カテゴリー「日々のつぶやき」の71件の記事

2017年12月10日 (日)

いま思えば・・・

はじめに
前記事へのコメントたくさんありがとうございます。
お返事が遅れます。もう少しお待ち下さいね。

少し疲れています。
昨日は、ある小さなコンサート会場で、来場者の方々の履物整理係をしました。
「お履物はこれに入れて下さい」と、ポリ袋を渡してスリッパに履き替えてもらっていました。
狭い玄関ですから、一時たいそう混雑して焦りました。

コンサートが始まりほっとしたのもつかの間、保育園の年長と思われる男の子が、玄関わきのホールに遊びに来ました。
コンサートに連れてきてもらったものの、音楽を聴くよりも会場の外で遊びたかったのでしょう。
ホールには子どもの遊具があって、高いところに上がったりするのではらはらしました。
万一落ちて怪我でもしたらと思うと気が気でありませんでした。

もう一人の人とふたりで「ボク、危ないよ」と何度も声をかけます。
遊具のてっぺんに上がって行き、なかなか降りられなくなった時は、こんな老人がふだん上がったこともない高さの所に怖々上り、降りようとする男の子のお尻を支えたりしました。

お母さんと、お祖母ちゃんと一緒に来たと言っていました。
お母さんもお祖母ちゃんも、子育てに大変な思いをしているので、たとえ短い時間でも解放されたかったのでしょうね。
子どもは大人の言うことを聞きませんからね。

私たちは、ただの履物係で、託児は仰せつかっていませんでしたが、何かあったら近くにいた私たちが責任を問われるのだろうか、と心配でした。
いま思うと、自分が純粋に男の子のことを心配せず、事故があった時の責任問題の方を、より深く心配していた気がして恥ずかしい限りです。
ただ一筋に、人の身体、いのちを大切に思わなければならないのに。

 ゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

参加しています。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 80歳代へ   

2017年7月16日 (日)

誰でも同じでしょうが、この暑さには参ります(-_-;)

日中は猛暑なので、朝早くと日が落ちてからしか、活動ができません。
活動っていうほどのことではないです。
日常のちょっとした用事です。

おじいさんが、この猛暑で、顔が目に見えて小さくなってしまいました。
85歳ですから、身体に堪えると思います。
なるべく負担がかからないように家族も気遣いしていますが、頑固な人ですから。

私は今日は教会を欠席して、静かに家で過ごします。
ただ、じっとしているのは苦手なので、要らないものを整理します。
これって、案外汗をかく作業です。
きっと、頭を使うからだと思います。
「捨てようか?残すべきか?」と、迷って。sweat01

昨日は、スカート一枚、ベスト一枚を処分しました。
今日は何を捨てることになるのでしょう。
ますます、身軽になって行きたいと思います。

 ゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。



2017年7月14日 (金)

ストレスたまってるな

 ずっと、気になっていたことがありました。
甘夏の実が10個ばかり、物置に残っていたのです。
「腐っているだろうな、青かびが生えて、ブヨブヨになってるかな?」
と、恐ろしくて確かめる気にもなりませんでした。

今朝、思い切って物置に入り、箱を開けます。
意外にも、きれいな色のままでした。
けれども、もう実は乾ききってカスカスでしょう。
そのまま、生ごみ処理機に入れました。

昨夜、上の孫が騒ぎ出しました。
洗面所の窓のアルミ格子に蜂が巣を作り始めたと。
おじいさんに知らせたら、「今から退治する」と、殺虫剤を持って外に出て行きました。
大丈夫かしらん、失敗して蜂に刺されてショック死?
けれども言い出したら聞かないから、任せておきました。

おじいさんは、まもなく「終わったよ」と家に入ってきました。
(おじいさんの身に)変ったことはなさそうです。
洗面所に行って見ると、窓の外の蜂の巣はなくなっていました。

今朝、そうだった、と思い出して、蜂の巣を見に行きました。
巣は地面に落ち、近くで蜂が2匹死んでいます。
多くの蜂は逃げたのでしょう。
生き返ることもないのに、私は死んだ蜂と巣を、スコップで穴を掘って埋めました。
「土葬だわよ」と。
そして、土をぎゅっぎゅっと踏み固めました。(そこまでやらなくてもよかったのに)

 鬼ばあさん、ストレスたまってるな。┐(´д`)┌

 ゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

2017年7月11日 (火)

わたしが子どもだった頃★作る 食べる 食べる 作る(笑)

 この間、わたしは孫たちに話しました。


ばあちゃんは、子どもの頃、自分のお祖母ちゃんと、お母ちゃんに向かって言ったことがあるんよ。
「あんたら大人たちは、何であんな戦争を止められへんだん?」と。
そうしたら、二人ともしばらく黙っていて、悔しそうに言ったん。
「私らに止められるわけがないわ!」


 その後わたしは、いろいろとつじつまの合わない生き方をして来て、秋には80歳になります。
孫たちも、今や選挙権をもつ年齢になりましたが
「わたしたちには止められなかった!」と、後悔することがないといいけど、と、危惧しています。





  ゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

 作る 食べる 食べる 作る(笑)

 先週の土曜日、作りなれたパウンドケーキを、3本焼きました。

 日曜日の午後には、2本に減っていました。

P1160708_640x480


 今朝は1本になってます。

P1160709_640x480
 よう減りますなあ。sweat01
 増えるわけないですけど。

 また作ればいいさ。( ̄ー+ ̄)

 ゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

2017年4月27日 (木)

今日はうっぷん晴らし!

