« 2020年4月 | トップページ | 2020年6月 »

2020年5月の記事

2020年5月30日 (土)

入院騒動4 久しぶりの紙袋作り

月めくりカレンダーで、久しぶりに紙袋を作った。

P5300345-640x480 

1月から4月までの4か月分を2重に貼り合わせて、
丈夫な紙袋にした。

P5300346-640x480 

病院へ、じいさんの着替えを持って 行くために使いたい。
家にある紙袋は、大き過ぎや小さ過ぎで役に立たない。

28日は調子が少し良さそうで、向こうから電話がかかってきた。
翌日29日に病院に行くと伝えてあったので、
「来る時にカミソリと、髭剃りクリームを持ってきてくれ」
と、言われた。
私がひそかに待っていた、要求だった。
洗面台の鏡の前で歯磨きをするようになり、
髭の伸びた自分の顔を見たからだ。

その電話の後、すぐにまたかかってきて、
「爪楊枝も持ってきてほしい」と言う。
小さな進歩ではないか。

昨29日、洗濯したシャツなどや、電話で言われた物に加えて、
手帖とペンも届けた。
看護師さんからは、汚れたシャツと24日の朝刊、ラジオを受け取った。
点滴は6月1日まで続くということだった。

* * * 

今朝は7時半に電話した。
いつも朝はあまり元気がない。
「ラジオは聞こえない、テレビを見る元気もない、
手帳にメモなど書く元気もない、新聞ももう要らない」
と言っていた。

洗面台までの2メートルを、点滴の棒を杖のようにして歩き、
歯を磨き、ひげをそり、顔を洗うという。
「かわいそうに!」と言ってしまったけど、
リハビリが始まっていることを知らされ、ほんの少しだけ希望が湧いた。

* * * * * 
ゆっくりですが参加しています。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ
にほんブログ村

2020年5月28日 (木)

入院騒動3 もしもの時のことなど

25日にねーさん孫と病院に行った時のことを追記しておきたい。

担当の看護師さんに私が尋ねたこと。

1、容体が急変した時も、家族は面会できないままですか?
2、入院が決まる日に、37,6度の熱があると言ったら、そのまま黙って外に連れて行かれましたが、あれはどこに連れて行って下さったのですか?

看護師さんの答え

1、急変の時は家族の方と会っていただきます。
2、別の入り口から入ったところに「熱のある方」を問診する部屋がありまして、そこにお連れしました。

答えを聞いて。私が看護師さんに伝えたこと。

1、について、
わかりました。少しは安心しました。
2、について、
連れて行って下さる時に、ひとこと説明して下さったら、納得できました。
その時以来、主人とは会えないのです。あの時が最後になるかもしれないのです。

* * * 

病院も大変なのはわかる。
しかし、面会できないことで、患者の病気回復にも少しは影響があると思う。
家族の不安と焦りは解消しないし、疑念が広がる。

* * *

昨27日朝、看護師さんに「うがいだけでもさせて下さい」と頼んだ後のこと

宵の口、じいさんに短い電話をした。
鎮痛薬が聞いてか少し元気そう。
「うがいした?」
「歯磨きしたよ」
「してもらったの?」
「自分でした」
「偉かったねえ」と幼児に対するように褒めた。

朝から看護師さんに電話してよかったのだ。
やっぱり求めよさらば与えられん・・・なのだ。

* * * * * 

にほんブログ村 シニア日記ブログ 80歳代へ
にほんブログ村

2020年5月27日 (水)

入院騒動2

昨26日は、午後1時から美容院でカットしてもらって来た。
2月にパーマをかけてから、ずっと行っていなかったので、
サッパリとしてもらってほっとした。
今日はひとり家に・・・

じいさんの入院している病院には、
25日(月)のお昼過ぎ、ねーさん孫の車で行ってきた。
Tシャツ、ラジオ、24日の朝刊を届けたかった。
本人には会えないから馬鹿らしい感じ。
何処にもよらずに帰宅した。

電話やメールは毎日3回はしている。
生気のない声、活舌が悪い。
まだ痛みがあると言っていた。
今朝の電話で、「歯磨きしてる?」と、聞いたら
「まだそこまで行ってない」という。
あのきれい好きなじいさんが、歯磨きする気力もないほどなのか。

