にほんブログ村 登録

  • にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
無料ブログはココログ

« 2018年6月 | トップページ | 2018年8月 »

2018年7月の記事

2018年7月31日 (火)

猛暑が戻った

月1回の通院日だった。
血圧を測ってもらい、降圧剤とコレステロール値を下げる薬をもらった。
診察待ちのとき、知らない高齢女性と話した。
「台風怖かったですね」と、言ったら反応がない。
何も知らずに寝ていたのだそうだ。
そういう人もいたのだと感心した。
一人暮らしだということだった。
私より2つくらい年上かな?と思ったが、3つ年下だとわかる。
失礼いたしました。<(_ _)>

 ゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

午後には暑さがますますひどくなった。
冷房を点けて自分は去年の今頃何してたかと、過去ブログを見た。

7月から8月にかけて、木綿の袖なしワンピースをいじくっていた。
大きすぎるワンピースに鋏を入れ、サンドレスにしていた。


Photo_3


Photo_4

今夏、このサンドレスはもうない。
捨てたのではなく、ウエストゴム入りのスカートにして着ている。


P1170479_640x480
木綿布のちょうど良いくたびれ加減が気に入っている。

 ゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

しばらく涼んでから台所に行き、作り置きおかずを作った。

★ こんにゃくのピリ辛煮

★ ピーマン炒め

★ 人参しりしり

★ わが家流のうまうま胡瓜

★ 茹でたまご

大汗をかいたのでまたここに来て涼んでいるが、炊飯器のスイッチ入れに行かねば。

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

ランキングに参加しています
応援ありがとうございます


にほんブログ村


    ゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。



2018年7月30日 (月)

絵に画いたように・・・

今日まとめた可燃ごみは、45ℓ入りのごみ袋2個だった。
1個は、台風で飛ばされた木の葉がほとんど。
物置から出して集積所に運ぼうとしたら、おっとさんに言われた。
「何でそんなに追いかけるんだ、急かすなよ」
追いかけるって?
急かすって?
台風の後かたつけで腰が痛そうなので、私が運べばいいと思っているのに。

結局、私は手を引いた。
孫たちと話す。
「おじいちゃんって、何であんなに頑固なんやろ」
「絵にかいたような頑固老人や」
「人にさせれば楽できるのになあ。私やったら人にしてもらう」」
いちばん年の若い妹孫がとどめを刺した。
「今までああやって生きてきたんや。もう治らん」

集積所からの帰りが遅かった。
「途中で困っとるんやないか?」
また年の若い孫が言う。
「歩くのが遅いだけやろ、いつものことや」

起きた時、足がつれると言っていた。
ごみ袋はカートで運んで行ったけど、右肩が傾いていた。
姿勢のいい人だったのに、近所の人が見たら(○○さんも年取ったなあ)と思うだろう。
それを言うと、またまた妹孫が「思われて当然やろ、ホントに年取ったんやから」と突き放すように言った。

早く出かける孫姉妹は先に朝食をすませ、ごみ出しを終えたおっとさんと二人の食事開始は6時20分だった。
そして、6時55分、おっとさんは妹孫を電車の駅に送るため車を出した。
台風は去ったけど、お天気はまだ定まっていないから。

孫姉妹も、いつも心の奧では心配しているのだと思う。
「おじいさん、大丈夫?ごめんな、悪いなあ」
と労う代わりに、憎まれ口を叩いているんだ。

毒舌、憎まれ口は、我々老人への応援歌だと思いたい。
けれども、絵に画いたように頑固で、まじめ過ぎるおじいさんに、それが通じるかなあ。



にほんブログ村


    ゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。



2018年7月29日 (日)

ミシン糸などの整理★台風は直撃でしたが被害はありませんでした

異例なコースをたどった台風は、今日の午前1時に三重県に上陸しました。
台風の目に入るという不気味な体験をしましたが、被害はなく過ぎて行きました。
ご心配くださり、お見舞いのコメントやメールを頂戴して深く感謝しています。
台風は、先日の豪雨被害の地方に向かって行きましたので気がかりです。
どうか被害が重なることがありませんようにと願っています。

 ゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

台風一過というお天気にはならず、時折りざあっと雨が来ます。
うっかり外にも出られないので、片つけものなどしています。
ミシン置き場の周りの整理です。

ミシン糸を、クッキーの空き缶に入れていましたが、


P1170473_640x480

缶は止めようと思います。
処分しなければならない時が必ず来ることを考え、紙製の空き箱に入れて納戸の棚に置きます。



P1170475_640x480


使わなくなった時は、箱ごと可燃ごみに出せるかなと。


P1170477_640x480


クッキーの空き缶には、長い間お世話になりました。
孫娘たちが使うでしょうか?
そうでなかったら、缶金属収集の日にお別れします。

P1170476_640x480

きれいな空き箱、空き缶を捨てられない性分ですが、自分の年を考えなくてはね。

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。



にほんブログ村


゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

2018年7月28日 (土)

台風12号が近づいている

台風が近づている。
異例の進路を取る12号台風。
気象予報を気にしながら時を過ごしている。

P1170467_4


P1170469

裏庭のミニ畑の野菜も、静かにその時を待っているかのよう。

P1170471_640x480

二つの葉大根のプランターは、暴風を避けるため、夫さんが物置の近くに移動させた。


P1170472_640x480

ナス、ピーマン、鷹の爪は先ほど収穫した。
嵐が無事に過ぎて行ったら、美味しくいただこう。

8時2分、市の広報が、自主避難所15箇所を午前10時に開設すると知らせた。
外は無風、雨が静かに降っているだけ。
今は不安な気持ちで、時を過ごすしかない。



にほんブログ村

2018年7月25日 (水)

やっとハガキが書けた

P1170441_3


朝の3時前に目がさめた。
エアコンを止め、部屋の窓や廊下のはきだし口を網戸にして外気を入れ、扇風機をかけて首振りにした。

4時過ぎ、台所に電灯をともして食卓でハガキを書く。
サ高住にいるTさんから「お手紙頂戴」と言われていた。
書こう、早く書かなければ、と思いながら2週間もたってしまった。
今朝を逃したらもう駄目だという気がして書いた。
ワンピースに着替え、近くのポストに入れて来た。

これで安心、今日もちんたらちんたら過ごすことになりそう。

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

2018年7月24日 (火)

父子草より母子草

朝食の前に庭に出て草取りをした。
地面にへばりつくのはコニシキソウ。
(以下の画像はいずれもお借りしたものです)

101002

茶色っぽいのであまり目立たないが、
よく見ると方々で勢力を伸ばしている。
茎が切れると白い乳状の液が出るので、指がねばつく。

我が家の庭の雑草で、次に多いのがチチコグサ。

Photo

こんなこと言っては悪いけど、
チチコグサには何かむさくるしさを感じてしまう。
私が好きなのはハハコグサなんだわ。↓


Photo_2

しかし、今のところ家の庭にハハコグサは生えていない。

雑草の分布は面白い。
その年によって勢力をもった草の種類が変わる。
ハハコグサが生えていた年もあったのに、
誰かに駆逐されたのだろうか。
母子草よもう一度、と思う。

今朝は庭の草を100本くらいは抜いた。
成長しきってない小草なので、力を入れずに抜くことができる。

”命に関わる”と言われる酷暑は続いている。


にほんブログ村


にほんブログ村

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

2018年7月23日 (月)

暑さが増して行く

5時10分前に起きて、具たくさんのお味噌汁を作ってから庭に出た。
表庭のさつきにヘクソカズラが寄生して見苦しい限りなので、ぴんぴん伸びている蔓を切った。
くずれの植木の枝も伸び過ぎて、見通しが悪くなっているのを切り落とした。

無茶苦茶な切り方だから、おじいさんが見たら怒るだろうな。
けれどもあの人は「するよ、するよ」と言うだけでなかなか始めてくれない。
もう待てないよ、車で道路に出ようとする者、自転車や歩きの者だって困るんだ。

草も取ったので、大のごみ袋がいっぱいになった。
生活ごみと合わせておじいさんが集積所に運んで行った。
「変な剪定をするなよ」と怒りもせず黙って運んで行ったので気味が悪かった。

今日が一番暑かったと思う。
冷房の部屋でパジャマのズボンのゴムの取り換えなどして過ごした。
夕食の後、コンビニへ通販で買った孫の手提げ袋の代金を支払いに行った。
7時近かったけど、夕風どころか温風が吹いていて胸苦しさを感じた。
これじゃ昼間は外はとても無理だと思った。


にほんブログ村


にほんブログ村

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

2018年7月22日 (日)

昨日はまた手提げ袋を手直し☆ひとり礼拝の聖日

今日も教会の礼拝を欠席し、家でひとり礼拝の聖日になった。
JRの駅から教会までの炎天下を歩くのか不安。
家族も心配するので出かけなかった。
さびしいけれど、この酷暑だからあきらめる。

 ゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

家にいても、日中は外に出られないから、ついミシンかけなどしてしまう。
昨日はまた手提げ袋を手直しした。
直したのは、学生孫に「頂戴よ」とねだってゲットしたこの手提げ↓。
孫の通学用には小さくて、ずっと壁際に吊るされていた物だ。



P1170445_480x640

残念なことに私には袋が深すぎるので、直すことにしたのだった。

先ず、裏袋の脇を少しほどいて返し口を開けた。

Photo

裏と表の袋の底をカットした。

 Photo_2  Photo_6

袋の底を縫い合わせて、マチをつまんで縫った。

 Photo_7 Photo_8


袋の裏布の返し口から袋を表に返して、返し口を元通りに縫い合わせて直し終わり。

Before_2

After_2

ちょうど良い深さの、可愛い手提げ袋になって満足。
孫には「あんたも、いつでも使ってな」と言っておいた。

寸法はもう元に戻せないけどね。┐(´-`)┌


にほんブログ村


にほんブログ村

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

2018年7月21日 (土)

早朝に墓参りをした

「朝早くに行きましょう」と昨日から決めてあった。
アルバイトに出かける学生孫は5時40分に家を出るので、私たち老人はそのすぐ後に出発した。
出発というと遠くへ出かけるように聞こえるが、墓地には車で5~6分で着く。

車に乗り込むと、さすがにひんやり冷えていた。
エアコンのせいではなく、夜の間に熱気が冷めたのだった。
「久しぶりにこんな涼しい車に乗れたわ」と、思わず本当のことを言ってしまった。
夫さんは前もって車内を冷やしておくことをしない人。
温めたフライパンのような車に、私は慣らされている。( ̄Д ̄;;

墓地の駐車場は車が一台止まっていただけで静かだった。
我が家の墓碑の花入れに、先月参った時に供えた榊は跡形もない。
すっかり枯れてしまったのを、管理人さんが処分してくれたのだ。
小草もほんの少し生えていただけ。
雑草も酷暑には勝てなかったのだ。

お参りを終えて駐車場に戻ると、車が数台に増えていた。
「犬の糞だらけだったのう」と夫さん。
墓地の通路のあちこちに犬の糞が落ちていたのだ。
犬を連れて墓参りに来たのか、犬の散歩のついでに墓参りしたのかどっちだろうか。
排泄したての生々しい”御糞”だった。( ゚д゚)、ペッ

自分たちのために準備してあった墓に、30歳の嫁が一番に入ってしまってから20年たつ。
まもなく我々が入ることになるのか。
入らない自由もあるけど、果たしてどうなることか。
墓地は山の中腹にあり、津波に襲われることはないだろう。
しかし激震や豪雨で崩れるかもしれない。
ここも安住の地とは思われないが、いつも途中で考えるのを止める。

2018年7月21日土曜日、早朝墓参無事終了。


にほんブログ村


にほんブログ村

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

2018年7月20日 (金)

やっと仕上がり ギンギンギラギラ古傘バッグ

こわれた傘の布が捨てられなくて手提げ袋を作っていましが、やっと出来上がりました。



P1170434_640x480


P1170433_5

ミシンかけも暑いですけど、こんな物でも作っていると、暑さを忘れるとまでは行きませんが、気が紛れます。
ミシン仕事は、まだまだあります。
え?仕事じゃない?
そうかもね、老人のヒマつぶしと言われそう。sweat01

 ゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

たった今、友達から電話が来ました。
実は、昨日は高校時代の同級生4人が集まってお昼を食べたので、「みんな元気でよかったね」という電話だったわけです。
8月はお盆もあるのでお休みとし、次回は9月ということになりましたん。

81歳がふたり、80歳がふたりの4人の話題は、西日本豪雨災害のひどさ、いつか来る南海トラフの大地震のこと、近づく自分の人生の終り、エンディングノートとか、遺影の準備とかについてでした。
とにかく、口の達者なお婆たちなんですよ。

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。


にほんブログ村


にほんブログ村

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

2018年7月19日 (木)

手提げ袋を手直し

学生孫のために注文した、通販の手提げ袋が届いた。
残念なことに、袋の縦の寸法が長すぎで使い勝手がよくない。

「いまから直すわ」と、直しのお婆の活動開始dash
孫に手伝わせ、袋の底に近い部分だけ縫い目をほどき、長すぎる袋布をカット。

P1170428_640x480



P1170427_640x480

この時点で↑夕方の4時半近くになっていた。
大丈夫だ、夕食支度は暑さついでに昼食後にすませてあるから。

ほどいた個所をミシンで縫いあわせ、縫い代をテープでくるんで始末した。
5時過ぎ、無事に手直し終了。



P1170429_640x480

1週間に2日だけ登校するだけだが、荷物はずっしりと思い。
丈夫な布製の手提げが、いちばん安心なのだ。
寸法を直したから「世界でただ一つの手提げ袋」になったと言えるかな?

