カテゴリー「日々の思い」の128件の記事

2020年7月 3日 (金)

髪も洗えん!

最近になって、かりん孫から言われたことがある。
「ばあちゃんは、むかし御霊屋(仏壇)の前で怒って言うとったよ。”あんたが死んで行ったために、私は髪も洗えんやんか!”と」
(死んで行った”あんた”とは、孫たちの母親のこと)

そんな見っともない姿を、幼い孫に見られていたのか。
孫は何歳くらいだったのだろうか?
「わたしは全然覚えていないよ」と自分の愚かさ、弱さを恥ずかしく思った。

* * * 

昨日は美容室でパーマをかけてもらって来た。
全体を短くした、くるくるパーマ。
何年ぶりかにしてもらった髪型は、オールバックと言うのだろうか。
いかつい感じの婆さんになった。

* * * 

早ければ来週中に、じいさんがこの家に帰ってくるかも知れない。
じいさんは、昨日も主治医から、「自宅退院だからね」と言われたそうだ。
点滴薬も、内服薬に移行しやすいものに変わったという。
退院後は、内服薬を長期間飲み続けなければならないそうだ。

P7030381-640x607

いよいよなのか・・・
老々介護の現実が迫ってくる。

髪を洗うヒマぐらいはあるだろうけれど、
忙しくなるのは覚悟しなければならない。
短かいパーマにしたのは、手入れのことを考えたためでもあるが、
いかつい感じになるのを承知で、せめて髪型だけでもイメチェンしたかった。
つれあいの介護と言う未経験の道に足を踏み入れる不安に包まれている自分に、喝を入れるためでもある。

家のじいさんは、くるくるパーマを「ローカルパーマ」と言ってあまり好かなかった。
田舎婆さんふうパーマだと、言いたかったのであろう。
美容室から帰って、じいさんにメールをした。
「貴方の嫌いなローカルパーマにしてきたよ」
じいさんの返信は
「いいんじゃないの?」だった。

ローカルパーマの猛婆が、今どんな気持ちでいるか、
家のじいさんは、そこまで考えていないような気がするけれど。

* * * * *
 
ランキング応援まことにありがとうございます

にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ
にほんブログ村

2020年5月11日 (月)

ころっと忘れていた

お昼ごろから暑くなってきたので、ブラウスを夏物に着替えました。
ごろんと畳の上に寝転がったりして、ダラダラと過ごしました。

ブログにもろくなことが書けそうになく、タブレットを開いて去年の5月のブログを読み返します。
5月5日の記事を見て、あっと声を上げそうになりました。

汗ばむほどの陽気です。
涼しくなった頃、実家のお墓にひっそりお参りして来ようと思います。
母が亡くなって、まる5年です。
あの年の5月5日もいいお天気でした。
いつもはお線香も持たずに「素参り」という参り方をしていますが(笑)今日はお線香をあげて来ます。

5月5日は私の母の命日なのに、今年はすっかり忘れていたのです。
お墓参りもしませんでした。
ただ、例年通りちまきを買って、家族みなで食べました。

Photo_20200511191201

↑去年のブログの写真のちまきです。

親の命日は忘れていたのに、ちまきだけは食べ忘れなかったです。
お母さん、本当にすみませんでした。(-_-;)

* * * * *

ブログランキングにゆっくり参加しています

にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ
にほんブログ村

 

2020年5月 7日 (木)

やっぱりあった売っていた

昨日は、農業用品店へ行くじいさんについて行った。
込んでいたら、車の中にいればいいと思った。
客はあまりいなかったので、車から降りる。
野菜苗は、広々と屋外に並べられているから少し安心。

いちばん欲しかったタカノツメの苗は、まだ入荷していなかった。
「何でもいいから、辛いのを買って行きましょ」と他のを買うことになる。
ミニトマトや紫とうがらしの苗も買った。

P5070349-640x461

花はサフィニアにした。(写真は無し)
例によって、レジの列に間をあけて並ぶ。
レジ台の脇にふと目をやると、あったのだ、50枚入りの使い捨てマスクが。

不織布のマスクは薬局にはないけれど、
どこか思いがけない場所で売られているような気がしていた。
私の前に並んでいた人の籠にもマスクが入っていた。
値段は50枚入りで2272円で、思ったより安価で入手できた。
ただ、レジの順番待ちの他の人々が、マスクに無関心なのが意外だった。

