カテゴリー「じいさんの新しい生活」の15件の記事

2020年9月19日 (土)

気にしないようにしてる

昨日、一昨日と、じいさんの機嫌が良くなかった。
昨日なんか、朝から大声を出して怒っていた。
原因は、後から思い出せないほどの些細なこと。

二日とも、非常に湿度が高く、夏の頃のような暑さだった。
「湿気のせいやわ、きっと」と婆さんは思った。
普通に暮らしている者にとっても、嫌な蒸し暑さだもの、
まだ本調子でないじいさんには、不快な気象だったにちがいない。

じいさんの不機嫌を、あまり気にしないようにしようと、婆さんは決めた。
孫たちにも「そうしようよ」と伝えた。

今朝はさわやかな風が吹く。
秋が来たな、と感じる。

P9150332-640x480 

6時半過ぎに起きて、新聞を読み、
7時には朝飯を食べ、
ずっとTVを見ていたじいさんは、
9時にはベッドでひと休み、
そのまま眠ってしまった。

今日は、今のところ機嫌は悪くない。
穏やかな時間が過ぎていく。

* * * * * 
ゆっくり参加しています。
応援して下さりありがとうございます。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ
にほんブログ村

にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ
にほんブログ村

2020年9月16日 (水)

昨日の大洗濯

昨日は久しぶりの上天気だった。
大洗濯になった。

P9150341-640x446 

この他にも、まだある。

P9150342-640x512 

孫の親代わりをすることになった22年前から、
洗濯は、じいさんがすべて引き受けてくれていた。
じいさんは、我が家の洗濯部長だった。

その部長が病気をして、杖を頼りに歩く身体になったので
平社員の婆さんが、洗濯をしなければならなくなった。

退院して2か月余りがたち、
少しずつ元気になった元部長は、
洗濯業務の1部分を手伝ってくれるようになってきた。

あまり無理はしてほしくないけれど、
軽いリハビリの程度なら、
してもらっていいかなと、
婆さんは思っている。

それにしても、昨日の洗濯物はすごい量だった。

* * * * * 

ゆっくりですが参加しています
応援して下さってありがとうございます

にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ
にほんブログ村

2020年8月31日 (月)

退院してから53日 8月が終わる

じいさんが退院してから53日目です。
入院前より5キロ減っていた体重は、
あと2キロ増えないと元に戻りません。

今朝は、かりん孫が乗る自転車を、表庭まで出してくれました。
女3人で組み立てた自転車の、ハンドルの具合も確かめていました。
元気だった頃のじいさんらしさが、少しずつ見えてきています。

姉さん孫との口喧嘩も始まりました。
これでいいのだ!
こうでなくちゃね。

P7050386-640x480

頑張れ、じいさん!
いいえ、頑張らなくていいです。
ゆっくりと元気になって行ってください。

* * * * * 

ゆっくりですが、ブログランキングに参加しています

にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ
にほんブログ村

 

2020年8月24日 (月)

うれしかったこと

朝からうれしいことがあったので、
ちょこっと書いておくことに。

P8190436-640x480

「エンジンかけてみようかな、かかるかな?」
と、じいさんが、愛車?のポンコツ軽自動車のキーを持って表庭に出て行った。

病気のため、じいさんが車の運転を休んで3ヶ月が過ぎた。
時々息子や私がエンジンをかけてバッテリーの充電をして来たが、
最近は暑さもあって、置きっぱなしだ。

(エンジン、無事にかかるかな?)と、婆さんが耳を澄ましていると、
かかった!
一発でok!
台所で拍手する婆さんは、
この時が来るのをひそかに待っていた。

車にも全く無関心に見えていた病み上がりのじいさん、
車を動かしてみようか、という気になるのはいつだろう、
婆さんは、何も言わずその日が来るのをじっと待っていようと決めていた。


とうとう来た。
8月24日朝6時28分だ。

* * * 

ただし、この暑さだから、病み上がりの身で道路に出るのは危険、
免許証は、婆さんが預かっている。

* * * * * 

ゆっくりですが、ブログランキングに参加しています

にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ
にほんブログ村

 

2020年8月20日 (木)

今日もらったのは「アベマスク」です

危険な暑さと言われても、
食べる物がなくなったら、
買いに出かけなければならない。

じいさんが午前の部の昼寝をしている隙を狙って、
自転車で行かれるスーパーへ出かけた。
じいさんに見つかると、
「暑いのにやめておけよ」と言われるので、
音を立てないように、そっと家を出た。

