« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »

2016年7月の記事

2016年7月29日 (金)

古傘バッグ 一丁上がり~


Photo


Photo_2


Photo_3


けれども、巾着は必需品ではありません。


Photo_4

Photo_5

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。


今日は曇りがちのお天気で、
暑さも大したことありません。
けれども、年寄はこういう日こそ用心しないといけません。
動きすぎて、熱中症になる恐れがあります。
と、言っては、怠けようとする婆さんでありました。┐( ̄ヘ ̄)┌

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。


にほんブログ村

2016年7月25日 (月)

前へ進め、どんどん前へ

 大人になった孫との付き合いに疲れ気味。sweat01
詳しいことは書かないけど、とにかく大変は大変。
じっと考えていると憂鬱になるから、頭や手を動かして何かしていたい。
とは言っても、頭も身体もオンボロ・・・
大したことは出来ない。shock




P1150983_640x480


 お金のかからないことをして、気を晴らす。
壊れ傘の布で、エコバッグ作りに取りかかるか。
ほどいた傘布は8枚だから、縫い合わせればバッグは2枚作れる。




P1150984_640x480


 こちらの傘布は7枚しかない。
ほどく時に失敗して、使い物にならなくなったのだろう。
そういうこともあるのだ。
エコバッグは1枚しか作れないから、残りの布で持ち手、バッグの収納袋でも作ればいい。

  ゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。


スカッとした夏空ではないけれど、雨は降らない。
気まぐれに、染め物もしてみた。




P1150989_480x640

ここ三日分のお茶がらを鍋で煮立て、白の木綿のブラウスを染めた。
レースは染まらない。
たぶん合繊のレースなのだろう。


チルドレンスタイルだと、お爺に笑われてもいい。
私はずっと昔から、こういうラブリーなブラウスが好き。lovely

  ゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。


にほんブログ村

2016年7月22日 (金)

涼しくて 雨が降ったり止んだり

何もしなくても汗びっしょりになったあの猛暑はどこへ行ったのか、涼しい昨今です。
こういう日は、アイロンかけも平気です。
ずっと以前に解体した壊れ雨傘の布に、アイロンをあてました。



P1150982_640x480


傘運が悪いというか、差し方が下手というか、傘壊し名人の孫が一人いるのです。
古傘の手提げは、これまでに何枚も作りました。
それだけ傘が壊れたというわけですねえ。



P1150980_640x480


傘と違って、手提げは壊れません。
たまる一方です。
こちらも、もとは雨傘です。



P1150979_640x480



また、手提げ袋が増えます。
古い手提げを捨てましょうか。
いやいや、捨てなくていいですねえ。
物置を片つけるときに、整理袋として役に立ちそう。
いずれ処分しようと思うものを入れて置き、最後に袋ごと捨てることにしましょう。


ああ、涼しくて助かります。
暑がりなので、袖なしのシャツを着ているのですが、さすがに涼し過ぎ。
もう夕方です。
上に何か羽織ることにします。

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。


にほんブログ村

2016年7月19日 (火)

早朝のお墓参り&脳トレになるでしょうか?

早朝のお墓参り

今朝は5時半出発で「早朝墓参」をしました。
涼しいうちに行かないと、と、昨日から決めてありました。
同行者というより、引率者は姉さん孫です。
車で7分くらいのところにお墓はあります。

先月供えた榊は影も形もありません。
墓地管理人さんが、処分してくれます。
今朝持って行った榊は家の裏庭に植わっている枝を、お爺さんが切ってくれました。
お爺さんもかなり体力がなくなりましたから、家で静かに洗濯してくれたほうがいいでしょう。
お参りを終え帰ろうとしたら、お墓の駐車場の入り口の近くで、どこかのおじさんが体操をしていました。

「体操なら、もっと別の場所でしてくれ、倒れたら轢かれるぞ!」と姉さん。

こんなことを言う姉さんも私も、亡き人への追慕の思いに浸るどころか、しみじみとさえもせず、生者としての責任を果たさねばという気持ちだけでお墓に来たのかもしれません。

(ママよ赦しておくれ、我らはこの地上の暮らしに追われているのです。)


 ゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

脳トレになるでしょうか?


