登録しています

  • にほんブログ村 シニア日記ブログへ

ブログ出発点

手作り帽子屋

無料ブログはココログ

カテゴリー「日々」の23件の記事

2016年8月27日 (土)

あれから10年

 明日は、「モーばあブログ」の誕生日です。
満10歳になります。
飽きっぽいモーばあさんが、よくぞ10年も書き続けました。
多くの方々に励ましを頂いたからに違いありません。
毎年、ブログの誕生日をひっそりと過ごしてきたモーばあさんですが、今年は特別な思いでいるみたいです。

2006年、8月28日、孫姉妹は、中3と小3でした。
当時のブログには、ねーさん(姉さん)の画いたうっしーや、かりんの自画像?も入っています。


Photo


Photo_2


あれから10年、祖母と孫姉妹は、時には華々しい口喧嘩もしています。
うっしーばあさんも、今だったらこんなふうに画かれるのではと思われます。



Photo_3


 やさしいだけでは生きて来られなかった、と言いたいところでしょうね。
鬼ババと言われて結構、と思っているかも知れません。

(←左サイドバーの「ブログ出発点」の”今夜はじめる!!”がモーばあブログの最初の記事です。)


 あれから10年、姉孫は24歳の専門学校生、妹孫はやっとこさ18歳の大学生。
10年前と同じように、夏休み中の二人。
9月には79歳になるモーばあさん。
この先に、どんな試練が待ち受けているのやら。


゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。



にほんブログ村

2015年8月30日 (日)

あの夜からはじまった

9年前の8月28日の夜、このブログを始めました。
上の孫が中3、下の孫は小3の夏休みが終る直前でした。
最初の記事の画像を貼りつけて見ます。
下の孫が描いたイラストです。

Photo_2
どうなることやらと、びくびくしながら書き始めたブログです。

   ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

何を隠そう、私は、もうすぐ69歳になろうとする

「子育て」ならぬ「孫育て」に奮闘するばあちゃんです。

孫娘たちと過ごす日々のあれこれを、

 明るく、そして時にはしんみりと、

 記して行きたいと思います。

      (左サイドバー 今夜はじめる !!から)

    ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

9年が過ぎ、上の孫「ねーさん」は、とある食品会社で働き、
下の孫「かりん」は高3になりました。

辛いこと、悲しいことは、あまり書かなかったような気がします。
みえっぱりで負けず嫌いだから、自分をさらけ出せなかったのです。
たまには暗い記事を書きましたが、その多くは削除したはずです。

時々ブログの大掃除をしています。
これ、いやらしいな、と思う記事は削除。
友だちや人さんのことを書いた記事も、何だか悪かったな、と消します。

孫の記事はなるべく残すようにしていますが、
最近は孫に関してはあまり自由に書けません。
自慢めいた記事は気まり悪いし、その逆は孫を傷つけてしまいます。
結局は、当たり障りのないことばかりの記事になって面白くもありません。

ただ、忘れてならないのは、
ブログは自分だけの力では続けられなかったと言うことです。
多くの方々に支えられ、育てていただきました。
読者のみなさまには、心から感謝しています。

いつまで続けられるかと不安になることもありますが、
もうしばらく書けるかなと思ったりもしています。
こんな気持ちで書いているブログです。
これからも、どうぞよろしくお願いいたします。

   ゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

お読み下さりありがとうございます。
ブログランキング応援ありがとうございます。

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

2014年10月13日 (月)

台風19号が近づいています 追記しました

また台風がやってきます。
既にもう風雨が強まりつつあります。
停電に備えて、ご飯も炊いているところです。
たった今、姉さん孫が帰宅しました。
台風のため、終業が2時間早まったのでした。(これで少しは安心)
今夜はなかなか寝つかれないと思います。
何かしながら台風をやり過ごさねばなりませんが、ミシン仕事は音が夜向きではありません。
物置ではキラキラのメッシュ布も見つけて来たのですけど。


        ゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

P1130994_640x480

       ゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。


15年くらい前になるでしょうか、このキラキラメッシュを髪に巻いて団体で民謡踊りをしました。
曲は「博多どんたく」で、たしか桑名の会館の舞台だったと思います。
下の孫は保育園の年少組でしたから、踊りが終って着替えた後すぐに電車で帰って来ました。
気分転換に街を歩いてみようという余裕などまったくない、あわただしい舞台出演だったのでした。
それでも民謡踊りを続けられたのは、家族の理解と孫が保育園でお世話になることが出来たお蔭です。
今でも「孫育ては本当に大変だった」と振り返ったりしますが、私にはいろいろな恵みが与えられていたのだと、あらためて感謝しています。


追記 台風19号のその後

岸和田市に再上陸したそうですが、もう大阪を通過したでしょうか?
こちらは雨風ともにだいぶん静かになっています。
今後の進路に当たる地方の方々は、気を付けて頂きたいと思います。
吹き戻しの風は残ると思いますが、何とか無事に眠れそうです。(13日21時55分記す)




゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

いつも応援ありがとうございます。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

応援しています。

マルシェドシャポー   

  帽子や多帽

2011年10月18日 (火)

今夜は教会へ 追記あります

悲しいことが続きます

お世話になったご夫婦の奥様のほうの方が、お亡くなりになりました

今夜、教会で,前夜式が行われますので、行ってまいります




わたしども家族のことを、ずっと祈り続けて下さったご夫婦でした

ご主人の絵手紙に励まされ、お孫さんが使われた洋服、可愛いバッグ、エプロンなどもたくさん頂戴しました

昨年秋、かりん孫が突難を患い退院する朝、病院の玄関でご主人にお会いして、奥様の骨折による入院を知ったのでした

お家に帰られる日を私たちも待っていましたのに、急に天に召されました




人様から受けたご恩は返せるものではありませんね

自分の家族のことでせいいっぱいだった私は、唇を噛む思いでおります

今は、ご遺族の上に御慰めをお祈りするばかりです



゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

追記

悲しい記事になりましたが、心が温もる思いの追記を書くことができます
今夜、教会には、つれあいが車で送ってくれますが、会堂内に入って前夜式に参列してくれることになりました
バリバリの、神道(神官)の家に生まれ育った人ですが、お世話になった方への礼儀をつくしてくれることになったのでした
つれあいが初めてキリスト教の集まりに出席することになったことに、私は深く感動して,目には見えない御導きに感謝しています

人気ブログランキングへにほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

2011年10月14日 (金)

人生いろいろ クラス会

10月10日(月)朝7時、クラス会の貸切小型バスが伊勢をたちました

途中で乗車する級友と合流して、天橋立傘松公園には午後2時ごろ着きました

Photo

展望台には、生まれて初めてのリフトで登り、かなりこわごわwobbly

天橋立には、30年以上も前、小学生だった長女とバス旅行で行ったことがあります




10日夜は、夕日ヶ浦温泉に泊まりました

ここでの大はしゃぎは、内緒 (^_-)




11日(火)朝8時、宿を出発、伊根の舟屋見学のために伊根港に向かいました

Photo_3

遊覧船も久しぶりでした

伊根の舟屋は今まではテレビの画面だけでしたが、この目でしっかりと見ることができました

おそらく再び来ることもないだろうと、級友たちも感慨深げでした


 

Photo_4 Photo_5 Photo_6

お昼は舞鶴で頂きました

肉じゃが発祥の地だとか・・・delicious

Photo_2


そのあと、”岸壁の母”の歌が流れる”引き揚げ記念館”を見学、背後の丘にも登りました

私たちは敗戦から11年しかたっていなかった、昭和31年の卒業生です

みなで貧しかった高校時代をふり返り、苦しい中から学校に行かせてくれた親たちにあらためて感謝したのでした


゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。


あくる日の夜、世話役の級友にお礼の電話をしたところ、思いもかけないことを知らされました

去年まで、皆出席だったT君の訃報でした

今回のクラス会欠席の返信はがきの近況欄には、今年は体調不良のため1年だけ休むと書かれてあったのでした

それなのにT君は、先月には既に亡くなっていたのでした

私たちは何も知らず、はしゃぎ回ってきたのです

こうして旅行から帰ってから悲しい知らせを受けることになったのも、温厚だったT君のやさしい思いやりなのに違いないと、世話役の級友と話したことでしたconfident

明日のことは誰もわかりません

今日を大切にと、しみじみ思いながらこの記事を書きました

お読み下さり、まことにありがとうございました



゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

2011年10月 7日 (金)

気持ちも秋色

メダカに餌を与えに行ったら、成魚が一匹死んでいました

これで、睡蓮鉢のメダカは3匹になってしまいました

寂しくなりました

メダカも寂しがっているのでしょうか?

