでした。


        P1060239

共布で紐を作って付けたら、こういうふうになりました。

紐は幅3センチ長さ25センチの裁ちきりを2枚用意します。

(布目を縦に通すように気をつけます)

P1060240 アイロンで

きちんと折ってから、

ミシンで1本縫えば

いいと思います。

これを箸袋の本体にはさんで縫えばいいわけです。

ただ、手縫いでは固くて大変だと思いますので、

丈夫な、巾着袋に通すような紐を使えばいいと思います。

いずれも実用的な箸袋の紐について、書かせて頂きました。

皆さんは、他にもいろいろと工夫を重ねて、

便利に使っていらっしゃるのだと思います。

今日は長々と、まことにすみませんでした。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳以上へ

Banner_02akairo 人気ブログランキングへ

2008年9月18日 (木)

まいりました!m(__)m

     Sorasannnoburogugazou

私が作ったのではありません。

sora+さんというお兄さんの手で縫われた箸袋です。

お兄さんなどと書くのは失礼かも知れませんが、

「数ヶ月前、30歳代に突入したばかりの男性」では

ちょっと堅苦しくてねぇ。coldsweats01

sora+さんは、先日、私のブログに、

「箸袋を作りました」と、知らせに来て下さいました。

何とも言えない良い味わいの、箸袋なんです。

読者の皆様も、どうかsora+さんのブログでご覧下さい。

http://lunarwolf.exblog.jp

      

               

                        

                                    

私は最初、

随分手先のしっかりした男性だなあ、と感心しました。

(器用という言葉は私はあまり使いたくないのです。)

(器用で片つけるのは、好きではありませんので…)

ところがsora+さんの記事をじっくり拝見しますと、eye

この方、ただの手仕事好きのお兄さんではない事がわかりました。

記事の中の「クマ服」という青文字、クリックされましたか?

見落とされた方は、もう1度sora+さんのブログにお急ぎ下さいね。



下手な解説はいたしません。

とにかく私は参りました。降参です。shock

「あれ、作りました」「これ、作りました」の私、

しみじみ反省しています。confident



今日はsora+さんのブログのご紹介で、終らせて頂きます。

実は私、箸袋のことでは気になることがありまして、

あらためて、縫ったものがあるのですが、

それは次回にご覧頂きたく思います。

お読み頂きまして、ありがとうございました。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳以上へ ←シニア日記とハンドメイド雑貨で参加しています。

Banner2ninnkiburogubana 人気ブログランキングへ  

↑裁縫 刺繍と、本 読書で参加しています。

応援いつもありがとうございます。

                            

2008年9月16日 (火)

昔話ふうに 2

昔のことではありません。

あるところに、おばあさんが家族といっしょに暮らしていました。

それは、ある日の夜明け前のことでありました。

おばあさんは「ごはん!」という、

大きな声に驚いて目がさめました。(@_@;)

窓の外はまだ暗く、誰も起きている気配もありません。

「夢か!」

おばあさんは、ほっとしました。confident

夢で聞こえた「ごはん!」は「ごはん食べるぞぅ」と言う

おじいさんの意思表示の声と同じだったのです。

  chick  chick chick chick

おばあさんは、起きてきたねーさん孫のNちゃんと、

妹のKちゃんに、夢の話をしました。

「何であんな夢を見たんやろ?私はごはんに追われとるんやろか?」

と、おばあさんは首をかしげました。(-_-;)

「ほんとやなあ、私ら、もっと手伝わないと・・・」

と言ったのは、ねーさん孫のNちゃんでした。

「やめとこ、アホみたいな夢のことなんか気にせんとこう」

おばあさんは、smile 笑いとばすかのように言いました。

                    chick  chick chick chick

孫姉妹が学校に出かけたあと、

朝の片付けをすませた、おばあさんが、したのは、酢大豆作り、

細く裂いた茎ワカメの塩抜き、そしてスモック刺繍でした。

P1060229 P1060234  P1060224

当然のことながら、この三つは、何のつながりもありません。(笑)

じきにお昼が近づき、おばあさんは「ごはん」の用意です。

そして、おじいさんと二人、平和な平凡な昼食をすませたのでした。


            P1060237
お月様?               

