« 2019年11月 | トップページ | 2020年1月 »

2019年12月の記事

2019年12月31日 (火)

久しぶりの瓶入り米の酒

 この町の酒屋も、たった一軒になってしまった。
昨日はそのお店で、久しぶりにお正月用の日本酒を1升買った。

Pc310266-480x640 

 じいさんが、晩酌を米の酒(日本酒)から麦の酒 (焼酎)に変えて何年になるだろう。
焼酎もプラの空きカップに油性マーカーで線を引き、じいさんの飲む適量にしている。

 最初の頃はカップ一杯分の焼酎を水割りにして飲んていたが、量が多すぎることが分かったのでマーカーの線を7分目あたりに下げた。
しばらくたって、それでも多いとわかり、じいさんに内緒で更にマーカーラインを下げた。
以来、じいさんは130㎖くらいの25度焼酎を、夏は水、冬にはお湯で割ってちびりちびり飲んでいる。

 酒屋さんは、たった1軒になったが、焼酎はコンビニ、スーパー、ドラッグストアで手に入るし、一番安価の店を見つけたので安心だ。
瓶ではなく箱入りだから、後始末も楽。

 先日88歳になったじいさんだけど、まだ元気に麦の酒を飲んでいる。
あの人の身体、どうなんだろう。
今月の通院時、お医者から「いろいろ調べてみますか」と聞かれたそうだが「もう、いいですよ」と言って来たらしい。
もはや病気を探すこともない、という気持ちなのだろう。
その気持ち、私にはわかる。

* * * * *

この一年、本ブログをお読み下さいましてありがとうございます。
どうぞ良い新年をお迎えください。

ブログランキング応援まことにありがとうございます。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ
にほんブログ村

 

2019年12月30日 (月)

もうひと踏ん張り

 雨の音が聞こえるので、玄関の戸を開けて外をみたらおとなしい降り方だった。
こういう年末もしっとりしていいではないかと思う。

Photo_20191230082201

 今年も今日と明日の二日で終わる。
姉孫は今日明日と遅番の勤務、そして元旦は早番。
早朝の交通事情はどうなのだろう。
神宮参拝客の車で込み合うのだろうか、気にかかる。

 妹孫は明日までスーパーのバイトがある。
ふだんは、土日月木の朝だけだが、今月はもっと多く働いている。
明日はお正月ケーキの準備があるだそうだ。
知らなかった、お正月ケーキなどという物もあるのか。

 妹孫が、スーパーのある売り場で品出しの早朝アルバイトを始めたのは、大学入学後まもない頃だった。
始めは土日だけだったが、春夏冬の休みには総菜や肉売り場の仕事をたのまれた。
大学の単位は3年で全て取得したとかで、今年度は学校に行かない日が多く、バイト勤務が増えて行った。

 バイトの収入としては多くはないようだが、家の近くのスーパーだったから4年間続けられたのだと思う。
来年2月いっぱいは働かせてもらうと言っている。
バイトの収入で、月々のお小遣い、スマホの使用料金、学校までの定期乗車券代、衣服費、歯医者などの医療費を賄うので、家計は助かった。
卒業まであと3か月、台所のテーブルの下を、頭もぶつけずよちよち歩きしていた子が、もうすぐ22歳になる。

 何をするにもスローになり、休憩ばかりしなければならないじいさんと私。
「腰が痛いなあ」「だるいよ」が口癖になってしまったけど、もうひと踏ん張りして新年を迎えたい。

* * * * * 

ブログランキングでお世話になりましてありがとうございます。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ
にほんブログ村

 

2019年12月29日 (日)

今年最後の?買い物

 買い物は今日で終わりにしたいけど、どうなるかわからない。
あ、あれ忘れた、と言うことになるかも知れないから。

 出来る限り手作りのお正月料理なんて、もう遠い昔の思い出になってしまった。
ほんの少しだけお正月気分を味わえる物を、ちょこちょこっと揃えるだけにして何年か経つ。
ただ、根菜の煮物は多めにしっかり作って置きたいと思う。
Photo_20191229091801
 今日の買い物は姉孫と行く。
彼女がブレーキの役目をしてくれるので、余分なものは買わなくて済むだろう。
ありがたいようで、窮屈なようで・・・(-"-)

 よく考えて、メモをして行くことにしよう。
そして、せっかく書いたメモを、家に置き忘れて行かないように気を付けよう。

    * * * 

 今日からコメント欄をお休みさせていただきます。
一年間、たくさんのコメントをありがとうございました。
いただいているコメントのお返事は、年内にはさせて頂きますのでお待ち下さいね。

* * * * * 

ブログランキングでお世話になりましてありがとうございます。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ
にほんブログ村

 

2019年12月28日 (土)

ああ、なさけなや!