そうだと思いたいです


死んだメダカは、柿の木の下に埋めました

この木の下には、10匹近い猫が眠っています

最後にここで眠りについたのは、庭猫のとら姐さんでした

死因は交通事故、表の道路で撥ねられたのでした

その頃、孫たちの母親は病気だったので、ねーさん孫と相談して(ママに内緒)で埋めました

ねーさんは、”とらのはか”と書いた板の墓標を裏向きに立てました

母親に見えないようにしたかったのでしょう

とらが死んで、この家の庭猫は絶えました




今日は日中の気温が昨日より2度低くなるという予報です

あんなに華やかだった彼岸花も、茶色のお化けのようになって突っ立っています

こうして秋らしさが一段と増して行くんですね

良い連休をお過ごしになって下さい



゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

2010年4月19日 (月)

少しは無理をしなければ

今日はつれあいも出かけましたから、家には私ひとりです。
あと、30分もしたら、歩いて買い物に行こうと思います。
最近は、疲れたな、体力ないな、と感じていますが、このままへこんでしまうのも口惜しいです。
少しは無理をして、自分を鍛えて行かねばなりません。
ゆっくり、大股に歩いて、スーパーに行ってこようと思います。

つれあいは、老人会の餅つき会に行ったのでした。
グリーンのバンダナと、エプロンを持って出かけましたから、張り切って餅をつくつもりなのでしょう。
多分、疲れて帰ると予想していますので、午後から買い物に付き合わせるのは気の毒です。


    P1090749


こういう、一人の日は、いろいろなことが出来そうですが、かえって何もしないのです。
縫い物さえも、何故かする気になれません。
自由が嬉しくて、庭に出てみたり、ふだんはあまり見ないテレビをみたり、本をパラパラとめくったりして、時間が過ぎてしまいます。
冷え冷えとした日が続いたので、腰も足も万全ではありませんが、思い切って出かけて来ます。


今日の写真は、ポリ容器に作りためた香り袋です。
時々ふたをあけて、香りをたのしんでいますが、香りというのは人によって好みが違いますね。
息子にかがせたら、逃げて行きました。


゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 ハンドメイドブログ 今日作ったものへ

2010年3月21日 (日)

けなしあい(~o~)荒地に春

この間から、私はけなされていました。

「ばあちゃんの作るものは、いつも決まってるじゃないか」

箸ぶくろ、きんちゃく、エプロン、それに刺し子のふきんだけ…

かりん孫が、けなしたのでした。


    P1090715



「あんたこそ、作るのはぴよとかいう、マスコットだけやないか!」

私も負けずに言い返しましたが、かりんはまた言いました。

「ぴよには、いろいろな種類があるよ。同じものばかりではないもん」


    P1090717


なるほど、いろいろあるのですね。

私の負けかも知れません。gawk




P1090665kakou_3 ところで、先週は、かりんの卒業式があったのですが、そこで私は、多くのお母さん方から、お礼を言ってもらったのでした。
他でもない、かりんからの、プレゼントへのお礼でした。


「かりんちゃんのおばあちゃんですよねぇ。家の子が、可愛いマスコットのぴよをいただいて…」


また、卒業アルバムへの寄せ書きにも、

「ぴよ、ありがとう」
「中学校に行っても、ぴよ作ってね」
「ぴよ作る人になってね」

などの書き込みがぎっしり!


母のない子は、shine友達こそが財産です。
手芸の好きなかりんは、愉しみながら ”ぴよ外交”をくり広げていたのでしょうね。



どうやら、家庭内のけなしあいは、

私の完敗であったようです。(~o~)


    ♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪



春がきました。

私の家の周りには荒地が多いのですが、

荒地の春も、いいものです。


P1090709_2  P1090711_2  P1090713_2


昨夜は強風が吹き荒れ、今日は黄砂です。

それでも、春の訪れはうれしいですね。

お読み下さいまして、ありがとうございました。


゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。



人気ブログランキングへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ

2010年3月 4日 (木)

