カテゴリー「日記」の38件の記事

2017年11月 6日 (月)

やっと卒業?

午後から、年に一度の高校時代のクラス会に出かける。
卒業したのが昭和31年3月だった。
今年80歳になった者、これからなろうとする者たちの、最後のクラス会だ。

足腰が弱ったりして、年々参加者が少なくなり、今回は11人しか来ない。
これ以上続けていても寂しくなるばかりなので、80歳を節目として終わりにしようということになった。
孫育てのため家をあけられなかった私は、途中からの参加だったがみんな温かく仲間に入れてくれた。

昔から私の外出にいい顔をしない爺さんを、何とかなだめて参加してきた。
今年で終わるのは寂しいけど、ほっとする気持ちもある。
「ばあちゃん、行って来な!」と、背中を押してくれた孫姉妹に感謝している。
午前中に、姉孫とスーパーに買い物に行き、お昼をすませてから出発だ。
今夜のことは孫たちに任せる。

我ら3年X組、やっとめでたく高校卒業ということだろうか。

 ゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

参加しています。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 80歳代へ   

2017年10月27日 (金)

出て来たズボンが13着!あんたさんはタコ?それともムカデ?

台風で雨漏りした物置の後かたつけと並行して、爺様の衣類の整理をしている。
真夏の服さえ、まだしまわれていない。
今まで本人に整理を任せてきたが、先日、思いがけないことを聞いてしまった。

「最近、意欲ないのねえ、いつまでも夏物をしまわずに…」と、こぼした私に、
「もう、意欲ないんだよ、服の入れ替えか一番ストレスなんだ」と、ホンネを漏らしたのだ。
ああ、そうなのか、ついにそうなったのか。
ならばこれからは私の思うように整理していいんだと、妙に安心した。

さてやるか、と、タンスの引き出しや押し入れから爺様の春夏物衣類をとり出す。

P1160891_640x480
あるある、まだある。
春夏の普段着のズボンだけでもこんなに↓たくさん!

P1160892_640x480
何と13着も出てきたではないか!

P1160893_640x480
すごいなあ、いつの間にこんなにためたのよ。
自分のお小遣いで買ったのが多いから、私の知らないうちに増えていたのだ。

「あの人、タコかよ」とあきれる私に、
「タコじゃねえよ、百足だよ」
と、姉さん孫が言い、二人で大笑いしてから持ち主の了解を得て、とりあえず半分に減らすことにした。
そして(持ち主の)気が変わらないうちにと、スーパーのリサイクルステーションに運んだ。

P1160894_640x480

ああ、さっぱりした。
しかしこれからは私の仕事がひとつ増える。
冬物を出して点検しなければ。

爺様の持ち物、減らしてすっきりさせよう。
要らないものでも捨てられない人だが、もう、文句は言わせない。
”タコさん”や”ムカデさん”とは一緒に暮らしたくないから。shock

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

参加しています。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 80歳代へ   

2017年10月26日 (木)

雨漏りで紙芝居も濡れてしまって

今日も雨漏りした物置の片つけに追われた。
濡れた物を洗って乾かしたり、可燃ごみで出したりした。
姉さん孫が小さかった時分に、私が画いた紙芝居も濡れてしまった。


P1160896_640x480

「これ、もう捨てるわ」と私。
「捨てて、捨てて、まだ残してあったん?」
姉さんも賛成してくれた。

この紙芝居には元になった絵がある。

P1160897_640x480
元の絵は濡れなかった。
これだけは、もうしばらく残すことにしようか。
紙芝居の方は、裏側に書いた説明文を元の絵の裏面に書き写してから捨てることにした。

P1160898_640x480

幼かった孫たちが使ったお絵かきセットも濡れていた。

P1160889_640x480
中身は何ともないけれど。
P1160888_640x480
孫たちの母親が亡くなった年の春、孫姉妹の簡保の学資保険に加入したとき、郵便局からもらったのだった。
その頃、下の孫はまだ生後2か月だったが、姉と妹、それぞれに贈られたお絵かきセットだった。
(もう1個は、使い切ったのだろうか。)

もらったばかりの頃、ケースを開けると(クレパスの?)強烈な匂いがした。
私はその匂いが苦手だった。
辛く悲しい時期だったから、その匂いを嗅いだだけで気分が悪くなった。
19年余りの年月は、その匂いを少しやわらげてくれたけれど、悲しみはよみがえる。

ケースごと、今朝の可燃ごみ収集に出した。
雨漏りが、悲しい思い出の品の一つを処分してくれたのだと思う。

参加しています。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 80歳代へ   

2017年10月24日 (火)

避難所で聞いた「バンザイ!」( 一一)

今日は老人会の公民館掃除作業がある。
私は大忙しのため行かれないので、夫さん一人で行ってもらった。

何が忙しいかと言えば、台風21号の後始末に追われているというわけ。
物置が、ひどい雨漏りで惨憺たるありさまになっている。
これを機会に、思い切って捨てようと決めたものが多数ある。
昨日から、その整理に没頭している。

