無料ブログはココログ

« ミシン糸などの整理★台風は直撃でしたが被害はありませんでした | トップページ | 猛暑が戻った »

2018年7月30日 (月)

絵に画いたように・・・

今日まとめた可燃ごみは、45ℓ入りのごみ袋2個だった。
1個は、台風で飛ばされた木の葉がほとんど。
物置から出して集積所に運ぼうとしたら、おっとさんに言われた。
「何でそんなに追いかけるんだ、急かすなよ」
追いかけるって?
急かすって?
台風の後かたつけで腰が痛そうなので、私が運べばいいと思っているのに。

結局、私は手を引いた。
孫たちと話す。
「おじいちゃんって、何であんなに頑固なんやろ」
「絵にかいたような頑固老人や」
「人にさせれば楽できるのになあ。私やったら人にしてもらう」」
いちばん年の若い妹孫がとどめを刺した。
「今までああやって生きてきたんや。もう治らん」

集積所からの帰りが遅かった。
「途中で困っとるんやないか?」
また年の若い孫が言う。
「歩くのが遅いだけやろ、いつものことや」

起きた時、足がつれると言っていた。
ごみ袋はカートで運んで行ったけど、右肩が傾いていた。
姿勢のいい人だったのに、近所の人が見たら(○○さんも年取ったなあ)と思うだろう。
それを言うと、またまた妹孫が「思われて当然やろ、ホントに年取ったんやから」と突き放すように言った。

早く出かける孫姉妹は先に朝食をすませ、ごみ出しを終えたおっとさんと二人の食事開始は6時20分だった。
そして、6時55分、おっとさんは妹孫を電車の駅に送るため車を出した。
台風は去ったけど、お天気はまだ定まっていないから。

孫姉妹も、いつも心の奧では心配しているのだと思う。
「おじいさん、大丈夫?ごめんな、悪いなあ」
と労う代わりに、憎まれ口を叩いているんだ。

毒舌、憎まれ口は、我々老人への応援歌だと思いたい。
けれども、絵に画いたように頑固で、まじめ過ぎるおじいさんに、それが通じるかなあ。



にほんブログ村


    ゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。



« ミシン糸などの整理★台風は直撃でしたが被害はありませんでした | トップページ | 猛暑が戻った »

日々の思い」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ミシン糸などの整理★台風は直撃でしたが被害はありませんでした | トップページ | 猛暑が戻った »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ブログ出発点

レジ袋ふうエコバッグ

新聞紙バッグ作り方