« 2019年9月 | トップページ | 2019年11月 »

2019年10月の記事

2019年10月31日 (木)

ほっとひと息

今日も良いお天気でした。
こういう日は心が晴れますが、身体は腰痛です。( ;∀;)
それでもじっとしておられません。
物置に入ったり、出たりを繰り返して、落ち着かないことです。

夜になって、はじめてパソコンの電源を入れました。
コメントのお返事がまだで、申し訳なく思っていました。
無事にお返事を書き終わって、ほっとしているところです。

以前は、コメント返しをせずに次の記事を書くのは気が咎めて、記事更新を控えていたのですが、最近は、お返事がまだなのに、新しく記事を書くようになっています。
悪いなあ、申し訳ないなあ、と思いながら先に進めて行くのです。
厚かましい婆さんになってしまいました。
どうかお許しになってください。

今日の夕方、こわれた折り畳み傘の布で作っていた手提げが出来上がりましたが、完成した手提げの写真がまだなので載せられません。
今夜は、こんなとりとめもないことだけで終わらせて頂きます。

* * * * * 

ブログランキングでお世話になりましてありがとうございます。 

にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村

2019年10月30日 (水)

てっぺんの穴をふさいで★安定した晴れ日

 古傘の布のてっぺんには、穴が開いています。
バッグを作るには、その穴をふさがなければなりません。
トレッシングペーパーを当てて型紙を作り、共布を縫い付けてふさぎます。
写真は↓型紙を置いてみたところです。

Pa300278-640x480 

 穴がふさがったので、傘布の両側を縫い合わせました。
共布で持ち手も縫いました。

Pa300281-640x480 

 縫い合わせた傘布の縫い代は、アイロンで割りました。
これを 表に返して、袋に縫うわけです。

* * * * * 

 上天気です。
お天気が続くらしいので、じいさんはお昼までかかって大洗濯でした。
敷布団も3枚干してくれています。

 私は片つけものです。
古着がたまり過ぎの家族もいるので、
「これ、要るの?要らんの?」と確かめてあったのをごみ袋に入れたり、雑巾用に残したりしています。
この作業は、腰が痛くなるので、
アイタタタタ・・・と体をくの字にしています。

 今日は下の孫も学校に行き、老人二人はめったに話もしませんから、とても静かです。
台風や大雨で、心せわしく過ごして来た10月が、明日で終わります。

* * * * *

ランキング参加でお世話になりましてありがとうございます。 

にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村

2019年10月29日 (火)

古傘バッグ作りの準備

雨降りだけど、じいさんと買い物に行ってきた。
じいさんは、いやいや「足」を務めてくれたのかも知れない。
サービスポイント5倍で、お肉が安い日なので、お店は繁盛していた。

買い物に行く前に、押し入れの天袋の整理を少しした。
脚立に上がるのは危ないからと、下の孫が手伝ってくれた。
要らない夏座布団を下ろしてごみ袋に入れた。
次のごみ収集日に出すまでは、物置に置く。

* * * 

昨日の夕飯支度の前に、古傘バッグ作りの準備をほんの少しだけすませた。

Pa280275-640x480

バッグは幅31cm、深さ32cmくらいの出来上がりになりそう。
余った布の両横を切り落として、持ち手にすればよいと思う。
これだけしておけば、いつでもミシン縫いに進める。

私は何事も長時間じっくり取り組めそうにない。
いつも、隙間時間にちょこちょこっとするだけ。
これでは半端なことしかできないな、と思う。
忙しい晩年が授かったのだから仕方がないけど。

* * * * * 

ランキングに参加しています。
応援して頂きましてありがとうございます。

にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村

 

2019年10月28日 (月)

希望の会の行事★処分した物しなかった物

 朝から、希望の会(老人会)に出かけた。
道路わきのごみを拾いながら、集合場所の児童公園に向かう。
グランドゴルフを勧められたけど、見学に回る。
慣れないことをすると、後が大変、ベンチに腰掛けて応援した。
ゴルフ参加は9名、応援は6名だった。

 11過ぎに地区公民館に移動して、誕生会があった。
10月生まれは4名で、スーパーのお寿司とペットボトルのお茶でお祝いをした。

 老人会も新人は全く入会せず、会員は減る一方で寂しい限り。
12時15分には終って帰宅したが、途中でじいさんに「帰るからね~」と電話した。
じいさんの誕生月は12月、その時は出席すると思う。

