カテゴリー「日々の思い」の76件の記事

2017年11月17日 (金)

やりくりを生き甲斐に (ーー;)

たった今、裏庭から草刈り機のエンジン音が聞こえてきた。
エンジンかかったんんだ!
まぐれだろうか?

「草刈り機がいよいよダメだ、鎌で刈るしかない」と、ぼやく爺様に、
「しばらく買えないわ、物置の屋根直しにお金が出て行くから」
と、言ったばかりだった。

物置が雨漏りするようになり、修理の見積もりをしてもらったら12万円かかるということだった。
痛いけれど、雨漏りのする物置のままでは困ってしまう。
せめて、あとウン年でも使いたいと思って、屋根直しを頼んだのだ。Photo草刈り機は春まで我慢してもらおう。
今度買う時は、女にも使いやすい軽いのがいい。
春が来るまでにお金を貯めよう、と思った時に気がついた。
来年一月は自家用の軽自動車の車検だ。
ありゃあ~!

けれども、その車検も何とか乗り越えよう。
そして、草の伸びる季節までに草刈り機のお金貯めよう。
やりくりを生き甲斐にして頑張るゾ。

認知症予防にもなるやろか?

 ゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 80歳代へ   

2017年11月15日 (水)

鬱陶しいったらありゃしない

化粧品の宣伝の電話がかかってきた。
「奥様でいらっしゃいますか?」
「いいえ、私は留守番の年寄りなんです。伝えておきますから」
「では、よろしくお願いいたします。ごめん下さいませ」

向こうさん、だまされて、あっさり電話を切って行ったよ。
奥様って誰のこと?
あの世に行っちゃった息子の嫁でしょうね。
「伝えておきます」なんて言ったけど、ホラーな話よね。

ところで、年寄りも化粧くらいはするわよ。
ま、いいや、しつこくなくて助かった。

Photo_2

こういう電話の後、家の爺様必ず聞いてくるの。
「誰?」または「何?」って。
説明するのが面倒くさくてね。
「誰でもいいでしょ、あなたには関係ない」
なんて言ったらエライことになる。
爺婆戦争勃発ね。

鬱陶しいったらありゃしない。

 ゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 80歳代へ   

2017年11月 8日 (水)

普段の暮らしに戻りました

高校時代のクラス会を終えて、昨日午後4時に帰宅しました。
家に着いたらお米を研いで、ジャガイモを洗って、などと夕食準備の段取りを考えながら帰って来たのでした。

遅番の姉さん以外の家族で夕食をすませ、一番風呂に入らせてもらって寝ました。
長島温泉spaに行ってきたのに、団体行動はやっぱりあわただしいので、ゆっくりと家風呂の良さを味わった夜でした。(笑)
今朝は居間のテーブルを炬燵仕様に変えました。
これで、いつ寒さが来ても安心です。

たくさんのコメントを頂きありがとうございます。
小旅行の後かたつけをすませてから、お返事を書かせて頂きますので、少しお待ちくださいますようお願いいたします。
今日は静かな雨降りです。
ご機嫌よくお過ごしください。

 ゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

参加しています。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 80歳代へ   

2017年10月31日 (火)

黙っていようと思う

ある会の行事が、また一つ終わった。
反省すべき点は少なくないが、反省会では黙っていようと今から決めている。
あれこれ言われたくない人の方が多いのがわかったから。

行事の最中に気づいたことがあったので、ついひとこと感想をもらしたら反発を受けた。
ウン十年生きて来て、自信の塊のようになった人もいるだろう。
私みたいに、何事にも自信が持てなくて、人さんから何か言われたら「あ、そうですか」と自分の思いを引っ込める人は少ないようだ。

これから先も、自分はすぐに後ろに下がってしまうと思う。
ごたごたもめるのは嫌だし、面倒くさくなってくる。
さばさばした気持ちで行こう。
こんな愚図な自分が行くべき一筋の道は、細々としてはいるけれど、真っすぐに見えているから。

