« 雨合羽を着て行けばよかった&道行襟はそのまま生かす | トップページ | あたしゃ怠け者でして(友への手紙) »

2019年4月12日 (金)

さつきの花が咲き始めた



昨年の10月のある朝、じいさんが寝ている隙を狙って剪定をしたさつきに花が咲いた。

P1180295-640x480


反対側から見ると、


P1180296-640x480


上等ではないか。
良かった良かった。

気をよくしてじいさんに言った。
「去年の秋に私が剪定したさつきに花が咲いたよ 」
じいさんは無言だった。

内緒でと言うか、無断で行った剪定だったが、実はじいさんは気づいていたのだった。
だいぶんたってから正直に打ち明けた私に「後で刈り直すよ」と言っていた。
けれども、じいさんは刈り直しもせずそのままにした。

去年私が剪定したさつきは4本。
4本とも無事に花が咲き始めた。
じいさんは、褒めもせず、けなしもしない。
無関心なのか、面倒くさいのか、ずるいのか、何考えているのかわからん!

* * * * * 

にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ
にほんブログ村

« 雨合羽を着て行けばよかった&道行襟はそのまま生かす | トップページ | あたしゃ怠け者でして(友への手紙) »

日記」カテゴリの記事

コメント

ウッシーさん、今晩は、お見事綺麗なピンクですね。自分で丸くカットですか~?
立派私にはできません、勇気がいるでしょう

お見事で~~す。

ハルリンさん、おはようございます。
形が崩れているのを直したのです。
じいさんが、なかなか剪定しないので無断で私がやっちゃいましたが、案外面白い作業です。

きれいに咲いてよかったですね。
もう手放してしまった実家には同じさつきがありました。母が花が好きでたくさんの植木がありました。それらの世話をするのは父でした。母が先に亡くなり、父がひとり残って植木を手入れしていたのでした。
そのことを痛切に感じたのは父が入院してから。庭がこんなに人の手を必要とするのか?!と。離れた家から仕事の合間をぬっての庭の手入れは、すぐに無理と知りました。
父の生きているうちに家を手放しました。家そのものもですが、植木や毎年、健気に咲く花々を思うとつらかったですが仕方ありません。
ウッシーさんのを読んでいるとかつての母の庭を思い出します。住んでいることはあって当たり前と思っていた花や木。失ってみると、とても大事だったとわかります。季節を教えてくれました。…もっとも私は忙しく過ごしていて、それらを愛でる余裕もなかったですけれど。
ウッシーさん、大変なことはわかっていますが、花と暮らす日々を大切になさってください。では、長文失礼いたしました。

sakurana さん、おはようございます。
ご実家への思い、ご両親様への思いが、私の胸に響きます。
この家も、庭の木々、花々も、若い者たちは関心がないと思います。
けれども、いつの日か芝桜咲く春の庭を思い出すこともあるでしょう。

この町も、空き家が多くなりました。
将来のことを考えると寂しくなりますが、今はただ、自分のできる限りのことをして行きたいと思います。
芝桜は終ろうとしていますが、アッツ桜が頭を出して来ました。
またしばらく楽しむことができます。
休み休みですが、家事をして、庭の花々を眺めて暮らしています。
コメントありがとうございました。<(_ _)>

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 雨合羽を着て行けばよかった&道行襟はそのまま生かす | トップページ | あたしゃ怠け者でして(友への手紙) »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ブログ出発点

レジ袋ふうエコバッグ

新聞紙バッグ作り方