 妹孫のかりんがスーパーへアルバイトに行っている間に、姉孫と二人で居間の大掃除をした。
ふだんは、かりんに占領されていて、思うように掃除ができない。
炬燵布団も上げ、かりん所有の諸々の物をどけて、埃を掃除機で吸い取る。
何だこの汚さは、と、だんだん腹が立ってきた。

 腹立ちのもとは、部屋の汚さだけではない。
姉孫の働き方が・・・
「何突っ立ってんのよ~」と、自然に大声が出る。
「祖母ちゃんの考えてることがわからんもん」と、ぬかすので、
「自分も考えたらええやろ、何処が汚いか、何をどうしたらええか、頭使うんだよ」とまた怒鳴ってしまう。

 もっと腰を低くしたらいいんだ。
突っ立てるだけでは監督みたいではないか。
「腰を曲げるんだよ、そしたら、やる気が見える、ただ立っているだけではダメだよ」
「そんなんで、よう仕事ができるなあ、給料払う人が可哀そうだ、ボーナスまで払ってさ」
「あんたの母さんは、もっと働いたよ」
と、次から次と毒を吐き出す。

「二人とも親に似なかったね」と姉孫。
「その通りやけど、あんたらを育てた私とじいさんが駄目やったんや」

 ああ、なさけなや!
朝から怒鳴り散らして。
この荒れた心を何とかしなくては。
急に音楽が聴きたくなった。

Pc280264-640x480

「ちりとてちん」のサウンドトラックのCDを取り出す。
聴きながら、心が洗われるような、かえって悲しみに包まれるような気持でこの記事を書いた。

* * * * * 

ブログランキング応援ありがとうございます。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ
にほんブログ村

 

2019年12月27日 (金)

え!まだ話し中?

 書いて保存した記事が残っていない。
何故なんだ?
思い当たるのは、タイトルを入力してなかったこと。
そうか、今までも何回か消えてしまったが、そのせいなのだろうか?

 気を取り直して改めて書く。
友人から電話があった。
何時も留守電にしてあるので、伝言を聞く。
「別に用はないけど」とのことだったが、かけてみると話し中だ。
わが家が留守だったので、別の友だちにかけているのだろう。

 20分してまたかけてみたら、まだ話し中。
今日は長いなあ、としばらく時間を置くことにした。

 風が強いので、玄関の傘立てが倒れていた。
近くにあったこぶし2個大の石を傘立ての底に入れる。
 裏に回って外流しで花瓶を洗った。
お正月用に裏庭の千両を挿したい。
小鳥が食べる分は残すようにと、じいさんに言われている。

Pb290266-640x480 

 友人の留守電から1時間近くたって、また電話した。
え!まだ話し中?
家族も呆れて笑う。(笑いなさんな)

 と、その時着信あり。
長電話の疲れも見せぬ友人の元気な声に圧倒される思いがした。
話は、認知症の初期と診断された、共通の友人のことについてだった。
今まで通り、明るく接して行こうな、となるべく前向きな話題にした。
そして「年末やから、身体に気ィ付けてな」と電話を終りに持って行った。

長電話の友人のお陰で、電話の切り方のコツを身に付けてしまった。(^-^;

* * * * * 

ブログランキング応援ありがとうございます。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ
にほんブログ村

2019年12月26日 (木)

いつのまにやらこんな事に

自分の力が無いせいなのに
もっと良い字が書ける筆ペンがないかと
次々に買いあさった結果がこれ

P1180485-640x480 

これは 書きにくい
これは いかん
これは 自分に向かん
これは もうちょっと
これは 細すぎ
これは 太すぎる
と言うあんばい

何やっとるんや!
何本買うたら気がすむんや!
文句言わんと練習せい!

そんなこんなで
今年も年賀状を書いて
昨日ぎりぎり間に合いました

手書きは添え書きだけですが、結局、筆ペンを使わずボールペンで書いたんです (;´д`)トホホ)

* * * * *

にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ
にほんブログ村

 

2019年12月25日 (水)

昨夜は教会のキャンドルサービスに

 昨夜は教会のキャンドルサービスに出席しました。
下の孫娘といっしょでした。
孫はスーパーで学生アルバイトをしていますが、22日からクリスマスケーキの販売係をしています。
昨夕は5時に帰らせてもらって、急いで夕食をすませて出かけました。
6時過ぎの電車に乗るため、おじいさんに駅まで送ってもらい、帰りはタクシーでした。

 下の孫は3歳の時から、毎年欠かさずキャンドルサービスに出席していて、今回は19回目です。
4年前までは、姉孫もいっしょでしたが、今は仕事の都合で行かれません。
イヴの燭火礼拝出席は、おそらく今年が最後になるだろうと、私は思いながら行きました。

 下の孫は来春には大学を卒業です。
去る5月に内定した、ある会社に入ります。
最初は家から通って、しばらくしたら会社の近くに住みたいと言っています。
たぶん来年の今頃は、もうこの家にはいないことでしょう。
私も年をとりましたので、通いなれた教会であっても、夜に一人で出かける自信がありません。

Photo_20191225105301

 母を亡くした姉孫が不憫で、いっしょに出席し始めたのが1998年のクリスマスイヴでした。
3年後には、妹孫も連れて行くようになり、12月24日の夜は孫と教会のキャンドルサービスに、が決まりでした。
今は、今年が最後になるのかと寂しく思うとともに、21年間欠かさず出席出来た幸いに感謝しています。

  幼かった孫たちの目に、キャンドルサービスの蝋燭の灯りはどのように映ったでしょうか。
灯りは、孫たちの心の蝋燭にも点火されたでしょうか。
どうかそうであってほしい、そして灯りよいつまでも、と私は祈り続けます。

大人になった孫姉妹のこれからの歩みに、大いなる方の導きがありますように・・・

* * * * *

にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ
にほんブログ村

2019年12月23日 (月)

”脱兎の如く”とはこういうこと?

