« まだ縫っていないものがある | トップページ | いよいよ身近な人になって 2 »

2018年12月24日 (月)

いよいよ身近な人になって 1


S子さんは、家の孫姉妹の亡き母親のおかあさんです。
S子さんと私は、お互いを「おかあさん」と呼び合って来ました。
電話で話す時も、
「おかあさん、お元気ですか?」
「おかあさんも、お変わりないですか?」
という具合でした。

S子さんが亡くなってしまって、丁度2ヶ月が経ちました。
知らせを受けたのは、突然の死から6日目でした。
S子さんの長男が「お通夜も葬儀も終わったのですが」と知らせてくれました。
私はお悔やみの言葉も出て来ませんでした。
とても信じらない気持ちで・・・

孫姉妹の母親(ママ)が亡くなってもうすぐ21年になりますが、S子さんと私は孫たちと一緒に幾度も会ってきました。
暑かった思い出は、「愛知万博」行き、寒さの記憶はイルミネーションんを楽しんだ「なばなの里」の夜のひと時でした。

愛知万博に行く前日と帰ってきた日の夜は、S子さんの家に泊めてもらいました。
長男家族とは、一つ屋根の下に居ながら別々の暮らしで、内孫にもめったに会えないと言っていました。
S子さんのさびしい日々を垣間見た気がしました。(続く)

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

P1170946_640x480

昨日は教会のクリスマス礼拝に出席しました。
今夜は下の孫かりんと二人で、燭火礼拝に行く予定です。
かりんは目下スーパーのケーキ売り場でアルバイト中です。

いつになく、心さびしく迎えるクリスマスですが、希望を失わずに歩みたいと思います。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

« まだ縫っていないものがある | トップページ | いよいよ身近な人になって 2 »

日々のこと」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

レジ袋ふうエコバッグ

新聞紙バッグ作り方