9時過ぎ、病院に電話したら、担当の看護師さんは公休で、
代りの人が出てくれたので、いろいろ聞いた。
「家では苔が生えるとか言って、舌の手入れまでしてました。うがいだけでもさせて下さるようお願いします。」
と頼んだ。

そして、自分でも嫌になるほど丁寧な言葉で下手に出て、

「面会が出来れば、顔や姿を見るだけで様子がわかりますが、今はそれがかないませんから全てお任せして信用しております。
少しでも自立の力を持って家に帰ってきてもらいたいので、お忙しいとは思いますが何卒よろしくお願い致します。」

と、頼んだ。

シャツの着替えはあるので、明日も病院には行かない。
29日(金)の、ねーさん孫の公休日にまた二人で行くことにしている。

考えると何故かすごく腹が立ってくる。
何に腹を立てているのかは考えない。
じいさんのいない間に、じいさんの物を整理する。
無事に帰って来たとしても、今まで以上に外出も出来ないだろう。

替えズボン数着、麻の夏用ジャケットをごみ袋に入れた。
ボランティア活動に燃えていた頃の、真っ赤なTシャツ、ジャンパーなども放り込んだ。
「何で捨てたんだ!」と、怒るくらいなら幸せだと思うけど。

* * * * *

 にほんブログ村 シニア日記ブログ 80歳代へ
にほんブログ村

 

2020年5月24日 (日)

入院騒動 1

23日土曜日、じいさんは21,22の二日続けて通院した病院に入院した。
腰の痛みは、腎盂腎炎のせいだった。

22日夕方から、発熱、痛みがひどくなり、頻尿にもなった。
かりんと二人でネットで検索しまくって、
腎盂腎炎に違いないと目星をつけて、
あくる23日、三たび病院に行ったのだった。

熱は37度6分と報告すると、
看護師さんがじいさんを車いすに乗せてどこかに連れて行こうとした。
「あのう、病状をお話ししたいのですけど」と私が言うと
窓口で書いてくださいと言われ、
私が窓口で前日夕方の状態を書いている間に、
じいさんと看護師さんの姿は消えていた。
それきりじいさんとは会っていない。
廊下の向こうの方にいる姿は見たけれど。

CT検査後の一回目のお医者の説明では、コロナだったら日赤に、
腎盂腎炎だったら当院に入院して治療できるとのこと。
あのどこにも行かないじいさんが、コロナ?の可能性もあるのか!
何か笑いたくなったけど、若い者がもらって来た可能性はゼロではない。

あと1時間待ってくれと言われて待ってたら、
窓口に呼ばれ、入院同意書などの種類を書かされることに。
「あら、こちらに入院と決まったのですか?まだ結果待ちなんですけど」
と、私は少しムッとして云った。
係の人は慌てて「後でお願いします」と書類をひっこめる。

P5200339-549x640

2回目のお医者の説明で、腎盂腎炎だと言われた。
入院ということなのだった。
高齢だから容体急変と言うこともあるとか、
認知症予防のために家族との(電話、メールなどの)触れ合いが大切と
言われた。
つづく

* * * * * 

にほんブログ村 シニア日記ブログ 80歳代へ
にほんブログ村

2020年5月22日 (金)

通院に付き添う

昨日、今日と、じいさんの通院に付き添いました。
腰を痛めたじいさんは、昨日は杖に頼っての病院行きでしたが、
今日は少し良くなったのか、杖なしでした。

じいさんは、往きのタクシーの運転手さんに、
「国道経由で行って下さい」と言いました。
「国道ですか?○○橋を渡って行く方が速いですよ」と運転手さん。
昨日の運転手さんも、国道ではなく、
○○橋を渡って、近道をくねくねと病院へ向かってくれました。

「運転手さんにお任せしましょうよ」と、私がじいさんを説得。
(この人は、まっすぐな広い道が好きなものですから)
と、心の中で言ってたら、思わず声に出して笑ってしまいました。
私の笑い声につられて、運転手さんも笑って・・・
頑固なじいさんだと思われたでしょうねえ。

実のところ国道経由だとタクシー料金がウン百円高いのです。
じいさんは、自分の運転で通院する時の道を行ってもらいたかったのでしょうけれど、
ウン百円の差は、大きいですよ。