あらら、まだ代金振り込んでないのに直してしまったよ。




にほんブログ村


にほんブログ村

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

2018年7月18日 (水)

嫌われて結構!

家の電話の、台所に置いてある子機のナンバーディスプレイが、ストライキに入ってしまった。
セールスの電話には出ないことにしていたけれど、番号不明では致し方ないので、着信のたびに恐る恐る受話器を取る。
昨夕も、忙しい時刻に「奥様でいらっしゃいますか?」ときた。
いかにもセールスくさい女性の声に、むっとして「違います」と言って切った。

見ず知らずの家に電話をかける仕事は大変だろうと思う。
「この野郎!」と心の中で言いたくなる相手にぶつかることもあるに違いない。
けれども、電話を受ける側としては、感じのいい応対はしない方がいいと私は思う。
嫌われて結構、もうこんな家には掛けたくない、と思わせなければ。

ときどき夫が出るが、いつもひどい応対ぶりである。
「はあ?何?何なんですゥ?居らんよ、居らんのッ!」
「何の用?関係ないから、切るよ!」
「そんなもの家はいらん、もう掛けて来んといて」
側で聞いている私は、笑いをこらえるのに必死。
そして、勉強になるのだ。
変に期待させて、後で断るよりは最初から徹底的に突っぱねる方がいいのだと。

私はまだまだ修行が足りないわ。


にほんブログ村


 ゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

2018年7月17日 (火)

ナス自慢

他に自慢できるものと言ってはないので、裏庭で作っているナスの自慢をしよう。
庄屋大長という長いナスである。


P1170419_640x480



実が生って見て、あまりの長さにびっくりした。


P1170417_640x480

30cmにもなって、先が地面についている。
これは昨日の写真だが、今朝は実の先が地面にめり込みそうになっていたので収穫した。


★庄屋大長の特徴

 長くて胡瓜のような形をしている。

 皮が柔らかく、アク抜き不要で美味しい。

 立ち姿が立派で、育てやすく、耐暑性に優れている


何となく買ってきて植えた苗だったが、良いとこだらけのナスだったのだ。
今夜は油いためして頂くことにする。


にほんブログ村


゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

2018年7月16日 (月)

いつの間にか(~_~;)

あれ?私の眉毛、こんなまだらだったかな?
と、気づいたのはいつのことだったろう。
自分の顔に不満は大いにあったけど、眉の形と濃さだけは許せると思っていた。
ずっと眉墨なしで過ごして来た。

踊りを習っていた頃は「さあ化けるか!」と言いながら舞台化粧をしたものだったが、眉は描かなくてすんだのだ。
けれども今ではどう見ても「まだら眉」、仕方なく眉墨を使うようになってしまった。
まだら眉をしみじみとみつめると、薄くなっただけでなく、白い毛が混じってきたためだとわかった。
いやだ!眉毛に白髪なんて、オジサンじゃん!

或る時、私と同じように髪の毛の白い友人に「貴女眉毛も白くならない?」と聞いてみた。
「なるよ、当たり前じゃないの。毎日毎日せっせと眉を描いてるヨ~」ということで安心した。

ところで、今日配達された生協の生活用品のカタログには、幾種類もの眉墨が紹介されている。


  P1170422_640x480_2  P1170423_640x480



  P1170424_640x480  P1170425_640x480_2



まだら眉にがっかりしているのは私だけではないということか。
みんな苦労しているに違いない、と思うことにした。

家にいる時は眉は描かない。
今日も自然なまだら眉と仲良くして、でれっと過ごしている。



にほんブログ村


゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

2018年7月14日 (土)

「火を」の二文字だけで

暑い。
台所でガスコンロを使うのが苦痛。
家中が暑くなるから家族も辛いだろう。
なるべくならガス火なしでおかずを作りたい。

タブレットを開いて「火を」と入力した。
何とまあ!
二文字だけで「火を使わない料理」がヒット。
誰もが同じことを考えているのだ。

P1170412_640x480

今まではフライパンで煎っていた大豆を、オーブントースターで焼いた。
(豆まき用ではない、酢大豆に使うための煎り豆)
ピーマン、ニンジンの千切りもレンジ炒めにして食べている。
鶏ハムもレンジで作る。

