« 輝け!喧嘩大将 (ジローというネコの話の続き) | トップページ | 曇り時どき小雨 スラックスの丈直しをする »

2017年4月25日 (火)

えッ、ほんと?近所にいいひとがいたって!(続々ジローというネコの物語

 家でジローという猫を飼い始めた1979年ごろ、
近所にネコをたくさん飼っているお宅がありました。
仮に川田さんとでもしておきましょう。
川田さんと私は、猫友達でした。
二人は、会えば猫の話になるんです。

 1981年の3月、私はジローが死んだことを川田さんに報告しました。
すると、川田さんから思いがけないことを聞かされます。
「お宅の猫と仲良かった家の猫、お腹が大きいんです」
びっくりじゃありませんか。
わずか2年足らずしか生きられなかったジローだったけど、こどもを残して行ったのでしょうか。
ジローを亡くした寂しい心に、ポッと灯りが点ったような気がしました。

 ゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

 その年の6月、我が家に可愛い猫が来ます。
「ろろ」と名付けました。

_0003_453x640

ジローと仲が良かった川田さんの三毛猫が生んだ子猫でしたが、
ジローのこどもだったかどうかは、わかりません。
虎柄の毛の色も、目の色も違っていました。↓

_0001_640x451_3

ろろは、活発な猫でした。
木登りが得意でした。
てっぺん近くまで登って降りられず、困ったこともありましたけど。

_0001_640x451_2

丈夫で明るい性格で、ジローが最後まで仲良くなれなかった犬の金太郎にも、接近して行きました。

  ゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

私たちは、ろろが、ジローのこどもでなかったとしても、別にかまわなかったのでした。
ジローの恋人だったらしい川田さんの三毛猫の産んだ仔だったので、もらいました。

ろろのお母さんは美猫でした。
ジローは幸せだったんだろうなあ。(このバカ飼い主めが!)

 ゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ
にほんブログ村

« 輝け!喧嘩大将 (ジローというネコの話の続き) | トップページ | 曇り時どき小雨 スラックスの丈直しをする »

思い出のネコたち」カテゴリの記事

コメント

ウッシーさん、こんばんは

わぉ! ですね。愛しのジローちゃんの隠し子発覚(^O^) もうこれは傍に置かなくては、という気持ちよ~く判ります。
ろろちゃんは男の子ですか?可愛い子ですね。
続き楽しみです。

ウッシーさん、良い猫にお育てになりましたね。

他を愛することの出来る猫は素晴らしいと思います。

孫猫?の“ろろちゃん”もかわいいですね。

ジローちゃんにころちゃんですか。かわいいですね。猫は鎖もなく、自由でいいですね。はたして、ころちゃんは、ジローちゃんのお子様だったのでしょうかねえ??

にゃんにゃんさん、こんにちは。
ネコの思い出は、いとしさ半分、悲しさ半分です。
しばらく中断します。

ほたるさん、こんにちは。
思い出すと胸がいっぱいになります。
たくさんの猫を犠牲にしてきました。
しばらく、猫の思い出を封印します。

たぬきさん、こんにちは。
どうだったんでしょうね。
川田さんもどこかへ引っ越されました。
遠い日の、懐かしく悲しくもある思い出です。

この記事へのコメントは終了しました。

« 輝け!喧嘩大将 (ジローというネコの話の続き) | トップページ | 曇り時どき小雨 スラックスの丈直しをする »

2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

レジ袋ふうエコバッグ

新聞紙バッグ作り方