« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

2016年10月の記事

2016年10月31日 (月)

脳に刺激あり過ぎ~

 10月30日(日)22時22分、「バス乗ったよ」というメールがきました。
下の孫が、東京駅から送信したものです。
孫たち学校のサークル部員3人は、前日29日(土)の夜行バスで上京しました。
とある音楽関係の販売イベントに参加するためです。
こんな田舎から、ハローウインで盛り上がる大都会に出かけるなんてと、はらはらしながら送り出したのでした。

 イベント参加を終え、帰りのバスに乗車したという知らせに、ほっとしながら返信します。
「わかりました。帰路の安全を祈ります」
へたくそではあるけれど、メールができて良かったと思うのは、こういう時です。
電話では、「帰路の安全を祈る」などとは、とても言えないと思いますもの。
(本当に心から祈るのだから)嘘をつくわけではないのに、やっぱり話し言葉では言いにくいですねえ。

 そして、今朝5時56分、待ちかねたメールが届きます。
「名古屋に無事つきました」
こちらからは「安心しました」と、返します。

 孫は名古屋から電車に乗り、8時半過ぎに帰宅。



P1160144_640x480


昨夜のお風呂を沸かし直して入り、遅い朝食を食べて、午後からの講義を受けるために学校に出かけて行きました。
若いからこういう強行軍にも耐えられるのですねえ。
我ら年寄りふたりには、刺激のきつすぎた、はらはらの土、日、月、でありました。

 ああ、くたびれた~   
 
  
  ゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。   


にほんブログ村

2016年10月30日 (日)

熟し柿でゼリー&ケーキ

 今日は恵まれていました。
教会から帰るときは、Kさんの車に乗せて頂き助かりました。
家に入ると、姉さん孫がお昼の用意をしてくれてあります。
何と柿のゼリーまで作ってくれて・・・
柔らかくなった柿で作ったものでした。



P1160143_640x480

 もう、つぶさなくてもいいくらい柔らかくなっていた柿を鍋で煮て、火を止めてからレモン汁とシナモンを入れただけだそうです。
「超シンプル柿ゼリー」です。
ゼラチンも牛乳もなしで、柿に含まれるペクチンだけで固まるのですね。
おいしくよばれました。
柿の繊維がそのまま残っていて、身体にいいと思いました。

  ゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

 先週の金曜日に私が作ったのは、柿ケーキです。




P1160140_640x480
P1160141_640x480_640x480

 材料は、ホットケーキミックス、つぶした柿、卵、牛乳、砂糖はほんの少しだけで、もっちりとしたケーキになります。
柿の味はあまりしません。
下の孫なんか「まるでバナナ味や」と言いながら食べていました。
この子は柿嫌いでして、固いうちでも食べないのですが、柿ケーキは別です。

 柿が柔らかくなると、おじいさんしか食べないので、「早く食べなければ」と焦ってしまいます。
成熟しておいしくなるわけなのに「やわらかいのは苦手」などと言われる柿って、気の毒。

   ゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。


にほんブログ村

2016年10月28日 (金)

考え過ぎかしらね

 年寄りのグループ活動で、童謡を歌いながら健康体操をしています。
先だっては、新聞紙で作ったリングを使う体操を「うさぎとかめ」の歌に合わせてしました。
他にも適当なのがないかと、いろいろな童謡の歌詞を見て探しています。

 「てるてるぼうず」も、いいなと思ったのですが3番までくると、(?)という感じです。

てるてるぼうず てるぼうず
あしたてんきに しておくれ
それでもくもって ないたなら
そなたのくびを ちょんときるぞ

なんか怖い!