これとこれ

高校時代の友達が電話をしてくれて、happy01楽しくおしゃべりしました。
そして話は、お互いの、つれあいのことに、なって行きました。



「もう、うるさいんよ、angry耳栓したいくらいなんよ」 と友達は言いました。
「耳栓?私なんか耳栓どころか、イヤーマフ買ったよ」 と、私。
「うっそぉ~sign01
「ホントやに、耳栓して、イヤーマフしたら、thinkもう、何も聞こえないから…」



これが、私の、イヤーマフです。(^_-)
耳栓を併用すれば、そこは、もはや静寂の世界であります。


    P1090627


どこかのサイトから写真を借りたかと、お疑いですか?
右上に写っているもの、それが、これです。


 P1090629  P1090630



私の母からもらった銘仙の着物を解いた布で、作ったのでした。
紐はナイロン製ですが、裏布も、配色布も、shine古絹です。
裏布は、絹の胴裏で、配色布は、元は私のブラウスでした。



母が、95歳と言う高齢で、すこぶる元気にしていてくれるので、その母の長寿にあやかりたくて、母の着物のお古で小さな巾着袋を作ったというわけです。



これで、イヤーマフが、私の物だと信じていただけたと思います。



ところで、爺さまは、このイヤーマフのことを、何と思っているでしょうね。smile
実は、まだ、爺さまの前では使っていませんの。^^;
でも、これがあるだけで、私は安心なのです。
いざという時は、これが、私を守ってくれますから…♪♪♪



゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。


 にほんブログ村 ハンドメイドブログ 今日作ったものへ 人気ブログランキングへ    

2010年3月 3日 (水)

東京の大先生

先週の土曜日、東京の大先生が、お電話を下さいました。
「鳩サブレーを、送りましたからね。お家のみなさんで、召し上がってね。」
もったいなくも、ありがたいことでした。

「お忙しい中から、すみません」
「することは多いのですが、忙しいとは、思いませんのよ」

あ、しまったと、思っても、もう遅い。
「さようなら」 と言う言葉は嫌いで、決して使わないと仰る先生は、「忙しい」という言葉も嫌っていらっしゃるのでした。


先生は、ある方面では、全国に名を知られた大先生です。
私は20年近い間、先生が講師をされる研修会の受講生でした。
現在はもう、先生の講習はこの近くでは行われていませんが、以前は年に4回は受講していたのでした。
あの頃の受講生仲間は、私が、先生から「声のたより」や、プレゼントを頂くことを知りません。もしも知ったら「いったいどういうこと?!」 と、驚くに違いありません。




大先生と私を結ぶキーワードは、「第二の子育て」「孫育て」なのでした。
先生のご両親は、先生のお兄様であるご長男を亡くされ、遺児ふたりを引き取って育てられたのでした。女学生だった先生は、甥御さんたちと姉弟のように暮らされたということでした。

12年前、私が嫁を亡くし、孫姉妹を育てることになった時、先生は「とても他人事とは思われません」と、お電話で私を慰め、そして励まして下さったのでした。
それ以来、先生は、常に私の孫たちの成長を願って下さり、私の健康を気遣って下さいます。
まったく畏れ多い事でありまして、お電話の度に私は身体がこわばり、舌ももつれる思いなのです。



孫姉妹の部屋には、先生が下さった、ぬいぐるみが大切に飾られています。
私には、昨年、手作りの手提げ袋を送って下さいました。
「私が、袋物が好きなのを知って、たくさん作って送って下さるの…」と、いうことでしたが、しっかりしたデニムに花のミシン刺繍の、とても可愛い手提げです。
贈り主である、先生のファンの方に申し訳なくて、写真で公開することは差し控えますが…




春は、希望にあふれる季節ではありますが、私には、愛する家族を失った喪失感のよみがえる、辛い季節でもあります。
私が辛く惨めだったあの時、「他人事とは思われません」と励まして下さった、先生のお声は、今も私の耳の奥に生き続けて下さっています。

東京の大先生は、私にとって、生涯の師であり、いのちの恩人です。



゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。


たくさんのコメント、ありがとうございます。途中ですみませんが、家事都合により、本記事のコメント欄を閉めさせていただきます。お許しくださいね。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

レジ袋ふうエコバッグ

新聞紙バッグ作り方