台風は困るが、捨てるべきものを数多く持っていることをあらためて知らされた。
転んでも、ただでは起きないぞ。
最後の力?を振り絞り、今まで以上に持ち物整理を進めて行く。

避難所で聞いた「バンザイ」のしらじらしさ

台風が接近した22日の夜の7時30分、ついにこの近辺に避難指示が出た。
近くの2級河川が氾濫危険水位を超えたのだった。
8時過ぎ、降り止まない雨の中、家族で避難所に向かった。

徒歩5分の市の保健施設に入り、受付をすませてロビーの椅子に腰かける。
生まれて初めての「災害時避難」に、何故か笑いがこみ上げてくる。
笑ってる場合ではないのに、下の孫も歯を見せて笑っている。
いったいどういうことだ、照れくさいのか、不安の裏返しか、バカの一族なのか。

ロビーのTVは、選挙の開票速報を垂れ流していた。
予想通りの勝利に、いつもの「バンザイ!」
時々台風情報に切り替わるが、その時だけは避難して来た者たちが真剣に画面に見入る。
選挙の結果なんか初めからわかっていたよ、どうぞ勝手にバンザイしていてくだしゃんせ。
こちらが知りたいのは、台風がどこまで来てるか、川の水がどうなっているかだ。
しかし、市の職員さんは「川のことは全然情報が入りませんので」というばかり。

川の様子を見て来たというお兄さんたちに聞いたら
「まだ堤防まで1メートルくらいはある。大丈夫なんやないかな」とのことで、少し気持ちが安らぐ。
雨よ止んでくれと、そればかり願ってタブレットを開き、河川水位情報を見ていた。
やがて日付が替わり、1時を過ぎ、雨が小降りになったので帰宅することにした。

外に出ると、風が強くなっていて、台風本体の接近はこれからなのだった。
施設の駐車場も、道路も浸水していない。
我が家の庭はところどころに水たまりがあったが、川の水があふれた形跡はなかった。
大降りに雨漏りする物置のことだけが心配だったけれど、お風呂にざぶんとつかってからすぐに布団にもぐりこんで寝た。
疲れて寝入った頃、暴風がかなり酷くなったらしかった。(私は知らずに朝まで眠った。)

参加しています。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 80歳代へ   

2017年10月17日 (火)

飲まず食わずで放談会

 昨日の「双葉の会」の出席者は5人。
老人車を押して来たNさんと私は、レインスーツに身を固め、完全武装だった。
レインスーツと言うと格好がいいけど、雨合羽の上下だ。
Nさんの合羽のズボンはグリーン系の小花柄で、上着は臙脂の無地、私はローズ色と、シルバーのツートンの上着にローズのズボンだった。
(何で、雨合羽のことなんか細かく書くのよ!)
いやいや大事なことなんだ。
雨にも負けずに出かけるには、それなりの身支度が必要だったということ。

 5人での話は弾みに弾み、ついに健康体操もする暇がなくなった。
各自が持参したおやつも食べるチャンスを逃し、お茶さえ飲まなかった。
次から次へと流れるようにおしゃべりが続く、圧巻の放談会。

 戦時中の隣市の空襲の夜の恐ろしかった話、貧しかった戦後の暮らしのこと。
伊勢湾台風や、集中豪雨でこの近辺が水没寸前だった時のことなど、自然災害の体験談。
旦那さんを見送ったときの話、自分自身の健康不安。
今の世の中に対する嘆き節、政治への不信感。
そして、何よりも、ドンと一発で世界が終わるかもしれないという虚しい思いの共有。

 みんなの目は節穴ではない。
それぞれが、見るべきものは見ているのだ。
たかが田舎のお婆どもと侮ることなかれ、という気持ちになった。

 私たちは決して過激派ではないけど、昨日の放談会は、ニュース断ちしてさえなお漏れ聞こえてくる世論調査の結果とは、少し距離があるなあ。

 ゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

参加しています。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 80歳代へ   

2017年10月16日 (月)

雨にも負けず

ずっとお天気が悪い。
この先も、好天は期待できないようだ。

朝から、町内のMさんから電話をもらった。
Mさんは、女性老人の集まり「双葉の会」のメンバーである。
今日の雨はよく降るので、老人車を押してくる人が困るだろうから、やめにしますか?と、いう相談だった。
我が家の近くにも老人車のNさんがいるし、みんなの意見を聞いてみます、と返事をした。

Nさんの気持ちを聞いてみるわと言ってくれたのが、私と同い年のKさんだった。
Nさんは、雨でも行きたいということだった。
結局、会のメンバー7人のうち、5人は出席ということになった。
Photo
みんな、「やめとこ」というかと思っていたけど、こんな雨の日はくさくさするから人とおしゃべりしたり、童謡や唱歌に合わせて体操する方がいいかも知れない。
中止でのんびりするかと思っていた私は当てが外れたが、雨でも集まりたいというメンバーがいてくれて嬉しくもある。