 昨日は、教会のクリスマス聖餐礼拝に出席することが出来て幸いでした。
毎年、礼拝後に出席した全員の写真撮影があるのですが、それには参加せず急ぎ教会を後にしました。
やっぱり家のことが気がかりでした。

 姉孫は出勤、スーパーで早朝アルバイトをしている妹孫は、昨日は一日中クリスマスケーキの販売係でした。
お昼の休憩に家に帰って昼食をすると言っていたのでした。
冷蔵庫の中の物をメモして置いてきたけれど、出来れば孫より早く家に帰りたいと思いました。

 教会を出てすぐに、じいさんに電話して、JRの駅に迎えを頼みます。
時間は充分ありますが、気は急きます。
駅のホームのベンチでほっとしていたら、教会員のSさんの顔が見えました。
「あなたも?」
「そうなんです」
Sさんは、私より2年お年が上ですけど、話がよく合います。

 じいさんの車で帰宅して、孫の分も食卓に並べて待ちましたが、孫がお昼を食べに帰ったのは2時過ぎでした。
こういうあわただしい日になるとわかっていたので、朝からおかずも作り置きしてありました。
レンコン、ごぼう、こんにゃくのピリ辛炒め煮も作りました。
レンコンがすごいのです。

Pc220261-640x480


Pc220262-640x480

 先の見通しがよいようですが、見え過ぎですね。
見え過ぎて、かえって不安が増すのではないでしょうか。(笑)
でも、味は大丈夫でした。
朝早くから台所でバタバタして教会に行き、帰りは急いで帰る、何十年かこうして生きてきました。
それでも、今年も何とか元気にクリスマス礼拝出席がかなって、感謝しています。

あ、”脱兎の如く”走ったりはできない婆さんです。(^-^;

 * * * * *

にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ
にほんブログ村

2019年12月21日 (土)

終活年賀状を作りました

 迷いに迷った挙句「本年をもちまして年頭のご挨拶状を・・・」という年賀状を、何枚かパソコンで印刷しました。
無理に終わりにしなくていい、自然消滅で行けばと、ずっと思って来ましたが、私が世を去った後の若い者たちのことを考えて作りました。

 年賀状の全部を、終活年賀状にしたわけではありません。
来年の暮れになっても元気なら、また一部を終活年賀状にして、次第に身軽になって行けばいいと思います。

Pc210260-640x480

 失礼のないように、気を付けて文章を考えました。
終わり方というのは難しいものだと思います。
書きあげて、ほっとしたような、さびしいような気がしています。
今までに、最終年賀状を何枚か受け取ってきましたが、差し出す人の気持ちがわかるような気がしました。
あいさつ文の余白に、手書きでひとこと添えますが、感謝の気持ちを込めて、明るい言葉にしたいと思います。

(明日のブログは、家事都合により、休ませて頂きます)

* * * * * 

にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ
にほんブログ村

2019年12月20日 (金)

どんくさくなって

 今日はハガキでお礼状を2通書くのに、ずいぶん時間を費やしてしまった。
1通は失敗してハガキを無駄にした。
簡単な礼状もすらすらと書けなくなったかと、なさけなく思った。

 昨夜は、布巾でどんぶりを拭いている時、手が滑って床に落としてしまった。
勿論どんぶりは割れた。
3日前にも、同じように布巾で拭いていた小鉢を落として割った。
指の指紋がほとんど消えて、つるつるになっている。
そのため滑って落としてしまうのだが、手の力もなくなり、どんくさくもなったのだと思う。

Yjimage_20191220164201
(画像はお借りした物です) 

 今まで、あまり食器を割ることはなかったのに、と、気が滅入った。

「ばあちゃん、気にしなくていいよ」
「もう死んでしまった人もいるんだし」
「老人ホームに入った人もいるじゃん」

 と、孫娘に慰められても、気持ちは晴れなかった。

 でも、元気出さないとねえ。
今から夕食の後かたつけしてきま~す。

* * * * * 

ブログランキング、ゆっくり参加しています。
お世話になりましてありがとうございます。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ
にほんブログ村

 

2019年12月19日 (木)

一級品を食べてみたいけど

 曇り日ですが、底冷えがするわけでもなく、暖房もしていません。
姉孫が仕事休みなので、二人でスーパーに行ってきました。
サービスポイント5倍の日でしたが、あまり賑わってはいませんでした。

 お店にあればいつも買ってしまうミニのあんドーナツを、また買って来ました。

Pc160286-640x480 

↑写真は 先日買った分です。
このあんドーナツ、実は二級品です。

「何で二級なのかな?」と、みんなで話しています。
 ★ 衣?にシワがある。
 ★ ところどころ中のあんが透けて見えたりしてる。
 ★ 形が崩れているのもある。
 ★ ? ? ?
と、いうような理由で「二級」の烙印を押されているみたいです。

 味はふつうに美味しいドーナツなんです。
だから、見かけると必ず買うわけですけどね。

 ところで、このドーナツの一級品を見たことがありません。
私の行くスーパーでは、二級品だけ仕入れることにしているのでしょうね。
一級品は、どういうお店で販売しているのでしょう。
一度、一級品を食べてみたいと思ったりもするのですが、それを食べてしまうと、もう二級品は食べる気がしなくなるでしょうか?
いろいろ考えさせてくれる、美味しい ”あんドーナツ二級品”です。

何か、ヒマそうな、とぼけた記事ですみません。<(_ _)>

* * * * *

ブログランキング、ゆっくり参加しています。
お世話になりましてありがとうございます。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ
にほんブログ村

 

2019年12月18日 (水)

もうケツパンにはなりません

 ウエストの寸法が大き過ぎてずり落ちてくる、姉さん孫のデニムズボンを直した。
ありあわせの綿テープを、ウエストベルトの裏側に縫い付けて幅広ゴムを通し、ゴムの端を仮止めして姉さん孫にはかせてみたら、まだゆるい。
姉さんは、何という細いウエストなんだ!

