カテゴリー「ことば」の7件の記事

2016年8月21日 (日)

「最上のわざ」を心に留めて

体調を考え、残念ですが今日の礼拝を欠席します。

 ゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

「最上のわざ」

 この世の最上のわざは何?

 楽しい心で年をとり、働きたいけれども休み、しゃべりたいけれども黙り、

 失望しそうなと きに希望し、従順に、平静に、おのれの十字架をになう。

 若者が元気いっぱいで神の道を歩むのを見ても、ねたまず、

  人のために働くよりも、謙虚に人の世話になり、

  弱って、もはや人のために役だたずとも、親切で柔和であること。

 老いの重荷は神の賜物、古びた心に、これで最後のみがきをかける。

 まことのふるさとへ行くために。

 おのれをこの世につなぐ鎖を少しずつ外ずしていくのは、

 真にえらい仕事。

 こうして何もできなくなれば、それを謙虚に承諾するのだ。

 神は最後にいちばんよい仕事を残してくださる。

 それは祈りだ。

 手は何もできない。

 けれども最後まで合掌できる。

 愛するすべての人のうえに、神の恵みを求めるために。

 すべてをなし終えたら、臨終の床に神の声をきくだろう。

 「来よ、わが友よ、われなんじを見捨てじ」と。


 『人生の秋に』 ヘルマン・ホイヴェルス著より


 ゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。


にほんブログ村

2016年5月13日 (金)

長いつき合いなのさ

高校時代の2年間は部活熱心女子だった孫、進学した今はサークル活動大好き女子。
帰りの遅くなる日があるので気が揉めます。
電車が信号トラブルで遅れたりするとなおのこと心配です。
今日は13日の金曜日、迷信だと思っても心穏やかではありませんでした。
それでも先刻無事帰還、ほっとしたところです。



Photo


私は心配性。
あれも心配、これも心配。
心配の種が尽きることはありません。
いつも心配事と二人づれ。
嫌だねえ。
馬鹿だねえ。

でも、とりあえず今夜も眠ることにします。(-_-)zzz

(画像はお借りしました)

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

2015年12月 4日 (金)

言葉に励まされ

 冬らしい朝です。
お布団をたたみながら、思い出した言葉があります。
曽野綾子の「戒老録」の中の言葉でした。
納戸の本棚から、取りだして来て読み返します。

   ゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

〇友だちが死んでいっても、けろりとしていること。淋しいなどと言うと、まわりの者が気をつかう。

 友人に先立たれると言うことは(夫に先立たれることと同様)、常に事前に、繰り返し繰り返し予想することが大切である。そうすると、やって来た運命に対して、心構えができている。いよいよ別れるのだと、嘆くよりも、何十年か楽しくつき合ってもらって、ありがたかった、と感謝すればいいのである。
             (曽野綾子「
完本戒老録」 祥伝社 から)


 ゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

 最近、私の心が晴れないのは、近所の方や、習い事の先生とのお別れが続いたからに違いありません。
 今はまだ、けろりとはとてもしていられないけれど、淋しさを口に出すのはやめます。自分がしたいこと、しなければならないことを、なるべく丁寧にやり続けて行こうと思います。

   ゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。


最近作った作り置きおかず、ありふれた物ばかりですが、画像に残しました。

Photo
 今日は画像を連結させました。
何だかバランスが良くありませんが、無事につながったので、良しとします。

     ゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

 今日もブログにおいで下さいましてありがとうございます。
日によって寒暖の差がありますので、どうぞお身体大切になさって下さい。



 

2015年11月 9日 (月)

私にとってのいい一日(^^♪

   最初の質問

 今日、あなたは空を見上げましたか。空は遠かったですか、近かったですか。雲はどんなかたちをしていましたか。風はどんな匂いがしましたか。あなたにとって、いい一日とはどんな一日ですか。「ありがとう」という言葉を、今日、あなたは口にしましたか。

      (長田 弘詩集 ハルキ文庫)

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。


 私は高い所を見上げないようにしています。
頸椎が変形しているのがわかってから、首を上下左右に動かすのが怖いのです。
ヘタに首の運動をしたために、激痛に襲われ、病院に駆け込んだことがありました。

私が見上げるのは、遠くの方の空です。
私にとって、空はいつも遠くにあります。
雲についても同じことが言えます。



P1150424_640x480

 アイロンを当てたいものがあります。
今日は出来る、と思っても、出来ずに日が暮れます。
わずかな時間に出来ることなのに、一日延ばしになっています。

アイロン台が重いのです。
整理棚のすきまから、出すのがおっくうなのです。
むかし持っていた、脚もないただのアイロンマット、あれを捨てたのが間違いでした。
畳の上に、あのアイロンマットを置いてアイロンを当てていた頃を懐かしんでいます。

今日こそ、アイロン当てなければ。
アイロン台なんかなくても、アイロンは当てられます。
座布団は柔らかすぎてたよりないから、和裁用の厚紙のヘラ台の上に、古シーツを折りたたんで載せて、アイロン当てればいいのです。
面倒くさがってはいけません。
それができれば、私にとって今日はいい一日になります。delicious

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

2015年10月 8日 (木)

ママは死んだけど★晩おかずのことなど

名言?それとも迷言?