それでも台所は暑すぎる。
冷蔵庫から放たれる熱が半端ではない。
冷蔵庫は夜も寝ないで活動するから、起床時でも台所は31度なのだ。



にほんブログ村

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

2018年7月13日 (金)

パソコン動かずあきらめていた★粗大ごみ処分

昨日はパソコンがなかなか立ち上がらず、ブログどころか写真の取り込みも諦めた。
タブレットで記事が書けるといいのだが、それがまだ私にはできない。
大したことを書くわけでもないから、ブログ中断もありかなと思ったりしていた。
今朝はパソコンが何とか動く。
朝ごはんがまだなので、とりあえずはここまで。(つづく)

 ゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

6月11日 水曜日

市役所の清掃課に収集を予約してあった粗大ごみを、広域清掃組合の方が引き取りに来てくれた。

引き取ってもらった物
1、ボロボロの二人掛けソファー
2、冷風扇
3、一輪車
4、古すだれ
5、壊れた風呂蓋

料金は1780円だった。
軽トラックを借りて自分で運ぶよりもずっと安くて助かった。

合皮のソファーは、買って間もなくボロボロと合皮が剥がれ落ちるようになった。
ごみ製造家具だったので、ストレスになっていた。
そんなソファーのために、1間幅の廊下の大部分がふさがっていた。
引き取ってもらって、廊下もすっきり、気持ちも晴れ晴れ。

お別れ間際に逆立ちするソファー↓

P1170415_640x480


モーター音がうるさくて不安だった冷風扇↓

P1170416_480x640

火を噴くのではないかと恐れて使用をやめ、物置に押し込んであった。


6月12日 木曜日
すっきりした廊下のガラスを拭き、カーテンを洗濯してもらった。
猛暑がやってきたので、少しでも涼しい家にしたい。



にほんブログ村


゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

2018年7月10日 (火)

西日を浴びて&古傘布で作る手提げ

明日の収集日に備えて、資源ごみを出して来た。
古新聞、文学全集の一部、大昔の趣味の園芸テキスト、厚紙類、使う見込みのない陶器類、ガラスの冷酒セット。
魔法瓶も出す予定だったが、あまりにもきれいなままなので、保留とした。
私だって、もったいないという気持ちは決して失くしていない。

収集所に運ぶ時、おじいさんは外で盆栽の手入れをしていて、ジロリと見られたけれど何を捨てるのか点検しには来なかった。
西日を浴びながら収集所まで3往復した。
豪雨の被災地にも、この西日が容赦なく照りつけているのだと思うと心が痛んだ。

 ゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

何かしていないと気が滅入るので、ミシンかけなどしている。
こわれた傘の布で作り始めた手提げが、あと少しで出来上がる。


P1170413_640x480


裏付きの手提げにしたい。


P1170414_640x480


今日は学生の孫が暑がって冷房を付けた。
今夏初めての冷房だが、豪雨被害で日常が失われてしまった方々のことを思うと、申し訳ない気がしてならない。



にほんブログ村

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

2018年7月 8日 (日)

今週処分するもの

今週はリサイクルごみの収集日が二日もある。
一日目の空きペットボトルは既にまとめた。

あくる日の紙類、これがやや問題だ。
半世紀以上も前に買った文学全集を処分したい。
全部一度には無理なので、今回は7~8冊にしようと思う。
本のケースは姉さん孫に壊してもらったので、縛って雑紙として出す。
本体は、おじいさんに見つからないようにステーションに運ばねばならない。
広告散らしでくるんで出そうか。

この日は缶金属、ガラス陶器類の収集もある。
缶金属では、大昔の電器炊飯器を出す。
ガラスは魔法瓶、陶器は使うこともない茶器セット、大皿など。
これも、おじいさんに見られるとうるさいことになる。
早起きして出しに行こうと思う。

身辺整理、身辺整理、と唱えながらその日を待つのだ。(笑)


にほんブログ村

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

2018年7月 6日 (金)

体質性黄疸だなんて

6月4日(水)
T医院で血液検査を受けた。

6月5日(木)
朝から電話で「血液検査の結果について話があるのですぐに来院して下さい」と言われ、急いでT医院に行く。
「ビリルビンの数値が高すぎる、体質だと思うが」と、書いて下さった専門医への紹介状を持って市民病院へ向う。
ここでも血液検査、そして肝臓のエコー検査を受けた。
結果、肝機能に問題はなく、体質性黄疸との診断を受けて帰宅。