Pc180293

 そう言えば、高校入学前に制服の注文をした時、寸法を測ってくれた業者の人が、
「細いなあ!」と感嘆の声を上げていたっけ。
姉さん孫のウエストサイズは、あの頃とあまり変わっていないのか。

 孫たちの服選びを孫たち自身に任せるようになってから、何年になるだろう。
ゆる過ぎるウエストのズボンをはき続けていたことも、私は知らずにいた。
姉さん孫は、この婆さんに「これ直してくれる?」とは言いにくかったのだろう。

 小学校入学前に母親を亡くした姉さん孫は、すぐその日から爺婆の世話にならなければならなかった。
下には、生まれて間もない妹がいたし、自分は爺婆に甘えることも出来なかったに違いない。
姉さん孫は、いじけた大人にはならなかったし、時にはじいさんや私にくってかかる強さもあるけれど、根っこの所では遠慮があるのがわかる。
「継母に育てられた子供のような所がある」とじいさんも言う。
(姉さんごめんな)と、私も自分の至らなさを心の中で詫びている。

Pc180294

 何はともあれ、ケツパンみたいだった姉さん孫のズボンのウエスト寸法を、かなり縮めることができてよかった。
姉さん孫には、この他にも、私に直せる服やズボンがいくつかありそうな気もするけれど。

* * * * * 

ブログランキング、ゆっくり参加しています。
お世話になりましてありがとうございます。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ
にほんブログ村

 

 

2019年12月17日 (火)

空模様が気になって

 12時半、老人会の集まりに行っていたじいさんが帰宅。
「今日の出席は14人だった」
「だんだん減ってきたねえ」
欠席した私が言うのは変だけれど・・・

 今日は誕生会をメインにした集まりだったので、12月生まれのじいさんが出席、私は行かなかった。
最近は、夫婦で出席する人がいなくなったし、めったに外出しないじいさんが出かけるこの日、たとえ僅かでも、じいさんのいない時間を家でのびのび過ごしたかった。

 じいさんがやりかけた洗濯の後を引き継ぎ、洗濯機を更に2回まわし、お天気が怪しかったので軒下に干した。
少し時間がたってから、空が明るくなってきたので外に出したけど、雨が降り出すのではないかと、気が休まらなかった。

 じいさんは、誕生日を祝ってもらう者たちに贈られるバラの花を持ち帰った。

Pc170290-640x483

「2月ごろまでもつんだって?」
と、誇らしそうに言う。
寒さと、花瓶の水に入れるゼリー状の薬品の効果で、去年の誕生会のバラも今年の2月まで咲いていたのは確かだ。
私は9月だったから、薬品を入れても4日くらいで駄目になったけど。
あらら、こんなことで張り合うのは愚かですよねえ。

 今日の私は、いったい何を書きたかったのだったか?
あ、そうそう、お天気がはっきりせず、洗濯物が雨に合わないかと心配で、絶えず空ばかり気にしていたため、じいさんのいない時間をのびのびと過ごせなかったことを書きたかったのだ。

滅多にない一人の自由時間を楽しみにしてたのに、ホントに残念でなりませ~ん。(涙)

* * * * *
 
ブログランキング、ゆっくり参加しています。
お世話になりましてありがとうございます。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ
にほんブログ村

 

 

2019年12月16日 (月)

姉さんにケツパンは似合わない(~_~;)

 この間、二人で買い物に行った時の姉孫の後ろ姿を見て驚いた。
デニムのズボンが下がりすぎて、何とまあ、ケツパンみたいではないか!
姉さんにケツパンは似合わない。
ウエストが細い姉さんだから、ズルズル下がって来たんだ (;´д`)トホホ

婆ちゃんが直したる!と、預かった。

Pc140283-640x480 

とは言うものの、こういうズボンのウエストを直すのは嫌だなあ。
なるべく手をかけないで、ウエスト寸法を縮めたいけど、どうしよう。

 ◎ 布に鋏を入れたくない。
 ◎ 縫い目をほどくのも嫌だ。

いったいどおするつもりなん?
これしかないやろ?

Pc160288-640x480 

↑↑↑ こうやって、ベルトの内側にテープを縫い付けて、そこにゴムを入れて縮めたら どお?
いいかも、ハサミを入れず、縫い目もほどかずに直せるかも。

やってみなはれ、ひと頑張りするのだよ 婆さん!

