« 休まない夏休み | トップページ | 耐え難いむし暑さ »

2013年8月22日 (木)

真夜中の騒音(訂正、追記あり)

1回目は12時だった。
網戸とカーテンだけにした窓から、突然とてつもない大きな音量で演歌が聞こえてきた。
通りを行く車のカーコンポだと思ったら、定点から聞こえて来るのだとわかった。


近くの公園に誰かが来ているのだと思い、玄関を細めに開けて覗くと、赤っぽい柄のアロハシャツの年配男の背中が見えた。
家のおじいさんも目をさまし、交番に電話した。
私は本署に電話した。
「騒音被害ですね、若者でしょうか?」と聞かれたので「いいえ、年寄です。演歌を大音響で流しています」と答えた。
3曲分が流れた頃お巡りさんが来て、騒音男に注意しているようだった。


その後やっと静かになってうとうとしたら、またもや2回目の演歌騒音、時計は2時だった。
そっと外に出て家の車の陰から見ると、音は公園の駐車場に止めた車から聞こえていた。
今度は私が交番に電話すると、3曲めが始まったころお巡りさんが来てくれたが、音は流れつづけ、大音響の演歌をBGMにしてお巡りさんと騒音男の声が聞こえていた。


母屋の息子も警察に電話して家の中から様子を見たところ、この近くの誰かが出てきて、騒音男に「こんなことをしていいと思っているのか」と、強く抗議したため「顔を覚えたぞ、殺してやろうか」「殺せるものなら殺して見ろ」と激しくやりあい、お巡りさんが止めに入ったそうである。
勇気のある人もいるのだ。
結局、騒音男は車ごと連行されて行った。
息子の話では、男は不眠症で、睡眠薬を切らしたため眠れないと言っていたそうである。
嘘か本当かわからないが、自分が眠れないから、腹立ちまぎれに他人の眠りを妨げたかったのだろうか。


息子は2回目の騒音で警察に電話した時「車を移動させてほしい。さもなくば車のキーを取り上げないとまた同じことをするから」と頼んだと言っていた。
1回目は仕方なかったかも知れないが、2日目は防げたのではないか、警察の対応は甘かったと私も思った。


゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

応援ありがとうございます。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村

↓応援しています

にゃんわんプロジェクトへ

« 休まない夏休み | トップページ | 耐え難いむし暑さ »

日々のつぶやき」カテゴリの記事

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

レジ袋ふうエコバッグ

新聞紙バッグ作り方