* * * * * 

今日は可燃ごみを出す日だった。
処分した自分のごみ

 民謡踊りのビデオテープ5巻
 舞扇6本
 合繊の稽古着2枚
 名古屋帯1本

Pa280274

踊りのビデオテープは、これですべてなくなった。
舞扇はまだ数本残っている。
着物も なかなかゼロにはならない。

簡易アルバムもいっしょに処分しようと、
パラパラとめくって見たら、
元気だった頃の嫁の写真がたくさんあり、
胸が締め付けられるような気がしてきて、
今回処分するのは止めることにした。

* * * * *

ランキングでお世話になりましてありがとうございます

にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村

2019年10月27日 (日)

礼拝から帰って古傘バッグ作りの算段を

 薄曇りながら、暑くも寒くもない、言うことなしの日曜日です。
教会の礼拝から帰宅したら、姉さん孫が食卓を整えてくれているところでした。
昨日、私が煮ておいた物や、冷蔵庫の残り物をあれこれとひと皿に盛りつけて・・・

 妹孫かりんは、スーパーの早朝アルバイトから帰って、とある講演を聞きにT市に出かけた後でした。
追い込みに入っている卒論に、関わりのあるテーマの講演だということです。

 食後のかたつけは、ばあさんが担当しましたが、ひと休みしてから縫物の算段を始めました。
傘が壊れても、「もう古傘バッグは作らんゾ!」と心に決めたはずのばあさんなのに、

Pa250267-640x480

こういう傘布をみると、やっぱり「縫いたい病」が 再発するのです。
でも、縫い目をほどくのは面倒です。
なるべくほどいたり、切ったりする手間を省きたいので、このまま折り畳んで四角形にしてみます。

Pa250268-640x480 

 こんなふうに 折ったてから、袋に縫えばいいいですね。
同じことは以前にもしましたけど、またまた手抜きをして、面白い物を作ってみます。

 雨続きで、お風呂の壁や天井にカビが生えてきました。
今から、じいさまがカビ取り作業をしてくれます。
パソコンを続けるのは気が引けるので、今日の記事はここまでに致します。

* * * * *
 
ランキングでお世話になりましてありがとうございます

にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村

2019年10月25日 (金)

雨が止みそう★昨日は「四婆の会」だった

 この秋、三重県南部には何度も大雨警報が発表される。
今朝がたもよく降ったが、ようやく峠は越えた模様。
近くの川の水位は、危険レベル1にも達することなくすみそうで、ほっとしている。

* * * * * 

 昨日は、63年前にいっしょに高校を出た友だち4人でお昼を食べた。
たまには「マイ箸」を使ってみるかと持って行ったけれど、

Pa240266-640x480

結局、使うのを忘れてしまったので、そのまま食器棚に戻した。

 同級生の婆さんの集まりに、私が途中から参加するようになって4年目くらいだろうか。
ずいぶん優雅な名前の集まりなのだが、私は勝手に「うどん会」と名付けた。
家でも、「うどん会」に行かせてね、と家族の了解を得る。

 昨日は、一人が、旦那さんへの不満を思い切り吐き出していた。
決して暗くじめじめとは話さなかったし、
私たちも笑いながら聞いていたが、
不満を並べる本人の眉間には、くっきりと皺が刻まれていた。
私の眉間にも、ああいう皺は刻まれるのかとふと思った。

 人に会うのは愉しい。
人の話を聞くのも面白い。
話している人を見ていると、まるで鏡に映る自分を見るような気持になることがある。
こういうところは自分にもあるな、と思ったり、ちょっと違うかなと気づいたりもする。

 しかし、今、こんなことをブログネタにするのはヤバいな、とつくづく思う。
あの三婆が知ったら、コテンパンにやられる悪行なのに違いない。
「うどん会」から追放されても仕方がないことであろう。
友よ、どうか許して下され。

* * * * * 

ブログランキングでお世話になりましてありがとうございます。

にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村

 

 

2019年10月23日 (水)

言ってることがわからへん!