 怖くはないけど、やっぱりこれはねえと思ったのは、「花咲かじいさん」の6番です。

いじわるじいさん はいまけば
とのさまのめに それがいり
とうとうろうやに つながれました

 歌っているうちに寂しくなってしまうのじゃないかと思ったのは、「浦島太郎」の4番5番です。

かえってみれば こはいかに
もといたいえも むらもなく
みちにゆきかう ひとびとは
かおもしらない ものばかり

こころぼそさに ふたとれば
あけてくやしき たまてばこ
なかからぱっと しろけむり
たちまちたろうは おじいさん


 どの歌も、子どもの頃は、ただ無邪気に歌っていましたが、この年になると何か少しひっかかるものがあるような気がします。
恐ろしいこと、つらいこと、悲しいこと、いっぱい見てきたからなのでしょうかねえ。

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。


にほんブログ村

2016年10月23日 (日)

忙しくしています

 おはようございます。
日差しが明るい、日曜日の朝です。
今日も教会の礼拝に行く予定です。

 昨日はサービス付き高齢者向き住宅にいる叔母を訪ねました。
施設の秋のイベントがあったのですが、叔母からは、前日にも、来なくていいという電話が来て、本心を計りかねました。
けれども、行くと決めたので(遊び半分)の気持ちで行ってきました。
叔母の亡き姉の長女(私の従妹)も、少しだけの時間でしたが来ていました。

 叔母が一番来てほしかった、保証人である娘婿は、今年は来ませんでした。
「Tちゃん、忙しいから」と言いながら、叔母はずっと待ち続けます。
駐車場に車が入ってくるたびに、来てくれたか?と首を伸ばして目をやっていました。

 でも大丈夫です。
叔母は忘れっぽくなっています。
嬉しいことも、寂しいことも、じきに忘れてもらえそうな気がします。
そうであってほしいと、思います。
そうでなくちゃ、人間生きていけませんね。

  ゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

 教会から帰ったら、お昼をすませ、その後すぐにスーパーに行って、老人会の買い物のお付き合いをします。
火曜日に老人会の座談会があるのです。
今週は、いろいろ出かけることが多くなります。
うっかり躓いて転んだりしないよう気をつけたいと思います。

  ゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

お読み下さりありがとうございます。   


にほんブログ村

2016年10月12日 (水)

不思議なことがあるもので

 今どきの家には、クローゼットとかいう便利なものがあって、季節の変わり目にも衣服の入れ替えなどしなくていいのでしょうね。
我が家は築30余年の古家なので、昨今は、夏冬の衣類の入れ替えに時間を割いています。
一度にしてしまうと老体に応えるので、そろそろと、少しずつ進めております。

 昨日は納戸の中で、(これってどういうわけ?)と首をかしげる事態に直面いたしました。(大げさに書きすぎ!)

P1160127_640x480

 爺さまのパジャマが、3枚とも上だけあってズボンが見当たりません。
爺さまには「自分の物は、自分で整理してね」と任せてあります。
別々にしまったのだろうか、と探してみましたが、見つかりません。
本人に聞いても「わからん」のひとこと。
パジャマのズボンが3枚とも擦り切れるとは考えられないですしねえ。

このままでは気持ちが悪いです。
爺さまの物なんか、触るんじゃなかったと後悔してももう遅いです。
ズボンが、どこかからひょっこり出てくるかも知れないから、この3枚は捨てられません。
仕方がないので、ズボンを1着、近所のB級衣料店で買って来ました。



P1160129_640x480

980円の、ホームパンツというヤツです。
ズボンを失くした”上だけパジャマ”の相棒になってもらいます。

 さて、今日も納戸に入ります。
昨日、うっかり開けてしまった爺様の整理箱、ひどいもんでした。
この夏着ることもなかったヨレヨレの半袖Tシャツ類や、ハーフパンツなどが見つかりました。
あれこそ処分の対象です。
捨てるのが嫌いな爺様に内緒で解体して、使い捨て雑巾にします。

 それにしても、ズボンのないパジャマの不思議さよ。
でも、もう考えるの止めます。

 ゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。   


にほんブログ村

2016年10月10日 (月)

何を着たらいいの?

