« 冬用に白ネルのマスク | トップページ | 裏庭の柚子を取りました »

2020年12月13日 (日)

去年の今頃のハイビスカス

裏庭に出ようとすると、
まず目に入るのが鉢植えのハイビスカス。
だいぶん大きくなった二つの蕾の先が赤みがかっている。

朝夕の冷え込みが強くなってきたので、
甘夏の木の下に置いているが、
二つの蕾は無事に開花するだろうか。

去年の今頃も、ハイビスカスのことで気をもんでいた。

Photo_20201213164401

 去年は 、母屋の出窓の下に置いていたけど、
人目につかない裏庭に置き換えたと日記にあった。
夏の花が寒そうに咲いているのは可哀そうだからと・・・

今年は、出窓の下に鉢花が一つもない。
鉢物の世話も負担に思うようになってきた。

婆さんが、ただひとつ力を入れているのは、
夏の暑さで枯れてしまった芝桜の再生。
株分けをしたり他の場所から植え替えたりして、
春には花をと、願っている。

願ってもかなわぬことが多すぎる昨今、
せめて小さな花壇を芝桜の花で埋め尽くせたらと思って・・・
その頃にはコロナも落ち着いてきているだろうか。

* * * * * 

ブログランキングに参加しています。
応援して頂きありがとうございます。 

にほんブログ村 シニア日記ブログ 80歳代へ
にほんブログ村

にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村

« 冬用に白ネルのマスク | トップページ | 裏庭の柚子を取りました »

日々の思い」カテゴリの記事

コメント

鉢の手入れ、私にはハードルが高いです。
でももし庭に放牧させてしまえば、
野生に戻るのでしょうか。
どこで生まれて、どこを経由してきたか知らないけど、
たどり着いた日本のその地で、
そのハイビスカスは、
自分の能力を駆使して生き抜いていくのだな…。
…なんて、『あるハイビスカスの生涯』というストーリーを
勝手に頭の中で描いてしまいました。
先月職場の同僚が『姫ワレモコウ』を
鉢ごとプレゼントしてくれました。
野草が好きなので、ベランダに昨年やっとツユクサを咲かせることができました。
ムラサキツユクサはいつの間にか勝手に生えてきました。
マンションの10階なのに、
なぜか野草が勝手に生えてくる不思議。
でも…庭のある家がうらやましく思える私です。

おかかさん、夏の花にはこの寒さは厳しすぎますね。
ビニールをかぶせて軒下に置きました。
二つの蕾だけは咲かせたくて。
でも、自然には逆らえませんから、あとは成り行きに任せます。

草の種は風に乗って飛んで来たり、小鳥が加えてくるのでしょうか?
思いがけない草や木が、庭に生えてびっくりします。

この記事へのコメントは終了しました。

« 冬用に白ネルのマスク | トップページ | 裏庭の柚子を取りました »

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

レジ袋ふうエコバッグ

新聞紙バッグ作り方