« ありふれた一日 | トップページ | 古いもんの弱る時期 »

2016年2月 9日 (火)

切子模様のことだったのか!

刺し子の「蜀紅」できました。




P1150634_640x480


裏から見るとこうなっています。


P1150636_640x480


アイロンがまだなので、御見苦しいかぎりです。


ところで、「蜀紅」とは何のこと?と辞書で調べて見ました。
パソコンで「しょっこう」と入力すると、「蜀江」と変換されますが、それは中国四川省成都を流れる川、錦江のこと。
昔、その川の水でさらして織った「蜀江の錦」という織物があったそうです。
しかしその製法はすたれて後世に伝わらないとか。


ところで、京都の西陣で織り出す切籠模様の錦を「蜀江模様」というそうです。
「切り籠」「切り子」とは、四角な物の角を切り取った形
ああ、やっと、自分がさした刺し子の模様にたどり着きました。
「蜀江」がどういうわけで「蜀紅」になったのかはわかりませんが。


そうえば、切り子灯篭というお盆に吊るす灯篭がありますよね。


゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

« ありふれた一日 | トップページ | 古いもんの弱る時期 »

刺し子」カテゴリの記事

コメント

ウッシーさん 蜀紅の刺子出来上がったのですね。それもこんなに早く。
何をやっても手早いのですね。ご丁寧に裏も見せて下さって、糸を切り結ぶ箇所が
いっぱいあって大変だったと想像します。一針一針にこめられる愛情がつまって
いますね。宝物がまたひとつふえましたね。おめでとうございます。

モミジアオイと言う花をご存じですか?ちょっとハイビスカスに似た花です。
別名、紅蜀葵(こうしょくき)と言うのだそうです。原産は北アメリカだそうで、中国の蜀とは関係ないようですが、なんだか中国っぽい花なのです。
始めは、蜀紅とはこの花の模様かとも思いましたが、どうも違うようですね。
やっぱり切り子の模様なのですね。中国の蜀とは関係ないのでしょうか?

ウッシーさん、こんにちは。

良く頑張られましたね。
いつもの作り置きおかずも美味しそうですし、
それと同時に素晴らしい作品もとなると
どうやって時間を使っているのだろうと
思ってしまいます。

ウッシーさん、こんばんは

刺し子の針目が真っ直ぐで綺麗ですね。そして仕事が早いこと、それなのに目が揃ってる‼
切り子の別名があることも、切り子灯籠の存在も初めて知りました。NETで調べたら沢山の種類があってびっくりしました。
派手さはないけれどしっとりした趣のある灯籠ですね。

今日はパートが無い日ですが、雨戸の塗装でまた締め切りでした。白夜の国の昼の短い時期には鬱が増えるらしいですが、気持ちが沈みますね。猫達も怯えて非常におとなしいです。

ふうこさん、おはようございます。
3種の模様を刺したくて、これはその一つでした。
あとは、矢羽根と七宝つなぎです。
そして、他の布にも刺して、接いでカバー布にします。
黙って何かに耐えながらするには、刺し子が一番です。happy01

プリムラさん、その花を見たくなりますわ。
名前も中国っぽいですねえ。

私もまだ、蜀江模様については知りたいことがあります。
なぜ、西陣で織られるようになったのかとか・・・
私はそういうことについて、知りたがり屋です。coldsweats01

ほたるさん、寒いですね。
私は少し風邪ひいています。
孫たちの進路のことで、年が明けてから1キロあまり痩せました。
やっぱり気がかりなことがあると痩せるのですねえ。

おかずつくりや刺し子は気が紛れてありがたいですわ。happy01

にゃんにゃんさん、猫さんたちが可哀そうですね。
でも、工事は必ず終わりますからね。
そうでないと工事屋さんも困るでしょうから。(笑)
いえいえ、笑いごとではありませんね。
お風邪引かないで、気持ちを明るく持ってお過ごし下さいね。
一日もはやく、工事が終わりますように願っています。confident

知るは楽しい、ですねヽ(´▽`)/
昔、中国や韓国から沢山の職人が日本に渡り、色々な技術や文化を伝えたようですね。
確か、祇園祭の山車の腰にはペルシャ絨毯が張ってあるそうですし、大阪の池田の呉春と言うお酒は中国の呉の時代の職人が始めたと聞いています。シルクロードで色々な文化が混じり合うおもしさですね。わたしもこんな話が大好きなので、つい二度目のコメントを(笑)

プリムラさん、ありがとうございます。
シルクロードってすごいですねえ。
私たちが何気なく使っているものの中にも、シルクロード経由の物があるのでしょうね。
ワクワクしますね。
歴史にはロマンがありますねえ。happy01

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ありふれた一日 | トップページ | 古いもんの弱る時期 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

レジ袋ふうエコバッグ

新聞紙バッグ作り方