* * * * *
 
ブログランキング、ゆっくり参加しています。
お世話になりましてありがとうございます。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ
にほんブログ村

 

 

2019年12月15日 (日)

同じ靴が2足&コメントのお返事を書きます

 今あるのと全く同じ靴を買いました。

Pc060262-640x480 

 合成皮革の カジュアルシューズです。
今はいている靴が、柔らかで軽くて、足も痛くならず、とても気に入っています。
見た目はどうか知らないけど、歩きやすいのが一番だと思って同じ靴を買いました。
色違いがいいかな?とも考えましたが、やっぱり同じ黒にしました。

 実母が80歳代後半の頃、私の知人の店の靴を買う手伝いをしたことが思い出されます。
母は1足で良かったのですが、2足で1万ウン千円の靴だったのでした。
本当の値段を言うと「そんな値段の高い靴なん?」と母は驚くに違いないので、ウン千円は私が負担しました。

 靴を2足買った母は、息子(私の実弟)から、「あんた、今から2足も靴を履きつぶせる?」と笑われたそうです。
母は99歳まで生きましたが、物を大事にする人でしたから、1足は新品のままだったのではないかと思います。
もう1足の方も、それほど傷むことはなかったでしょう。

 もしも残っていたら欲しかったけど、弟にそんなこと聞くのも、いやらしいと思ったし、
「お母さん、あの靴どうなりましたか?」と、あの世の人に問うわけにも行きませんしねえ。
思えば懐かしく、今もちょっぴり気になるモカ茶の柔らかい本革の靴でした。

     * * * * * 

 今日は、アドベントキャンドルが3本点る、教会の待降節第3週の聖日礼拝に行ってきました。
来週はいよいよクリスマス聖餐礼拝です。
風邪を引かないように気を付けて、その日を楽しみにいたします。

 コメントをたくさん頂いています。
この後お返事を書いて、今日のブログ記事と共に送信したいと思います。
今日もこのブログにおいで下さいまして、ありがとうございます。

 * * * * * 

ブログランキング、ゆっくり参加しています。
お世話になりましてありがとうございます。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ
にほんブログ村

 

 

2019年12月13日 (金)

暖かな一日でした

 朝の冷え込みは厳しかったけど、日中は穏やかで暖かでした。
友だち4人で昼食をいっしょにして、和やかに過ごしました。

Pc080269-640x480

 話題は平凡な日常のことが多かったです。
トイレが近くなり、流す水がもったいないとか、
若い者はタオルをちょっと使っただけでかごにポイするとか。
ポイポイタオル現象は、どこも同じらしいです。(笑)
パーマ屋さんや、散髪屋さん並みですね。

 他にも身近な他愛ないことをおしゃべりして、気持ちがすっきりしました。

* * * * *
 
ゆっくり参加しています。

にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村

2019年12月12日 (木)

もう頑張らなくていいよ

 夕方になって、じいさんが言いました。
「ハイビスカスは、もう止めようよ、裏に持ってくるよ」
人目に触れない裏庭に、と言うことです。

Pc110275-640x480

「そうね、寒くて可哀そうだしね」
「名残惜しいけど・・・」
名残惜しい?
じいさんらしくないことを言いますね。

 今頃、夏の花が咲いているのは、何か寂しいです。
去年までは、ポチポチのポリ袋をかぶせて冬越しをさせたけど、
もうそれもやめにしたいと思います。
自然のままにします。

Pc080266-640x480

これからは、寒さに強いこの人たちに頑張ってもらいましょう。
花は頑張って咲くのかどうかわからないけど・・・(笑)

* * * * *
 
ゆっくり参加しています。

にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村

2019年12月11日 (水)

今日のあれこれ

 昨日から咲いているハイビスカス。
開花するとすぐに、花びらが外側にくるりと反り返ってしまう。

Pc110274-640x480 

 寒さ対策に身体を小さくするのかな?と思う。
夜には、霜の当たらない出窓の下に避難させる。

   * * * 

 いつも行くスーパーは97円セールだ。
キャベツ1個も97円だから、じいさんに内緒で自転車で出かけた。
見つかると「車で連れて行くよ」と言うに決まっている。
そうなると、じいさんの予定が崩れる。(洗濯、木の剪定)

 97円キャベツが手に入ったので、冷蔵庫に入れてあったキャベツ1個をスープ煮にする。
例によって、鍋布団を活用。

Pc110281-640x480 

 家の台所は狭いから、鍋布団を使う時は廊下で保温する。
いいあんばいに柔らかく煮えた。

  * * * 

 一昨日から、じいさんが裏庭の甘夏の木の剪定をしている。
今日はその仕上げだった。

Pc110277-640x480 

 梯子から木の枝に乗り移ったじいさん。
もうすぐ88歳老人の木登りだ。
無事に終わって・・・と見上げる。

 甘夏は既に実が大きくなっていたが、30個以上犠牲にした。
木が茂り過ぎ、落ち葉で雨どいが詰まるし、ハトが巣を作りに来て困っていた。
本当は木の高さも半分くらいにしてもらいたかったけど、そこまでは言えなかった。

* * * * * 

ブログランキングでお世話になりましてありがとうございます。

にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村 

 

2019年12月10日 (火)

落書き帳から

 仲間どうしのおしゃべり会で、長々としゃべり続けるのが一人。
「みんなの時間なんやから独り占めしなさんな、空気を読みなはれ」
と、言いたいのをじっと我慢するあほらしさ。

  * * * 

 いつも、あそこが痛い、ここが痺れる、などと泣き言ばかり言っている人が、
「私は内臓はどこも悪くないの」
と、胸を張るのを見て、殺意に近い思いを抱いてしまった。(>_<)


Photo_20191210101201 

 長電話がやっと終わった時の、どよ~んとした気分は、
二日酔いに似ているなと、最近は思う。

  * * * 

 田辺聖子の名言集に、こんなのがあった。

「ウソはつきっぱなしではいけないので、
あとの面倒をみないといけない。
アフターサービスというヤツが要る。」

 世の中、これからどんなサービスが始まるのかな?
しっかり見届けよう。(?_?)

