« 虫の声 | トップページ | 時々雨 じめじめと嫌なお天気 »

2019年8月30日 (金)

さびしさの産物?

昨日いただいたT先生からの転居通知の返事をパソコンで書いてくれ、と、おじいさんに言われた。
お昼少し前、パソコンの前に座って書き始める。

昼ご飯は公休日の姉孫が用意してくれる。
別に何も作らなくていいのだ。
昨夕作った肉じゃが、茄子の味噌炒めなどの残り物があるから。
12時、ワードを中断して昼食、肉じゃがも茄子の味噌炒めも味がよくしみていた。

少し休んでまたパソコンに戻る。
裏面を書き上げ印刷、はがきソフトの住所録に新住所を追加して表書きも印刷。
おじいさんに見てもらうと、言われたのは意外や意外「ありがとう」のひとこと。
そういえば、昨夕も肉じゃがを一口食べた後「これおいしいな」と言っていた。
どちらも、おじいさんがめったに口にしない言葉だ。

「昨日からちょっと気持ち悪いんやけど」
「じいさん死ぬんかい」
下の孫と二人で笑う。

P1170705-640x480

ハガキの投函は姉孫に頼んだ。
「読んでみてな、自分では気が付かない間違いがあるかもしれんから」
と、目を通してもらう。
姉さん孫、さっと裏面を読み、表の住所も確かめて驚く。
「え!東京に変ってったん?」
「そうなんよ。何か怪我をされたみたいで、奥さんもいっしょに息子さんの所に行かれたんよ」

Tさんは、教職を退いて何十年かたっているけど、地区の者たちはずっと「先生」とお呼びしてきた。
家のおじいさんは、自治会、老人会、○○会というおじさんの親睦会で親しくしていただいた。
出来上がったはがきを見た時のおじいさんは、心なしか寂しげだった。
ああそうか、めったに聞いたことがないおじいさんの「これおいしいな」「ありがとう」はさびしさの産物だったの?

この地区にまた空き家が増えた。
自治会、老人会会員が二人減った。
おじさんたちの親睦会、○○会は解散が近い。

* * * * * 

ゆっくりと参加しています。
にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村

« 虫の声 | トップページ | 時々雨 じめじめと嫌なお天気 »

日々のこと」カテゴリの記事

コメント

ウッシーさん、こんばんは

まだ8月だと言うのに急に秋めいて来て、夜は涼しい風が吹いています。
長年のお付き合いのある方が転居されるのは寂しいですよね。特別にご飯を食べたりするほどの仲良しでなくても、立ち話をしたり会釈をしたりする仲間が居なくなるんですものね。
転居される先生も高齢で子供家族と馴染んだり色々と気遣いがあるでしょうね。

いつまで自立して暮らせるか?大変な問題です。この頃未手術の足が弱っているのかつるし筋肉が落ちて痛みが走ります‼️
年を取ったなーと悲しくなるけど

にゃんにゃんさん、こんばんは。
本当に他人事ではないのですね。
この先どうなるか、誰にもわかりませんね。
せめて今日を気を付けて暮らします。
転ばぬように、あわてずに・・・

こんにちは。
突然のコメントで失礼します。

もんぺの作り方を調べていて下記のブログにたどり着きました。
http://www.antu-sso.cocolog-nifty.com/blog/2010/06/post-5e8f.html

コメントは新しい記事へとの事でしたのでこちらで失礼します。

もんぺ上下の型紙か、詳しい作り方が欲しいのですが、送ってもらうなどの事は可能でしょうか?

もんぺはズボンだけの事を指すようですが、戦争映画に出てくるような、元は着物のセパレートの上下のもんぺと作務衣のセットを作りたいです。

でもなんか、戦争映画見てると作務衣とも違うような、、なんと言えばいいかわかりませんが「この世界の片隅で」のドラマで出てたような感じのを作りたいのです。

教えて頂けると嬉しいです。

息子さんの家近くの介護施設に入居ではなくて、息子さんの自宅にですか?
介護施設ならいいと思いますが私はっきり言う方なので書きますが、自宅ならうまく行く方がおかしいと思います。 今までの生活習慣が相当に違うと思いますし。

東京といっても広いですから色々でしょうが、都内の人の多さと鉄道の路線の
複雑さ、あれには参ってしまいます。 それに東京の人というのが私には全然
合いません。
人さまのされたことをけなして申し訳ないですが、呼び寄せた息子さんは偉いと思います。
呼び寄せようとしても奥さんが反対してどうにもいかない、これよく聞きます。
それぞれに事情があるでしょうし。老々介護、すごく問題になっていますよね。 
本当に深刻な問題になっているようです。

づかっちさん、こんにちは。
モンペについてのコメントありがとうございます。
申し訳ありませんが、モンペの型紙は、私はどなたにも販売は致しておりません。

モンペの上下の上衣は、型紙なしで、少しだけ着物をほどいたもので作っています。
モンペの下(ズボン)は、記事にあるように製図をして頂ければよろしいかと思います。案外簡単に製図できますので、なさってみて下さればと思います。

私は30年くらい前に、通販で木綿の絣柄のモンペスーツを買いました。
下は、紐で結ぶモンペでした。
それを見本にして、本で見た紐付きモンペを作ったのでした。

パソコンにも、あちこち検索なされば参考になるサイトが見つかります。
本もいろいろあります。
図書館なども利用され、ご覧になり、ご自分が「これだ」と思われるモンペスーツを作られたらいかがでしょう。

ただ、自分で作っても、決して満足できるものは作れないと思います。
私は、モンペスーツを3着、他に上っ張りを2枚作ってきましたが、どれもどこかに不満が残ります。
元気な間に、もう1着モンペの上下を作りたく思いますが果たして人生の終幕までに間に合いますやら・・・

紅葉さん、こんにちは。

本当に、これから大変でしょうね。
怪我をされ、急に行かれたご様子ですが、ご本人さん方も不本意だったと思います。
先ずはT先生の怪我の治療を第一に、そして認知症初期らしい奥様のことを考えておられるでしょうね。
90歳になってから、住み慣れた土地を離れて大都会に移られ、これからどういう日々を過ごされるのかと思いますと、胸が痛みます。

もんぺ、お返事ありがとうございました!
他で探してみます。
もんぺの型紙は良くあるのですが、上衣の型紙が見つけられず、困ってました。
でもお返事読むと、どうやら感覚で作れそうなので、取り敢えずチャレンジしてみようと思います。

この記事へのコメントは終了しました。

« 虫の声 | トップページ | 時々雨 じめじめと嫌なお天気 »

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

レジ袋ふうエコバッグ

新聞紙バッグ作り方