« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »

2018年8月の記事

2018年8月31日 (金)

9月が来るのに袖なしブラウス★ランキングありがとうございました

ケッ、また体育クラブのパワハラ問題ですか。
私は体育苦手で、全然関心ありません。
テレビで長時間やってるのを、家のおじいさんが見てるけど、真剣には見てないと思います。
それでいいでしょう。
まじめに付き合うことはないですに。(言い過ぎか)


9月が来るというのに夏ブラウス作り始めました。
以前縫ったキュロットの残り布があったんです。

P1170628_640x480

P1170629_640x480

P1170630_640x480

9月も暑いとみています。
まだ着る機会はあるでしょう。
予想に反して涼しくなったら着られませんが、それはそれでありがたいと思います。

このパソコンの画面、お位牌の広告がすごいです。
私が先だって墓じまいとか、お位牌はどうするか、などと検索したからです。
身辺整理、心がけています。
縫物も整理の一つです。
ハギレを減らし、活用したいというわけです。
ドサッと一度にではなく、毎日何かを捨てています。

 ゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

ランキング参加 忙しかったけど 楽しかったです。
また刺激が欲しくなったら、入れて頂きます。
でも、その時は10日間とか20日間の期間限定でお願いします。
応援して下さった大勢のみなさまに感謝しています。
ありがとうございました。

 ゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

2018年8月30日 (木)

ブログの誕生日も過ぎ★手提げ直して可愛くなった?

一昨日、8月28日はモーばあブログの誕生日でした。
「12年たったなあ」と、夏休み中の学生孫と振り返りました。
あの頃8歳だった学生孫は20歳、姉さん孫は26歳の社会人です。

パソコンのことは何もわからず、手探りでブログを始め、自分のブログなど人さんに見てもらえるとは思っていませんでした。
管理ページのアクセス解析を見て、何名かの方々が訪問して下さったのを知り「エッ、何んで?!」と、びっくりしました。

あくる年の3月、これもよくわからないまま「ブログ村」に登録しました。
その後は手作りブログとして少しずつアクセスが増えて行きました。
きっかけは「箸袋の作り方」だったと思います。
その記事がなかったら、ブログもこんなに長く続かなかったかも知れません。

ブログ村では、さまざまなカテゴリーを渡り歩きました。
手作りカテゴリーだけでは、作ることに追われて行き詰ってしまうからです。
(いい年をして落ち着かないことだ)と恥ずかしく思いながら・・・

 ゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

今でも縫物は好きです。
最近は、直し物が多いです。

ほどいたままだった手提げ袋の直しです。
裏表のマチ布と袋布との縫い合わせ。

 P1170602_640x480 P1170620_640x480

裏布には返し口が開けてあります。

P1170621_640x480
ここから、袋本体を引っ張り出しました。

P1170622_640x480
裏も表も、無事に縫えています。

 P1170623_640x480 P1170624_640x480

裏布に開けた返し口は、くけたりまつったりはせず、出来上がりに折り、際をミシンで縫い合わせました。

完成です。
私の身長に合った、深さになりました。
もうすぐ81歳のばあちゃんの手提げにしては可愛すぎますが、いいです、いいいです。

P1170626_640x480
朝から暑いです。
汗かきながらパソコンでした。

 ゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

ブログは続けますが、ブログ村のランキングからは今週末で降ります。
順番気にせず、(やっぱり気になります)ゆっくり書きたくなりました。
長年の応援クリックまことにありがとうございます。
これからも、本ブログをよろしくお願いいたします。

  ゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。


にほんブログ村

2018年8月29日 (水)

老夫婦の問題(張り切りすぎの爺さん)

私の同級生B子は、旦那さんが元気すぎ、張り切りすぎ、その上自分勝手だと、いつも愚痴をこぼしている。

B子旦那81歳、シルバー人材で小遣いを稼いでいる。
カラオケが趣味で、人材仲間やカラオケ教室のよその婆さんたちにモテモテ。
それもそのはず、人材では、他人が休みたがるお盆の仕事も代わってやり、婆さん友たちは車に乗せて送迎したりのサービス。

