« いよいよ身近な人になって 1 | トップページ | いよいよ身近な人になって 3 »

2018年12月25日 (火)

いよいよ身近な人になって 2


「おかあさん、これからは私の友だちになってくれませんか?」
と、S子さんに言われたのは今年の春に電話で話したときでした。
親友が亡くなり、さびしくなったということでした。
この時から、娘を亡くした母親と、息子の嫁を亡くした私たち二人は友だちになりました。

それからしばらくして、私たちは姉孫と3人で会う約束をしました。
T市でドッキングするのが常でした。
ところが残念ながら、その約束は実行できませんでした。
当日は朝から大降りで、杖なしでは歩けないS子さんの外出はとうてい無理だったのです。
手渡すつもりだった下の孫の成人の日の写真は、レターパックで送りました。

S子さんは、下の孫の振袖姿の写真を喜んでくれました。
「きれいやねえ」と言う電話の声が耳に残っています。
電話と言えば、S子さんと私は、電話をかける時も長男家族に遠慮していました。
「今いいですか?大丈夫ですか?」とたずねて手短に話し終えました。
私は時々手紙を書きましたが、必ず封書にしました。
別に悪口を書いたわけではなかったけれど・・・

S子さんと最後に会ったのは、今秋9月17日の敬老の日でした。
その前日「明日、会いたいのです」と、電話が来ました。
姉孫は仕事だろうけど、下の孫だけでも連れてきてほしいということでした。
いつになく、S子さんの強い思いが感じ取れる電話でした。

あくる日、ちょうど予定のなかった下の孫と二人でT市に向かいます。
私たちの得意としていたドッキングでした。
S子さんと顔を合わせるのは久しぶりでしたが、3人でお昼を食べておしゃべりしました。

その日から40日後に、S子さんは急死しました。 (続く)

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

P1170950_640x480

クリスマスイヴのキッシュ↑は姉さん孫のおごりです。
知り合いのお店に注文してくれました。

 ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

昨夜はかりんと二人、教会のキャンドルサービスに行って来ました。
往きはおじいさんに電車の駅まで送ってもらって、帰りはタクシーでした。
高齢者の夜の運転は危険ですから、去年から帰宅はタクシーにしました。

この私も、3~4歳の頃からいっしょにキャンドルサービスに出席し続けているかりんに、「気を付けてよ」と言われながら駅の階段を降りる年齢になりました。
それでも、今年もキャンドルサービスに行くことができて、感謝でいっぱいです。
姉さん孫は、早番で疲れているため、家で留守番をしてくれました。 

« いよいよ身近な人になって 1 | トップページ | いよいよ身近な人になって 3 »

日々のこと」カテゴリの記事

コメント

ウッシーさんご無沙汰しています。
S子さん亡くなられたんですね。今回の記事を読んでS子さんよほど会いたかったのでしょうね。でもそれが実現できて良かったです。

キャンドルサービスも出席できて、よかったですね。キッシュもおいしそうです。

麻綾さん、こんにちは。
寒い日になっています。
お身体に気を付けて下さいね。
私もいろいろありましたが、前向きに暮らさねばと思っています。
年ですからね、転ばないようにしたいです。
骨折は怖いですものね。

この記事へのコメントは終了しました。

« いよいよ身近な人になって 1 | トップページ | いよいよ身近な人になって 3 »

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

レジ袋ふうエコバッグ

新聞紙バッグ作り方