違いますよ、いきなり夜になるわけはありません。coldsweats02

茎ワカメ入りの炊飯器ケーキが焼けたのです。

ちょうどそこへ、Kちゃんが学校から帰ってきました。

「わっ焼けたんや(^^♪」

けれども、こういうケーキは、ねーさんといっしょに食べないと

ややこしいことになるのです。(>_<)

P1060238_2 Kちゃんの今日のおやつは、

買い置きの、これ、

ポリポリ、さくさく、

とてもいい音がしていました。 notes



book  本のこと book

角田光代の「人生ベストテン」を、

図書館で借りて読んでいます。

       P1060235

短編集ですから、私の暮らしには適しています。

           *  *  *  *  *

終りまでお付き合い下さいまして、まことに、ありがとうございました。

コメント欄も開いております。よろしかったら、ひとことどうぞ。(^_^.)

にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳以上へ

Banner2ninnkiburogubana 人気ブログランキングへ

2008年9月15日 (月)

電話の向こうへ

あの人のうつ病が再発して、

家にひきこもってしまってから、何年になるのでしょう。

4年は過ぎたのではないでしょうか。

あの人が私たちの前から身を隠してしまったのは秋でした。

今朝は、不意にあの人のことを思い出したのです。

電話をかけてみようか。

最初の頃は決して電話に出てくれませんでした。

何ヶ月かして出てくれた時は、本当にうれしかった・・・

けれども声は弱々しく、

一刻も早く電話を切りたそうなのが、ありありとわかるので、

あの人のこころの負担になってはと、

その後は葉書を書いて送っていました。

けれども、私は次第に葉書を怠け、

年賀状だけになってしまっていました。



今年はじめて、あの人からの年賀状が届きました。

少しずつではあるけれど、回復しているのだと

わずかに、安心できました。



先刻、思い切って電話しました。

「ご無沙汰してしまって、すみません、お元気ですか?」

「はい、まあまあです。ありがとう・・・」

電話を切りたがってはいないように、思われました。

かえって私の方がどきどきして、早く切りたくなりました。



また、葉書を書かなくては・・・

       P1060161_2

「庭で作っているとうがらしです」と

画像を入れて、書くことにしました。




花よりも、良いという気がするのです。

赤くて元気だし、ツンと天をさしているし、

私もこのとうがらしを見ると、

何故か気持ちがシャキッとするからです。



家事はまだ出来ないのだろうな、

とうがらしを刻むこともないだろうな、と

私のこころは痛むのですが、

やっぱりこの写真に決めました。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳以上へ

Banner_02akairo 人気ブログランキングへ

すみませんが、コメント欄はお休みさせて頂きます。<m(__)m>

2008年9月11日 (木)

昔話ふうに 1

昔のことではありませんが、

ある所に、おじいさんとおばあさんが、おりました。

ある日のこと、おじいさんが言いました。

「あれ作りました、これ作りましたのブログ、今もやってるのか」

おばあさんは、笑顔で、答えました。

「はい、続けています」

おばあさんは、もっと言いたかったのですが、我慢しました。

(あれ作った、これ作ったばかりではないのよ。おじいさんのことも時々は書いているのよ)

(それにしても、おじいさんよく言うわ、あれ作りました、これ作りましたのブログだなんて・・・)

おばあさんは、心の中でクスクス笑いました。

それから、おばあさんは、箱から布切れを取り出しました。

おばあさんは、孫のKちゃんから、頼まれた物があったのです。

「DSとお財布の入るくらいの、チャック付きのバッグを作って」

と、言われていたのです。

おばあさんは、以前にも、Kちゃんのために、

DSなどを入れるバッグを作ったのですが、

そのバッグは、今では別の物でいっぱいなのでした。

P1060209 P1060210


おばあさんは、Kちゃんに、またバッグを作ることにして

布の組み合わせを、考え始めました。

         P1060213

その時です。

台所で、おじいさんの声がしたのです。

「お茶を飲もうよ」

これはお誘いのようではありますが、違うのです。

「お茶を入れてくれ」という命令に近いものです。

「はい」

おばあさんは、今日は布の算段だけにして、

ヨッコラショと立ち上がったのでありました。

                                 (めでたし、めでたしsign02

            chick     chick chick chick

本のこと

P1060216 かりんが

学校の図書館から、

本を借りてきました。

オッと驚きました。

りかさん…私も、ねーさんも大好きな本、

家には文庫本がある、りかさんではないですか!