Photo_20200522162601

病院では、まだまだ新型コロナ対策のものものしさが続いています。

* * * * * *

ゆっくり参加しています

にほんブログ村 シニア日記ブログ 80歳代へ
にほんブログ村

2020年5月20日 (水)

ねえさん孫に助けられて

ねえさん孫が公休だったので、
スーパーへの買い物も任せました。

じいさんは、腰痛がひどくて、
一日中寝ていました。
ふだん元気な人が、体調を崩すとたいへんです。

洗濯は全部私がして、
干す時、たたむ時、
ねえさん孫が手伝ってくれて・・・

夕飯支度も任せて、
申し訳ないほど有り難い一日でした。


Photo_20200520165201 

相変わらずのマスク作り、
新型コロナウイルス肺炎がすっかり収まって、
これらのマスクの出番がなくなる日が来てほしいです。

* * * * * 

ゆっくり参加しています。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ
にほんブログ村

2020年5月19日 (火)

どこにも出かけずに

裏庭の花しょうぶの第一号さんが、今朝開きました。
「咲くぞ、咲くぞ」と、じいさんが言うので近くに行って見ました。
花びらがゆっくり動いて開く瞬間に、立ち会うことが出来ました。
今日の「小さな喜び」と言っていいと思います。

P5190335-640x480


晴れたり曇ったりの静かな日です。
不安定なお天気になるという予報でしたが、
雨も降らず、洗濯物も外で大丈夫です。


P5190336-640x480 


好きになれないテレビ番組が始まると、
ミシンの前に逃げます。
いつでも 縫えるように準備してあるのは、マスク用の布。
少し縫いかけたのもあります。

今日も昨日も、どこにも出かけていません。
自粛しているわけではないですけれど・・・

近所の人の姿も見えません。
ただ、し~んと静かです。
車は時々通って行きます。

* * * * * 

ゆっくり参加しています。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ
にほんブログ村

2020年5月17日 (日)

ブログを休んでいました

パソコンから離れて、
本を読んだり、手紙を書いたり、
着る物の入れ替えをしたり、
忙しく過ごしていました。

そして、また、
マスクも作っていました。
暑くなってきたので、
見た目だけでも涼しそうなのがいいな、と。

P5170331-640x480

ずいぶん前に刺し子をした布があったので、
それで作りました。
P5170332-640x480 

表と裏の木綿布の間に
換気扇フィルターの 不織布が入れてあります。

不織布の使い捨てマスクは、
あちこちで売られています。
買い物先のスーパーでも
コンビニでも、衣料品店でも。
しかも数量制限もなく、ほしいだけ買えます。

ただ、薬局だけは未だに売っていなかったです。
空っぽのマスクコーナーに、
「手作りマスクの作り方」のプリントがぶら下がっていました。
親切心からでしょうねえ。

* * * * *
ゆっくり参加しています

にほんブログ村 シニア日記ブログ 80歳代へ
にほんブログ村

2020年5月13日 (水)

感染症と共存して暮らす

「朝顔の種を水に浸けるよ」と、じいさんが言い出した。
「あるよ」と、引き出しから出す。

P5130352-640x480

去年の朝顔は良く咲いてくれて、
「朝顔まつり」を何回も楽しんだのだ。

今年は、予想もしていなかった感染症に日常を乱されながら冬、春と過ごして、夏を迎える。
「朝顔まつり」できるといいな、流行り病は恐ろしいけれど、朝顔の花を楽しみたい。

今朝の散歩は5時45分に家を出た。
駐車場に、車がたった一台停まっていたコンビニに立ち寄ってみる。
何事もなかったかのように棚に並んでいたウエットティッシュを買った。

P5130354-471x640

これで、今ある分を安心して使うことができる。

* * * * * 

覚え書き(5月12日のこと)

1、やっと炬燵から布団をはがしてテーブルにした。
2、私の夏用スーツを、下の孫がほしいと言うのでスカート丈を直し始める。
  16cmも短くカットして、ジグザグ縫いで裁ち目をかがった。
3、下の孫は、(社内での)ひと月余りの新人研修期間が過ぎ、辞令をもらって帰宅した。
4、高校の同級生、A、B、Cの3人と電話で話した。
  みな元気だったが、とどのつまりは「コロナが怖い」だった。