ブログは雨だれ更新になりましたが、パソコンはしています。
ゲームで頭を鍛えようと思って…

苦手な神経衰弱を毎朝して、その日のオツムのあんばいを見ます。catface
これ、自分が勝っている画面です。

P1150971_640x480

コンピューターに負けそうになると、リセットしてしまいます。
みじめな思いはしたくないですもん。


オセロも必ずやります。
初級は7勝3敗ぐらいでしょうか。
中級ではめったに勝てません。
まぐれで大勝したので、撮っておきました。


P1150970_640x480

    ゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。


昨日は老人会の女たちの「双葉の会」の月例会でした。
家では笑うことも少ないので、みんなで笑いたくて、これ↓を持っていきました。


P1150972_640x480
これはいいわ!smile
と、みんな喜んで聞いてくれました。

2002年発売のCD「中高年に愛をこめて…」です。
14年前といえば、下の孫はまだ4歳でした。
今はもう忘れましたが、いろいろ辛かったのだろうと思います。
たまには、何もかも忘れて馬鹿笑いをしたかったのでしょうねえ。

このCD、どこのお店で買ったのか思い出せません。
最後に私の好きなフレーズを一つ。

中高年のダイエット 犬の散歩で犬が痩せ・・・ 綾小路きみまろ

 ゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。。


にほんブログ村

2016年7月 8日 (金)

足の腫れた運転手(-_-;)

毎週金曜日、18歳の孫は、11時過ぎに家を出る。
そのため、お昼ご飯を10時半に食べる。
今日は、大分手抜きの昼ご飯を作って出した。
丁寧なこと、やってられなかったんだ。
爺さまの左足が赤く腫れ、昨夜は痛くてあまり寝てないという。

それで、私が洗濯部長の爺様に代わり洗濯をした。
我が家はいつも大洗濯だから、干し終わったのは10時10分だった。
汗をぬぐいながら、孫のお昼を用意した。sweat01

もう食べたかと、見に行ったら、テーブルの上に500円玉が一個置いてある。
「これ、食事代?」と、私は孫に聞いた。
「爺さんがくれた」と、孫。
(爺馬鹿は、時々500円玉を与えてる)
「私に食事代払ってくれるのかと思ったよcatface

足の腫れた爺様、車で孫を電車の駅まで送る。
送った帰りにお医者に行く。
痛いのは左足だから運転はできる。
痛風なのだ。

Photo
本気で準ペードラを返上すべき時が来たのかもしれない。
「お前は下手だから」と運転を反対され続けて17年。
だが、高齢者講習を3回受けて、免許証は守り続けてきた。
61歳で取得したのだ、このまま返納ではなさけない。


18歳孫も夏休みには自動車教習所に入校する。
この子はペードラにならないように育成しなければ。
心配性の爺さまを乗り越えて、一人立ちしなければならない。

 ゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。


にほんブログ村

2016年7月 4日 (月)

なんでこんなに暑いのよ

ここ数日の暑さにあきれている。
何もしなくても、汗が流れる。
年を取ると、あんまり汗もかかなくなると聞いたことがあるけれど、あれは嘘だと思う。
私なんか、一日にハンカチ、手ぬぐい、タオルと、取り替えて汗をぬぐう。
なんでこんなに暑いのか、汗が出るのかと、腹立たしい。


気が付けば、七夕ももうすぐ。
このまま晴れが続くのだろうか。



Photo



明日は老人会の月例班長会議がある。
話があっちに行ったりこっちに行ったりの、おかしな会議である。
初めのころはイライラしたけれど、二年目の今はあきらめた。
と、いうより面白いなあと楽しんでいる。


へたくそな会議でいいじゃないか。
お互いに、もう先は短い。
ぬらりくらりと行けばいいという気がしてきた。


 ゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

頑張らないシニアですけど…


にほんブログ村

2016年7月 1日 (金)

ちょこっとすっきり(*^^)v

小さな直しもの、出来ました。

1、既製品のバッグの入れ口の結び紐をマジックファスナーに、

P1150937_640x480
P1150939_640x480

2、自作のミニケースのスナップの付け位置を変えて、蓋がまっすぐに閉じられるようにし、



 P1150936_640x480 P1150940_640x480_2




3、ぺたんこ手提げをつまみマチ手提げに変更。



P1150941_640x480_2


この手提げは、もともと肩から掛けることもできるように作ってありました。
いかにも、お婆さんの手作りバッグという感じですが、本当にお婆さんなのだから堂々と、いえ、少し恥ずかしげにconfident使いたいと思います。


 ゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

小さな直しものは、まだまだあります。
自分が、いかにいい加減に暮らしているかよくわかり、反省また反省。
でも、こうしてやり直しできるものはいいですよねえ。
やり直しのきかない失敗を重ねてきた過去を振り返ります。
あの時、あんなことをしなければよかったという後悔。
もう踏み直すことはできないですねえ。

せめて、この手で直せるものは直して、気持ちを”ちょこっとすっきり”させたいと思います。

 ゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。


にほんブログ村

« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

レジ袋ふうエコバッグ

新聞紙バッグ作り方