「ササエガサシタ?」
朝のお味噌汁を煮はじめた時、
じいさんに聞かれたので、すぐに聞き返した。
「ササエガサシタって、どういうこと?」
じいさんが、今度ははっきりとした声で言った。
「今朝は血圧上がった?」

もう、だいぶん前から、じいさんの言うことがはっきりしない。
滑舌が悪くなり、もごもごと聞き取りにくい。
じいさんは昨日も、
「かりんのチュウキンどこにある?」と言った。
「かりん」は孫のニックネームだが、チュウキンとは何なのか。
例によって聞き返す。
「チュウキン?」

「チュウキン」と聞こえたのは、「じゅうたん」のことだった。
かりんがほとんど独占している居間の敷物が、まだ夏用なのだ。
じいさんは、冬用の敷物がどこに置いてあるか知りたかったのだ。

Photo_20191023125401

年を取り、じいさんの滑舌もずいぶん悪くなったが、私の勘も鈍くなった。
以前は、あちらの考えていることが、直ぐにわかった。
全部言われなくても、ピピピーっと頭を使って、反応できた。

けれども、昨今はピピピーが働かなくなった。
60年間いっしょに暮して、やり続けてきたピピピーが、すっかり疲れてしまったらしい。
何が何した、何を何しろと、初めから終わりまでハッキリと言ってもらわないと・・・

でも、無理でしょうね。
明日もまた「・・・?」と聞き返したくなるのに違いない。
とんちんかんな対話を繰り返しながら、生きていくのね。

* * * * * 

ブログランキングでお世話になりましてありがとうございます

にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村

 

2019年10月21日 (月)

また大雨?★今日のごみ袋の中には

朝から小雨、この雨は何時ごろから強く降るようになるのだろうか。
食後に少し歩いて川の上流の橋の水位計を見に行く。
35cmで、これが平常の水位なのだ。
PCで見た下流の水位観測所の水位は90cm、こちらも平常値。

今日の可燃ごみ出しのために、昨日ごみ袋に入れた物。

簡易アルバム4冊

Pa210268-640x480 

タイトル「多くの人々と」同窓会、PTA懇親会、バス旅行などの集合写真
      「庭木と花1」「庭木と花2」「庭木と花3」
折り紙教室の作品5点 (これで全て処分)
作りつけの名古屋帯2、(夏冬用各1)
古手提げ(キャンパス)
作業用日よけ帽1(汚れあり)

持ち物の処分にも慣れて、さびしさを感じなくなって来た。

* * * * *

ブログランキングに参加中です
お世話になりましてありがとうございます

>にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村

2019年10月20日 (日)

私の拡大鏡

拡大鏡がほしいと、ずっと思っていました。
でも、もう老い先短い身でありますし、
あの、華やかなCMの拡大鏡を買う気にはなれず、
Amazonで手に入れたのがこれです。

Pa200266-640x480 

千ウン百円の中国製です。

お尻を乗せたらどうなるか、
それはわかりません。

お尻を乗せる気は、さらさらありませんが、
うっかり足で踏んづけてしまっても、
また、この程度の値段のを買えばいいから気楽です。(^.^)
私には、これくらいので充分間に合います。

もしも、もう少し長く生きるようでしたら、
次は、レンズはね上げ式のにしたいと思っていますけど。

* * * * * 

ブログランキング参加中のケチな婆さんです
お世話になりましてありがとうございます

>にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村

2019年10月19日 (土)

可愛いスカートをほどく★散歩で川の水位を確認

 下の孫が、高校時代からつい先だってまで穿いていたスカート3枚を、捨てると言う。
うち2枚は、ひらひらフワフワ過ぎて親戚の子にも上げられそうにないので、ごみ袋行きにした。
残りの1枚は、捨てるのも人に上げるのももったいなくて、残すことにして解体した。

Pa190271-640x480


 裏付きのレジ袋 型の手提げにしたら、孫も使うのではないかと思う。

* * * * * 

 昨夜は夜中に防災無線放送がはいり、飛び起きた。
土砂災害の恐れのある地域に避難準備情報が発表されたのだった。
近くの川も増水しているのがpcのページでわかる。
次は河川情報の放送で起きることになるかな、と思いながら無理やり寝た。

 無事に朝が来て食事の後、散歩がてら川を見に行く。
上流の橋の下は、95cm強だった。
先ほど、同じ時刻の下流の観測所の水位をPCで調べたら橋の下より70㎝は高かった。
平常時の2倍近くになっているのがわかる。

 今のところ雨は止んでいる。
寝不足で頭がぼんやりしているけど、普通に家事はしている。

* * * * *
 
ブログランキングでお世話になりましてありがとうございます

にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村

 