かりんも話の仲間入りしたかったのでしょうか?


終りまでお読み下さいまして、ありがとうございました。

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

Banner2ninnkiburogubana 人気ブログランキングへ

2008年9月 6日 (土)

さあ、前へ(^_^.)

P1060189 猛暑をなんとか乗り切り、

孫たちも学校に行き出して

1週間が過ぎ、

ほっとすると

だるさを感じるのは、当然のことでしょう。

それでも半日たらたらと家事をしているうちに、元気になりました。

ホウセンカが咲いています。

こぼれ種からのひとり生えです。

小5のかりんが3年生の時に、学校で育てた花の子孫です。

          clover  clover  clover

縫わなければならない物、

どうでもいいけど縫いたい物が

いろいろ出てきました。

「ねばならない」物は、かりんの秋冬物です。

どうでもいいけど縫いたい物は、

私のリバーシブル前掛け、袋の縫い直しなどです。

P1060176  P1060178

ハローキティの袋は、かりんの保育園時代の着替え入れです。

このままでは誰も使いませんから、手提げに作り直したいです。

外はまだ暑いですが、家の中は過ごしやすくなりました。

少しずつ進めて行こうと思います

        clover  clover  clover

ここまで書いたところへ、図書館に行っていたねーさん孫が

帰ってきました。

図書館がしばらく休館になるという。

特別整理期間なのだそうで、えらいこっちゃ。

いつでも行けると思うと行かないけれど、

休みとなると行きたくなって来ます。

明日の午後なら行かれるやろか。

本、本、何でも良いから読みたくて、

近くにあった本をめくって見ました。



○老人であるから、ということを、失敗の言い訳に使わないこと

完本 戒老録 曽野綾子著 の1行が目に入りました。

その言い訳、よくします、私は・・・

このブログにしても、自分は年寄りだからという甘えた気持ちで 

書いている時があるように思います。

そして、またこんな1行もありました。


○新しい機械を使うことを、絶えず積極的に覚えること。


心にチクリと来ます。

新しい炊飯器、まだ十分に使いこなしていないのです。

頑張りますわ。

今から夕飯の用意します。



今日もお読み頂き、まことにありがとうございました。

そしてブログランキングへの応援、心からお礼申し上げます。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳以上へ

Banner_02akairo 人気ブログランキングへ

2008年9月 2日 (火)

ループエンド

ループエンドの作り方です。

布は9×8の裁ち切りを2枚用意いたします。

P1060105 P1060107 P1060108

P1060109 P1060110 P1060112

P1060117 かりんが作った

巾着の紐の先につけました。

少しは見場がよくなるでしょうか?

ループエンドと言うのですね。

「手づくりBAGはじめの1歩」 日本ヴォーグ社 を

参考にして作りました。





お読み下さいまして、ありがとうございました。

蒸し暑い日になりました。

身体に気をつけたいと思っています。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳以上へ

Banner2ninnkiburogubana 人気ブログランキングへ

2008年9月 1日 (月)

気休めかも…(防災の日に)

P1050718 孫たちは、

今日から二学期、

祖父ちゃんは

お宮の用事で出かけ、

久しぶりにひとりです。

(静か過ぎます)

今日は防災の日

毎日見ている防災用品も、今日は少し重々しく見えます。

P1060036 庭に並べた、

水道水入り空きペットボトル、

トイレで流す水くらいには、

使えるかもと…


家の玄関は防災物置?も兼ねています。

P1060054 P1060055

リュックの中身を点検しなければ…

孫たちは成長し、下着も小さくなってしまったことでしょう。



P1060056 これは枕元に置いて眠る袋、

中には、とっさの時に必要な、

スリッパ、ソックス、めがねけケース

そして、呼子笛も入っています。


「備え」とも言えないような、お粗末な物ばかりです。

気休めなのかもしれません。

自然災害には無力であることを、

いつも忘れないための物にすぎないですね。


豪雨の被害に遭われた方々の大変さを思いながら、

この記事を書きました。

どうか立ち直って下さい、

何も出来ませず、申し訳ありません。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳以上へ

Banner2ninnkiburogubana 人気ブログランキングへ

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

レジ袋ふうエコバッグ

新聞紙バッグ作り方