  * * *

 自分が面白いと思うことを、
他人も面白がるとは限らない。
大いなる勘違いかも知れないのだ。

 別にいいけどさ、
自分が面白ければ。

* * * * *  

ブログランキングでお世話になりましてありがとうございます。

にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村 

 

2019年12月 9日 (月)

よろしく頼むわ~鍋布団で光熱費節約です

 昨日下煮しておいた大根を調味液でひと煮立ちさせ、鍋布団をかぶせました。
これで、おいしくなるはずです。
お昼には味見程度に食べて、後は今夜のおかずに加えます。

Pc090273-640x480 

 昨日は、身体は休まったけど、内心はハラハラどきどきでした。
老人ホームの 友人に送った宅急便の行方を、パソコンやタブレットで追跡していたからです。

 荷物が友人の住む県についたのが朝の4時過ぎ、
作業ベースを通過して、担当のお店が配達に向かったのが10時半、
友人の元に届いたのは、午後3時半でした。

 友人には途中経過をメールで知らせていたけれど、待ちくたびれたのではないかしらん。
配達希望時間を記入すれば良かったのですが、成り行きに任せた私が馬鹿でした。
でも、無事に届いて、夜には長い電話で近況も教えてくれました。
めでたし、めでたし、と言うことに致しましょう。

 今日は曇り日かなと思っていたけど、薄日が差して来ました。
年末が近づいて、広告チラシが賑やかさを増しています。
この記事は、じいさんと買い物に行く前に急いで書きました。
コメントのお返事が後になりますが、ご容赦をお願いいたします。

* * * * * 

ブログランキングでお世話になりましてありがとうございます。

にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村 

 

2019年12月 8日 (日)

ゆっくり過ごす日曜日

 ニット帽にマスク、厚着をし、おまけに腰に使い捨てカイロを貼って過ごしている。
残念だけれど、教会は欠席した。
クリスマスに教会に行かれなくなったら、もっと残念だから。

Pc080265-640x480

 日には当たった方が良いので、庭に出てみた。
カンカンカンと、鐘の音が聞こえる。
何の鐘?
近くの公園の遊具の金属製の柱を、子どもがたたいているのではないか。

 次に聞こえてきたのは、ダダダ、ダダダ、ダダダンダダダ、という何かを打つ音。
たぶん滑り台を打つ音だ。
滑り台の上と下に、一人ずついて、二人で叩いているようだ。
和太鼓を習っているのだろうか、リズムが乱れない。

 しばらくしたら音が止み、バチを持った兄弟らしい子ども二人が、車に乗り込んで去って行った。
運転手は父親か母親なのか、大人の姿は見えなかった。
ずっと車の中にいたのだろうか。
スマホしてたら退屈しないもんね。 

 カンカンカンの鐘の音を聞いた時、本当はドキッとした。
むかし、お葬式を出す家は、当日の早朝に鐘を鳴らしたことを思い出したのだ。
鐘を叩く人は前日に決められた。
「明日は誰々さんが、鐘を叩いてくれるのだ」と、大人たちが話していたのを憶えている。

 むかしのようなお葬式はもう時代遅れ。
お葬式を出す日の朝の鐘も鳴らない。

 今日の昼間は気温も上がるらしい。
ゆっくりと、体を休める日曜日が始まった。

* * * * * *

ブログランキングでお世話になりましてありがとうございます。

にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村 

 

2019年12月 7日 (土)

昨日のこと、今日のこと★昨日の記事のコメントをお読み下さいね

 腰痛でご心配をかけ、親切なコメントも頂きまして、まことにありがとうございます。
世間には、腰痛の方も少なくないと思いますので、コメントをお読み下さって参考にして頂きたく思います。

          * * * 

 身体を動かすことで腰痛を改善できるかと、昨日はじいさんの車に頼らず自分の足で買い物などをすませた。
どうしても買いたかったのは、老人ホームの友人へのプレゼントだった。
小さな箱に、こまごまと詰めて、先ほど宅急便の会社に集荷を頼んだ。

 送る荷物の中のチョコレート、少し迷ったけれど、やっぱりあるメーカーのにした。
22年近く前、私が友人から送られたのと同じチョコだというのがその理由。

Pc070264-640x480

 1998年の早春、息子の嫁を亡くし、遺された二人の幼い孫を手元で育てることになった私に、「疲れた時に食べてね」と、友人が送ってくれた個包装の3種の小さなチョコを、涙が出そうになりながら味わった。
友人は(送ってくれたことを)忘れたかも知れないけれど、私はあのチョコからもらったパワーを生涯忘れない。

 時が過ぎ、チョコの袋のデザインもすっかり変わり、中身にも変化はあるかもしれない。
それでも私は、その3種のチョコの袋入りを送りたい。
お返しと言うわけではないけれど、同じメーカーのチョコのパワーを友人に届ける。

 老人ホームで穏やかに暮らし、三度の食事に不自由はないけれど、「おやつ」が乏しくて寂しがっている友のもとに、明日は荷物が届く。
昨日は買い物、今日は発送、それが果たせたら、私は満足。

 お陰様で、今朝はすんなり起きられて、家族の分も布団をたたみ、押し入れの上段に積み上げることが出来ました。
心配をして下さった方々に、心から感謝して報告させて頂きます。
まだ全快ではないので、気を付けて過ごしたいと思っています。

* * * * *

ブログランキングでお世話になりましてありがとうございます。

にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村 

 

2019年12月 6日 (金)

原因は運動不足?