家に帰ってから、近所のB級衣料品店に偵察に行ってみる。
我が家の備蓄マスクは、昨年の秋の終りにこの店で買った物だ。
ここにもマスクが戻ってきているのではないかと思ったのだが、
やっぱりあった!箱入りではないが、マスクがどっさり・・・

P5070350-640x480

ポリウレタンの洗えるマスクは1枚(税抜)100円、
不織布の5枚袋入りは(税抜)300円。
一人それぞれ5パックまで買っても良いのだ。
この店の客も、マスクに群がったりせず、
パンツや靴下やタオルを籠に入れた人の方が多かった。
マスクなんか、もう売られていて当然だったのだろうか。

昨日買ったのは全部中国製だが、髪の毛が入っていることもなく、カビも生えていない。
何日かこのまま置いといてから使えばいいのだ。
使い捨てマスクを3回も洗って使っている孫には、
「洗うのは2回でいいよ」と言っておいた。
「1回で捨てなさい」とはまだ言えない。

食べ物の買い出し以外は家に籠りきりで、
布マスクばかり縫っている間に世の中は動いていた。
私はもうマスクは縫わない。
(縫ったマスク、数え直したら29枚にもなっていたし)

たいへん遅くなりましたが、「何故マスクばかり・・・」の記事のコメントの返信をさせて頂きました。
1ページにまとめての返信で申し訳ありません。

* * * * * 

にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ
にほんブログ村

2020年4月17日 (金)

ハラハラする時

スーパーのレジやサービスカウンターに、飛沫防止の透明ビニールが施されました。
床には「こちらでお待ち下さい」のマークがあります。

昨日行ってきた近くの雑貨店も同様です。
レジに並ぶ人は、1メートルの間隔をあけるので行列が長くなります。
みんな黙々と順番を待っていますが、私の後ろに並んでいる人は近くに寄りすぎ。

マスクはしているけれど、(もう少し離れてくれませんか)と心の中で言いたくなるほどでした。
レジで計算してもらう時は、いっそう間近に迫って来られ、せっかくの感染予防策が無駄になっていました。

スーパーで買い物をしながら、大声でおしゃべりする人もいます。
こんなところでしゃべらなくても、とハラハラします。
この町では今のところ感染者が出たという報告はありませんが、もしかして無症状の人が?とか、自分もひょっとしたら?という思いから逃れられません。
心配のし過ぎでしょうか。

* * *
 
大したことではないですが、気になっていたことを片つけました。
朝晩の血圧測定の結果を、折れ線グラフにしました。
3月半ばからひと月の間、気持ちが落ち着かないので、雑なメモにしてあっただけなのでした。

次の通院は5月の連休明けです。
その頃には、新型コロナ肺炎はどういう状況になっているでしょうか?
この自分は、はたして元気でいることができるのでしょうか?
今日一日が無事に暮れますように、と、願って過ごす毎日です。

Photo_20200417144701

雨の降り方が強めになってきています。

* * * * * 

にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ
にほんブログ村

2020年4月 2日 (木)

弁当袋の寸法を詰める

昨日は、かりん孫の入社式だった。
グループ全体の入社式は中止となり、内輪の?ささやかな式だったようだ。
前日の夜まで「誓いの言葉」の暗唱をしていた。
噛まずに言えたのかどうか聞いたけど、
「つかれた、つかれた」の連発で答えなかった。

私も疲れた。
電車は込むのだろうな?
マスクはして行った。
除菌ジェル、除菌ウエットティッシュの携帯用も持たせた。
けど、怖いよ、心配・・・

何かしてた方がいいので、
こまごました自分の持ち物の整理をした。

午後からは、じいさんのヘアーカットをした。
雨が降っていたので、軒下でした。
前回は、前頭部とてっぺんだけは9ミリにカットしたが、
全体が短い方が良かったというので刈り直した。

今日はスーパーの買い物と、ミシンで直しもの。
かりんが今日から弁当持参だという。
高校時代のランチバッグは捨ててしまった。
巾着袋がいくつかあるが、大き過ぎる。

今日は「大は小を兼ねる」と年寄くさいことを言って、
選んだ一つにお弁当を入れて行ったが、残りの巾着の寸法を小さくしたい。
何でも良いから、用事があるのはありがたい。