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

参加しています。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 80歳代へ   

2017年10月30日 (月)

思うこと

メールなどめったにせず、
電話は家にいる家族に、
「〇時のJRで帰るわ」と伝えるくらいのガラケー携帯だが、
忘れて持たずに外出した時はとても不安になる。
考えて見れば馬鹿馬鹿しいことだ。
ガラケーに頼りすぎだし、
ガラケーによって縛られ監視されているようなものだ。
ガラケーなしで暮らしていた頃が懐かしい。
もう、あの頃に戻ることはできないのであろうか。

  ゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

参加しています。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 80歳代へ   

2017年10月29日 (日)

夕空晴れて

台風22号は、21号とはくらべものになりませんでした。
雨の量は21号の半分にも満たなかったのではないでしょうか。
夕方4時半ごろにはその雨も止みました。


P1160905_640x480

P1160902_640x480

P1160904_640x480
東の空には大きな虹がかかりました。

P1160901_480x640


雨上がりの美しい夕空と虹を見たのは、ある心配事が解消したすぐ後でした。
先週の台風21号で、幼馴染のまっちゃんの住む町では、およそ700戸もの住宅が床上床下浸水しました。
まっちゃんの家はどうだったのだろうと、ずっと気がかりでしたが、思い切って今日電話してみたら、「ありがたいことに助かったんやわ」とのこと。
よかった、よかった、と、私も助かった思いがしたところだったのです。


まっちゃんは、2年間の看病の甲斐もなく家族を亡くしたばかりで、気落ちして体調を崩しています。
被災された多くの方々には悪いけれど、まっちゃんが被害を免れたことが何よりうれしかったです。
「あなたに電話したすぐ後で、大きな虹を見たよ。こころが晴れたわ」と、あらためて電話したい気持ちになっています。
 
 ゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

参加しています。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 80歳代へ   

2017年10月22日 (日)

嵐が近づいている

先週の14日(土曜日)から9日間、ずっと雨。
そして、超大型、非常に強い台風が近づいています。
横殴りの雨の中、おじいさまは合羽を着て、市議選に立候補する知人の出陣式に出かけました。
義理堅い人ですから。

久しぶりの強い台風接近に緊張しています。
畑の中の古い一軒家、平屋建てだからましですが、風当たりは相当なものです。
近くの2級河川は大丈夫だろうか、これも不安材料。
けれども、じたばたしても仕方がありません。
最後は逃げるだけです。(今まで避難したことはありませんが)

食べ物は足りるかな。
冷凍庫はほぼいっぱいだから何とかなると思うけど、好き嫌いを言うやからもいるからなあ。
こんな時に文句言ったら言い返してやろう。
「あんた、買って来な、自分でなんとかしなよ」

やっぱりイラついてるのがわかります。
そうですよ、雨ばかりだし、腹立たしい総選挙があるし、おそがけの台風まで来るろくでもない秋です。
でも、こんな時こそ前を向いて、と自分に言い聞かせています。

 ゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

参加しています。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 80歳代へ   

2017年10月14日 (土)

選挙公報はまだだけど

昨日の夕方、期日前投票に行ってきた。

投票入場券が届いたのは、期日前投票が始まった11日の午後だった。
その日は、年寄り二人の世帯の分だけで、息子の世帯のは届かなかった。
どういうこと?と思って選管に電話で尋ねた。
「届かないというお尋ねが多いのですわ」と係の人は正直だった。
郵便局が忙しくて遅れているのかも知れないという話になる。
誰かさんの都合で解散なんかするから、大変な思いをしている人たちがいるのだろう。

