« 今頃になって | トップページ | 姉さん孫が風邪ひいて(て、て、て、の三部作?) »

2017年4月 6日 (木)

話がまわりくどくて(-_-;)

質問にズバリ答えてくれる人は少ない。
明日しなければならないことを聞いても、一昨日の出来事から話し始める。
もっと悲惨なのは、去年の例まで持ち出されたりする時。
いらいらしてはいけないのだ、と自分に言い聞かせながら結論を待つ。

「あなたは弁舌さわやかな人だけど、あまり長い演説はしないでね」
と、冗談めかして言ったことがある。
相手は、少し気を悪くしたふうだったので、「怒らない♪怒らない♪」と背中をたたいた。
数日後顔を合わせたときは、気にしてないようだったのでほっとした。
そして、やっぱり長い演説を聞かされた。(;´д`)トホホ…

もう、治らないんだ。
まわりくどい話し方が、習性になってしまっている。
こちらがあきらめるしかない。
それでも、時間の制約があるので、
「あのう、とりあえず、差し迫ったことについて、お話し頂けませんか」と口を挟む。

私も良くないのはわかっている。
話を聞くというより、本当は話の終わるのを待っているのだ。
ごめんね、終わりを待ちながらうわの空で聞いてるなんて、心が痛む。

あ!いま思いついたことがある。
まわりくどい話の途中で、
「すみません」と、両手を合わせて相手を拝む。(目立つように大きな動作で)
そして続けるのだ。
「いろいろ良いお話をありがとうございます。ところで、一つお聞きしたいのですが…」
と、言うことにしたらどうだろう。
まわりくどい話に対してお礼を言うのか?

向こうが向こうなら、こっちもこっち、作戦を練らなくては。(゚ー゚)


 ゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。


にほんブログ村

« 今頃になって | トップページ | 姉さん孫が風邪ひいて(て、て、て、の三部作?) »

日々の思い」カテゴリの記事

コメント

なるほど、「一つだけお聞きしたい」というのは、いい作戦ですね。私も職業がら、聞くことの必要性が迫られます。でも、「答える」ぎむもあり、むずかしいですね。

たぬきさん、長話の方とお付き合いするのは大変です。
長々と話されると、結局肝心なことがぼやけてしまってわかりません。
ただ一つの、肝心なことを、聞き出すのに苦労します。sweat01

ウッシーさん、こんばんは

ウッシーさんのブログをずっと読ませて貰っていて思うこと。お孫さんを育てていた今よりも若かった時から、今も続いて人の心に寄り添う人柄なんだろうなぁと感じます。

わたしも仕事ではよく同じ経験をします。次の人が待っていてもお構いなしに、日常生活から趣味、ご近所さんの話しと長い方がいます。待っている方の目も同僚の負担も気にしつつ、お帰りになると心身共に疲れ切ります。きっと顔に出ているだろうなぁと思います。
ウッシーさんの様に和やかに切り上げる技を考えなくてはね。

にゃんにゃんさん、おはようございます。happy01
いつもありがとうございます。
人は一人では生きられず、人と人の間で生きているわけですが、何と生きづらいことでしょうね。
私は日ごろから宣言してあるのです。
「わたしって、言いたい放題言いますけど、悪気はないので許してくださいね」
別れる時も言うのです。
「ごめんなさいね、今日も口が悪くて失礼しました。さようなら」

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 今頃になって | トップページ | 姉さん孫が風邪ひいて(て、て、て、の三部作?) »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

レジ袋ふうエコバッグ

新聞紙バッグ作り方