 目がさめた途端に「これはいかん」と思った。
腰が重く鈍い痛みがある。
朝の祈りは「憐れんで下さい。泣き言の祈りでお許し下さい」になった。

 それでも何とか起き上がって台所に行き、エアコンをONにする。
狭い台所なので、あちこちにつかまる物があるので助かる。
沸かしたやかんのお湯を、じいさんがポットに入れてくれた。
こういう作業すら、腰に来るんですよねえ。(>_<)

 お味噌汁が煮えた頃、姉孫が母屋からやってきた。
「言ってくれれば、私がしたのに」
「そうやったな、ラインでSOSを発信すればよかったんや(笑)」

 朝食を食べたら、元気が出てきた。
腰も軽くなって、つかまらなくても歩ける。
今日は何で腰痛なんだろう。
腰を痛めるようなことはしなかった。
昨日は姉孫が公休で、家事をほとんどしてくれた。

 冷えと、運動不足かな?
今日は無理はしないけど、ある程度は身体を動かすことにしよう。
歩いて、用足しにも出かけよう。

 先刻貼った湿布薬が効いてきた。
湿布薬は下の孫からのプレゼント。

Pc060260-640x480-2

 すうすうしていい気持ちだけど、こういう時は冷感で良いのだろうか?
温湿布の方が良いのかな?
良く調べてみなくては。

 起き抜けには、今日はもうだめかと思ったけど、何とか普通の一日が過ごせそう。

* * * * * 

ブログランキングでお世話になりましてありがとうございます。

にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村

 

2019年12月 5日 (木)

名言拝借「椅子取り遊び」

田辺聖子 「上機嫌な言葉 366日」からの引用です。

 「私はある小説の中で、夫と妻の、どちらかの不機嫌のことを椅子取り遊びにたとえたことがある。不機嫌というのは、男と女が共に棲む場合、一つしかない椅子だと思う。どちらかがそこへ座ったら、片方は座れない。」

Photo_20191205090501
  昨夜、家のじいさんが、その「不機嫌の椅子」に座ろうとした。
「上がったよう~誰か入って」と風呂から上がった時の、姉孫と私の返事が良く聞こえなかったようで、
「上がったよ~」を何度も繰り返した挙句に「返事くらいしろよ」と怒り出した。
「くどいなあ、ちゃんと返事したよ~」と私たち。
それでも、じいさんはブツブツ言い続ける。

 ついに婆さんが毒矢を放つ。
「幸せなヒトやなあ、家の内にも外にも、腹が立つことや心配事がいっぱいあるのに、返事の仕方なんかに文句つけてサ」
途端にじいさん、しょぼ~んとなって寝床に行っちゃった。

 「不機嫌の椅子」は一つかも知れないけど、私は椅子に座れなくても平気やわ。
こっちから、毒矢も放つし、鉄砲もバンバン撃つからサ。

* * * * * 

ランキング応援ありがとうございます

にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ
にほんブログ村

2019年12月 4日 (水)

こんな”ご褒美”もある

 自分のつれあいを「半ボケの金の亡者」と言っていた。
ガキ大将にいじめられているノラ猫のよう、と自分のことを嘆いていた。
その人からのメールは、消えて行かないように保存してあるから、今でも読み返すことができる。

 半ボケになる前から、変わった旦那だった。
定年退職して家にいるようになってからは、気兼ねで電話もあまりできなかった。
手紙も、葉書はだめで、封筒に入れて旦那の目に触れないようにした。

 「殺されるかと思うくらいにこき使われている」というメールも残っている。
(老人夫婦だけの暮らしなのに)朝は5時前に起きて家事を始める。
風呂上がりの旦那の身体を拭かされている。
足元に落ちたものを顎で指して拾わせられる。
やがて「私は膝が曲がりません」と言うメールが来るようになり、年賀状の文字が信じられないくらいに乱れて行った。

 リュウマチがひどくなって歩行も困難になったその人は、有料老人ホームで暮らしている。
とうとう車いすの生活になってしまった。
半ボケの旦那はこの秋の初め、病院で亡くなった。

Pb110269-640x480

 「ガキ大将」にいじめられていた「ノラ猫」にやっと穏やかな暮らしが与えられた。
「老人ホームに入りたい、とにかく家事から解放されたい」という願いはかなえられた。
老人ホームのスタッフからは、言われているそうだ。
「長い間苦労したから、ご褒美をもらったのよ」

(悲しいご褒美ね)と私は言いたいのを堪える。
もっと早く、何とかならなかったのか?とも思う。
でも、仕方がなかったのかな?
その人の穏やかな日々を、素直に喜んで上げるべきなのだ、と言うところに落ち着く。

* * * * * 

お読み頂きありがとうございます。
ランキングにゆっくりと参加しています。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ
にほんブログ村

 

2019年12月 3日 (火)