一方で、車の免許のないB子は、いつも自転車で買い物その他に出かけている。
今夏は、実家のお墓参りも足がないため諦めたそうだ。

お盆を過ぎてしばらくして、B子旦那は血糖値が急上昇、即入院となる。
希望して1日1万円の個室に入り、「あれ持ってこい、あれも・・・」と、B子に電話が来る。
自転車では遠すぎる病院なので、困っていたB子に近くに住む息子の嫁が助け船、車で連れて行ってくれた。

数日で退院、ろくに休養もせず翌日から車で出歩いていたところ遂にダウン。
救急車でまた病院へ・・・となったが、本人は自分が倒れたことも覚えてなかったという。
風邪の症状ということで、今は家にいるらしい。
一連の騒動でB子は疲れ果ててしまった。

B子旦那は、まだ自分の老いを受け入れることができない人なのかな?
張り切れる間はいいけれど、伸びきったゴムがプツンと切れるようなことにならないでほしい。
家にいればいたで、いろいろ口うるさい人みたいだから、いずれにしてもB子は大変。

B子には「応援団がいるから、頑張るのよ」と励ましている。

 ゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

今週末で、長い間お世話になったブログ村のブログランキングから離れます。
また、期間限定で楽しみたくなる日も来るかも知れませんが、これからは、マイペースでブログを書いて行きたく思います。
ブログ村の登録は今後も続けますので、新着記事の表示がお目に留まり、覗いて頂けたら嬉しく思います。


にほんブログ村


2018年8月28日 (火)

老夫婦の問題 (困った爺さん)

婆さん(自分の家内)を困らせてやろう、と考えている爺さんは恐らくいないだろうと、私は思いたい。
無意識のうちに困らせてしまっているのだと思う。

爺さんA宅の場合、子どもが大人になって家を離れ、二人暮らしになってからも、Aの家内は毎朝5時前から起きて家事をしていた。
ご飯は固いからおかゆが食べたいと言えば、その通りにした。
朝からコトコトおかゆを炊いた。

ご飯でいい日にも、我が家のように予約炊飯などせず、起きてから米を洗って炊いたのだと思う。
そうでなければ、5時前に起きる必要はない。
早朝の台所から聞こえる音を聞きながら、爺さんAは満足していたのだろうか。

爺さんAも家内も80歳を過ぎた。
爺さんに、認知症のような症状が現れる。
イライラして怒りっぽくなり、家内は言葉の暴力にさらされる。
忍耐強く、負けず嫌いな家内は(負けるもんか!)と、ますます完璧な主婦をめざす。
身体はひどく衰えたのに、多忙な日々になってしまった。

家内は、自由になったらみすぼらしい老人ホームでもいいから入りたい、とにかく家事から解放されたいと願っている。
「どっちが先かわからへんよ」と私は言ってしまったけど。

爺さんAが出かけた留守を狙って家内から電話があるが、途中で「あ、帰ってきた!」と切れる。
私の方から電話をするのは遠慮している。
メールだけは返信を期待せず時々送る。

   ゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

今週末で、長い間お世話になったブログランキングから離れます。
また、期間限定で楽しみたくなる日も来るかも知れませんが、今はのんびりしたく思っています。
ブログ村の登録は続けますので、新着記事の表示がお目に留まり、覗いて頂けたら嬉しく思います。
読者の皆様には心から感謝しています。
ありがとうございます。

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村

2018年8月27日 (月)

また猛暑★爺さんに困らされる婆さんたち

昨日は猛暑だった。
教会に行くために3週間ぶりにJRに乗る。
駅の階段を上り下りするとき、すこし足元が不安だった。

駅にエレベーターはあるけれど、めったに利用しない。
運悪く自分が乗った時に限って故障するのではないかとか、
地震で止まるのではないかと思ったりする。

午後はずっと冷房を点けた台所にいた。
夕飯は何にしようか、と妹孫と相談して、そうめんがいいということになった。
ご飯も炊いて、そうめんだけで我慢できない人は食べればいい。