2019年10月18日 (金)

もっと川に関心を寄せることにした

 台風19号以来、雨が降らない日でも、近くの2級河川の水位に注目するようになった。
PCの川の水位情報のサイトで見ることができる、下流の観測地点の水位計の数字にも、いつも気を付けている。
平常は1メートル以下だが、今日のような本降りの日は、それよりも50cmは高い。

 先刻、3時少し前、レインポンチョを着て、我が家より少し上流の橋の下の水位計を見てきた。
下流の観測地点の水位よりは、50cm低いのが分かった。

 今日の雨は昨夜から降り始めているが、雨量はさほどでもないと思う。
けれども、最近の雨は、いつなんどき、情け容赦もなく降る大雨になるかわからない。
全然信用できない気候になってしまった。

 近くの2級河川は、40数年前に河川改修が行われて以来、氾濫や堤防決壊は起きていない。
けれども、このままで安心はできない。
途中で川床を掘り下げる工事が行われてから、ずいぶん年数がが経った。
近いうちにまた工事が実施されると聞いているが、その日が早く来ることを願っている。

* * * * * 

ブログランキング応援ありがとうございます

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村

2019年10月17日 (木)

今日ごみ置き場に出した物

今日は可燃ごみの収集日。
じいさんが起きてくる前に、昨日プレハブ物置でまとめたごみを出してきた。
ずっと以前から捨てたいと思っていた、自分のごみばかりだった。

処分した物
十数年前に折り紙教室で習った作品(折り紙を貼り付けた色紙)6枚
未使用の色紙 7枚
簡易アルバム 2冊
 タイトル 「人々の中で」
      「多くの人々の中で」
夏用肌襦袢 2
夏用長襦袢 1

30リットルのごみ袋なので、自転車の前かごに乗せて出してきた。

処分しなかった物
物置から出てきた、下の孫が小さかった頃作った手提げ 2枚

Pa170267-640x480

名札を外して洗濯したら、見違えるほどきれいになった。
一枚は、袋の底を縫ってつまみマチにして、自立する手提げにした。
もう一枚はこのままで、活用するつもり。

* * * * * 

ブログランキングでお世話になりましてありがとうございます。

にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村

2019年10月16日 (水)

用事がありすぎて焦っています

朝晩は冷えるようになり、寝具や、衣服の入れ替えに忙しくしています。
洗濯した夏蒲団や敷パットをポリ袋に入れてしまっていますが、まだ全部は終っていません。
並行して夏物衣服も片つけていますので、くたびれます。
悲しいことに体力がないですから、はかどらないことこの上なし、気ばかり焦っています

19号台風の被害の大きさに衝撃を受けていますが、まだ台風シーズンが終ったわけではありません。
あらためて防災用品や非常食の点検もしています。
昨日は、あっと驚くような非常食が見つかりました。

P1180479-640x480

これらのアルファ米には、何と2008年~2010年の表示がされています。

P1180473-640x480 

「大丈夫よね、食べてみましょうか」
と、昨日のお昼にじいさんと二人で「わかめご飯」を試食。
塩かげんもよくおいしかったです。
そして、「大丈夫」でした。
二人とも身体に異常はありません。
残りのご飯も、少しずつ食べて行きたいと思います。

若い者たちは、絶対に期限切れの物は食べませんから、年寄りが頑張り?ます。

コメントの返信が遅れています。
どうかお待ちください。

* * * * * 

ランキングでお世話になりましてありがとうございます。

にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村

2019年10月14日 (月)

疲れたなどと言っておられない

時々小雨の14日月曜日、(台風の心配で)疲れているけれど、しなければならないことがいろいろある。

台風19号は三重県の東側の海を北上して、12日土曜日は朝から夕方まで荒天が続いた。
横殴りの雨が絶え間なく降って、近くの2級河川の水位ばかり気にして過ごす。
TVと孫のスマホ、年寄りのタブレットで10分おきに表示される水位を確かめた。
幸いにも、危険度レベル1の水防団待機の水位を越えることなく台風は通過して行った。