 朝起きて考えるのは、(今日は何を着ようか)です。
おしゃれが目的ではありません。
昼間が暑いのか、寒いのか、さっぱりわからないからです。

 今日の予想最高気温は23度です。
暑くも寒くもない、いい気候だと思うけど、「何を着たらいいんや?」と、あちらで家族が言ってます。

 日本気象協会の服装指数は次のようになっています。
Photo

 服装指数を参考にしたわけではありませんが、朝からカーデガンを羽織っています。
カーデガンといえば、一昨日買った夏物のカーデ、もうこの秋は着る機会がないのでしょうか。
ま、来夏まで寝かせておいても、別にいいですけど・・・(500円だったのだし)
けれども、来夏、はたして元気でいられるかな?
来年のことを言う時は、「もしも元気だったら」と前置きしなければならない年になりました。

 ゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

 冬の掛け布団を出して日に干しています。
昨晩まで、夏蒲団と薄手の毛布を掛けて寝ていました。
明け方になって冷えたりしたら、これでは寒いだろうかと、心配で熟睡できませんでした。
今晩からは冬布団で、安心して眠れるでしょう。

でも、また暑い夜があるかもしれません。
もう、最近の気象は、わけがわからへん!

 ゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

(登録カテゴリーを”がんばるシニア”から変更しました。) 


にほんブログ村

2016年10月 1日 (土)

何もしたくなかった

 昨日の夕方近くなって、ふいに「何もしたくな~い」という気持ちになってしまった。
まるで網にかかってしまったかのように、動けなくなった。
こういう時ってあるよ、あっていいじゃん、と自己弁護。
インターネットの、とあるサイトのページをコピーしてあったのを思い出した。

   ゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

「何もしない事に罪悪感を持たない

この忙しい日本人のデメリットは、何もしない事や眠る事に罪悪感をいだくことではないでしょうか。

SNSなどでリア充と呼ばれる自分の頑張っていること、楽しい事、充実している事を頻繁にアップするご時世。

そんな物をみて自分も頑張って充実させなければなど、多少プレッシャーを感じてしまったり。

みんな疲れるし悩みを持っているのに、幸せな事しか載せないので当然幸せで充実しているように感じます。

そんなものは気にしないで自分の体や心に栄養を与えましょう。

休む事を大事に、自分をいたわりましょう。

周りに流されて無理に充実させようと頑張らなくてよいのです。

頑張らなきゃ、何もしていないことは駄目だ、と思い込まない事です。

罪悪感など抱かずにたまには堂々と眠って過ごしましょう。」

(何もしたくないときを解決する方法から引用)

Photo

 眠りたいとは思わなかったけど、夕ご飯の支度をサボりたいと思った。
冷凍庫には、生協などの冷凍食品が入っているから、それらを解凍すれば何とかなる。
しかし昨日は解凍さえしたくないし、缶詰を開けるのも面倒だという気がした。

(よし、スーパーでお総菜を買ってこよう!)

 降っているのかいないのかわからぬほどの霧雨の中、自転車で近くのスーパーに向かう。
野菜のおかずは作り置きがあるから、主菜と付け合わせの千切りキャベツ、トマトくらいを買えばいいのだ。
イカフライ、ソース味のミンチ棒、二割引きになっていたパック入りのカニカマを買った。
レジのお姉さんに「今日は何にもしたくないんですよ~」というと「あります、あります。やってられませんものねえ、毎日毎日」と笑顔で返してくれた。

 帰宅したら姉さん孫が帰っていた。
ごめん、ごめん、と謝ってくれたが、孫たちが悪いわけではないない。
姉さんは学校の行事があって遅くなったんだし、下の孫はサークル活動で帰りは夜になる。(夕食は学生生協ですませる)

 さてと、思い切り手抜きの夕食だ。
流しの洗い物を少なくしたいから、ワンプレートに盛りつけた。
爺さんは特別に、晩酌のおかずの旨みマグロ(生協)を解凍、息子には納豆をプラス。
かくして無事というか、無理やりというか、夕食をすませたのだった。

  ゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

怠け者のシニアなんですけど・・・


にほんブログ村

« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

レジ袋ふうエコバッグ

新聞紙バッグ作り方