P4020319-640x480

コロナ禍のTVの報道や、ネットのニュースを見ると疲れる。
先が見通せないのが辛い。

* * * 

コメント欄は開いています。
今はまだ、お返事を書かせて頂く余裕がありませんが、
おゆるし下さいますようお願いいたします。

* * * * * * 

にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ
にほんブログ村

 

2020年3月 4日 (水)

卒業式の着物と袴のレンタルをキャンセルした

ダ〇〇ンのモップ交換の日なので、
いつものように自分でモップを外して袋に入れ、
代金をお盆にのせて玄関の上りかまちに置いた。

午前10時、
来てくれたダ〇〇ンおばさんは、マスクで顔が半分隠れていたけど、
にこやかに挨拶して交換してくれた。

私もマスクのまま、あまり近づかないようにして
「こんな大変な時にありがとうございます」
と、お礼を言った。

11時、
貸衣装店に電話。
下の孫の卒業式の、着物と袴のレンタル予約をキャンセル。
美容室も経営しているので、
当日の結髪、着付けの予約も断った。
支払い済みの着物、袴のレンタル料は、全額返してくれるとのこと。

P2240344-640x523

大学の卒業式は今のところは予定通りあるらしいが、
孫は行かないときっぱり。

何ともいえない寂しい気持ち。
孫の袴姿を楽しみにしたわけでもない。
卒業式を見たかったとも思わない。
(入学式にもついて行かなかった)
それでも、この空しさは何なんだろう。

孫は腹を立てている。
子どもや若い者に出かけるなというが、
おじおばやじじばばこそ出かけまくっているではないかと・・・

家の爺婆は出不精だが、
それでも、今月は自治会役員会が2度ある。
やがて年度末総会も行われるだろう。
これらの集まりを全部中止するというのだったら、
大したものだがと、私も思う。

パソコンが調子悪かったので、気が滅入っていたが、
何とか直ってくれた。
こんな小さなことが、すごく嬉しい。

* * * * * 

にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ
にほんブログ村

2020年2月29日 (土)

断る勇気

 こともあろうに、今日の土曜日に歯医者の予約をした家族がいます。
ブリッジの下辺りが痛いと言いまして。

「土曜日というのは、ふだん働いている人が行く日なん。何でもっと早く平日に行かなかったんや?」
「狭い待合室でコロナうつって来ても知らんよ。死ぬよ」
若い者たちからぼろくそに言われた家族は、朝から歯科医にキャンセルの電話をしていました。
今日は痛みもないそうで、正解だと思います。
Photo_20200229101201
 今月、私は、教会出席は一回だけでした。
マスク、帽子、手袋、で武装?しても、不安いっぱいです。
JRの車中はいつもがら空きですが、降りる駅は遠方からの観光客がいます。
下りの階段は、手すりにつかまらないと危険です。
手袋をはめていても、ずっとはめたままではおられません。
万一を思って外出を諦めました。

 地区の女性老人の「双葉の会」は相談の上で中止。
その夜から風邪微熱でダウンしました。
三日間寝込んでやっと一日中平熱になりました。

 今週の25日(火)の老人会は病み上がりのため欠席、
27日(木)恐る恐るスーパーに買い物。
何とかぶり返さず週末を迎えましたが、明日の教会はまだ欠席します。

 もう一つ欠席を告げた集まりがあります。
3月の友だち4人での食事会です。
元気な人たちなので、この時節でも予定通り行うとのことでした。

 ずいぶん悩みましたが、風邪のぶり返し不安を理由に断ったら、集まりを中止にするらしいです。
何だか悪いな、という気がしますけど、肩の荷が降りたという感じです。
断るには、勇気が要りました。
散々悩んで、最後には「自分の身体の弱さ」「臆病」を前面に出して断りました。

* * * * * 

にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ
にほんブログ村

2020年2月24日 (月)

しみじみと老いを感じています

 高熱は出なかったのに、なんという不快な症状の風邪だったことでしょう。
朝は元気でも、夜になると(まだ、だめだ!)となさけなく思っていました。
自分の免疫力の衰えを知りました。
年を取ったんだ、弱っているんだということが、よくわかりました。