そうめん、
サメの味醂干し、
卵焼き、
いんげんの胡麻和え、
千切り人参炒め、
ひじきと大豆煮物、
胡瓜の浅漬け、
欲しい人だけご飯
と、いう夕食になった。
結局、誰もご飯は欲しがらなかった。

暑かったけど、もうこんなもんだろうと諦めているから文句も言わない。
TVのニュースも、他の番組も何も期待しない。
嫌なものはこの目に見えていても、よそ事を考えていればいい。
耳栓も新調しようと思う。

先週は、同級生にスーパーでばったり会ったり、電話やメールが来たりして、まるで同窓会ウイークだった。
みんなつれあいに困らされている。
60年近い間耐えに耐えてきたが、今もそれが継続しているという話になる。
詳しいことは、あらためて書きたいと思う。

 ゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。


にほんブログ村

2018年8月26日 (日)

教会に行く前に

朝食をすませてから、いんげんの胡麻和えを作りました。
今日は教会の礼拝に出席するので、昼食のことを考えておかねばなりません。
土日の早朝アルバイトをしている妹孫が、私とすれ違いに帰宅するので、お昼ごはんを整えてくれます。
そのためには、おかずを作って置かないといけません。


P1170605_640x480

今日は教会で小さな用事をつとめることになっています。
順番で回ってくる係です。
礼拝が終わってから、少し後かたつけをして、JRまたは近鉄で帰宅します。
12時までには帰れませんから、孫が家の食卓係となります。
姉孫は出勤日、お昼はじじばばと妹孫の3人です。

  ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

まもなくブログランキングから離れます。

近いうちに、このブログの誕生日を迎えます。
おかげさまで、満12年になります。
それを機会に、しばらくブログランキングから離れます。
(ブログ村で)いつも応援して下さる方々は「あれ?消えた」と思って下さることでしょう。
自分勝手で、まことにすみません。

来月には81歳になりますので、ブログのこともいろいろに考えています。
書くのは続けたく思いますが、もう競争はいいではないか、ゆっくり行けば、と思うようになりました。

応援まことにありがとうございます。
今週いっぱいは参加しています。


にほんブログ村

2018年8月24日 (金)

台風一過とはいかず★捨てないで直します。

昨夜は台風の吹き戻しの強風がうるさくて、たびたびと目がさめてしまいました。
庭には木の葉、小枝などが飛ばされて来ていますが、時々ざあっと雨が降ってくるので後かたつけはまだできません。

直し物などしています。
数年前に買った(通販のお買い得品)手提げ袋があります。
袋の縦寸法が私には長すぎるので、直すことにしました。

P1170594_640x480

3cmだけ、浅い袋にしたいと思います。
マチの底に縫い目があるので、ここからほどいたら、何とかなりそう。

P1170596_640x480


表布裏布ともほどきました。

P1170597_640x480_2

表布の裏に、これくらいかなと、しるしをつけました。

P1170598_640x480

切り取りました。

P1170599_640x480_2

切り取った部分を型紙にして、表の後ろ布、前後の裏布も切り取り、


P1170600_640x480

マチも袋の寸法に合わせて切って、短くしました。

P1170602_640x480

あとは元のように縫い合わせるだけ、慌てずゆっくりやります。
もうお昼、ご飯にしなくては。

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。


にほんブログ村

2018年8月23日 (木)

すだれを外す

5時起きして、おじいさんがすだれを外す手伝いをした。
台風が来るたびにする作業。
台風20号は直撃ではないようだが、風雨はどのくらいだろう。
朝顔はもう花を開いている。
早起きなんだと、あらためて知る。

これは今朝の花ではない。↓

P1170570_640x480

(花の写真を撮る気持ちにはなれなかった)

5時35分、妹孫がアルバイトに行こうとしたら、雨が来た。
傘を差しても濡れる雨だから、「じいちゃん、送ってやって」
アルバイト先は徒歩5~6分だが、びしょぬれになったら仕事がしにくいだろう。

