登録しています

ブログ出発点

手作り帽子屋

無料ブログはココログ

カテゴリー「刺し子」の13件の記事

2016年2月15日 (月)

やっと咲いた福寿草 刺し子矢羽根

表庭の福寿草が先週末、やっと開花しました。



P1150643_640x480


地面の上に花が開くのですから、驚きます。

もうすぐ咲く蕾もあります。



P1150641_640x480


今週はまた寒くなってしまいましたが、福寿草はもう後戻りできませんね。

可愛い花が、次ぎ次ぎと咲くことでしょう。


旧暦のお正月の時期に咲くこの花は、縁起の良い花とされています。

花言葉も、「幸せを招く」「永久の幸福」です。

ところがヨーロッパで生まれた花言葉は、「悲しき思い出」です。

フクジュソウ属の学名・英語名はアドニス(Adonis)です。

これは、ギリシャ神話に出てくる少年の名前からつけられています。

美の女神ヴィーナスお気に入りの美少年でしたが、ある日森へ狩りに行き、イノシシの牙に突かれて絶命してしまいます。

アドニスから流れた血が赤い花になったのが、フクジュソウ属の花アドニスといわれています。

『悲しき思い出』の花言葉は、アドニスを追悼するヴィーナスの悲しみに由来します。

地中海地方に咲く福寿草は、深紅なのだそうです。

(インターネット暮らしの豆知識から)


゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

 刺し子矢羽根模様

少しずつ刺し子を続けています。

矢羽根模様を刺し終わり、つぎは七宝つなぎです。



P1150645_640x480

目の不揃いや歪みが気になりますが、これはこれで可愛い?と思うことにします。gawk


゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

2016年2月 9日 (火)

切子模様のことだったのか!

刺し子の「蜀紅」できました。




P1150634_640x480


裏から見るとこうなっています。


P1150636_640x480


アイロンがまだなので、御見苦しいかぎりです。


ところで、「蜀紅」とは何のこと?と辞書で調べて見ました。
パソコンで「しょっこう」と入力すると、「蜀江」と変換されますが、それは中国四川省成都を流れる川、錦江のこと。
昔、その川の水でさらして織った「蜀江の錦」という織物があったそうです。
しかしその製法はすたれて後世に伝わらないとか。


ところで、京都の西陣で織り出す切籠模様の錦を「蜀江模様」というそうです。
「切り籠」「切り子」とは、四角な物の角を切り取った形
ああ、やっと、自分がさした刺し子の模様にたどり着きました。
「蜀江」がどういうわけで「蜀紅」になったのかはわかりませんが。


そうえば、切り子灯篭というお盆に吊るす灯篭がありますよね。


゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

2016年2月 3日 (水)

刺し子糸が足りない

刺し子をしようと思う布に、長いことかかって図案を画いた。
いつでも刺し始めることができるようになったけど、糸が残り少ない。
途中でなくなるのはわかっているから買わなければ。
ネットショップで買った糸なので、また同じショップで買うことにした。


春を待つには、刺し子とか、編み物をするに限る。
とりあえずは刺し子。
私が待つ「春」は季節の春でもあるが、孫たちの船出の春でもある。
待つのは辛い。
辛いけど待つしかない。


ヘタだけれど、刺し子が好きでよかった。
ほんとうにたすかる。

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

2016年1月18日 (月)

手を動かしたくなって

気がかりなことがある時は、手を動かしたくなります。

ありふれた格子柄の、刺し子ふきんができました。




P1150592_640x480


粗い針目でざっくりと刺しました。

お茶碗拭きに使うため、大きめです。



P1150595_640x480



昨日は、柚子の砂糖煮も作りました。

後ろにあるのは、12日に仕込んだ柚子酒です。



P1150588_480x640


昨夜は、というより今朝だったかな?久しぶりに激しい雨の音を聞きました。

雨は静かにはなりましたが、まだ降り続いています。

雪の地方の方々は大変だと思います。

どうぞお怪我のないようにお気をつけ下さい。


 ゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

2016年1月 6日 (水)

刺し子をざくざくっと

年末に刺していました。
時間は夜、お風呂に入る前の休憩時です。

P1150559_640x480


ざくざくと、大きな針目で刺しました。
のびのび刺したかったから。


今年も刺し子と仲良くしたいと思います。
私はそう思っても、向こうさんが嫌がるかもしれませんけど。sweat01
とにかく、のびのび、ざくざく、で行きたいと思います。