* * * * * 

ブログランキングにゆっくりと参加しています

にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ
にほんブログ村

2020年5月11日 (月)

ころっと忘れていた

お昼ごろから暑くなってきたので、ブラウスを夏物に着替えました。
ごろんと畳の上に寝転がったりして、ダラダラと過ごしました。

ブログにもろくなことが書けそうになく、タブレットを開いて去年の5月のブログを読み返します。
5月5日の記事を見て、あっと声を上げそうになりました。

汗ばむほどの陽気です。
涼しくなった頃、実家のお墓にひっそりお参りして来ようと思います。
母が亡くなって、まる5年です。
あの年の5月5日もいいお天気でした。
いつもはお線香も持たずに「素参り」という参り方をしていますが(笑)今日はお線香をあげて来ます。

5月5日は私の母の命日なのに、今年はすっかり忘れていたのです。
お墓参りもしませんでした。
ただ、例年通りちまきを買って、家族みなで食べました。

Photo_20200511191201

↑去年のブログの写真のちまきです。

親の命日は忘れていたのに、ちまきだけは食べ忘れなかったです。
お母さん、本当にすみませんでした。(-_-;)

* * * * *

ブログランキングにゆっくり参加しています

にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ
にほんブログ村

 

2020年5月 9日 (土)

アルコール除菌シート

今日は2か月に1度の健診日。
朝8時過ぎ、じいさんの車で○○医院に着いた。
玄関のシャッターが開いたのは8時15分、私は3番目に入った。
2か月前と同じように、受付後間もなく名前を呼ばれ、
コロナ対策のため、診察開始の時間を早めてくれた。

診察後、採血もしてもらい、処方箋を受け取って医院を出た。
(迎えに来て)と、じいさんを呼び出すのは止めて、歩いて帰ることに。

5分も歩けば、毎朝の散歩コースに入る。
いつも立ち寄るコンビニに今日も入ってみると、
思いがけなくアルコール除菌シートがあった。

P5090351-640x511

ウエットティッシュアルコール、税込み195円。

運が良かったのかも知れないが、
こういう物も、普通に手に入るようになってきたのだ。
ひと頃ネットショップでは、この5倍10倍の値段だったと記憶している。
何かすごく得をしたような気分になって帰宅した。

* * * * * 
ブログランキングでお世話をおかけしています

にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村

 

2020年5月 7日 (木)

やっぱりあった売っていた

昨日は、農業用品店へ行くじいさんについて行った。
込んでいたら、車の中にいればいいと思った。
客はあまりいなかったので、車から降りる。
野菜苗は、広々と屋外に並べられているから少し安心。

いちばん欲しかったタカノツメの苗は、まだ入荷していなかった。
「何でもいいから、辛いのを買って行きましょ」と他のを買うことになる。
ミニトマトや紫とうがらしの苗も買った。

P5070349-640x461

花はサフィニアにした。(写真は無し)
例によって、レジの列に間をあけて並ぶ。
レジ台の脇にふと目をやると、あったのだ、50枚入りの使い捨てマスクが。

不織布のマスクは薬局にはないけれど、
どこか思いがけない場所で売られているような気がしていた。
私の前に並んでいた人の籠にもマスクが入っていた。
値段は50枚入りで2272円で、思ったより安価で入手できた。
ただ、レジの順番待ちの他の人々が、マスクに無関心なのが意外だった。

家に帰ってから、近所のB級衣料品店に偵察に行ってみる。
我が家の備蓄マスクは、昨年の秋の終りにこの店で買った物だ。
ここにもマスクが戻ってきているのではないかと思ったのだが、
やっぱりあった!箱入りではないが、マスクがどっさり・・・

P5070350-640x480

ポリウレタンの洗えるマスクは1枚(税抜)100円、
不織布の5枚袋入りは(税抜)300円。
一人それぞれ5パックまで買っても良いのだ。
この店の客も、マスクに群がったりせず、
パンツや靴下やタオルを籠に入れた人の方が多かった。
マスクなんか、もう売られていて当然だったのだろうか。

