カテゴリー「日々の思い」の130件の記事

2019年6月 1日 (土)

重たい話でした


P1180408-640x480 

2~3日前から、同じ番号で電話がかかっていました。
携帯電話の番号です。
わが家はいつも留守電にしてあるのですが、電話口に行く前に「ただいま留守に・・・」という音声が流れる時が多いです。
その番号の電話の呼び出し音も、受話器を取る寸前に切れて行きました。

昨日は、たまたま電話の近くにいた時だったので、間に合って取ると、いっしょに学校に通った幼馴染でした。
電話は、旦那さんの介護がだんだん大変になってきたという内容でした。
「一人で抱え込まないで、公的支援も頼んで無理しないでね。自分たちだってもう身体がきつい年なんだから」
と、励まします。

幼馴染は、3年前には長女を亡くしました。
家には旦那さんの未婚の弟が居候のような形でいます。
若い時から定職に就いたこともなく、兄から小遣いをもらって、ぶらぶらしています。

昨日の電話は、途中で来客があったらしく尻切れトンボに終わりました。
他に言いたいことがあったに違いないと思い、今朝はこちらから電話しました。
幼馴染が本当に話したかったのは、介護の辛さではありませんでした。
働くこともせず、兄からの小遣いを当てに暮らし、感謝するどころか、兄夫婦に嫌味を言い、威張り散らす義弟から受けるストレスでした。

先日の川崎スクールバス停の事件のあと、私は幼馴染が抱えている苦しみを思い起こしました。
今朝の電話は、事件についての話になりました。
幼馴染は、事件の容疑者の叔父叔母の労苦を自分のことのように感じると言います。
身を切られるような思いになると・・・

何もしてあげられない無力感を覚えながら、私に言えるのは「あなたの苦労を忘れてないからな、心で応援してるのをわかってな」でした。
「いつでも電話してな、聞くことだけしかできないけど」
「悪いなあ、嫌な話を聞いてもらって」
電話はいつもこんなやりとりで終わります。

家は常に留守電にしてるけど、こういう電話もあるから留守電を解除したほうがいいかと迷います。

* * * * *
 
お読み下さいましてありがとうございました。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村

2019年5月29日 (水)

私たちローバの心配事

ローバが良いかな?

自分は正真正銘の老婆に違いないけれど、自分のことを「老婆」と書くのは嫌だ。
今朝、流しの前で食器を洗いながらふと思いついた。
「老婆」と書かずに「ローバ」と書けばいいんだ、と。
わたし、今日から「ローバ」で行きますから。

以上は、2018年5月3日に書いたブログ記事の一部です。
あれから1年余りが過ぎ、ローバはますますローバらしい日を送っています。

ローバたち仲良し4人組の一人の物忘れが、ひどくなりました。
仲間のMさんが心配して、一日おきくらいに私の所に電話をしてきます。
今日の電話では、物忘れの激しくなった仲間のことを、
彼女の旦那さんにそれとなく話してみたと言っていました。

言いたいことをわりとずけずけ言うMさんですが、
やっぱり当り障りのないことしか言えなかったようです。
「奥さんは、認知症の初期ではないでしょうか」とか、
「物忘れ外来に連れて行かれては?」などとは、なかなか言えませんもの。

「このまま放っておけないけど、どうしたらいいのか?」
「旦那さんも体調が万全ではないし、共倒れになったら大変だ」
「地域包括支援センターに相談してほしいなあ」
二人のローバは頭を悩ませています。
明日は我が身ですからねえ。

* * * * * 

ブログランキングにゆっくりと参加中です。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ
にほんブログ村

2019年5月25日 (土)

今頃あの人どうしてる

夫さんが見ているTVの騒がしさから逃れ、
廊下の椅子に腰をかけ、
タブレットで一年前のある日の自分のブログ記事を見た。
以下はそのコピー。

* * * * *

2018年5月10日 (木)

怖いなあ 怖いなあ(;一_一)

昨日の朝の電話は怖かった。
遠くに住む高校時代の同級生からだった。
この人の話は以前から筋が通っていない。
認知症の初期なのか、被害妄想症なのかわからない。
まるであり得ない作り話のような内容の電話なのだ。
あら筋だけでもここに書こうとしてもとても無理!

いったいどうなってしまったのだろう。
家族との関係は?
きちんと治療を受けているのだろうか?
公的支援を受けているのだろうか?
それを聞き出そうとしても、まるで話が噛み合わなかった。
怖いなあ、怖いなあ、という思いしかなかった。
(コピー終り)

* * * * *

時々、ショートステイか何かに行っているようだった。
施設と自宅との区別がつかなくなったのか、
「家ねえ、2階建てだったのに、いつの間にか3階建てになってるの」とか、
「トイレが六つ、お風呂が二つもあってねえ」
と、驚いているようだった。
今年の2月ごろ?の電話を最後に、同級生からの音信は絶えた。