今日も、秋の歌に合わせて体操しよう。
口腔体操のDVDも持って行こう。
11月の寒さらしい。
人と会って、身体とこころ温めなくては。

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

参加しています。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 80歳代へ   

2017年10月 7日 (土)

雨が上がりそう

昨夜の雨は、激しかったのだろうか。
何も知らずに寝ていた。
自分は読まない朝刊を取りに外に出たら、ハイビスカスが頭を垂れていた。


P1160845_480x640
 
もう一輪の花も、提灯みたいになっている。


P1160846_480x640

雨が上がって、日が差すのだろうか。


P1160847_640x480

そしたら、顔を上げてくれるのかな。
そうであってほしいな、いつまでも提灯してたら、嫌だよ。

 ゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

参加しています。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 80歳代へ   

2017年10月 3日 (火)

自慢にもならない(^-^;

 80歳になって1週間余りが過ぎた。
家族から贈られた、まことに結構な誕生日祝いについて記しておきたい。

プレゼントその1、

P1160827_640x480
P1160828_640x480
 つれあいが、買ってくれた作業用手袋。
老人会の公園清掃に行く朝に「これ、使って」と渡された。
二人でホームセンターに行った時、つれあいがレジ籠に入れるのを見た。
作業用品を買うのが好きな人なので、あら、またかと生活費のお財布から支払った。

 あの時の手袋、私のために買ってくれたのか!w(゚o゚)w
なるほど、よく見ればサイズはMである。
これが、事実上のshine誕生日プレゼントになったというわけ。

プレゼントその2、

P1160824_640x480
P1160826_640x480

 下の孫がくれたのは、卵をゆでる時に使うと便利だという、エッグタイマー。
ダイソーで買って来たらしい。
誕生日の3日くらい後に、「お誕生日、おめでとう!」と言って渡された。
お二人さん、ありがとね、これからも元気で働けるようにって、くれたのね。

 休憩を山のようにいっぱいして、その合間に働きまっさ。( ̄◆ ̄;)


 ゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

参加しています。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 80歳代へ  にほんブログ村 その他日記ブログへ 

2017年10月 2日 (月)

10月になり

 昨日意識してしなかったことは、早朝の自転車練習、パソコン立ち上げだった。

   ゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

 いつもの日曜日同様に、JRに乗って教会の礼拝に出席した。
だから、早朝の自転車練習で万一にも転んで怪我をして、教会を休むことは避けたかった。
今週の礼拝では、身体に障害のある方と組んでつとめる役目が一つあった。
私が休んだりしたら、他の誰かに代わってもらうことになる。
誰だって、急に代わりをと言われたら、少し心が揺らぐと思う。

 教会から帰ってからは、ずいぶんと閑だった。
パソコンを休む日にしようと決めたからだ。
ゆっくりとタンスの引き出しを整理したり、納戸にしまう夏ものをまとめた。

   ゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

 今日から、やっと下の孫が学校に行き始めた。
長い長い夏休みだった。
お弁当は自分で入れて行くが、おかずはいろいろ作っておいてやらねばならない。

P1160819_640x480
P1160822_640x480

姉さんが休みの時は作るのを手伝ってもらって、冷蔵庫に入れてある。

(じいさんと二人なら、こんなにしなくていいけどなあ)
と、思うけど口には出せない。
ブログには書けるけど。

  ゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

参加しています。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 80歳代へ  にほんブログ村 その他日記ブログへ 

2017年9月29日 (金)

いったいどういうつもり?

年を取った今も、夫にこき使われているという人がいる。
どんな毎日なのだろう。
次から次へと、用事をさせられるのだろうか。
ちょっと休ませて、と言ったりしたら癇癪を起こすのだろうか。
私には想像がつかない。

私は、(洗濯部長の)爺さんが洗濯物をたたんでいる側で、「休憩!」と言ってごろんと横になる。
残り少ない人生、疲れたときは遠慮せずに休むに限る。
命あっての物種ではないか。

爺さん、時々鬼の形相で家族を威嚇することがある。
誰も怖がらない。
私も喧嘩を買う気にはなれない。
どうぞご勝手に!という顔でその場を去るだけ。
Photo
長い年月、我慢、我慢で生きてきたような気がする。
(相手もそうだったのかも)
自分の居場所はここしかないと思っていた。
古いなあ、古いなあ、古すぎる。
とにかくもう、我々は時代遅れなんだ。

こき使われているという人も、我慢強い人なのだと思う。
意地で頑張ってきたのにちがいない。
ここまで来たんだ、お互いに頑張ろう、とエールを送るしかないのか。
ただし、自分の身体には気を付けてほしい。

老妻をこき使うという旦那に言いたいことがある。
「いったいどういうつもり?奥さんが倒れても、あんた一人で生きて行けるの?」

 ゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

参加しています。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 80歳代へ  にほんブログ村 その他日記ブログへ 

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

レジ袋ふうエコバッグ

新聞紙バッグ作り方