« 週の終わりに | トップページ | 寒さがゆるみ »

2014年2月23日 (日)

讃美歌カバー

昨日、「讃美歌21」の表紙カバーが出来上がりました。

P1130430_640x480


先日仕上がった聖書カバーはこちらです。



P1130434_640x480



そして今日は、教会の聖日礼拝に行ってきました。
礼拝の後、教会の方々と少しだけお話も出来ました。
30年もいて下さった牧師さんが、4月には他県の教会に行ってしまわれるので、誰もがさびしがっています。
時々いっしょに礼拝に行っていた我家の孫たちもさびしい気持ちでいます。

今日の日ざしはまるで春です。
本当の春もすぐ近くに来ているのがわかります。
温かくなるのは嬉しいことですが、春はさびしさも連れてくるのだと、しんみりしています。

  * * * * * 



参加しています。

;
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

応援しています。

マルシェドシャポー   

  帽子や多帽   

にゃんわんプロジェクトへ

« 週の終わりに | トップページ | 寒さがゆるみ »

教会」カテゴリの記事

趣味の手作り」カテゴリの記事

コメント

オリジナルの聖書カバーで
礼拝するのは、
格別でしょう。

今度は、なにができるか
とても、楽しみです!

こんばんは、ウッシーさん
ステキなカバーが出来ましたね〜
同じデザインに見えるようでも違うんですねえ。
春は新しい出会いも別れもある季節〜
牧師さんとの30年‥ いろんな思い出がいっぱいでしょう。

しらすぼしさん、おはようございます。happy01
今までは、ハギレで作ったバラバラの柄のカバーでした。
布をそろえて作ってホッとしています。
表紙だけでなく、中身が大切ですけれどね。

ウッシーさん、おはようございます。

おそろいのブックカバーがとても素敵です。手作りはいいですね~♪
 
 牧師さんが・・・よくわかります。
私も21年共に礼拝した宣教師さんと別れたときの気持ちが思いだせます。彼女たちはアメリカに帰り宣教師村に住み、いつもと同じように水曜日のトラクト伝道・祈祷会などつづけ今は天国です。

Nonちゃんさん、30年は長くて短いですね。confident
いろいろ試練もありました。
これからも許される限り、ずっと通いたいです。
好きなカバーをかけて少し満足しています。happy01

dorucasuさん、お早うございます。happy01
私に洗礼を授けて下さった牧師さんは今は天国にいらっしゃいます。
今の牧師さんは1984年に副牧師として私たちの教会に来て下さり前任の牧師引退後正牧師になって下さいました。
私の孫たちは、今の先生しか知りませんから、かなりショックを受けています。
けれども4月から新しい牧師さんが来て下さいます。
主につながっていれば、この世のさびしさを乗り越える力を与えられますね。

手づくり刺し子カバーの讃美歌と聖書持参で
きっと良い礼拝だったのではと思いました。
私もウッシーさんのように一生そばにおける大切な物はと
考えたのですが~思いつきません。

丘の家さん、おはようございます。happy01
手の動くうちにと作りました。
今までは、ありあわせの布でちぐはぐなものを作って持っていたのです。
教会に持っていくブックカバーは刺し子に決めました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 週の終わりに | トップページ | 寒さがゆるみ »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

レジ袋ふうエコバッグ

新聞紙バッグ作り方