TVでくり返される堤防決壊、氾濫の被害のニュースを他人事のようには見ていられない。
明日は我が身という気持ちから離れることができない。

Pa140266-640x480

今日は、まもなく普通の生活の買い物に行く予定。

昨日、私は教会の礼拝に出席、以前から予定されていた避難訓練にも参加した。
JRは運転見合わせだったので、往きはバス、帰りは近鉄電車にした。
近鉄の駅からは30分かけて歩いて帰宅。
姉さん孫は公休だったが、たまには自分の足で歩いて帰ってみたかった。
(いつも車で迎えに来てくれるじいさんは、自治会の防災行事で留守だった。)

それでは今から買い物に行って来ます。(姉さん孫は今日も公休日)

* * * * *

ブログランキングでお世話になってありがとうございます。


にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村

2019年10月11日 (金)

秋のハイビスカス(嵐の来る前に)

昨日も今日も、ちょこちょこっと買い物してきました。
缶詰やレトルトご飯は昨日買い足したので、今日はパンと即席めん、ミカンなどです。
スーパーは、同じように台風接近に備えての買い物客で賑わっていました。
三連休の前の愉しみな買い物ではなく、台風の非常食購入ですから何だか・・・です。

若い者たちが仕事に出かけた後、じいさんは、母屋の出窓に頑丈なトタン張りの雨戸をはめ込んでくれました。
めったにしない面倒な作業ですが、今回の非常に強いと言われる台風に備えるためです。
南の窓にこれをはめると、部屋がすっかり暗くなるので、帰って来た者たちは嫌がりますが、飛来物でガラスが割れたらお終いですから。

玄関のまだ片つけてない鉢のハイビスカスが、色鮮やかに開花しています。

Pa110260-640x531 

真夏の頃は 、日差しがきつくて花びらの縁が火傷したように黒ずんでいましたが、今はただ鮮やかに咲いています。
嵐の前の見事な開花です。
「もうじき終りだ、撮っといて」と、じいさんに言われて、撮りました。
まだ蕾もあります。
家の中に入れて守って、何とか残りの蕾も開かせてやりたいものです。

* * * * * 

暴風も心配ですが、洪水被害も恐ろしいです。
どうか酷い被害が出ませんようにと、ずっと願っています。
コメント欄は閉じています。

* * * * *

ブログランキングでお世話になりましてありがとうございます。 

にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村

 

2019年10月 9日 (水)

気にしてもどうなるものでもないけれど

台風19号は、猛烈な勢力だということで心配です。
上陸せず、海の方に方向を換えてくれるといいけど、と思うばかりです。
昨日は、乾電池の数を調べたり、軒下にためてあった暴風で飛びそうな空きペットなどを、物置に入れたりしました。
庭の朝顔は、まだ咲きそうな蕾もあったけど、じいさんが全部抜き取ってごみ袋に入れ、月曜日のごみ収集に出してくれました。

今日は気分転換に、朝食の片つけをしながらケーキを焼きました。

Pa090274-640x480

台風の進路によっては、停電になるかも知れません。
その前に作って食べておくかな、などと思ったのです。
冷凍庫の中の物も少し減らしたいと、昨夜は冷凍枝豆を入れた「豆ごはん」を炊きました。
残っていた冷凍いんげんを、今朝のお味噌汁に入れて食べました。
空きが出来たところに、水を入れたペットを凍らせることにします。

朝晩は肌寒くなってきたので、今朝は夏蒲団を2枚洗濯。
薄手の毛布を出して日に干しています。
ありがたいことに今日は洗濯日和です。

そんなことをしても、この家そのものがどうなるか分かりません。
屋根が吹き飛ばされる恐れもあります。
自然の猛威の前には、無力です。

でも、今はまだ目の前にあるいつもの暮らしを大切にしたいです。
ケーキを味見してお茶を飲みましょう。
どちらの地域でも台風の被害がひどくありませんよう願いながら。

* * * * 

ランキングに参加しています。

にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村

 

2019年10月 7日 (月)

ドジな思い出もよみがえります

昨日は、教会の聖餐礼拝に出席した。
帰りはNさんの息子さんの車に乗せてもらって帰宅。
車中でメールをしたので、じいさんが外に出て来て、息子さんに丁寧にお辞儀してくれた。
私は教会から駅までの道を歩かなくてすんだし、じいさんは私の降りる駅まで車で迎えに来なくてすんで、二人して助けて頂いて感謝。

