« ”脱兎の如く”とはこういうこと? | トップページ | いつのまにやらこんな事に »

2019年12月25日 (水)

昨夜は教会のキャンドルサービスに

 昨夜は教会のキャンドルサービスに出席しました。
下の孫娘といっしょでした。
孫はスーパーで学生アルバイトをしていますが、22日からクリスマスケーキの販売係をしています。
昨夕は5時に帰らせてもらって、急いで夕食をすませて出かけました。
6時過ぎの電車に乗るため、おじいさんに駅まで送ってもらい、帰りはタクシーでした。

 下の孫は3歳の時から、毎年欠かさずキャンドルサービスに出席していて、今回は19回目です。
4年前までは、姉孫もいっしょでしたが、今は仕事の都合で行かれません。
イヴの燭火礼拝出席は、おそらく今年が最後になるだろうと、私は思いながら行きました。

 下の孫は来春には大学を卒業です。
去る5月に内定した、ある会社に入ります。
最初は家から通って、しばらくしたら会社の近くに住みたいと言っています。
たぶん来年の今頃は、もうこの家にはいないことでしょう。
私も年をとりましたので、通いなれた教会であっても、夜に一人で出かける自信がありません。

Photo_20191225105301

 母を亡くした姉孫が不憫で、いっしょに出席し始めたのが1998年のクリスマスイヴでした。
3年後には、妹孫も連れて行くようになり、12月24日の夜は孫と教会のキャンドルサービスに、が決まりでした。
今は、今年が最後になるのかと寂しく思うとともに、21年間欠かさず出席出来た幸いに感謝しています。

  幼かった孫たちの目に、キャンドルサービスの蝋燭の灯りはどのように映ったでしょうか。
灯りは、孫たちの心の蝋燭にも点火されたでしょうか。
どうかそうであってほしい、そして灯りよいつまでも、と私は祈り続けます。

大人になった孫姉妹のこれからの歩みに、大いなる方の導きがありますように・・・

* * * * *

にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ
にほんブログ村

« ”脱兎の如く”とはこういうこと? | トップページ | いつのまにやらこんな事に »

教会」カテゴリの記事

孫たち 5」カテゴリの記事

コメント

ウッシーサン今晩は、お孫さんを2人もお育て素晴らしい事ですね。
泣きたい事も有ったはずです。自分の子供でもやっと2人今はひ孫が1人出来ました。

毎年お盆正月に集まると、誰が何処の子か~?見分けるのも大変
お年玉も大変です。

今日訪問して、又涙が出ました。貴家のブログで何度泣いたでしょう。
今年もお疲れさまでした。
健康にご留意の上、良き年を迎え、更なるご投稿を期待いたします。

おはようございます。
姉妹孫さんを立派にお育てになりましたね、今更ながら感動です。
これからもご姉妹の大事な大事なご実家です、まだまだこれからですよ😉
お元気でいらっしゃることが何よりの事だと思います。

ハルリンさん、下の孫を育てることになった時、
自分の寿命を考えました。
下の孫が成人するまで生きることが出来て感謝です。
ひ孫のことまでは望んでもいません。
全ては天にお任せします。

無記名様、コメント嬉しく頂きました。
細々とでも、ブログを続けていくことが出来たらと思っています。

おてるさん、立派なことは何もできませんでした。
自分の力で育てたとは思っていません。
子どもには、育つ力、のびる力が備わっていますね。
大人にできることは知れています。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ”脱兎の如く”とはこういうこと? | トップページ | いつのまにやらこんな事に »

2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

レジ袋ふうエコバッグ

新聞紙バッグ作り方