こんな年寄ブログにおいで下さりありがとうございます。

2015年11月27日 (金)

はな子さんとお葬式に&刺し子出来上がり

刺し子出来上がり

半端な布に刺していた刺し子が出来上がりました。

P1150473_640x480


4枚を接ぎ合わせて裏布もつけ、小さなカバー布に仕立てたいと思います。


  ゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

はな子さんとお葬式に

 先日からお葬式が続いて心が晴れませんが、すべてを受け入れなければと思います。
去る22日に亡くなった方は、30年余り「先生」とお呼びして来た方でした。
悲しくさびしいことでしたが、別な面でも心を痛めておりました。
先生は、認知症になって記憶力、判断力が弱っているはな子さんにとっても、大切な方でした。
はな子さんこそ、このような時に、私たちの先頭に立って取り仕切ってくれるはずの一番弟子だったのです。

やむを得ず私がはな子さんに代ってもと門下生たちに電話連絡などし、数名でお悔やみにも伺いました、
はな子さんに知らせるかどうかは、みな迷っていました。
のけ者にするのか、という自責の念にかられましたが、知らせたら、はな子さんが幾度も先生宅を訪ねて迷惑をかけることを心配しました。
老人会の仲間に相談しても、お葬式は無理でしょうと言われました。

ところがお葬式の朝、はな子さんがわが家に飛び込んできました。
訃報を新聞で知ったのです。(家族が読んだのだと思います)
私は時刻と場所を伝えました。
はな子さんは、「お父さんと二人で行く」と言って帰ったので、ほっとしました。

主人と着替えをしていると、またはな子さんです。
スーツではありませんが、黒づくめの服装で、いつものくたびれた黒い手提げを持っています。
「乗せてくれる?」と、はな子さん。
「ご主人は?」と、私はたずねます。
「お父さんは行かへん。一人でいいやろって言うとった」

主人と私は、覚悟を決めました。
はな子さんには、お葬式が終わるまでは帰れない事、途中で席を立てない事を伝えました。
「持ってて」と香典を私に差し出すので、預かりました。
数珠!数珠!と手提げの中を探すので、上着のポケットに入れてもらいました。

葬儀場のはな子さんは、遺影に見惚れて「先生きれいやな」と幾度も言います。
「私もこんな立派な葬式してもらえるやろか?」も、くり返し言います。
「まあ無理やな」と私は答えましたが、はな子さんは笑っていました。

側にぴったりついていたので迷子にはならず、厳かに葬儀は終り、ご出棺をお見送りし、また主人の車で帰って来ました。
あれから二日たちましたが、はな子さんは先生が亡くなられたことを覚えているでしょうか。
それでも私は、はな子さんといっしょにお参り出来て安堵しています。

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

2015年10月24日 (土)

冷蔵庫に ☆ 刺し子

冷蔵庫に   吉野 弘

冷蔵庫
お前、唸ってたな
生きものみたいに
深夜

  歌っていたのかもしれないが
  それにしては陰気な歌だった
  冷蔵庫
  生きものの真似をしていたのか、お前

冷蔵庫
間違っても
生きものの感情なんて身につけてはいけないよ
機械以外のものになってはいけない

  冷蔵庫
  設計された働き以上のことをしてはいけない
  休み休み、働いていればいい
  如何にあるべきかなんて苦悶するんじゃないよ

後略

   吉野 弘詩集 (ハルキ文庫)から



゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

 刺し子 七宝

刺し子がしたくなり、昨夜からはじめました。
今朝は残りを刺しました。

Photo

刺し子って、なぜ「子」がつくのでしょう。
いったい誰が名づけたのでしょう。

それはそれとして、
刺し子が好きです。


゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

明日(25日)はブログを休みます。

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

2015年8月 4日 (火)

にゃん×10+1(刺し子ネコ模様)

ネコ刺し子の手拭いがやっと出来上がりました。

ネコ模様11匹=にゃん×10+1となります。happy01




P1150064_640x480


同じ顔は刺せません。

みんな違った顔をしています。


 P1150067_640x480_2 P1150068_640x480




P1150069_640x480

「あら、あんたはだんごっ鼻なのね」

「よく言うわ。こんな顔にしたのは誰なのよ」


 ゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。


朝からにゃんにゃんブログで遊びましたが、ほんとは今とても寂しいです。

父方の叔母が、突然老人ホームに行ってしまいました。

91歳ですが、ゆうゆうと一人暮らしをしているとばかり思っていました。

「とうとう島流しに遭ってしまった」と、昨夜突然電話してきたのです。

もちろん島流しは冗談で、自分の意志による決行です。

私はまだ気持ちの整理がつきません。


゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。


応援して下さりありがとうございます。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ
にほんブログ村

2015年7月26日 (日)