今日は、裏のプレハブの物置を整理。
捨てたとばかり思っていた民謡踊りの小道具が出てきた。

Pa070268-640x480 

綾棒の先には小さな鈴がついている。
このままで捨てるわけには行かない。
姉孫が力いっぱい引き抜いてくれた。

Pa070272-640x480 

私はただでさえ力無しの老人なのに、右手親指を怪我している。
人参を千切り器で突いている時に、自分の指まで突いてしまった。
傷テープを巻いた指では、なおのこと力が入らない。

傷テープと言えば、思い出したことがある。
指に傷テープを貼って、踊りの発表会の舞台に出たことがあったのだ。
怪我は左の人差し指だったと思う。
本舞台が迫っているのに、ドジをして包丁で切ってしまったのだった。
テープの上から練り白粉を塗りたくったけど、最前列の観客には見えていたかもしれない。

怪我が左指で、傷も深くなくて良かった。
右指だったら、扇使いがうまく行かなかったかも知れなかった。
師匠や共演の先輩に、迷惑をかける恐れもあったドジなしぞこないだった。

今朝は可燃ごみの収集日だったので、先だってまとめておいた不用品を出した。
民謡踊りの浴衣2枚、夏用の稽古着一枚、ラメ入りの和装上っ張り1枚だった。
一度にぱっと捨てられず、ちびりちびりと処分するこの思い切りの悪さ・・・

いずれの処分品にも、楽しかった思い出、ドジな恥ずかしい思い出がまとわりついている。
物は捨てて無くなっても、思い出は消えることなく、あざやかによみがえる時があると思う。

* * * * * 

応援に深く感謝しています。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ
にほんブログ村

2019年10月 5日 (土)

血圧計がこわれて

ここ二日ばかり何となく気楽だった。
理由はわかっている。
血圧計がこわれたため、血圧が測れなくなっていたからだ。
毎日、朝と晩に血圧を測らなくていいのは閑で気楽だった。

こわれた血圧計は、13年前に買った中国製で、もはや生産を終了した製品だった。
買い替えの時期だったのだ。
早速amazonに注文した日本製の新品が、昨夕届いた。

Pa050267-640x553


先月の下旬、前かかりつけ医の紹介状を持って初めての内科医院に行ったところ、毎日血圧を測ってくるようにと、血圧手帳を渡された。
前の先生は、それほど厳重ではなく、家では時々測るだけだった。
今度のお医者さんは前の先生より少し若くて、はきはきとものを言われる。
怖い感じはないけれど、(言われたことは守らないと)と、まじめに血圧測定に取り組んでいる。

13年前、じいさんは高血圧だったらしい。
そのために、血圧計を買ったのだ。
当時の血圧手帳には、じいさんの年齢が記されている。
75歳だったのだ。

「ボランティアに燃えていた頃やね」と、からかったら「うん」と素直な返事がきた。
70歳を過ぎてからのじいさんは、まさしく「ボランティア じじい」となって、家族一同あきれるほどだった。
姉さん孫と私は、言葉遊びをして、うっぷんを晴らしたこともあった。

ボランティア 今日はどこまで行ったやら   (姉さん孫)

ボランティア ジジイ県内かけめぐる     (姉さん孫)

ボランティア いのち削ってかけめぐる    (姉さん孫)

結石(いし)溜まる季節となれば ドクダミ茶飲みつつ励め 防災の業 (詠み人知らず)

じいさんは、尿路結石の持病を抱えながら、ときには病院に1泊入院したりして、防災ボラほか諸々のボラに熱中していたのだった。
おそらく80歳になってもやめないだろうと、家族皆で言っていたけど、そこまで行く前にすべてを引退して家に籠るようになった。

横道にそれてしまったけど、昨夜から新しい血圧計で血圧を測るようになり、つかの間の気楽さはどこかに飛んで行った。
現在は低血圧と言ってもいいくらいのじいさんも、私のマネをして測っている。
そのうちに飽きて、脱落すると思うけど。

* * * * * 

ランキングに参加しています。
お世話になりましてありがとうございます。
にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村

 

 

 

2019年10月 3日 (木)

白く染めとる?そんなわけないやん!(白髪の話)

(梳かしてないな)と、一目でわかるぼさぼさの白髪の高齢女性を、自転車で追い越す。
おかっぱに切った白髪は、肩のあたりまで伸びて、ぼわっと広がっている。
顔見知りの人だったが、声を掛けるのがはばかられた。
ちょっとボケかけてるという、噂の人だった。