 老世帯主が、可燃ごみを袋にまとめて軒下に置きました。
それを見た姉さん孫が、わたしに言います。
「ごみ、出して来ようか?」
姉さん孫、今日は遅番でゆっくり出勤なのです。

 「ちょっと待って、じいさんが自分で出す気でいるかも知れないから」
「私が出して来るよって言ってから、行けばばいい?」
「うん、だけど、じいさんが自分で行く、と言ったらすぐに引き下がるのよ。逆らうと怒り出すからね」
「難しいなあ、もう」
「難しいんだよ、だから苦労するんだよ」

             gawk gawk gawk gawk gawk

 自称「洗濯部長」のじいさんですが、洗濯を始めるのが遅すぎます。
いつも半日がかりで洗濯しているので、こっちはイライラしてきます。
だから、洗濯物がたくさんある日は、じいさんが寝てる早朝に、勝手に洗濯を始めます。

 やがて、洗濯機が止まり、洗濯物をハンガーにかけ始めたころ起きてきたじいさんは、じろりと私の手元を見ます。
「ピンチの色は揃えてますよ」と、わたし。

 じいさんは、洗濯物の両肩に留めるピンチは同色、同形でなければいけないのです。
ピンチって、壊れると買い足すから、色も形も違ってくるじゃありませんか。
(そんなの関係ない。どおでもいいやん!)と言いたいのを我慢します。
 

 じいさんのことに限らず、世の中いろいろあるけど、まじめに腹立てたり悩んだりしてませ~ん。
あほくさ!と、陰で笑いのめしてます。
そうでもしなければ、胃に穴があきそう。


              smile smile smile smile smile

今日は明るいバナーで参加します。


にほんブログ村

2016年10月12日 (水)

不思議なことがあるもので

 今どきの家には、クローゼットとかいう便利なものがあって、季節の変わり目にも衣服の入れ替えなどしなくていいのでしょうね。
我が家は築30余年の古家なので、昨今は、夏冬の衣類の入れ替えに時間を割いています。
一度にしてしまうと老体に応えるので、そろそろと、少しずつ進めております。

 昨日は納戸の中で、(これってどういうわけ?)と首をかしげる事態に直面いたしました。(大げさに書きすぎ!)

P1160127_640x480

 爺さまのパジャマが、3枚とも上だけあってズボンが見当たりません。
爺さまには「自分の物は、自分で整理してね」と任せてあります。
別々にしまったのだろうか、と探してみましたが、見つかりません。
本人に聞いても「わからん」のひとこと。
パジャマのズボンが3枚とも擦り切れるとは考えられないですしねえ。

このままでは気持ちが悪いです。
爺さまの物なんか、触るんじゃなかったと後悔してももう遅いです。
ズボンが、どこかからひょっこり出てくるかも知れないから、この3枚は捨てられません。
仕方がないので、ズボンを1着、近所のB級衣料店で買って来ました。



P1160129_640x480

980円の、ホームパンツというヤツです。
ズボンを失くした”上だけパジャマ”の相棒になってもらいます。

 さて、今日も納戸に入ります。
昨日、うっかり開けてしまった爺様の整理箱、ひどいもんでした。
この夏着ることもなかったヨレヨレの半袖Tシャツ類や、ハーフパンツなどが見つかりました。
あれこそ処分の対象です。
捨てるのが嫌いな爺様に内緒で解体して、使い捨て雑巾にします。

 それにしても、ズボンのないパジャマの不思議さよ。
でも、もう考えるの止めます。

 ゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。   


にほんブログ村

2016年10月10日 (月)

何を着たらいいの?

 朝起きて考えるのは、(今日は何を着ようか)です。
おしゃれが目的ではありません。
昼間が暑いのか、寒いのか、さっぱりわからないからです。

 今日の予想最高気温は23度です。
暑くも寒くもない、いい気候だと思うけど、「何を着たらいいんや?」と、あちらで家族が言ってます。

 日本気象協会の服装指数は次のようになっています。
Photo

 服装指数を参考にしたわけではありませんが、朝からカーデガンを羽織っています。
カーデガンといえば、一昨日買った夏物のカーデ、もうこの秋は着る機会がないのでしょうか。
ま、来夏まで寝かせておいても、別にいいですけど・・・(500円だったのだし)
けれども、来夏、はたして元気でいられるかな?
来年のことを言う時は、「もしも元気だったら」と前置きしなければならない年になりました。

 ゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

 冬の掛け布団を出して日に干しています。
昨晩まで、夏蒲団と薄手の毛布を掛けて寝ていました。
明け方になって冷えたりしたら、これでは寒いだろうかと、心配で熟睡できませんでした。
今晩からは冬布団で、安心して眠れるでしょう。

でも、また暑い夜があるかもしれません。
もう、最近の気象は、わけがわからへん!

 ゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

(登録カテゴリーを”がんばるシニア”から変更しました。) 


にほんブログ村

2016年9月12日 (月)

わずか1メートル四方だけだったのに

洗濯担当の夫が、取り込んだ洗濯物を、どさっと座敷に置いた。
手伝おうかと近づいたら、触らないで放っておいてくれと言われた。
押し入れを開けて自分の枕を取り出す。
洗濯物をたたむ夫に背を向けて、ごろんと横たわる。

身体がだるい。
やっぱりあれが祟っているのだと思う。
曇り空で涼しいので、裏庭の草取りをしたのだった。
根の張った雑草を、草掻きに力を込めて掘り起こした。
こんなことをした後は、手が震えて字が書けなくなるだろうなと思った。
字を書く予定はないからよかったのだが。

(こんな力仕事は)長い時間はとても無理。
1メートル四方に決めて止めた。
たったそれだけの草取りが、だるさの原因なのだった。

夕食の時、缶ビールを飲んだ。
夫がどこかでもらってきたのたが、半分飲んだ頃になって言うのだ。
「2月に賞味期限が切れているんだ」
何だか苦みがひどい気がしてきたが、全部飲んだ。

夕食後もまたごろんと横になった。
草取りのだるさに、古ビールの酔いが加わり気分が悪くなったりして、と少し心配したが大丈夫、こうして起きて駄文を書いた。
明日は一日雨だという。
昼間取った草が生き返ったら嫌だな。

 ゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。


にほんブログ村

2016年8月 6日 (土)

リオ五輪開幕、爺婆は冷戦中

 暑さでつい気持ちがとんがる。

じいさんとは、数日前から冷戦。

冷戦で、心が冷たく涼しくなるのならいいけど、イライラして暑さが増す。

花はいいな。

スカッと咲いて。

P1150975_640x480


この家の庭で、二度目の夏を迎えたハイビス。

軒下で、ポリ袋にくるまって冬の寒さをしのいだ。


 ゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。


 イライラと関係があるのかないのかわからないけど、

あまい煮豆が無性に食べたくなって、

茹でこぼしてあくを取り、

魔法瓶に一晩入れて柔らかくしてから甘く煮た。




P1160020_640x480

半分は冷凍したから、

しばらく安心して食べられる。delicious


 ゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。


 昨日、姉さん孫が帰宅。

調理専門学校生として、あるホテルに10日間の研修に行ってきた。

何か少しは成長したかな。

 下の孫は、早朝のスーパーのアルバイトをすませ、先刻帰ってきた。

3日(水)午後には、自動車教習所に入校。

毎日夕方から講習を受け、今夜は初めて夜の教習コースを走るとか。


 ゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。


 リオ五輪開幕の今日、じいさんと私は冷戦。

と、手帳に書いておこう。gawk



にほんブログ村

2016年8月 1日 (月)

何もかもが重たくなって

 いつの間にか、非常用の天然水の賞味期限が過ぎていた。
たかが半月だ、捨てたりはしない。
ご飯を炊いたり、野菜をゆでたりに使えばいい。
2リットルのペットを6本、箱から取り出す。
汗まみれになる。

「重たいなあ」

 最近は、何もかもが重たくて仕方がない。
「ついでくれる?」
と、湯呑を差し出して、孫に麦茶もついでもらう。
満タンの冷水筒が重たいのだ。
日に日に力が無くなっていくのがわかる。

 腕力には自信あったんだけどな。
子供の時分に、家の手伝いをよくしたもん。
つるべで水汲みもした。
ポンプになってからも、バケツに汲んで台所まで運んだ。
リヤカーの後押しもした。
坂道はきつかったけど、祖母や母の役に立てることに満足した。



 時がたち、60歳の時、息子の嫁が死んで、赤ん坊を手元に引き取った。
もともと太かった腕が、ますますたくましくなっていった。

 あれから18年、今でも腕は太いまま。
ただ、力だけは抜けてしまった。
なんなのさ。
見掛け倒しのむちむちの腕して。



P1160007_640x480

そうだった、思い出したわ。
私には、こういう強い味方があったんだ。
今からでも、筋トレしたほうがいいのだろうか?
たとえほんのわずかでも、パワーを取り戻したいので。


 ゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。


にほんブログ村

より以前の記事一覧

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

レジ袋ふうエコバッグ

新聞紙バッグ作り方