カテゴリー「布マスク」の14件の記事

2020年6月30日 (火)

涼しいマスク ☆ 昨夜は病院で3者面談

暑くなってきたのに、マスクをしないわけには行きません。
買ったり、自分で縫ったりしたマスクの中で、一番涼しいのはダブルガーゼ製です。

P6300376-640x480 

裏側は、日本手ぬぐい、中間にフィルターとして、
レンジフードフィルターの不織布を入れてあります。

P6300377-640x480 

ネットで買ったベトナム製のコットンマスクは 、
暑苦しくはありませんが、伸縮の効かない紐なので、
マスクゴムを付け足しました。

P6300380-640x480 

3枚一組です。

P6300378-2-640x480-640x480

* * * * * 

昨夜は病院で3者面談

仕事から帰ったかりん孫と私が出向きました。

お医者の説明を聞いて、ほっとしたことは、
腸腰筋の膿はほとんど排出され、膿を出すための管も当日抜いてもらったということ。

新しい心配事は、
椎間板周辺にも膿がたまっていることが判明、
長期間にわたる治療が必要だということです。

あと2週間は今の病院に置いてもらえますが、
その先は、転院か自宅か、今はまだ決められません。

じいさんは、ずっと安静にしていなければならなかったので、
すっかり筋力も落ち、痩せて顔つきが変わっていました。
リハビリが必要ですが、腰のためには良くないそうで、
治療との兼ね合いが悩ましいところです。

願わしくないことがまた起きてしまいました。
でも、不思議なほど静かに受け止めています。
じいさんの心の内を思うと、もう喧嘩はできません。
私はわたしなりに、自分の日常を大切にして過ごしたいと思います。

* * * * *
 
ご助言を頂けましたらうれしいです。

>にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村

2020年5月20日 (水)

ねえさん孫に助けられて

ねえさん孫が公休だったので、
スーパーへの買い物も任せました。

じいさんは、腰痛がひどくて、
一日中寝ていました。
ふだん元気な人が、体調を崩すとたいへんです。

洗濯は全部私がして、
干す時、たたむ時、
ねえさん孫が手伝ってくれて・・・

夕飯支度も任せて、
申し訳ないほど有り難い一日でした。


Photo_20200520165201 

相変わらずのマスク作り、
新型コロナウイルス肺炎がすっかり収まって、
これらのマスクの出番がなくなる日が来てほしいです。

* * * * * 

ゆっくり参加しています。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ
にほんブログ村

2020年5月17日 (日)

ブログを休んでいました

パソコンから離れて、
本を読んだり、手紙を書いたり、
着る物の入れ替えをしたり、
忙しく過ごしていました。

そして、また、
マスクも作っていました。
暑くなってきたので、
見た目だけでも涼しそうなのがいいな、と。

P5170331-640x480

ずいぶん前に刺し子をした布があったので、
それで作りました。
P5170332-640x480 

表と裏の木綿布の間に
換気扇フィルターの 不織布が入れてあります。

不織布の使い捨てマスクは、
あちこちで売られています。
買い物先のスーパーでも
コンビニでも、衣料品店でも。
しかも数量制限もなく、ほしいだけ買えます。

ただ、薬局だけは未だに売っていなかったです。
空っぽのマスクコーナーに、
「手作りマスクの作り方」のプリントがぶら下がっていました。
親切心からでしょうねえ。

* * * * *
ゆっくり参加しています

にほんブログ村 シニア日記ブログ 80歳代へ
にほんブログ村

2020年5月 5日 (火)

友だちと電話で話した

夕方近くに、友だちと電話で話した。
「アベノマスクなんかいつ届くんよ」と友だちが笑う。
「あんたとこなんか5人やろ?そこへ2枚のマスクが来てどうなるん?」とまた笑う。
「もう、止めたらええのになあ、希望者にだけ配ればれええのに」と、私。

