« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »

2016年1月の記事

2016年1月30日 (土)

節分まだなのに福豆食べちゃった

変わったこともない一日でした。
家族はそれぞれ買い物くらいは行きましたが、ほとんど家で過ごしました。


私は息子が寝起きする母屋に疎開して、刺し子の図案を画きました。
息子が傍で映画の話などし始めて、決して静かな環境ではないのですが、家事から解放された気分になれる場所なのです。
画いた図案の写真はまだなので、今週の作り置きおかずの写真を入れます。





 Photo_4 Photo_5

 Photo_6 Photo_7


早々と節分の福豆を食べました。
豆まきもしないうちに、いいのでしょうか?
いいも悪いも、もうお腹の中です。happy01


いいことがあるようにたくさん食べようよ、と言う私に、姉さん孫がひとこと。
「いいことなくてもいいよ、悪いことがなかったらね」


゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。






 






 
 

2016年1月28日 (木)

安心なような 寂しいような

 認知症のはな子さんが、デイサービスに行くようになったと言う知らせを受けたのは、一昨日の夜でした。
発信元は老人会の仲間ではなく、はな子さんが会社勤めをしていた頃の友人だそうで、この町の人ではありません。
私は、知人を介してその情報を得たので、さっそく老人会の仲間数人に電話しました。
はな子さんのことは、みんなで心配していたからです。
「よかった、よかった」と、言うことはみな同じでした。
これで、はな子さんが信号を無視して自転車で走り回ることも少なくなります。

P1150605_640x480


 何も行事がない日にも「今日は何かある日?」と不安げに尋ねて来たはな子さん。
週に4回だというデイサービスに、機嫌よく行っているでしょうか。
これからは、老人会の女たちの「双葉の会」の集まりにも来られなくなります。
「こんにちは、双葉の会が始まりますよ」という電話もかけることはありません。
無事に姿を見せてくれるかと心配したし、帰りは家まで送り届けていました。
まわりの者は、皆はらはらして疲れもしたけれど、もう来てくれないと思うと寂しいです。


゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

2016年1月23日 (土)

愉快な友たち

 一昨日は、高校時代のクラスメート4人でお昼を食べました。
高校を卒業してから70年にもなろうとして、ますますいい関係になってきています。
仲間のひとりが、心を閉ざして引きこもってしまった寂しさを紛らせたくて集まったのでした。
4人も、それぞれが願わしくない目にも遭っていますが、愚痴ったりはしません。
自分の老いすらもありのままに受け止め、からりと明るく語り合いました。


 引きこもってしまった友だちは、うつ病なのか、認知症なのか、離れて住む息子のもとにいるのか、病院にいるのか、施設なのか不明です。
せめて現況を知ることができたら、と4人の気持ちは同じでした。




P1150602_640x480


 「一日か二日、どこかに逃げて隠れてやろうかと思うことがある」と、ひとりが言いました。
「私も同じ」と、手が上がります。
それでも逃げることはできません。
明日のいのちもわからぬ年齢になってはいるけれど、まだ死ねません。
自分のためにではない、家族のために、まだまだしなければならないことが残っていると、最後はそこに行き着きます。


今週の作り置きおかずです。
変わり映えしませんが、これがくり返せる間は、大丈夫と言えるでしょうか。



 P1150582_640x480 P1150584_640x480

 Photo P1150609_640x480


 
寒さの厳しい週末です。
お身体にお気をつけください。


゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

2016年1月18日 (月)

手を動かしたくなって

気がかりなことがある時は、手を動かしたくなります。

ありふれた格子柄の、刺し子ふきんができました。




P1150592_640x480


粗い針目でざっくりと刺しました。

お茶碗拭きに使うため、大きめです。



P1150595_640x480



昨日は、柚子の砂糖煮も作りました。

後ろにあるのは、12日に仕込んだ柚子酒です。



P1150588_480x640


昨夜は、というより今朝だったかな?久しぶりに激しい雨の音を聞きました。

雨は静かにはなりましたが、まだ降り続いています。

雪の地方の方々は大変だと思います。

どうぞお怪我のないようにお気をつけ下さい。


 ゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

2016年1月16日 (土)