それを言うたらお終いや

 寒くなって来ました。

Pc030267-640x480

 赤と白のベゴニアの花をカットして、二つの鉢を夏ミカンの木の下に置きました。
もう少し経ったら、寒さ避けにポリ袋をかぶせることにします。
花を切ろうとした時「そんなに切らなくていいよ」と、じいさんは言ったけど、
「去年もこうやって冬越しさせたんよ」と、鋏を入れました。

      * * * 

 じいさんの裏フリースのズボン、ウエストのゴムが伸びてしまいました。
簡単にゴムの取替ができる仕立てではありません。

Pc030271-640x480

伸びたゴムはそのままにして置き、新しくゴムを入れますが、
ベルト布に切り込みを入れ、無理やり通します。

Pc030268-640x480 

 やっと引っ張り出しました。
縫い付けはミシンがいいでしょうね。
「ああ、めんどくさ!」
いかんいかん、それを言うたらお終いや。

 でも、もう夕方です。
ミシンかけは、あ・し・た ・・・ね。

* * * * * 

ゆっくり参加しています。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ
にほんブログ村

2019年12月 2日 (月)

食べるものがない、と言う友だちに・・・

 「食べるもの」とは、三度の食事ではなく「おやつ」のこと。
「水ようかんが二つ、あられが少し、冷蔵庫に入っているだけ」と、友だちは言った。
「あられは、一日に3粒だけ食べるように我慢してる」そうだ。

 有料老人ホームにいるその友だちに、お手玉、タオル、ソックス、ちょっとおしゃれなチュニックブラウス、読み終えた私の本などを送ったのは夏の初め頃だったと思う。
寒くなったらまた何か、と思ってはいた。

 電話があったので、「クリスマスプレゼントに」と、ほしいものを尋ねた。
故郷の田舎あられのことを話すと「ああ、あれ、あれ」と飛びついてきた。

Photo_20191202083601

 これで一つ決まり。
他にほしいものを聞き出し、「チョコレートは何が良い?」とたずねたら、「何でも良いの」と、乏しい冷蔵庫の中身を知ることになった。

 友だちは、経済的に恵まれている。
やさしい息子もいて、お嫁さんも親切そう。
二人で3週間に一度は面会に来るという。
たまには外で一緒に食事もする。

 友だちの預金通帳は彼らに預かってもらっている。
しかし「(あの中から)おやつを買って来てほしい」とは遠慮で言えないのだ。
そんなものなのかも知れないとは、思うけれど・・・

 なつかしい故郷のあられも、息子のパソコンやスマホのネットで買うことができるが、それは友だちには考えもつかないこと。
孫の守りに忙しい姪御さんや、婆さんになった幼馴染の私に頼ることになるのだろう。

 「あんたの着古しでいいから、カーデガンがほしい」とも言われて驚いた。
そんなことを言う人ではなかったが、よほど困っているのだろう。
それならここでひと肌脱ごうではないか。(かっこつけるなよ、婆さん!)
カーデガンはウールではなく、老人ホームの洗濯機で洗って貰える化繊でないとだめ。
取り敢えず、私が最近まで着ていたポリエステルのカーデを送ることにした。

 友だちは生活に困らない充分な蓄えを持っている。
「お金の使い道がない」と言っているから、孫守りに追われる姪御さんや私とは格が違う。
それでも、友だちを(姪御さんは叔母を)放っておくわけには行かない。

クリスマスにはまだ少し日があるが、私の500円玉貯金の出番が近い。(^-^;

* * * * * 

応援して頂きありがとうございます。

にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村

2019年12月 1日 (日)

手紙 (誰に宛てたというわけでもないけれど)

  お元気にお過ごしでしょうか。
私は29、30日の二日間、家事もほとんどせず(孫に任せて)ぐうたらしていました。

 今日は日曜日ですが、姉孫は仕事、下の孫はある資格試験を受けに名古屋へ出かけました。
今朝の冷えは相当なものでしたが、いちばんに起きて御飯支度をしました。
いつまでも、孫たちに甘えていられないぞと、奮起したわけです。

 第一聖日の礼拝に出席するために、乗りなれたJRで教会に行ってきました。
今日から待降節に入った教会の礼拝堂には、アドベントキャンドルが一本点されていました。
ああ、今年もクリスマスが来る!と身の引き締まる思いがします。
ろうそくが4本点るとクリスマスなんです。
お借りした画像です。↓

Img2_801

 心配して下さった咳も、今日はめったに出ません。
それでも、ポケットに飴を二粒入れてるんです。
飴があると安心するのか、不思議なことに咳が出ません。

 先週も、身辺の諸々の物を捨てました。
簡易アルバムも、15冊ごみに出しました。
悲しい思い出がつまった写真ばかりで、もう見直しもせず捨てました。

 姉孫は遅番勤務で、7時半を過ぎないと帰りません。
下の孫は、もっと遅くなります。
だから、夕食はじいさんと私と、母屋の息子の3人分です。

 静かです。
朝が冷え込みましたが、今は暖かです。

 お昼ご飯のあと、すぐにパソコンの前に来たので、流しの洗い物がまだです。
今から洗ってきます。
夜のことも考えます。

 お元気にしてて下さい。
風邪引かないで下さいね。
ではまた・・・

* * * * *

ゆっくり参加しています

にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村

« 2019年11月 | トップページ | 2020年1月 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

レジ袋ふうエコバッグ

新聞紙バッグ作り方