カテゴリー「趣味の手作り」の152件の記事

2019年6月20日 (木)

頼もしき先達★可愛い系おじゃみ5個セット 

「双葉の会」という女年寄りのおしゃべり会の例会が、一昨日にありました。
集まったのは4人。
いいんです、これで充分です。
3歳、5歳、6歳上のお姉さま方との、いろいろ勉強になる3時間でした。

昨日のおしゃべり会に、強いてテーマをつけるなら、「老いについて」でした。
力が無くなった、重いものが持てない、細かい手仕事をしなくなったなど。
そうはいっても、3人の先達は旦那さんをあの世に送った人ばかりですから、たくましいです。
「早寝早起きなんかくそくらえや、私は12時まで起きて朝はゆっくり寝とる」
10時前に眠くなり、5時前にごそごそ起き出す私は肩身がせまくなります。

じめじめした話なんかは、全然ありません。
お墓の花は造花にしたから気楽、お参りに行こうとしたら遠くで雷が鳴り出したのでやめた、生きている者の命が大事。
自分が死んでも、若い者は墓には参らないだろう、とカラカラ笑います。
それでも、朝夕仏壇に向かい、1時間は祈るという人もいました。

7、8、9、の3ヶ月は暑いからお休みと決め、「3ヶ月たったらまた年取るなあ」と笑って散会しました。

可愛い系おじゃみ5個セット出来上がり

P1180445-640x523-480x392 

可愛い系おじゃみ作りは、まだまだ 続けます。
並行して、和柄おじゃみも作っています。
最近は、おじゃみのミシン縫いに挑戦しています。
肩こり、右腕の痛みを軽くしたいので。

* * * * * 

2019年6月19日 (水)

針山が擦り切れて

30年は使ったと思われる、赤いフェルト製の針山が擦り切れ、
中身が透けて見えてきたので暇を出しました。
針山はウールのが1個あるし、もういいかなと思っていましたが、
やっぱり1個だけでは不便。
さりとて、今さら針山を作る気にもなれず、買うのも馬鹿らしいです。

何でもいい、とにかく針がスッと刺さればと考え、材料を探します。

P1180449-640x480

金属製のプリンカップ、極細毛糸、伝染病で引退したパンストの切れ端、です。

極細毛糸を元パンストでくるみ、縫いもせず、縛りもせず、プリンカップに押し込みます。

P1180450-640x480-2

接着剤で固定しなくても大丈夫

P1180448-640x480

立派な?針山、ピンクッションが出来ました。
3種の材料は、元に戻そうと思えば簡単に戻ります。
いいですねえ、羨ましいような自由な関係。(^^♪

* * * * * 



2019年6月17日 (月)

地味色おじゃみ5個セット

自分の友だちが、いまごろ何を考えているかなんてわかるはずがない。
私がいま考えていることが、友だちにわかるはずがない。
わかってもらえなくて結構、知られてたまるか、と思う。

或る時
「私が病気になっても、誰にも内緒にしておけって家族に伝えておくわ。見舞いになんか来ないで」と、友だちに言ったことがある。
「エ~ッそんなの」と友だちは呆れ顔だった。
仲が良いのは悪いことではないと思うけど、疲れを感じる時がある。

顔を見ないと安心できないとか、やっぱり会って話してみないと、とか言うけど、言う本人が寂しくてしようがないのだろう。
「友だち依存症みたいやないか?」と言ったら怒るだろうな。
「孤独に強くなろうよ」と言ったりしたら、どんな顔されるかな。

地味色系のおじゃみ5個セットが出来上がった。

P1180446-640x448

ある人に送るつもりだが、送っていいものか迷っている。
いらぬお世話かも知れないし。

* * * * * 





2019年6月14日 (金)

「おじゃみ作り」で肩が凝り

おじゃみとは、お手玉のことです。
関西地方などで使われている方言のようです。
このところ、お天気が良くないので、何かちょっとした物が縫いたくて、おじゃみを縫っています。
先週作った物です。

P1180443-640x480

昨夜縫ったのはこちらです。

P1180444-640x480 

左上の白米のような物は、手芸用ペレットというプラスチックの粒です。
これが、おじゃみの中身になります。
標準は40g入れるらしいけど、私は30gの方が使いやすいです。

手芸店でカットクロスを買ってくるとよいのですが、お天気が悪くて自転車に乗れず、家にあるハギレで我慢。
以前に作って薄汚れて来たおじゃみも、だんだんに布を替えて行こうと思います。
肩が凝りますが、やりかけたら面白くてやめられません。

* * * * *

 






2019年5月 3日 (金)

つぎはぎ手提げの出来上がり

雨続きの憂鬱と、改元報道の喧騒から逃れたくて縫っていた手提げ袋が昨日出来上がった。

Photo_6 

もとは、この婆さんの腹巻だった布で作ったつぎはぎ手提げ。

Photo_7 

このような単純で気楽な縫物は、ストレス解消に役立ってくれた。

Photo_8 

昨日からやっと太陽が見られるようになってほっとしている。
今日は昼間は夏日になると言われているけれど、今のところは少し肌寒さを感じている。

あと2年半余り生きると90歳になるじいさんと秋には82歳になるばあさんには、10連休は他人事に思われる。
昨日は、いつものように二人で一家5人分の食料買い出しに行ってきた。
賄いローバは今朝も朝飯の支度と並行して、作り置きおかずを2品作った。
夕食支度が楽なように、少しは体力のある朝の間にしておきたかった。
もうヨボヨボの身ではあるけれど(-_-;)無い知恵をふり絞って。