6時10分、遅番の姉孫と二人でご飯を食べ始める。
お味噌汁は私が作った。
今朝はキャベツとモロヘイヤと油揚げを入れた。
おじいさんは、雨の止み間に鉢物を台車に載せ、裏庭の風の当たらないところに運んでいる。
気のすむまで、台風への備えをしてもらっておく。

6時30分、母屋の息子が出勤、車の音でわかる。
おじいさん朝食。
「少し休んで下さいよ」
ときどき降って来る雨が強さを増すので、東側の窓を閉め切る。

7時35分、おじいさんがごみ出しに。
先刻、町内会の無線放送があった。
明日の朝、暴風警報が発表されていた場合は、市のプラスチックごみの収集は中止、ということだった。

8時、市の防災無線放送、9時に自主避難所15か所開設の知らせ。

 ゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村

2018年8月21日 (火)

ソーリックとシマロン★怠け者が必ず作る物

 昨夜から、時々ざあっと雨が降っては止み、また急に降り出すという繰り返しです。
ダブル台風19号、20号の影響です。

 19号台風には「ソーリック」という名前がつけられ、これはミクロネシアが提案した名称で、伝統的な部族の長の称号から来ているそうです。
続く20号台風の名称は「シマロン」で、野生の牛のことをさし、フィリピンが提案した名称だということです。
 台風の名前は、国際機関「台風委員会」の加盟国が提案した名称が、あらかじめ140個用意されていて、発生順につけられるそうです。(ウエザーニュースのサイトより)

どちらの台風も、被害が出ないことを願うばかりです。
古家に住んでいますので、台風が来るたびにヒヤヒヤしています。

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

怠け者です。
面倒なことを先延ばしにして過ごしています。
けれども、これだけは怠けていられないのが、酢大豆と、酢玉ねぎ作りです。


P1170576_640x480_2

作ると言っても、大豆は煎って、玉ネギは薄く切って酢に漬けるだけです。
昨日は玉ねぎ、今朝は大豆を煎ってビンに入れ、酢をジャーっと入れて終わりました。
酢大豆も酢玉ねぎも余分に作り置きして、切らさないようにしています。
こんなことさえしなくなったら、私は終わりだな、と思いながら作っています。

朝食に、黄な粉をまぜたヨーグルト、酢大豆、酢玉ねぎ、黒ニンニクを添えるのが習慣になっています。
これで元気になれるかどうかは不明。w(゚o゚)w

 ゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村

2018年8月18日 (土)

安心するのは早い

1年前の8月18日には、こんなことを書いていた。

 ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

2017年8月18日 (金)

超夕立が降りました

時刻は15時10分です。

今日は午前と午後に激しい夕立がありました。
夕立を超えていると思いました。
スコールというものを体験したことはないけど、これはもうスコールに近いのでは?と思ったほどです。

午前の夕立の時は、空きペットと空きアルミ缶をリサイクルに持って行った帰りでした。
傘なんか持っていませんから、通りかかった雑貨店で雨宿りさせてもらいました。
うかつにも携帯電話も不携帯、少しばかり焦りました。
下の孫が、サークルに行くので早めにお昼を食べる、と言っていたからです。
けれども、雨は思ったより早く上がって、無事に家に帰りお昼に間に合いました。

午後の雨が降り出したときは眠くて仕方がなかったので、ごろんと横になりました。
そのまま寝てしまって目覚めたら止んでいました。
「寝てしまったわ。今は何もしたくない病でね。」というと、
おじいさんは黙っていましたが、あちらもどうやら何もしたくない病みたいです。
ほんとに何もしないもの。(ほとんど一日中テレビの前)

後略

 ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

私は、毎年8月後半から9月にかけて、「何もしたくない病」にかかるらしい。
一昨年の夏の終りから秋の初め頃にも、そういうことを書いている。
いやいや、「何もしたくない病」には、その時期だけでなく、春の初め頃にもかかるみたいだ。
暑さ寒さの厳しい時期を乗り越えると、心も体もへたってしまうのだろう。
弱虫なんだと思う。

今年はどうか?
まだその病気は始まっていない。
この涼しさに安心してはいけないゾ、という気持ちがあるからだ。

必ず残暑がやってくる、それを乗り越えるまでは、という強い思いが…



にほんブログ村

2018年8月15日 (水)