 今日は陽ざしも暖かないいお天気なので、安心して庭に出ました。
鉢植えのパンジー、ビオラ、ジュリアンの咲き終わった花を摘み取って、水やりをしました。
新型コロナウイルス肺炎の騒ぎが信じられないような、春らしい陽気です。
家に入れば、TVがほとんどそのことばかりを話題にしていますけれど。

P2080291-640x461_20200224144901

 ところで、私たちの老人会のメンバーは、町内のある私立の保育園から、行事の来賓として招かれています。
欠席のお断りを入れなければなりません。
このような時期に、外部からも人を集めて行事を行うなんて、大胆過ぎます。
中には不安に思われている職員や、保護者の方があると思います。
何事もなく、楽しい行事として、園児や保護者の思い出に残りますよう願っています。

 私は明日の老人会の総会も欠席します。
たとえ心配性と笑われようと、しばらくの間は、人中に出る気にはなれません。

* * * * * 

にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ
にほんブログ村

2020年2月 5日 (水)

お雛さまを飾りました

 お雛さまを飾るのも今年が最後です。

P2050262-640x483

 近年は、お雛さまの入った箱の持ち運びさえ大仕事のような気がしていましたが、
下の孫が学校を出るまではと、何とか頑張って飾ってきました。
少しでも軽くしたくて、ガラスケースを解体してしまってから何年になるでしょう。
孫たちは、お雛さまには殆ど無関心で、
重いケースに入っていた頃も、飾るのはいつも私でした。

 母屋の座敷、出窓、老人用の別棟の床の間、
次に別棟の居間のテレビ台の上というふうに、
居場所を転々としたお雛さま・・・
ガラスケースを解体したのは、私が重い物が持てなくなったのと、
テレビ台の上段に飾るためでした。

 毎年、ひな祭りが過ぎたらすぐにしまってましたけれど、
今年は、少しゆっくりしていてもらうつもりです。
下の孫の卒業式、そして入社式も終わってから、
お雛さまとお別れしようと思っています。

P2050259-640x480-530x435

 今日は、珍しく下の孫がほんの少しだけ飾る手伝いをしてくれたのですが、
男雛を「このおっさん」と言ったので、大笑いになりました。
イケメンの男雛を「おっさん」とはねえ。
でも、最後の雛飾りがしめっぽくならずにすみました。

 雛人形の贈り主の母方のお祖母ちゃんも、一昨年、あの世の人となってしまいました。
私たち祖母二人は、お互いに「お母さん」と呼び合っていましたが、
「お母さん、私も重いものが持てなくなりました。お雛さま、今年でおしまいにさせて頂きますね」
と、お詫びしたい気持ちでいます。

* * * * * 

ブログランキングでお世話になりましてありがとうございます。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ
にほんブログ村

にほんブログ村 シニア日記ブログ 80歳代へ
にほんブログ村

 

2020年1月27日 (月)

別れを覚悟しながら

毎日、夕方になると疲れが出てきます。
流しの前に立ってする作業が辛くなります。
夕方の辛さを軽くするにはどうしたらいいのか。
腰かけて作業できる椅子が要るなあ、と考えています。

夕方の負担を少し軽くするために、
朝からキャベツを丸ごと煮ています。
今は火にかけてありませんが、熱々の鍋に鍋布団をかけた状態です。

今日のお昼は3人で、下の孫娘がお昼にバイトから帰ります。
孫は目下、バイトに張り切っています。
4月に入社して、その後なるべく早くこの家を出て自活したいとのこと。
そのための準備金を貯めようとしています。

0歳から面倒を見た孫の巣立ちです。
自分の子どもが巣立って行った頃は、
親の自分もまだ若かったから、
寂しくても元気に立ち直ることが出来ました。

この年になっての別れは、心にも身体にもこたえるでしょう。
別れの時が来るぞ、覚悟していろよ、と自分に言い聞かせながら、
私たち年寄りは暮らしているところです。

P1270300-640x480

半幅帯のポシェットが出来ました。
マチ無しのペタンコバッグです。
文庫本を入れて撮りましたが、
スマホを入れるためのポシェットです。

* * * * * 
 
ブログランキングでお世話になりましてありがとうございます。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ
にほんブログ村

より以前の記事一覧

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

レジ袋ふうエコバッグ

新聞紙バッグ作り方