昨日買ったのは全部中国製だが、髪の毛が入っていることもなく、カビも生えていない。
何日かこのまま置いといてから使えばいいのだ。
使い捨てマスクを3回も洗って使っている孫には、
「洗うのは2回でいいよ」と言っておいた。
「1回で捨てなさい」とはまだ言えない。

食べ物の買い出し以外は家に籠りきりで、
布マスクばかり縫っている間に世の中は動いていた。
私はもうマスクは縫わない。
(縫ったマスク、数え直したら29枚にもなっていたし)

たいへん遅くなりましたが、「何故マスクばかり・・・」の記事のコメントの返信をさせて頂きました。
1ページにまとめての返信で申し訳ありません。

* * * * * 

にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ
にほんブログ村

2020年5月 5日 (火)

友だちと電話で話した

夕方近くに、友だちと電話で話した。
「アベノマスクなんかいつ届くんよ」と友だちが笑う。
「あんたとこなんか5人やろ?そこへ2枚のマスクが来てどうなるん?」とまた笑う。
「もう、止めたらええのになあ、希望者にだけ配ればれええのに」と、私。

この友だちは普段からマスク嫌いだが、今は仕方なくしているみたい。
どんなマスクをしているのかは聞かなかった。
マスク嫌いの友だちのマスク姿なんか想像もしたくない。
私が20枚以上もマスクを縫ったことも、話す気にならなかった。

Photo_20200505194301 

夏の花を植えたいと思う。
明日はじいさんが、タカノツメの苗を買いに行くというからついて行こう。
良い花苗があるといいな。

* * * * * 

にほんブログ村 シニア日記ブログ 80歳代へ
にほんブログ村

2020年5月 3日 (日)

何故マスクばかり作るのか

ブログのコメント欄に、次のような書き込みを頂いています。

* * * 

ウッシーさま

〉日常の買い物以外は出かけませんので、たくさんのマスクは不要です。
〉それでも、黙々とマスクを作り続けています。

不要と仰りながらマスクを作り続けておられるのは何故なのでしょう?

* * * 

何故マスクを何枚も作り続けるのか、考えてみました。

その1、コロナ感染の不安と恐怖に、正面から向き合うのが辛い。
その2、備蓄の不織布のマスクは、働きに出て行く孫のために残したい。
その3、最近になり、布の材質、組み合わせによって、性能のよいマスクが作れることを知った。
その4、初め頃に作ったのは、飛沫を浴びた時に危ない?と分かって来た。
その5、作っても作っても、これで良いというものは作れない。(腕がまずいということ)

* * *

昨日から今日にかけて作った布マスク。

P5030347-640x480

オフ白とカラシ色系は、絹のハギレを使い、
浴衣地の分はじいさん用です。

P5030348-640x480-2 

絹地のマスクの反対側は、キルティング布です。
絹布側が肌に当たるように使っても良いと思います。

* * * * * 

にほんブログ村 シニア日記ブログ 80歳代へ
にほんブログ村

2020年5月 1日 (金)

マスク作りにも慣れて来た

立体マスクの型紙は、ネットで見たのと、近所の雑貨店でもらったのを参考にしています。
作った立体マスクは昨日で12枚になりました。
この他に、プリーツマスクを5枚、家用のガーゼの簡易マスクを4枚作り、全部合わせて21枚です。

立体型紙は、自分の顔に合わせて少しずつ改良してきましたが、まだまだです。
次は、じいさんにも立体マスクをと思っています。
納戸を整理していて、じいさんの浴衣のハギレが見つかったからです。

それと、絹のハギレも見つけたので、絹マスクも縫いたいと思っています。
夜寝るときの絹マスクがあるのは知っていますが、感染予防にもなると助かるのですけど。

一昨日、昨日に縫った立体マスクです。

P5010346-640x480

マスクゴムもやっと手に入れることが出来ました。

日常の買い物以外は出かけませんので、たくさんのマスクは不要です。
それでも、黙々とマスクを作り続けています。

Photo_20200501150701

* * * * * 

にほんブログ村 シニア日記ブログ 80歳代へ
にほんブログ村

« 2020年4月 | トップページ | 2020年6月 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

レジ袋ふうエコバッグ

新聞紙バッグ作り方