P1180376-640x480


もう、自宅には帰らなくなったのであろう。
独り暮らしの、もう一人の同級生の所には、私宅への何倍も電話があったのだが、
そこにも何の音沙汰もないそうだ。

私たちに語っていた、あの筋の通らない不思議な物語は、
今も誰かに向かって語られているのであろうか?
「そうなの、そうなの」と、静かに聴いてもらっていると思いたい。

* * * * *
 
ブログランキングにゆっくり参加しています。
クリックして下さる方々に感謝いたします。

 にほんブログ村 ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ
にほんブログ村

 

2019年5月18日 (土)

直せない失敗

友だちに送信した携帯メールを読み返してみた。
あらら、間違えたよ。
「・・・・腑に落ちないこと」と入力したつもりが、
「・・・・腑に落ちないなこと」になっている。
やらかしたな、「な」の1字が余分だ。
ブログの間違いは送信した後でも編集し直せるけれど、メールはそうは行かない。
気にしない、気にしない、大したことないさ。

でも、ほんとうは気にしてる。
最近、物忘れのはげしくなった別の友だちのことを心配してやり取りしたメールなのだ。
人のことを心配しているけど、自分はどうなのさ、と、思ってしまった。

* * * * * 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ
にほんブログ村

2019年4月24日 (水)

お先に頂きます


今日は家にいる下の孫と一緒に昼食の準備をした。
あらたに作ったのはピーマンと人参炒めだけ、他は冷蔵庫の中の物ですぐに食卓は整った。
じいさんがいない。
食べ物が並ぶ少し前に、庭に出て行ったのだ。

「あの人は、いつもご飯が食べられるようになると居なくなるな」
「あれは安心して外に出て行くんだな」
孫に言ったら孫も、
「そうなのさ、今日の昼も無事に飯にありつけるなって、安心するのさ」と、笑う。

「ご飯だよって、呼ばないよ。先に食べようよ」
二人で「いただきま~す」だ。
表庭にいるようだ。
いったい何をしているのか。
呼ばない、呼ばない、どうぞご勝手に・・・

5分後、ガラス戸の向こうに姿が見えた。
外流しで手を洗っている。
家に上がって来て、言った。
「通りかかったら、一本でも草を取りたくなって」
やっぱりね、変な習性、と思ったけど黙っていた。

こちらが何か他のことをしていて12時近くになりでもしたら大騒ぎになる。
「お~い、昼だぞ」ってことに。
もう、腹も立たない。
面白い人だな、と観察してるさ。

* * * * * 

にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ
にほんブログ村

2019年3月25日 (月)

気持の赴くままに(^_^;)


朝ドラに影響を受けて、つい買ってしまいました。

 

P1180216-640x480

 

「カップヌードル ミニ」です。

懐かしい味でした。

おじいさんも「旨いのう」と言ってました。

「カップヌードル ミニ」は、容器も蓋も紙です。

いっしょに可燃ごみとして捨てることができて簡単。

少し前には、「チキンラーメン」を買って食べました。

どちらも、朝ドラを見ていなかったら、食べなかったかもしれません。

今期のドラマも、もうすぐ終わります。


おじいさんがずっと家にいて朝ドラを見るようになって、20年以上になります。

私が、日に3回、おじいさんと食事をするようになった年月と同じです。

はたしてあと何年、こうしていられるか、と思いますけれどね。


今日はコメント欄を開けてみます。

ココログは、まだ本調子ではないようなので、書き込みできなかったら、お許しくださいね。


     * * * * *

にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ
にほんブログ村

 

 

 

2019年3月 2日 (土)

勝手に梅まつり


梅の花が次々開いてきます。

P1180166_640x480_2

開く時期が来たのだから、当たり前のことではありますけれど。

P1180165_640x480

テレビで、どこかの梅まつりのニュースをしていました。
そうだ、今日は我が家も「梅まつり」ということにしましょ。
別に行事もせず、ごちそうも無し、そんな梅まつりって馬鹿みたいですが・・・

それはそうと、明日はひな祭りではないですか!

P1180164_640x480

この雛人形を買って下さった孫たちの母親のお母さんは、昨年亡くなりました。
寝込むこともなく、入浴中の急逝でした。


ひな祭り、3月3日は、私にとって特別な日。
母親を亡くした孫姉妹を、この手で育てるのだと心に決めた記念日です。
母親の葬儀などのため病院に預かってもらっていた乳飲み児のかりん孫を、手元に引き取った、かりんにとっての初節句の日でした。
もう、21年たってしまいました。
あの日、生後1か月足らずだったかりん孫は、あと一年学校に行かねばなりません。
就活、就活と忙しい春です。

やがて二人はこの家を出て行くことでしょう。
出て行くとしたら、我々にまだ少しは元気が残っているうちにしてくれ、と私は言っています。
だって、爺婆がヨボヨボになってから逃げ出すようなことをしたら、人として見っともないではありませんか!

 ゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

高校時代の同級生が二人、この冬に老人ホームに入りました。
一人は認知症になり、自宅と時々行っていたらしい老人施設の区別もわからなくなっていました。

もう一人は、家事を卒業し、老人ホームに入りたい、と以前から言っていましたが、小さな幸せを求め、新しい体験をしたいと、先月のはじめに夫婦で介護付き有料老人ホームに入りました。

私は、この家でまだまだしなければならないことがあります。
身体にはいろいろと故障が出てきましたが、家事は倒れるまですることになるでしょう。
他にも、あれも、これもとしたいことが・・・
おもに身辺整理ですけれどね。

穏やかな日になりました。
あすの後半からまた雨とか。
今日はこの明るい日差しをいっぱい浴びておきたいと思います。
何しろ「梅まつり」ですからね。

          


にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ
にほんブログ村

2019年2月26日 (火)

2月ももうすぐ終る

28日しかない月なんて短かすぎて嫌!と思ってしまった。
こんなこと思ったのは初めてだ。
年を取ったからかなあ。

二日がかりで、柚子の皮の甘露煮を作った。

P1180132_640x480

かけらを味見、
まあまあの甘さ、
これくらいで丁度いいだろう。

煮込むときは鍋布団が便利、
しばらく煮て火を止め、テーブルの上に鍋布団をかぶせて置くと焦げる恐れもない。


P1180133_640x480

柚子はまだある。
柚子ジャムばかり作ってもなあ。
作ってみたいのは、柚子の皮の佃煮である。
やってみようか?
失敗してもいいではないか。

失敗を恐れず始めた着物リメイク、今日は衿付けの仮縫いをした。
ありあわせの白布を斜めに使ってスタンドカラーの仮縫い。

P1180135_640x480

襟幅を3cm5mmにしてみたけど、少し広すぎるような気がする。
3cmにしていいのかしらん。
本物の襟も斜め布にした方がいいのかな?
袖はまだ、切りっぱなしのままである。


P1180136_640x480

 ゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

庭の福寿草は日に日に立派になる。

P1180137_640x480_640x480

葉の成長が目立つ。

P1180141_640x480
「福寿草!福寿草!」と日に何度も表庭に出て行く。
梅の花はまだ開かないが蕾がふくらんでいる。
お隣の梅はもう開いた。

P1180143_640x480
わが家の梅は、毎年後れを取る。
別に競争してるわけではないけど。(笑)

 ゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ
にほんブログ村

2019年2月21日 (木)

今日は休養日★着物リメイク途中


昨日はお墓参りと買い物をすませました。
墓地の通路は砂利道なので歩き難く疲れます。
おじいさんも足が疲れたそうです。
つい墓じまい、という言葉が口に出てしまい、おじいさんが強く否定するかと思ったら、「う」とか言っただけでした。
この人の「う」は肯定なのか否定なのかはっきりしません。
私はそれ以上は踏み込みませんでした。
とにかく今日はどこにも行かず、家で休養です。


和服リメイクはのろのろとした進行です。
上着の襟や前中心の打ち合わせをどうするか考えていますが、肩当というか、力布(ちからぬの)を付けた方が良いと思いました。

P1180090_640x480

完全にはほどかないリメイクなので、やりにくい点もあります。
ハンガーにかけた方がよくわかりますわ。
前から見ると↓P1180093_640x480
後の方は↓

P1180094_640x480

表に響かないように、所々を裏布に千鳥掛けで止めつけようと思っています。
今日は休養日ですから、しつけ糸で止める程度にします。

 ゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。。

にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ
にほんブログ村

2019年2月20日 (水)

福寿草開花★白髪自慢?

2月18日月曜日、庭の福寿草が遂に開花しました。


P1180083_640x479

半開きの花もあります。


P1180077_640x479

福寿草が春を告げてくれています。

その前日の17日の夜には、同じ年の幼馴染から嬉しい電話をもらいました。
今年、何故か年賀状をもらえなくて心配していたのですが、2月になってから有料老人ホームに入ったとのこと。
いろいろと家庭の事情もあり、、身体も故障が多い人なので、無事に入居出来てよかったです。
本人も幸せそうで、話す声が以前と全く違っていました。

 ゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

一方で、この私は、まだまだ「祖母ちゃん母ちゃん」を続けています。

孫の大学生かりんの就職活動が始まり、今週はある企業に職場体験に行っています。
今日はその会社の営業マンに連れられて官庁回りとか。
就活スーツで出かける寸前に、かりんの頭のてっぺんにちらほら見える若白髪を「白髪隠し」の液で黒く塗ってやりました。
「白髪の婆さんに白髪を黒く塗ってもらう孫なんて・・・」と私は苦笑し、かりんも「悲しくなってくるよ」と笑ったのでした。

昨日は老人会の総会に、じいさんと揃って出かけました。
向かい側に座っている人から「○○さんの髪、きれい!」と褒められましてね。
「白く染めとるん?自然に白くなったん?」などと聞くんですよ。
白く染めるなんて、そんな馬鹿な、と言いたかったけど、あははと笑っておきました。
これからはこの白髪を自慢にするかな?と思ったりもして・・・(冗談です)

 ゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ
にほんブログ村

より以前の記事一覧

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ブログ出発点

レジ袋ふうエコバッグ

新聞紙バッグ作り方