ブログには書けないようなことで

 何となく落ち着かない日を過ごしています。
決して鬱々としているわけではありません。
一日一日を大切にしていきたいと思っています。


 [こういうくらしができたなら]   八木 重吉


こういうくらしができたなら

平凡のようで平凡ではない

よるは うつくしいゆめばかりをみて

なんのおもいもなく

ただありがたさにみちてあさをむかえる

すべて きょうのひとひは

秋のひに けやきがすくすくと野にたつように

ひとすじに まじりけなく

じぶんのこころと身をひとつに統べて

できるかぎりのことをけんめいにしたい

ありがたさのおもいのかげに

すべてをひとつにささぐるねがいをかきいだいて

きょうのひと日をあゆんでゆき

ゆうがたをむかえたらば

きょうすごしえたるを 手をあわせて おれいをもうしたい


        永遠の詩 08 八木 重吉  小学館)

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

2016年1月14日 (木)

新年会と合い鍵の話^_^;

 12日(火)は老人会の新年会でしたが、できればドタキャンしたい気持ちでした。
実はその日の朝、別棟の玄関の合い鍵が定位置にないことがわかり、探し続けていたのです。
新年会の席でも、私の頭の中は合い鍵のことでいっぱいでした。
料理はまあまあでしたが、宴会を愉しむ心境ではありません。


 玄関の鍵は家族全員が持っています。
その他に緊急用にもう一組作ってあった分が見当たらないのです。
緊急用は、主に私が使っていました。
せっかちな爺さんに言いつけられ、急いで母屋に行かねばならない時は、自分のバッグの中から鍵を取り出すのがもどかしかったからです。


 新年会に行く前に、最近着た服のポケットと言うポケットは全部調べました。
あと、どこを探せばいいのだろう、ゴミ箱にポトリと落ちたのを捨ててしまった恐れもあるなあ、と落ち込んでいました。


 新年会から帰ったら、外出していた姉さんが帰宅していました。
「あんた、合い鍵を見なかったよなあ」と、一縷の望みを掛けます。
「あ、ごめん!出かける時、自分の鍵が見つからなかったもんで借りた」
「おいおい、なんてこった!でも良かったよ」
私が失くしたわけではなかったので、ものすごく安心しました。
見つかった”お鍵さま”です。

P1150577_640x480

 外側は、かなり地味なので、もっと派手なキーホルダーに変えたほうが良いかもしれません。

P1150578_640x480


 真っ赤な革のキーホルダーがいいかな?と思ったりしています。


 ゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

2016年1月11日 (月)

昨日はいろいろあった

 昨日の朝は教会の礼拝に出席した。
私にとっては年が新しくなって初めての礼拝出席だった。
風邪気味なので、教会でもずっとマスクをはずさない。
したがって、教会の方々とも朝の挨拶以外は話もしなかった。
礼拝後の教会婦人会の例会も、後ろの席で報告を聞いただけで帰ることに。
さびしいとは思わなかったし、出席できたことに感謝していた。




P1150567_640x480


 午後はいろいろあって忙しかった。
めったにないような夜になり、私はひとり夕ご飯だった。
残りご飯を玉子粥にして食べた。
冷蔵庫にあったおかずにも手をつけず、お粥だけをお茶碗に3杯。


 6時半すぎに姉さんが帰宅、二人でしゃべりまくった。
ふだんは爺さんがうるさがるので、こうは行かない。
8時に高3かりんからメールが来て、姉さんと二人で電車の駅に迎えに行った。


 爺さんが飲み会から帰ったのが9時15分頃、孫姉妹の父親はそれより30分遅れで帰宅。
女性が活躍する夜であったと言えると思う。(笑)


゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

2016年1月 8日 (金)

笑わせてもらいました

 ふだんは、あまり電話をかけませんが、昨日は久しぶりにかけまくりの日となりました。
始めにかけたAさんとは、共通の友だちのことを心配し、
2番目のBさんには、「聞いてね」と自分の悩みを少し話し、
3番目にかけたCさんには、最後に大笑いをさせてもらいました。



Photo


 Cさんったら
「あれ?テーブルの上に、何やら金粉みたいなのが降ってきた!」
「いよいよお迎えが来たんかな?」
「こりゃいかんわ、掃除しよ」
などと、言うんですから。


 私はケタケタと笑ってしまいました。
辛いことを話しす時も、とぼけた様子で明るくはなすCさんです。
私はCさんには、悩みめいたことは言いませんでしたが、ひょっとしたらCさんには、私の心の中が見えていたのかも知れません。
「涙が出て来たよ!」と笑いながら、私は電話を切りました。
本当にやばいほど笑ったのです。