* * * * *

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ
にほんブログ村

2019年5月 1日 (水)

ずっと雨 ミシンで暇つぶし


昨日も今日も雨。
庭にも出られないから、仕方なしにミシンで暇つぶしするしかない。
痩せてしまって寸法が合わなくなった腹巻を、ほどいて手提げ袋に作り替えている。

P1180357-640x480

麻の葉模様の刺し子の布は、ミニの前掛け→腹巻→手提げ袋と、使いまわし。
「ごめんなさ~い、今回で終りです」

もう夕方だから、仕上がりは明日になる。

* * * * * 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村

2019年4月18日 (木)

道行襟のコートのリメイク「チュニック仕上がり」

道行襟のコートをチュニックにリメイクしました。
コートは二部式ですが、上着の袖を取り外して、着丈を短くしました。
そして、襟開きに当て布を付けました。

P1180312-480x640


袖口はゴムで縮める予定でしたが、そのままにしました。
理由1は、面倒だから。(~_~;)
理由Ⅱは、アイロンかけが楽な形がいいと思うからです。

当て布には、ちょこっと刺し子をしました。
久しぶりの刺し子はものすごくやりづらくて、結果も悲惨!

P1180313-640x480 

けれども、ぴりつく縫い目がかえって面白く、立体感が出たと、無理やり思うことにしました。(笑)
後はスカート部分で作るブラウスですが、これも予定を変更したいです。
ころころ変わるわが心を面白がりながら、作っています。

* * * * * 

にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ
にほんブログ村

2019年4月10日 (水)

雨合羽を着て行けばよかった&道行襟はそのまま生かす


花散らしの雨の中、郵便局に行ってきました。
往きは良かったのですが、帰りは風が強くなってきて、着ていた物もリュックもかなり濡れました。
雨合羽を着て行くべきでした。
むかしよく着た雨合羽が、劣化もせず残っているんです。
シルバーとエンジ色のツートンで、わりと気に入っています。
今でも台風の大雨のときに重宝しています。
せっかくあるんだから着なくてはと、今日は思いました。


P1180285-640x480 

道行襟のコートのリメイク、着丈を短くしました。

P1180289-640x480 

きれいな仕立ての道行襟は、そのまま生かします。
胸当てをつけて着るのもいいかなと思って、寸法を決めました。

P1180286-640x480 

袖を取り外しただけの袖ぐりは、ゴム紐で縮めてふんわりさせたいです。

元のコートは本当に丁寧にきれいに縫われています
超ベテランの見事な仕立てです。
立派な腕を心から尊敬しながら、リメイク続けています。
ご本人は、もう引退なさったことでしょうねえ。

* * * * * 

にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ
にほんブログ村

2019年4月 6日 (土)

道行襟コートのリメイク計画

家から徒歩10分の児童公園での、老人会のお花見に参加しました。

P1180282-640x480

満開の桜の下に、役員さんがブルーシート、テーブル、椅子を用意して下さり、黒蜜の花見団子、スーパーのお寿司を頂きました。
酒っけは無し、お茶っけだけのお花見したが、話は弾み、なごやかな時間を過ごすことが出来ました。
ただし、食事の前には公園の除草作業をしました。
老人会も単なる飲み食いの行事をしているだけでは、市からの助成金が出ませんので。

       * * * * *

道行襟のコートのリメイクですが、ちょこっと画いてみました。 
イメージ通りに行かないことは、わかっていますけどね。

_0001

家のじいさん、この絵↓を見て「ベビー服かい?」と言ったんですよ。

Photo 

コートの布は薄地です。
ミシンできれいに縫えるでしょうか。
チュニックは、裾まつり以外ほとんど縫う所はありませんが、
ブラウスはかなり縫わねばなりません。
ミシンで縫えるといいなあ、と思っています。

 * * * * *

にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村

2019年4月 3日 (水)

道行襟のコートをなんとかしたいです

コメントをくださった方々にお詫びいたします。
お返事が遅れますがお許しになってください。
何だか疲れていて、ろくな事が書けません。
今日のところは、以前から準備してあった記事を送信させて下さいね。

        * * *

こんな道行コートがタンスに眠っていました。

P1180207-640x480 

単衣の夏物の二部式の雨コートなんです。
スカート部分です。↓

P1180209-640x480 


30年も前、踊りの先生のお稽古場に出入りしていた呉服屋さんから買いました。
反物を見て惚れ込んで、買ってしまったんです。
結局、一度も袖を通しませんでした。
もったいないですねえ。
洋服にして着ます。
もう、こんな年になったのですから、早く作ってどんどん着なくては。
目が見えて、手先が動く間に、頑張って縫いますね。

         * * *

恥ずかしながらブログランキングに参加しています。
お忙しい方は、スルーしてくださいね。

にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村

より以前の記事一覧

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ブログ出発点

レジ袋ふうエコバッグ

新聞紙バッグ作り方