6月6日(金)
朝からT医院へ。
お礼と報告をした。
血液検査では、コレステロール値も高いので、薬をもらうことになった。
ああついに、血圧、コレステロール値を下げる薬の二本立て服用と相成った。

市民病院でのエコー検査の最中には、最悪の場合を考えていた。
仕方ないさ、ま、すぐには死なないだろうけど、身辺整理を進めて行こう、と。

それにしても、脂っこい物は好きでないのにコレステロールは高いし、この自分が人口の3~7%にしか認められない体質性黄疸っていったいどういうこと?!
調べたらナポレオン1世もそうだったとか判ったけど、それって何も関係ないや。
そして、先天的なもので、治療の必要はないって言われてもねえ。

私の顔は、昔から少し黄色がかかっていたのは確かだ。
夫さんからいつも言われていたし。


にほんブログ村

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

2018年7月 4日 (水)

台風からは遠く離れて&高齢者講習修了

昨夜は風雨がかなり強かったとか。
私は何も知らずに眠っていた。
「おばあさんは、刃物を持った人が入って来ても寝ていて殺されるよ」
と、下の孫に言われた。
まったくその通り。

疲れたのと、ほっとしたのもあったと思う。
昨日、無事に「高齢者講習修了書」をもらうことができた。
4月にハガキで通知を受け取り、6月4日に認知機能検査を、そして昨日午後2時から2時間の「合理化講習」を、母校の自動車学校で受講した。

実技講習は、普段ほとんど運転していないので気がかりだったけど、優しくユーモアたっぷりな教官に助けられた。
経験不足を理由に順番を変え、一番最後に運転させてもらった。
こわごわだったが、S字コースで脱輪せず、直角バックの方向変換も無事クリア。
ただ、右折の際のハンドルさばきが難ありなので、最後におまけに外周を一回りして、特訓して下さった。(ありがとうございました)

この講習に備えて、姉さん孫や夫さんが早朝から交替で、ひと気のない公共施設の駐車場での運転練習に付き合ってくれた。
「もうやめとけ」とか言わずに、忍耐強く見守ってくれた事に感謝している。

20年前、孫たちの母親が亡くなった。
その翌年、61歳で自動車学校に入校という思いがけない道に足を踏み入れた。
免許を取得しても、いつも夫さんが運転してくれたので、私の出る幕はほとんどなかった。
運転者としては不本意と言えるかもしれないが、これで良かったのだと思う。
けれどもこれから先のことはわからない。
出番が来ないまま終わるのが望ましいけれど、万一の時のために、免許は今しばらく持ち続けていたいと思う。



にほんブログ村

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

2018年7月 2日 (月)

恥ずかしく、みっともないことで・・・

裏庭の方から、カラスの鳴き声がうるさく聞こえてくる朝です。
「何なのよ、一体!」と、見に行きたいけど、我慢しています。
文句を言いに来たと誤解され、カラスに悪さされるのを恐れてのこと。

昨日から背中の右端が痛くて、ノロノロと動いています。
今日は昨日よりはだいぶんマシになりましたが、完治はしていません。
お天気が悪いのと、運動不足と、ストレスから来ているのだろうと思っています。
台風の動きが遅いし、しばらくすっきりしないお天気が続くでしょうから、私の背中の痛みも続くでしょう。

今日は自分の恥をブログだねにしたいと思います。
6月28日の パジャマの襟直し&ヘビ寄らず の記事を、タブレットで見ると・・・


P1170410_640x480

同じ画像が二つ並んでいます。
パソコンの記事には、右側に別の画像が載っています。
レースをつけて直した画像です。↓


P1170398_640x480


実は、パソコンで記事を作成中、同じ画像を二つ並べるミスをしてしまいました。
後で気が付いて編集したのですが、タブレットの画像はもとのまま残っているのです。
タブレットの画像を操作する力は、私にはありません。
このままずっと恥をさらすしかないのです。(;´д`)トホホ

タブレットでモーばあブログを見て下さる方々には申し訳なく思っています。
まことにすみません。
目障りなことですが、平にご容赦をお願いいたします。

まだ残る右背中の痛みを改善したいので、本日はこれにて失礼いたします。



にほんブログ村

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

« 2018年6月 | トップページ | 2018年8月 »

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

ブログ出発点

レジ袋ふうエコバッグ

新聞紙バッグ作り方