« 8月15日朝に | トップページ | 台所にこもって »

2016年8月21日 (日)

「最上のわざ」を心に留めて

体調を考え、残念ですが今日の礼拝を欠席します。

 ゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

「最上のわざ」

 この世の最上のわざは何?

 楽しい心で年をとり、働きたいけれども休み、しゃべりたいけれども黙り、

 失望しそうなと きに希望し、従順に、平静に、おのれの十字架をになう。

 若者が元気いっぱいで神の道を歩むのを見ても、ねたまず、

  人のために働くよりも、謙虚に人の世話になり、

  弱って、もはや人のために役だたずとも、親切で柔和であること。

 老いの重荷は神の賜物、古びた心に、これで最後のみがきをかける。

 まことのふるさとへ行くために。

 おのれをこの世につなぐ鎖を少しずつ外ずしていくのは、

 真にえらい仕事。

 こうして何もできなくなれば、それを謙虚に承諾するのだ。

 神は最後にいちばんよい仕事を残してくださる。

 それは祈りだ。

 手は何もできない。

 けれども最後まで合掌できる。

 愛するすべての人のうえに、神の恵みを求めるために。

 すべてをなし終えたら、臨終の床に神の声をきくだろう。

 「来よ、わが友よ、われなんじを見捨てじ」と。


 『人生の秋に』 ヘルマン・ホイヴェルス著より


 ゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。


にほんブログ村

« 8月15日朝に | トップページ | 台所にこもって »

ことば」カテゴリの記事

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

レジ袋ふうエコバッグ

新聞紙バッグ作り方