この友だちは普段からマスク嫌いだが、今は仕方なくしているみたい。
どんなマスクをしているのかは聞かなかった。
マスク嫌いの友だちのマスク姿なんか想像もしたくない。
私が20枚以上もマスクを縫ったことも、話す気にならなかった。

Photo_20200505194301 

夏の花を植えたいと思う。
明日はじいさんが、タカノツメの苗を買いに行くというからついて行こう。
良い花苗があるといいな。

* * * * * 

にほんブログ村 シニア日記ブログ 80歳代へ
にほんブログ村

2020年5月 3日 (日)

何故マスクばかり作るのか

ブログのコメント欄に、次のような書き込みを頂いています。

* * * 

ウッシーさま

〉日常の買い物以外は出かけませんので、たくさんのマスクは不要です。
〉それでも、黙々とマスクを作り続けています。

不要と仰りながらマスクを作り続けておられるのは何故なのでしょう?

* * * 

何故マスクを何枚も作り続けるのか、考えてみました。

その1、コロナ感染の不安と恐怖に、正面から向き合うのが辛い。
その2、備蓄の不織布のマスクは、働きに出て行く孫のために残したい。
その3、最近になり、布の材質、組み合わせによって、性能のよいマスクが作れることを知った。
その4、初め頃に作ったのは、飛沫を浴びた時に危ない?と分かって来た。
その5、作っても作っても、これで良いというものは作れない。(腕がまずいということ)

* * *

昨日から今日にかけて作った布マスク。

P5030347-640x480

オフ白とカラシ色系は、絹のハギレを使い、
浴衣地の分はじいさん用です。

P5030348-640x480-2 

絹地のマスクの反対側は、キルティング布です。
絹布側が肌に当たるように使っても良いと思います。

* * * * * 

にほんブログ村 シニア日記ブログ 80歳代へ
にほんブログ村

2020年5月 1日 (金)

マスク作りにも慣れて来た

立体マスクの型紙は、ネットで見たのと、近所の雑貨店でもらったのを参考にしています。
作った立体マスクは昨日で12枚になりました。
この他に、プリーツマスクを5枚、家用のガーゼの簡易マスクを4枚作り、全部合わせて21枚です。

立体型紙は、自分の顔に合わせて少しずつ改良してきましたが、まだまだです。
次は、じいさんにも立体マスクをと思っています。
納戸を整理していて、じいさんの浴衣のハギレが見つかったからです。

それと、絹のハギレも見つけたので、絹マスクも縫いたいと思っています。
夜寝るときの絹マスクがあるのは知っていますが、感染予防にもなると助かるのですけど。

一昨日、昨日に縫った立体マスクです。

P5010346-640x480

マスクゴムもやっと手に入れることが出来ました。

日常の買い物以外は出かけませんので、たくさんのマスクは不要です。
それでも、黙々とマスクを作り続けています。

Photo_20200501150701

* * * * * 

にほんブログ村 シニア日記ブログ 80歳代へ
にほんブログ村

2020年4月30日 (木)

アッツサクラが咲いてます

庭のあちこちにアッツサクラを植えてあります。
今年もきれいに咲きました。

P4300341-640x457 

可憐な花です。

P4300342-640x480

花を見ても、考えてしまうのは 新型コロナウイルス肺炎のことです。
花には何の関係もないのに・・・

昨日は老人ホームにいる幼馴染に電話をしました。
午後には県内の友だちから電話をもらいました。
やっぱり話題に上るのは新型肺炎のこと。
仕方がないことですねえ。
ブログにもあんまり書きたくない話題です。
でも、素通りできません。

Photo_20200430143801 

このような、怖めのマスクで追っ払うことが出来たら、いいですけどねえ。
私も、昨日今日とマスクを縫っています。
まだ完成していませんが5~6枚手掛けています。
他にしなければならないことがあるのに、ついマスク作りに逃げ込んでしまいます。

* * * * * 
にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ
にほんブログ村

2020年4月27日 (月)

コロナでミシン屋さんが繁盛?

