« 雨の残る | トップページ | 静かな日曜の朝に »

2013年10月29日 (火)

四階東病棟

昨日は、左足の付け根を骨折して入院中の母を見舞って来ました。
おじいさんの車ではなく、単独で市バスに乗って行きました。

椅子に腰かけた母は、私を看護師さんだと思ったようです。
「ご厄介をかけております」と深々とお辞儀をしました。
「なかなか来れなくてごめんな…」と言っても「お世話になってありがとうございます」と繰り返すばかりでした。

昼食時間になったので、介助をすることにしました。
朝食と昼食の時はいつも近くにいる私の姪が来ているのですが、昨日は姿が見えませんでした。
ご飯を上げるのは、緊張しますね。
一度はお茶にむせてしまって、私は気が動転しました。
背中をさすったら治まりましたが、看護師さんを呼ばなければならないかと思ったほどでした。
ご飯を少し残し、おかずはほとんど食べてくれました。
まもなく居眠りを始めたので、看護師さんに来てもらってベッドに寝かせてもらいました。
その時母は顔をしかめましたが、骨折した足が痛かったのだろうと思います。
看護師さんも「痛いんやな」と言っていました。


ベッドの脇で母の寝顔をじっと見ていたら、姪が来ました。
私を見て「よかった、今日は遅れてしまって」とほっとしていました。
小学生が二人いる姪が、良くやってくれているのでした。
父親(私の弟)の体調がよくないので、朝と昼は姪、夕方は弟嫁が来ています。
姪が帰ってからしばらくいて、バスの時刻が来たので病室を出ました。
2時からはリハビリがあるということでした。


Photo母は来月には99歳になります。
入院したての頃は家に帰りたがっていたそうですが、今はそれも言わなくなったそうです。
「ご厄介」「お世話」「ありがとう」「伊勢から来たんですか」「(ご飯の時の)もうええわ」私が聞くことが出来たのはそれだけでした。


そっと触れた母の手は冷たくて、爪がのびていました。
今度行くときは爪切りを持って行こうと思うけれど、母は切らしてくれるでしょうか。



゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村

↓応援しています

にゃんわんプロジェクトへ

« 雨の残る | トップページ | 静かな日曜の朝に »

母を思う」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。
ウッシーさん、お母様のお食事の介助ができて
良かったですね。 姪御さんも子育ての最中、優しいのですね。

リハビリはお母様にはちょっと大変かもしれないですが
続けてほしいです。
皆様どうぞおだいじに。

ラベンダーさん、ありがとうございます。
リハビリして立てるようになってもらうと病院から言われたそうですが、本人に気力があるかが問題です。
弟は、無理だろう、車椅子の生活になるだろう、施設に入所をお願いすることになるだろうと言っています。
弟の体調も心配です。(心臓疾患、高血圧)
母は何の薬も飲まず、内臓は良好なのですが。

ウッシーさん こんにちわ、
昨日はお母さんのお見舞いに行かれたんですか。
食事が進んでよかったですねえ。リハビリもですか~

父が三年ほど入院中の時お見舞いに行って、お昼の介助を
した事もありますが、時間がかかりました。急いだりすると
むせびますしね 看護の役だった兄嫁にはいまでも感謝の
気持ちで一杯です。

Nonちゃんさん、食事の介助は父の時にもしたことがありましたが、忘れました。
昨日はすごく責任の重さを感じました。
毎日してくれている弟嫁や、姪の苦労がよくわかりました。

父の入院の時は、主に母が泊まり込みで世話していましたが、母の小姑がいろいろうるさくて(自分の兄のことだから)母は腹を立てていました。
私は弟の家族にはただ感謝しかありません。

99歳のお母様、御立派ですね。
弟さんの御家族にも頭が下がります。
だんだん身内が少なくなりつつある我々の世代は、母親が生存しているだけでも奇跡です。

身内もやっかいなものですが、亡くなってしまうと寂しいものです。
だんだん年と共に涙もろく成るのは、こんな事情があるからかもしれません。

ロックジュニアママさん、おはようございます。
母の姉妹は大体に長寿ですが、母は最高です。
我慢強い無口な人でした。
今は何を思っているのでしょうか?

いろいろな思いが私にもありますが、もう何もかも過ぎたことです。
母と、弟の家族の平和を願っています。

おはようございます(*^_^*)

 感謝の言葉の多いお母さん。よい人生を歩んできたんでしょう。

大変な中にもお母さんの寝顔を見れる嬉しさですね

苦労かけた手。お母ちゃんがいたら手を握り締めたいです。
一緒のお布団で寝てみたいです。

お母さんのこれからの人生・・穏やかにと願います

無記名さん、おはようございます。
感謝の言葉が言えていいと思います。
私があんなふうになったら、何を言うのでしょうか?
それを思うと恐ろしくなりますね。(笑)

うっしーさん、こんにちは(*^_^*)
朝途中までコメントかいていましたが・・時間切れで今となりました(^^ゞ
↑のお仕事ご苦労様でした。
アサガオデスね(^O^)/
家は、フウセンカズラです(>_<)
やはりそのままにしています。
お母様の骨折気掛かりですね。
↑の感謝の言葉、私もどういう風になっているかなぁ?

チェストツリーさん、こんにちは。
良いお天気でしてね、もっといろいろしたいですけど、夕方になってからだるくなるので我慢します。
お昼もすんで、ぼんやりしていたところです。
じきに冬ですね。
どの程度の寒さか気になります。
お身体大切になさってくださいね。

こんばんは。
お母様、辛い思いをされましたね。
でも、リハビリが出来るようになって良かったですね。

お義父さんが90歳の時に家の中で転倒。入院をしましたが1週間ほどして妄想が出てきました。
今なら一過性の妄想だから・・・と、言う事で家に帰ってきました。
家での介護が始まりました。

病院の天井は白くて・・・
ずっと天井を見ていると変なものに見えてきたりするそうです。
時間があれば話掛けてあげて欲しいと思います。
ウッシーさんも気をつけてお過ごし下さいね。
お大事に。

やなさん、ありがとうございました。
母は家にいた頃から、認知症が始まっていました。
入院で進行してしまいました。
話しかけても反応がないので、こちらも戸惑います。
お礼の言葉だけは言います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 雨の残る | トップページ | 静かな日曜の朝に »

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

ブログ出発点

レジ袋ふうエコバッグ

新聞紙バッグ作り方