無料ブログはココログ

« 思い出すⅡ & 菊の模様の刺し子 | トップページ | 冷たい雨**今度は大丈夫! »

2012年10月 3日 (水)

幼児用のジュースを持って

実家に行き、母に会ってきました。

思ったよりも元気でしっかりしていてくれたので、ほっとしています。

二人で亡き父のことを話しました。

母は、私と二人で父の最後を看取ったことを思い出してくれました。




もう長くないと言われていた父は、タンが詰まりそうになるので、何度も看護婦さんに来てもらったこと、看護婦さんが次第に不機嫌な顔になって来てくれたことも覚えていたのでした。

「あの夜の看護婦さんは、怖い人やったなあ」と、母は言いました。

その夜の看護婦さんは、父のタンを吸い取りながら、おえっと吐き気を催していました。

私は、看護婦さんは妊娠中で、悪阻のために気分が悪いのだろうか?と思いました。

それならば、大変気の毒なことだと思い、遠慮しながら何度もブザーを押して来てもらっていたのでした。




「あんたと私と二人だけの夜に死んだんやったなあ」と、母は胸に手をやりながら繰り返して言いました。

父は横暴な患者で、母は叱られてばかりいました。

しかし今日の母は、父に叱られたことはすっかり忘れていました。

ただ、死の二日ほど前にお茶を上げた後、「ありがとう!」と言ったことは忘れていませんでした。

父から母への、最初で最後の「ありがとう!」だったのでした。




幼児用の小さなパック入りのリンゴジュースを、母はおいしいと言って飲みました。

残りの3パックを弟嫁に預けて、私は帰ってきました。



゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

ゆっくりまいりたく、カテゴリー変更しました。
どうぞよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村

こちらもゆっくり参加しています。


人気ブログランキングへ

« 思い出すⅡ & 菊の模様の刺し子 | トップページ | 冷たい雨**今度は大丈夫! »

母を思う」カテゴリの記事

コメント

お母様に会いにいらして良かったですね。
ウッシーさんと2人だけの想い出話が嬉しかったでしょうね。
記憶もしっかりしていらして、良かった。

お母様の一番会いたい人は、ウッシーさんですものね。

それにしても、
オエ ってなってしまう看護婦さんて・・・。ひどいよ。

ウッシーさんこんにちは
お母さんと会話ができてうらやましいです 思い出話など細かいところまでちゃ~んと覚えておられるんですねぇ

私の母はあまり長くないようです
延命治療は受けないで自然に枯れていくのを見守るつもりです
先日お見舞いに行った時に3時のお茶はトロミ茶なんですがしのばせておいた水ようかんをちょこっとだけなめさせてあげました
看護士さんにはバレなかったようです
うれしそうに口を開けていたのを思い出します

ウッシーさん お母様のところへ行かれたのですね。
お元気そうで良かったですね。
ご主人様もご一緒でしょ。
そこがご主人様のやさしさですね。

若い頃から厳しかった人は歳をとると丸くなると言いますけどね。

親戚の叔母さんは(義母の妹・85歳です) 結婚当初から ず~っと夫に気を使っているとか。(叔父さんが些細なことですぐに怒る性分なんです。)
最近 隣に住むその息子夫婦が見るに見かねて、母親の方を半月ショートステイに預けて夫婦を離すようにしたそうです。
この前電話をしたらお嫁さんが お舅さんの世話をしないといけなくなったし、もう顔を見るのも嫌だと言ってました。(息子は一人です)
どう答えたらいいのか困った私です。


こんにちは!  お母さまもうっしーさんの持ってきてくれたりんごジュースを飲んで、楽しいおしゃべり喜ばれたてしょうね。 私も今日は、母と父が遊びに来てくれたのでおしゃべりしました。 普段は、電話でながなが色々な話をしています。 やはり親には長生きしてほしいですね。 

ウッシーさん、こんにちは

 最後をみとるという事はとても大きなことですね。そして人は、亡くなった人のいいことしか覚えていないというのも有難いことです。

 私は父、姑をみとりました。父は入院中で、私も別の病院で入院していたので最後に見舞い、来てくれたと、とても喜び大笑いしながら心不全で逝きました。
きょうだいたちには感謝されましたね~

よかったですね~、
お母さんと楽しいひと時を。
ウッシーさん、喜んでもらえましたね。

↓そうですね~、
何処のどなたかわからないけど。
夫婦って可笑しいですよね、物足りなく感じたり、寂しくなったり…。
いい意味で、これが夫婦なんでしょうか。
ウッシーさん、近いうちにまたこの方のこと聞きたいです^^。

こんばんは~
お母様の所へいかれたんですね。お元気そうで良かったです。
いい所だけを覚えていて、いやな所を忘れているって、これは私もマネをしたいです。
ふつうは逆な事が多いですものね。お母様を見習わなくちゃ。

私は実母、実父の最後をみとる事ができませんが、義父の時はしっかりできました。
・・・と言っても義父はあっけなく逝ってしまいました。

私もその日を迎えるまで、楽しく、暮らしていきたいと思います

ウッシーさん、こんばんは。
駆け足で秋がやってきたかんじです、朝晩は冷え込みますね。
台風、大きな被害がでなくてなによりでした
上陸の場所を天気予報でみて・・・・いました。

皆さん、それぞれの親子、家族のドラマがありますよね・・・・
人生は予定どうりに行かないから・・面白いって誰かが言っていました。

さて、人生どっちでも大きな違いはありませんよね・・・。
こんな私でも、某NHKに負けない(笑)ドラマがあるようです?

nekomamaさん、看護婦(士)さんは体調が悪かったのだと思いますが、最後の夜でしたから、悲しい思い出となりました。
人生とは、そういうものなのでしょうね。
看護婦さんに責任はないのですが・・・

さらさん、幼児用のリンゴジュースがちょうどよかったのです。
かりんに飲ませていたのを思い出しました。
万一にも、喉につかえるものは持っていけません。

テッシーさん、うちのおじいちゃん、ずっとおとなしいのですが、ねーさんとは気が合いません。
ねーさんには、時々怒っています。
このためにエネルギーを消耗して、私には穏やかなのかも。(笑)

我がままで怒りっぽい人の話を聞きました。
怪我をして世話になっている息子さんのお嫁さんにきつくあたるそうです。
どういう気持ちからそうなるのでしょうね。
私も自分の将来を心配します。

ひとみんさん、母は今のことは理解ができないみたいです。
昔のことを話してくれます。
もうすぐ97歳ですからね、記憶がこんらんするのも仕方ありません。
100歳まで生きるのかも知れませんね。

dorucasuさん、最後は一瞬ですね。
ずっと昏睡状態のままでした。
私は忘れません。

shizuoさん、穏やかなのも不安なものです。
ずっとにぎやかに怒ってきた人なので。
このままでいくか、復活して爆発があるかわかりません。
いずれにしても、身体が元気ならいいですわ。

麻綾さん、楽しく暮らすことでしょうね。
私もたのしいこと、おかしいことを探して暮らしますね。
良いお名前ですね。

ピエロさん、小槌を振ると思い出があとからあとから・・・
悲しかったことも何十年もたつと美しい思い出になります。
これに浸っていてはいけませんが、たまには許されるでしょうね。

今の私の悩み、朝庭に出た途端、5,6か所を薮蚊に刺されて、ムヒをつけたけど痒くて悶々としているところです。
たすけて~

この記事へのコメントは終了しました。

« 思い出すⅡ & 菊の模様の刺し子 | トップページ | 冷たい雨**今度は大丈夫! »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ブログ出発点

レジ袋ふうエコバッグ

新聞紙バッグ作り方