息子の世帯の投票入場券は、二日遅れの昨日、やっと届いた。
夕食の準備ができたので、「今から投票に行こ!」と、姉さん孫を誘った。
「公報も見てないよ」と、姉さん。
「公報まだ来ないよ」と、おじいさん。
「公報なんか、どうでもいい!どうせ嘘なんやから」と、鬼ばあさん。
それでも根がまじめな姉さんは、新聞をパラパラとめくってうなずいてから家を出た。
こうして、空き空きの投票所で投票を済ませて来た鬼婆と孫。

 ゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

ニュース断ちの日々

新聞や、TVのニュースを見ると腹が立つので、見ない。
ヤフーのニュースも項目だけ見て、後は無視。

それでも、毎日の暮らしをいいかげんにするわけには行かない。
コツコツと、小さなことを大切にするしかない。

今週の作り置きおかずから
P1160856_640x480
Photo
Photo_2

   ゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

参加しています。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 80歳代へ   

2017年10月11日 (水)

80の手習い

ずっと以前から思っていたことを、実行に移しました。
字を書く練習です。
まっすぐで、さわやかな、読みやすい文字を書きたいと。


P1160869_640x480
本は前から買ってありました。
そのうち、そのうちと思いながら、日が経ってしまいました。
「お勉強で~す」と、机の前に座って練習を始めますが、時間はあっという間に過ぎます。
あまり上手にもならないうちに。shock

こんな私に反発したわけではないでしょうけれど、姉さん孫が図書館から借りてきた本が。


P1160830_640x480
何?美しいくせ字だと???
明けてびっくり!口をあんぐり!
くせ字の練習ページもあって・・・


P1160834_640x480
P1160835_640x480
左手で書くそうですが、無理無理無理、(ヾノ・∀・`)ムリムリ
第一、読めません。
けれども、すごい字も見つかります。


P1160832_640x435
怖いなあ、怖いなあ。shock
もっと怖くなります。


P1160833_640x480
見事ではありませんか!
これぞ美しいくせ字ではないですか!
私にはとてもまねできません。

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

きれいな字を書く同級生がいます。
或る時メールしたら、珍しく返信が遅くて、「ごめんごめん」と謝ってくれたのですが、遅れた理由は「筆ペン習字教室に行ってたから」でした。
そうだったのか、もともと字のきれいな人なのに、この年になっても努力していることを知らされ、ガーンと頭を叩かれたような気がしました。

と、いうわけで、私は教室に通うゆとりはないので、家で稽古に励むことにした次第です。

 ゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

参加しています。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 80歳代へ   

2017年9月 6日 (水)

そんなわけがない

 19年半前に撮った写真が、何枚かアルバムに残っている。
懐かしんで眺めることもないけれど、母親に死なれた幼い孫ふたりと私が写っている。
下の孫は、目をつむって眠っていたりする。
上の孫は私の背後から顔を覗かせている。
三人の中で、私だけが笑顔だ。

 写真を見た友人から「あなた、どんなことがあっても悠々としているね」と言われたのを憶えている。
そんなわけがない!私はそんなに強くない!と、思ったが黙っていた。
「お孫さんたちの表情が暗くて寂しそうね。あなたは笑っているけれど…」と言って下さった方もいた。
その通りなので、その言葉もそのまま黙って受け入れた。

 「あの頃、あなたに会うのがつらかったです。かける言葉がなくて」と、何年かたってから言ってくれた人もいる。
ベビーカーを押して買い物に行った時、
「つらいことですなあ、お気の毒でもう…」と、涙を浮かべて同情してくれた人もいた。
そのとき私は、それほと気の毒な、つらいことが私たちにふりかかっているのだ、とあらためて思った。

 あの頃、私は何故いつも笑っていたのだろう。
何故、笑顔で写真に写っていたのだろう。
自分でもよくわからないことだった。
ただ、悲しいから、これからたいへんだからと、眉間にしわを寄せ、泣き顔でいていいわけがない、と思ってはいた。
孫たちの未来は明るいのだ、と思いたかった。

より以前の記事一覧

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

レジ袋ふうエコバッグ

新聞紙バッグ作り方