生協の配達日だったけど、いつもより1時間遅れて来てくれた。
「お家にいる人が多いから、お届けする商品が増えて・・・」と言っていた。
わが家も確かに注文が多くなってきている。
買いだめしているわけではない。
スーパーに行くのが苦痛になって来て、つい生協に頼ってしまう。

白ミシン糸売り切れのショックを、まだ引きずっている。
スーパーの百均コーナーのミシン糸も、白糸はもちろん黒も赤も他の色も、すっからかんに売り切れだった。
こんな事ってあるんですか!?
次はミシン糸がなくなるぞ!と恐れた人々が、根こそぎ買って行ったの??
手縫い用の木綿糸はたくさんあったけど、この次に行って見たらどうなってるかな?
マスクは手縫いでも問題なく作れるけど、どうなんだろう。

Photo_20200427133301  

先日、市内のミシン店が広告を出していた。

”ミシンの修理承ります。他店で買われたミシンもokです”

長らく使ってなかった古ミシンを引っ張り出して、マスクを縫う人が増えたのか。
得体の知れない感染病を恐れながら、久々にミシンに向かうことになるのか。
何だか切ない気がしてならない。

昨夕、新聞代集金のおじさんが来てくれた。
購読料は銀行引き落としにしたけれど、引き落とされるのは2か月先からだという。
私のお気に入りのおじさんが元気でよかった。
帰りしな「奥さん、コロナに気を付けて」と言ってくれたので、私も「気を付けて下さいね」と返した。

* * * * * 

にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ
にほんブログ村

2020年4月25日 (土)

すごい込みよう!白ミシン糸売り切れ!

手持ちの白のミシン糸が残り少なくなったので、手芸店に行ってきた。
狭い店内は数人の客で、もういっぱい。
マスク用の布やゴムを買いに来ていた人ばかりだった。
「密」を避けて、人から離れるようにした。

目当ての白ミシン糸は売り切れだった。
何とまあ、問屋さんにもないという。
(縫製)工場も困っているそうで、と店主が言う。

まさかミシン糸を買い占める人はいないと思う。
布マスクを縫う人が大勢いるからだろうか?
そうとしか考えられないのだけど・・・
家にはベージュの糸があるので、薄い空色のミシン糸を買ってきた。
(白がなくなった時は、代用できる)

帰りに実家の前を通ったら、弟が庭に出ていた。
弟には持病がある。
「かかったら、もたん」と、いう。
「私も体力ないし覚悟しとる」
その日までは、気を付けて元気でいような、お互いに、と笑って別れた。

Photo_20200425141801

寒い春です。
お身体を大切にお過ごしください。

* * * * * 

にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村

2020年4月23日 (木)

昨日のスーパーは空いていた

スーパーへは週に2度買い物に行く。
じいさんは店内に入らず、車の中にいてもらっている。
人に近づかないため、スーパーの水も最近はもらわないことにしている。

昨日の店内は空いていて、ほっとした。
ただ、透明ビニールの向こうのレジ係の人の表情の硬さが気になった。
大変な仕事だと、あらためて思う。
現金払いはやめて、あらかじめポイントカードにチャージしておいて支払う。

スーパーに行く前に銀行に寄ったが、今まで見たこともないほどがら空きだった。
ここも窓口にはビニール、客用のソファーには密接防止のぬいぐるみが置かれていた。
窓口に行きたくなかったけど、キャッシュカードの磁気の不具合を直してもらうために仕方なく行ったのだった。

Photo_20200423100101

下の孫は、一日おきの出社となった。
昨日は会社からノートパソコンを持ち帰って、入社以来受けてきた研修の感想文を書いていた。

新聞の購読料も、銀行引き落としの手続きをすることになった。
正直で、面白味のあるおじさん集金人さんにも、もう会えない。

* * * * * 

にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ
にほんブログ村

にほんブログ村 シニア日記ブログ 80歳代へ
にほんブログ村

より以前の記事一覧

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

レジ袋ふうエコバッグ

新聞紙バッグ作り方