何がやばいって?
書けませんわ。
ご想像に任せます。


゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

2016年1月 6日 (水)

刺し子をざくざくっと

年末に刺していました。
時間は夜、お風呂に入る前の休憩時です。

P1150559_640x480


ざくざくと、大きな針目で刺しました。
のびのび刺したかったから。


今年も刺し子と仲良くしたいと思います。
私はそう思っても、向こうさんが嫌がるかもしれませんけど。sweat01
とにかく、のびのび、ざくざく、で行きたいと思います。


こんな年寄ブログにおいで下さりありがとうございます。

2016年1月 4日 (月)

疲れてるけど少しはがんばる

 若かった頃も、年末年始は疲れました。
年をとった今は、尚のこと疲れています。
今日は静かに家にいたかったけれど、老人会の会議でした。
忘れたりしたら、うるさい爺さん班長にねちねち言われるのはわかっていたので、冷蔵庫にメモを貼りつけておきました。
カレンダーの書き込みだけでは不十分だと言う気がしたからです。


 面白いことに、うるさ爺さん班長は忘れたらしく、女会長に電話で呼び出されてやってきて、「6日のはずだったが・・・」などと、おぬかしあそばす。
もう一人の男班長も遅れてきたから、結局、時間前に来ていた女3人で、重い折りたたみテーブルをセットしました。


 議題は新年会、そして来年度の役員改選についてです。
役員になりたくなくて、ここ一年の間に二人の男性会員が退会しました。
男たちは、女会長に3年間も続投させ、陰では馬鹿にして悪口三昧とか。
「最低やな」と、今日はつい口に出してしまいました。
我が班も次年度の班長を選ばなくてはなりません。
すんなり引き受けてくれるといいのですけれど・・・
「希望の会」という、素晴らしい名前の老人会ですが、新年早々灰色の気分。


 明日は教会でお葬式があります。
またひとり、大先輩が天に召されて寂しくなりました。
18年前、母を亡くした我家の幼い孫姉妹を気遣って駆けつけて下さり、母親代わりをすることになった私のために、長年祈り続けて下さった方です。


 さびしい年始め、でも、がんばらなくてはね。


 ゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

2016年1月 2日 (土)

これだけは作りたかった

 暮れの31日、裏庭の柚子の実を取りました。
手の届く枝の実は、冬至の前に主人に取ってもらいご近所に配りました。
残っているのはてっぺんと、中ほどの実です。
「残りの柚子も取ってね」と、何度も主人に頼みましたが、忙しいのか忘れるのか取ってもらえないまま、大晦日になったのでした。


 「自分で取ろう」と、主人が家の外まわりのすす払いをしている隙を狙って、物置からそっと脚立を持ち出します。
イボイボのついた軍手をはめて柚子取りです。
40個近く取りましたが、あとはもっと背の高い脚立を出さないと届かないので中断。

P1150555_640x480

 昨日、その中の10個余りの実を半分に切って絞り、タネを別にし、皮をざくざく切って小さな土鍋で煮ました。
お砂糖ひかえめの、かんたん柚子茶です。
私は風邪ひき迷人なので、これだけは作りたかったのです。


P1150558_640x480 取った柚子の残りの分は、塩ゆず、柚子酒にしたいと思います。
てっぺんに残る実も取りたいですけど、私には無理でしょうか。
なるべくなら人を当てにせず自分で取らなくては。
そうだ、家には高枝切り挟という便利な道具があるのだ!
あれを使えば千人力、取るぞ、取るぞ、取りますよ。

゜。°。°。°。°。° °。°。°。°。°。°

お正月気分はとっくに抜けています。
ふだんのことを、ふつうに、こつこつしています。

2016年1月 1日 (金)

ごあいさつ

  あけましておめでとうございます

 Photo_3

 新年早々ご訪問いただきまして、まことにありがとうございます。
この一年が平和な年でありますよう、心からお祈りいたします。


みなさま、どうぞお身体にお気をつけになってお過ごし下さい。
私も無理せずに、一日一日を大切に暮らしてまいりたく思っています。


 本年も「モーばあちゃんの自由帳」をよろしくお願いいたします。


 ゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

レジ袋ふうエコバッグ

新聞紙バッグ作り方