« あまくて おかしくて かなしい話 | トップページ | メダカの気持ち »

2012年6月10日 (日)

ばあさんの責任は重かった

Ju07_01b 背中が痛いです。

理由はわかっています。

おじいさんが、中学生孫を業者テストの会場まで迎えに行った留守に、こっそりと、ねーさん孫が運転する車でスーパーに行って来たのでした。

おじいさんに怒鳴られながらでなく、ばあちゃんに同乗してもらって運転したい、と、ねーさんはずっと願って来たのです。

そして、今日こそチャンス!と、二人で出かけたのでしたが、これが背中の痛みの元になったのです。(笑っている場合ではない!)




車で僅か7~8分で着くそのスーパーの、お昼過ぎの空いている時間をねらって行きました。

ねーさんは、思ったよりもスムーズにスーパーの駐車場に(前進で)車を入れ、二人でさっさと買い物をすませて帰宅しました。

まだ、バックでの車庫入れに自信がないねーさんは、予定通り家の駐車スペースに斜めに頭からつっこみました。

「こんな入れ方をして、じいさん、怒るやろなあ」と言いながら…




しばらくして帰って来たおじいさんは、怒りませんでしたが言葉少なでした。

多分、こいつ等、自分の留守を狙って、ついにやりおったかと、思っていたのでしょう。

心配性のおじいさん、慎重なおじいさん、完全主義のおじいさんの目には、ねーさんの運転はあぶなっかし過ぎるに違いありません。

それでもいつまでも側で怒鳴られては、ねーさんは怖気づいて力が出せません。

私は、助手席ではなく、ねーさんの後ろの座席に、ねーさんといっしょに運転している気持で乗って行きました。

「無理だったら、途中で引き返すくらいの気持ちで行こうよ」と、言って家を出たのです。

私の責任はほんとうに重大だったのでした。




ねーさんは、おじいさんといっしょの時よりも落ち着いて運転しているように見えました。

「よし!」

「今の入り方良かったよ!」

私は、なるべく誉めて励ますように気を付けました。




この次は、早朝の車庫入れ練習に付き合うつもりです。

昨日の午後には、息子が山の県立公園の駐車場で車庫入れの練習をさせました。

「じいさんの時みたいに怒られないから、反省しながらじっくりやれる」と、ねーさんは言っていました。

と、いうようなわけで、今日は、私にとって背中が痛くなって当然の責任のある日だったのでありました。

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村

>↓動物保護活動応援
クリックで運営者のHPへ

にゃんわんプロジェクトへ


゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

« あまくて おかしくて かなしい話 | トップページ | メダカの気持ち »

孫たち 4」カテゴリの記事

コメント


こんばんは  
2年位前までは、夫の 運転で 何処にでも連れていってもらいました。私も運転免許 とれば よかったな-・・・・・    少し後悔しています。息子の運転初心者の頃、思い出しました。
深夜とか早朝夫が 横に乗って厳しくおしえていました。私は 後ろでハラハラウッシ-さんの記事を なつかしく読ませていただきました。
 


    

こんばんは(^^)/

鬼教官のお留守に、2人でお出掛け
ちょっと痛快

運転は、「慣れ」だけですね。
おねえさん、たくさん運転して、慣れて、
鬼教官さんを安心させてくださいね。

ウッシーさん、お疲れ様。
緊張なさって、背中、痛いですよね。
どうぞ、お大事に

さくらママさん、おはようございます。
自分の子どもが免許を取ったころのことは思い出せません。
そのころは、私には免許がなくて無関心に近かったのかも知れません。
いまは、母親が生きていたらするであろうことを、しています。
人が一人前になることの大変さを実感しています。

nekomamaさん、おはようございます。
人を育てることの難しさを思っています。
繊細にして大胆、そういう態度で行くべきなのであろうか?と思ったりして。

私は61歳で免許を取得後運転の機会がなく、ペーパーです。
機会がなかったというよりも、道を閉鎖されていたというべきか。
ですから、ねーさんには何としても乗れるようになってもらいたいです。
心配の種が増えますが、こういう田舎の町では、車がなくては通勤もできず、日常生活にも支障が起きます。
ねーさんが鬼教官から自立したら、そのねーさんと助け合って私も運転をしたいです。
鬼教官が、100歳まで運転してくれたら、こんなことは考えなくていいのですけどね。

ウッシーさんは素晴らしい・・

本当にお孫さんを育てておられますね。それも >なるべく誉めて励ますように気を付けました.

最高の育て方です。

わたしはいまになって鬼患者に怒鳴られながら運転しています。
時々私も切れまして、グーの出ない言葉でやっけていますヨ!!

dorucasuさん、おはようございます。
本当にお疲れ様でございます。

鬼患者!
鬼はいつまでたっても鬼なんですねえ。
家も、先が思いやられます。
運転は、人の命にかかわることなので、本当に緊張します。
正直言って、怖かったです。

はじめまして。
最近こちらのブログを存じあげるようになり、
過去の記事もゆっくり拝見しました。
大切なお孫様をよく育てて下さったと、頭の下がる思いです。
これからも、お元気で長生きしてくださいね。

昨日はお疲れさまでした。
おねーさんは心強かったでしょうね。

ねーさんはゆっくり練習したいんだろうにね。
私も免許取ったとき、周りがあーでもないこーでもないと言うのが嫌だった。
早朝1人で大きな幹線道路を走りましたよ。
それと誰もいないファミレスで車庫入れの練習しました。
線の中に入れることに集中して。
もし近くにそんな場所があるならお勧めします。
ウッシーさんの励ましが上達の近道です。
あっ、それと10分でも良いから毎日運転してね。
暫くお付き合いしてあげてくださいね。

ふうさん、はじめまして。
お読み下さりありがとうございます。
自分が生まなかった子を育てることの大変さを、最近になって思い知るようになりました。
うまくできるはずがないと、悟りをひらく気持ちで日々暮らしています。
それでも、若い子が成長していくのを見るのは、幸いですね。

hittyさん、こんばんは。
ありがとうございます。
お言葉通りにいたします。
自分の力で運転することが大切ですね。
あの日卒検を通ったではないかと、自分に言い聞かせて、落ち着いて運転してほしいです。

この記事へのコメントは終了しました。

« あまくて おかしくて かなしい話 | トップページ | メダカの気持ち »

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

レジ袋ふうエコバッグ

新聞紙バッグ作り方