終戦記念日

午前4時すぎ、雨の音に目が覚めました。
編戸の窓から涼しい風が入ってきて、これぞ水冷式天然クーラーだと思いました。
雨はその後も降ったり止んだりしています。

お盆の15日、終戦記念日の今日、久しぶりに酷暑から解放されています。
73年前、私は小学2年生でした。
父は戦地に行って留守、祖母、母、弟、父の妹である叔母、私の5人家族でした。
家にはラジオがなく、お隣の窓から聞こえる玉音放送に耳をそばだてていました。

子どもにはよくわからなかったけれど、大人たちが
「負けたんや」
「今晩から安心して寝られる」
「もう防空壕に入らんですむ」
「灯火管制も終わりや」
などと話すので、戦争が終わったことを知りました。

中国大陸にいた父のことには、その時は誰も触れませんでした。
やがて、方々で戦地から帰還する人がいましたが、父の消息は不明のままでした。
親戚の人々からは「死んでいるのだろう」と言われていたらしいです。
しばらくして、父と同じ部隊にいた人がひと足先に帰国して、父が捕虜収容所にいることがわかりました。
昭和22年(1947年)4月の夜更け、父は突然玄関の戸をドンドンと叩いて帰宅しました。
「びっくりさせたたろうと思って、黙って帰ってきたぞ」が帰宅第一声でした。
私が小学4年生になったばかりの春のことでした。


P1160746_640x480

戦中戦後の思い出を話し合う身内もなくなりました。
父には、もっと戦地のこと、捕虜収容所での話を聞いておくべきでした。
母とは、父のいなかった頃のことや、戦後の貧しかったくらしのことなど話したいことがたくさんあります。
あの世とこの世に分かれて住むようになった今では、もはやかなわぬ願いですけれど。

  ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

にほんブログ村 シニア日記ブログ 80歳代へ
にほんブログ村

2018年8月14日 (火)

蚊はまだいない 雨も降らない

昨夜お風呂にはいる前に、自分で髪の毛をカットした。
襟足のあたりが暑苦しくて我慢できなかった。
長さよりも厚みがあり過ぎだったので、カット用のカミソリでそいだのだ。
今朝見たら、どうも右側の一部の毛のそぎ方が足りない。
今夜お風呂の前に修正することにする。

2か月前に美容院でカットしてもらった後も、自分で切りなおした。
美容師さんの切り方が残念だった。
もう少し筆の先のようにそいでもらわないと裾広がりになって困る。
お盆が過ぎたらまた美容院に行こうと思っていたけれど、昨夜応急処置をしたから9月になってからにしよう。

12日は朝早くお墓参りをした。
暑さが酷かったから、雑草もたった2本生えていただけだった。
花入れは榊が取り除かれ空っぽだ。
近隣のお墓はひと足早くお参りがすんでいて、我が家がビリだった。
別に競争はしないけど、(あ、ビリか)と思ったわけ。

蚊がいるだろうと覚悟して行ったが、いなかった。
家の周りにもまだいない。
このままではすまないと思うけど、蚊に刺されやすい者にとっては良い環境だ。

昨夕、サ高住にいるTさんから電話があった。
「私の電話、誰も覚えてくれないので寂しいの」と言っていた。
「あんた、私の電話番号知っとる?」と聞かれたので、
「知ってますよ、〇〇〇〇で終わるやろ?」と答えた。
聞こえが良くないので、会話がちぐはぐになる。

お盆でも、自宅に帰らないと言うことだった。
帰りたいけど、娘らが忙しくてと嘆く。
ついでがあったら顔を見せてほしいと言われた。
この暑さがやわらいだら、夫さんと行ってこなくては。
「お父さんも元気?子ども(孫)たちも元気か?」と聞かれたし。

家の周りが草だらけだ。
アースカラーの「コニシキソウ」が蜘蛛の巣のように広がっている。
日が高く昇らぬうちに、草刈り鍬でチョンチョンと削ってすぐにやめる。
やりすぎは禁物、5分間削るだけでも腰に来る。
毎日のように遠くで雷の音がして、「何々線が運転見合わせ中」などという情報が入るけど、この辺りに雨は降らない。

          ゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。


にほんブログ村

2018年8月 9日 (木)

お盆が来るので

今日は、この家の和室が一年中で一番さっぱりとした部屋にされる日である。
お盆を前に、神官さんが「中元祭巡拝」に来て下さるからだ。
この日ばかりは、部屋に何も置かないようにしなければならない。

床の間の御霊屋(仏壇)の横にあったCDラジカセは、昨日のうちに物置に運んだ。
ふだん部屋に置いている衣装籠も、防災リュックも、コーナーに吊るした洋服類も、廊下や軒下の縁台に避難させた。
今日は晴れだから、外に置いても大丈夫だ。
ただし、孫姉妹は「服が日焼けする」と言って、隣の母屋まで運んで行った。

整理タンス以外は何もない部屋を、冷房でキンキンに冷やして神官さんをお迎えする。
暑い時だから、これが最高のおもてなしということになるのだろう。
我が家の世帯主の流儀なのだが、ここまで片つける家族は皆文句たらたらである。

けど、ホントはおかしくて笑いたくなる。
ふつうこんなガランドウの部屋に人は住まないと思う。
壁際に服やズボンが掛かっていたり、読みかけの本や、日常使うこまごまとした物を百均のプラのざるなどに入れて、タンスの前に置いたりしているもの。
今日はそれらを、全部隠したって云うわけ。

Photo_3

神官さんにはバレバレではないかしらん。(恥ずかしいよ)
まあね、5分くらいでお帰りになるのだし、多忙でいらっしゃるから、そんなこと考えるゆとりもないかも知れないけど。

昨夜、姉さん孫に言っておいた。
「私が病気で寝込んだら、むさくるしい所に来て頂くのは辞退しますとお断りしてな」と。
あの世に行った人はもう大丈夫だと思う。
悲嘆も苦難も憎悪もない世界だと思いたい。
こちら側で右往左往する者たちこそ、問題なのではないか。

私はキリスト教だがひと様の信仰を軽んじたりはしない。
今までずっと世帯主の流儀に従い、彼に協力してきた。
けど、こういうの、いつまで続くかな?
もうヨボヨボだから、片つけ中に転倒して骨折し、悲惨なことになったりして…

 ゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

馬鹿げたニュースに腹が立つ。
出来損ないの任侠映画のような記者会見。
体育村の爺ィの寝言じみた夏時間に突き合わされるのも嫌だ。
ずれまくりの人々が先頭に立つと、下々の者が苦労する。

それにつけても猛暑が続く。


にほんブログ村

2018年8月 2日 (木)

あきれるほどに

暑かった。
日ごとに暑さが増して行く感じ。
それでも必要に迫られ、スーパーに買い物に行った。
車はエアコンをつけてもほとんど冷えてこない。
運転する人もたいへんだが、乗せてもらう者もたいへん。

スーパーでは、首に汗除けのタオルを巻いている人が多かった。
おしゃれな人は、おしゃれなタオルをセンスよく巻き、
そうでもない人は、普通のタオルを普通に巻いたり、肩にかけていた。
私は自分で刺し子をした晒布を、縦に三つ折りして首にかけて行った。
一番のお気に入りタオルが洗濯中だったから。

夏用のマフラーをしている人はほとんど見かけなかった。
この暑さでは丈長のマフラーは、いくら夏物でも暑苦しく感じるもの。

買い物から帰って、手持ちのタオルや手拭いを点検した。
まだまだ猛暑が続くそうだから、首掛けタオル、首まき手拭いでおしゃれをしたい。
それをせめてもの楽しみにしながら、涼しくなるのを待つことにしようと思った。

いい年して、こんな馬鹿なことを考えながら今日も一日が終わる。(´,_ゝ`)プッ

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

ランキングに参加しています


にほんブログ村


    ゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。



« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

レジ袋ふうエコバッグ

新聞紙バッグ作り方