家族がいるはずだ。
「おばあちゃん、髪が伸びたから、美容院へ行こうよ」
と言ってくれる人はいないのだろうか。
自分があんなふうになったら、と思うと悲しくなった。



Photo_20191003115101


(↑すてきな画像をお借りしました。)

私は白髪90%以上の髪だが、染めずに短くカットして、時々ゆるくパーマをかける。
毎月一回集まる仲良し4人のうち、白髪を染めていないのは二人。
もう一人の白髪は、気の毒なことに薄毛で地肌が透けて見える。
それでも、いつもきちんとショートにしている。

真っ黒に染めているのがいて、会うたびに「栗色か何かにしたら?」と言われているが、
「美容師さんに任せてあるから」と、変えない。
「美容師さんの美学なんよ、きっと」と私はかばう役目。
その黒髪が茶色になったら、と想像してみて、黒い方が似合う気がするし。

黒髪はいつも私の髪を見て言う。
「どうしたらそんなに白うなるん?」
「白う染めとるんや、嘘や!そんなわけないやん、放って置いたらこんなになるん」

白髪では散々苦労して来た。
40歳代から染めていたが、ある時ヘアーマニュキュアにかぶれて、人前に出られないほどに顔が腫れた。
平成元年の秋を最後に染めるのをあきらめ、カラーリンスでごまかすようになる。
民謡踊りを習っていたので、発表会のために白髪隠しのかつらを買った。
ショートのや、ワンロールやら、結構物入りだった。

もう白髪まるだしで行こう、という気になったのは、母親を亡くした孫たちを手元に引き取った時だ。
白髪の祖母ちゃん母ちゃんで行けばいい、と決めた。

* * * * *
 
カラーリンスすらしなくなって21年、
今ではすっかり白髪と仲良しですが、
後の方は、まだ少し黒が混じっていて、
真っ白には、なかなかならないもんですね。

* * * * * 

参加しています。
応援クリックに感謝しています。

にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村

 

2019年10月 1日 (火)

ああ、恐ろしや長電話、あの人も、この人も、かけ放題プランだったのか!

長電話の趣味はない。
用件を短く伝えるのが好き。
通話料がかさむのが怖い貧乏人でもある。
ああ、それなのに、私の周りの婆さんたちのほとんどが長電話族だ。
「かけ放題」というプランでガラケーを使っているのだ。

「電話はあまりかけない」
「携帯ではインターネットを見ない」
「メールは時々する」
と、言うような条件で、私はガラケーを使用している。

私のガラケーの通話料は、30秒ごとに20円だということを最近知った。
そうだったのか、どうりで長電話の友だちにご機嫌伺いの電話をして引っ張られると、通話料金が跳ね上がるんだ。

P9290261-640x440

夫さんが「虫の息」だと言っていた〇子のことが気になって、電話をした。
この人の通話時間は特別に長いから、覚悟してかけることになる。
調べてみて、我が家の固定電話でかける方が料金が半分以下になることが分かった。

「おじいちゃん、〇子さんに電話するからね」
と、じいさんに伝えて家の電話を使う。
20分で終わればいいけど、無理だろうなと思ってかけた。

〇子の夫さんは、先月、亡くなっていた。
家族に最後を看取られることもなく、病院で亡くなり、火葬、埋葬も終っていた。
「何もかも、うまく行ったんや」と、言う〇子
「うまく、なんて言わないで、滞りなくとでも言ってよ」と私。
老人ホームの居住室のクローゼットの奧に、白木のお位牌と遺影を隠してあると言っていた。
ホームの許可は得ているが、遺影を見たくないという。

意地悪な夫さんであったのは私も知っていたが、もはやあの世のひとだ。
「赦してあげてほしいわ」と言いたかったけど、今はまだ無理。
泣きも悲しみもしない〇子が可哀そう、亡き夫さんも可哀そう。

通話は20分を超えても終りそうにない。
いいではないか、弔電も香典も送らなかったのだ。
〇子の語りを聞くことしか私にはできないのだから、と腹を括る。

最後は「じいさんんがお風呂から出て来たわ、お布団敷くからね」とこちらから切った。

* * * * * 

参加しています。
応援して下さり感謝いたします。

にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村

 

« 2019年9月 | トップページ | 2019年11月 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

レジ袋ふうエコバッグ

新聞紙バッグ作り方