ごみ袋に5杯 * 七宝つなぎ完成

今朝も5時から2時間ほど、爺さまは庭仕事をしてくれました。

切り落としたキンモクセイとサザンカの枝を、更に小さく切ってゴミ袋に入れる作業です。

切りくずはごみ袋に5杯になりました。

爺さまが、こういうことをしてくれたので、私は今日の礼拝出席は取りやめました。

いつも駅まで車で送ってくれる爺様の負担を、軽くしたかったのです。


゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。


あまりにも強烈な日ざしを恐れ、家の中で静かに過ごしました。

刺し子の手ぬぐいが出来上がったので、手洗いして先ほどアイロンをかけたところです。




P1140981_640x480


P1140987_640x480

首に巻いて汗除けにしたいです。

ネコの刺し子の手ぬぐいも同時に作って来ました。


P1140988_640x480

ネコの模様を11匹刺します。

まだ6匹しか出来ていません。

七宝つなぎの刺し子と違い、ごく気楽に刺すことが出来ます。

何かしていないと、よけいに暑さを感じるような気がします。

手仕事などして暑さを忘れたいと思います。



猛暑が続きます。

お身体に気を付けて下さい。


゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。


応援して下さりありがとうございます。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ
にほんブログ村

2015年3月30日 (月)

刺子の千鳥模様から。。。コメント欄を開けました

先週、刺子の「千鳥つなぎ」が出来上がりました。

P1140469_640x480


千鳥の模様は、以前にも刺しましたが




P1140470_640x480



いずれも失敗作であります。

布に図案を画く段階で、ところどころ寸法が合わなくなってしまいます。

その図案の不正確さを、なだめすかして(ごまかして)刺すことになるのです。



ところで、身近にある千鳥の柄で思い浮かぶのは、千鳥格子です。

家にも千鳥格子の洋服があります。



 P1140472_640x480  P1140473_640x480


 P1140475_640x480  P1140476_640x480



千鳥格子の発祥地は英国で、「ハウンドトゥース・チェック」と言われているそうです。

猟犬の牙の形をした四角形の柄を連続させた格子柄のことです。

日本では千鳥が群れをなして飛ぶ模様とされ、千鳥格子と言われます。

犬の牙と千鳥、その違いが何とも面白いと思います。



千鳥はチドリ目チドリ科の鳥の総称で、海岸や平地の水辺に棲む鳥のことです。

私は千鳥を見たことがあるのでしょうか?

海岸や川べりで遊んだことは幾度もありますが、その時、チドリを目にしたでしょうか。

私が親しんだ「千鳥」は百人一首の78番の、


淡路島 かよふ千鳥の なく声に

幾夜寝覚めぬ 須磨の関守


の歌の中の千鳥であり、

小学生時代に歌った、童謡「浜千鳥」の千鳥です。

「浜千鳥」は大好きな歌でした。



 浜千鳥

作詞 鹿島鳴秋(かしまめいしゅう、1891-1954)
作曲 弘田龍太郎(ひろたりゅうたろう、1892-1952)


青い月夜の 浜辺には
親を探して 鳴く鳥が
波の国から 生れでる
濡れたつばさの 銀の色

夜鳴く鳥の 悲しさは
親を尋ねて 海こえて

月夜の国へ 消えてゆく
銀のつばさの 浜千鳥



子ども心に、何とさびしく悲しい歌だろうかと思いました。

そして、その歌詞と旋律の美しさに、うっとりしたのを覚えています。



さて、私の刺し子「千鳥」は失敗の連続ですが、できればいつかもう一度刺してみたいな、と思っています。
また、失敗するかもしれませんが、このままでは口惜しく残念です。


゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

お読み下さりありがとうございます。

今日はコメント欄を開けました。

筆者の判断で頂いたコメントを公開しない場合がありますので、ご承知おき下さい。


   ゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。


ブログランキングに参加しています。
応援ありがとうございます。


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな暮らしへ
にほんブログ村


゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

より以前の記事一覧

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

レジ袋ふうエコバッグ

新聞紙バッグ作り方