あなたのいる国にまで、聞こえましたか?
あなたの下の娘が、昨夕の内閣改造のニュースを見ながら言いましたよ。

「ママは死んだけど、わたしらを生んで社会に貢献したんやな」

あなたは、これを名言だと思いますか?
それとも迷言でしょうか?
あなたの娘、こんな生意気なことを言う高3になりましたよ。
毎晩おそくまで勉強している姿、見てくれてますよねえ。

      ゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

6日の火曜日は、午後から老人会の手芸教室に参加しました。
生まれて初めて、デコパージュを習いました。
おばあちゃんたち、必死で習いましたわ。(私もその中の一人)




P1150332_640x480



   ゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

10月7日(水)晩ご飯のおかず

蒸し鶏のオイスターソースかけ、骨まで柔らか鯖の甘酢煮(生協)、青梗菜のめんつゆひたし、さつま芋の豆板醤サラダ、常備菜盛り合わせ(人参炒め、インゲン胡麻和え、煮豆)

(献立を考えて指図したのは私で、作って盛り付けたのは姉さん孫でした)

   ゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

昨日、おじいさんは大活躍。
植木伐採、槇2本、
植木剪定、別の槇1本、つげ1本、
洗濯業務は毎日のことですが、母屋のレースのカーテン、1間分も洗ってくれました。
以上、敬意を表して、記録いたします。

この私は、物置に入ったり出たりして、捨てるもの探しをしてました。

   ゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

風が強めですが、雲ひとつない完璧な晴天です。
北海道は大丈夫でしょうか。
今日もお読み頂きましてありがとうございます。

2015年10月 5日 (月)

朝の15分間

好きだった朝の連続ドラマ(あまちゃん)の再放送が、先週で終ってしまいました。
今期の再放送は見る気がしないので、その15分間を有効に使いたいと思います。
「朝の読書の時間にするわ」と、偉そうに家族に宣言しました。


Photo
さっと開いて読んで、途中で止めてもいい本、
台所でお茶碗を洗いながら、思い出せるような言葉に出会える本がいいのです。
今朝めくったのは、寺山修二の「ポケットに明言を」(角川文庫)でした。
その中で見つけた言葉です。

人間は好んで自分の病気を話題にする。
彼の生活の中で一ばん面白くないことなのに。
              アントン・チェーホフ「手帖」


何故なのでしょうね。
人が集まると、痛いとか痒いとか痺れるとかの話題で盛り上がります。
私たちは病気の話が好きなのでしょうか。
好きではないけれど、それが一ばん無難な話題だと知っているからでしょうか。

  ゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

4日(日)の晩ご飯

シーフードカレー、ワカメと胡瓜のサラダ、固ゆで玉子

(老人会の行事に参加してくたびれたので、これで我慢してもらいました。)

  ゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

お読み下さってありがとうございます。

2015年9月20日 (日)

人を許して重荷をおろす

気がつかないうちに腰を痛めたようです。
そろりそろりとしか歩けないので教会にも行かれず、
早朝に予定していたお墓参りも、おじいちゃんが一人で行ってくれました。

〇キ○ニンを飲んでからは少し用事もできますが、なるべく静かにしています。
TVをちらちらみながら、小物を編みました。




P1150261_640x480



ブドウのタワシのつもりですが、友だちが「苺のタワシの編み方の応用でいいよ」と言っていたのを思い出して、適当に編んでいます。

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

   人を許して重荷を下ろす (読んだ本の中から)

 もしだれかにうらみを抱いているなら、それはその人物を背負っているようなものです。その人は、あなたのエネルギー、情熱、心のやすらぎを奪っています。でも、その人を許した瞬間、あなたはその人を背中からおろして、残る人生を生きていくことができるのです。 

ロビン・シャーマ「3週間続ければ一生が変わる」
               悪いストレスから心身のリフレッシュへ


゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

お読みいただきありがとうございます。
いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ

 

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

レジ袋ふうエコバッグ

新聞紙バッグ作り方