« やっとサイズ直し | トップページ | 飲んでみる?無理でしょ »

2017年9月 9日 (土)

もう一度見たいな

 昨日、帽子のサイズ直しの記事を書いている時、ずっと頭の中にあったのは、2年か3年前の夏に、この町で見かけたあの帽子である。

 買い物帰りに交差点を渡っている時、前を行く人の被っていたその帽子がふと目に留まった。
今も記憶に残るその帽子を、へたくそな絵に画いて見た。


2_640x454


 頭回りが小さかったのであろうその帽子には、サイズ直しが施されていた。
驚いたことに、大胆にも帽子のま後ろに鋏を入れて切り開き、別布がつけてある。

 切り開かれた帽子布の切り端は、切りっぱなしのままだから、織り糸のほつれも見える。
別布は、飾り気もない白い木綿糸で、ザクザクと大針の手縫いで縫い付けてあった。
「帽子が窮屈だから直して被るのだ!」
という帽子の持ち主の強い意志が表われていると思った。

 その後再びその人の帽子を見かけない。
後姿だけだったが、知らない人だった。
あの、別布を縫い付けてサイズを大きくした帽子は、もう被られていないのだろうか。
頭に合う寸法の、新しい帽子を手に入れたのであろうか。

 あの帽子、もう一度見てみたいな。
見ることができないとしても、捨てたりせずに、庭仕事などの時にでも被ってほしいな。
それにしても、あのような大胆なサイズ直し、私にはとてもできない。

 ゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

« やっとサイズ直し | トップページ | 飲んでみる?無理でしょ »

身の回りのもの」カテゴリの記事

コメント

ウッシーさん、こんにちは。
こう言う事ってありますよね。
何と言うことなく出会った方の
素適なもの。

私は帽子のサイズ直しはしたことがありません。
勿論ウッシーさんのように絵で描くことも出来ません。

ウッシーさんはすべて素晴らしい力量の方です。
人生の大先輩として見習いたいです。

ウッシーさん、こんばんは

他人からは色々な見方があっても、つぎを当ててでも捨てたくない物ってあります。愛着とかとは別に自分にシックリくる物です。

そしてそんな人を見ると妙に気になって、アレはその後どうなったかと、フト思い出したりして(笑)

ほたるさん、こんにちは。

一目見て、が~んと衝撃を受けたんですよ。
直して被り続けるという、強い意志もすごいし、
私には考えられない直し方でしたもの。
「忘れられないの♪」と歌いたい気持ちです。happy01

にゃんにゃんさん、こんにちは。

つぎを当てる、そうそう、そういう言い方があったですねえ。happy01
本当に、あの帽子どうなったかしら?と思うのです。
あの方、すごいセンスの方かも知れないと思います。
わざとね、ああいうワイルドな方法をとったのかもね。
気になる存在の人だし、帽子です。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« やっとサイズ直し | トップページ | 飲んでみる?無理でしょ »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

レジ袋ふうエコバッグ

新聞紙バッグ作り方