炎天下にマスクはきついし、
ノーマスクで自転車を漕いで、
お店の近くまで行ってから、
ポケットに入れたマスクをつける。

お昼前の店内は込み合っていて、
久しぶりに老人会の仲間に会ったけど、
マスク越しに「暑いですなあ」と小声で挨拶しただけ。
じいさんが病気だったことも話さなかった。

* * * 

先ほど、ケアマネさんが来てくださった。
じいさんに、訪問リハビリを計画して下さったけど、
本人が断ると言うので、キャンセルしてもらった。
無理強いしてもいけないから、今はそっとしておくことになった。

ケアマネさんは、帰りしなにマスクを2枚下さった。
テーブルの上に出された小さなポリ袋に入りの2枚の白い布製品を、
「?」と思って見ると、
何とあの「アベノマスク」だ。

以前郵便箱に入っていた2枚一組ではなく、
一枚ずつバラのマスク2枚だった。
ケアマネさんは「アベノマスク」とは言わず、
「アベマスクです」と、笑顔で言った。

ああ、ここは介護の世界なんだ。
家のじいさんが「アベノマスクお代わり」を支給されることになろうとは、
考えてもいなかったけど・・・

これで、我が家の「アベノマスク」は8枚になった。
母屋の郵便箱に入っていた2枚、
こちら別棟の郵便箱の分が2枚、
下の孫が、仕事先でもらう羽目になった2枚、
そして、今日ケアマネさんから渡された2枚。

どうする?誰も使わないマスク8枚。

* * * * * 

ゆっくりですが、ブログランキングに参加しています

にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ
にほんブログ村

 

2020年8月18日 (火)

「こっち向けてくれ」だなどと

去年の夏に買ったハイビスカスが、
二つめの花を咲かせた。
一つめよりもひと回り小さい花・・・

「咲いたよ」と、
じいさんに告げたら、
ガラス戸の陰から覗いて、
「こっち向けてくれ」と言う。

そうだよね。
じいさんが、ハイビスカスを正面から見るには、
杖を突いて、
危なっかしく、
庭に降りなければならないからねえ。

鉢をくるりと回転させて、
「はい、どうぞ」と、
小さめのハイビスの花を
じいさんの方に向けた。

P8180431-640x480  

お盆の14日、じいさんの通院に付き添った。
血液検査と、レントゲン撮影の後、
整形外科の主治医の診察を受けた。
「元気になりましたね、僕の外来は今日で終わります」と宣言された。

じいさんの背骨は変形していて、
時によっては腰が痛むけれど、
「痛い時は、頓服でも飲んで下さい」
と、言われた。

患者をだらだらと長く引っ張る先生もいるようだが、
薬も処方せず(いつまでも薬を飲んでいても仕方がないからと)
入院中にもらった「頓服」でも飲んで、などと言う先生が私は好きだ。

初対面の時は年寄りを馬鹿にする「嫌なヤツ!?」と思ったけど、
正直過ぎる人だったのかもね。

と、いうわけで、
この日限りで、じいさんが25日間入院した大病院とは一応縁が切れた。

* * * 

じいさんは、まだベッドで昼寝が多い毎日だけど、
昼間も夜も、
紙製下着はすべて卒業。
(紐をほどけばピラっと外れることから)
「ピラふん」と、我が家で名付けた、
晒の直線縫い手作り下着をつける
じいさん好みの衣生活は取り戻した。

ただ、今まで丈夫な人だったから、
三つもの病気を次々と患い、
家族と離れて過ごさねばならなかった、
約50日間の入院生活で受けた心の痛手は大きいみたいで、
もとのじいさんに戻るには、
もう少し時間がかかりそう。

* * * * * 

ゆっくりですが、ブログランキングに参加しています

にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ
にほんブログ村

2020年8月13日 (木)

荷下ろしうつ!?

この暑さは、2階建ての高気圧のせいなのだそうだ。
1階が太平洋高気圧、2階がチベット高気圧だとのこと。
何となくわかったような気になった。

P8070428-640x480

最近、じいさんのことをあまり気にしなくなった。
じいさんも、こまごまと世話をやかれるのが嫌になったらしいから丁度良かった。
それとなく準備さえしておけば、自分で好きなようにしている。

今日も友だちが心配して電話をかけてくれたので、
「じいさんに関して私のすることは、もうほとんどないの」
と、安心してもらった。
ただし、この話には続きがあって、
「今は自分のことで困っているんよ、何か変に気が滅入るの。ほっとしたからかなあ、何もやる気になれないよ。頭がぼうっとしてるしさあ」
と、話したら、
「それ、荷下ろしうつと違う?気をつけないかんよ」と言われた。

荷下ろしうつ!?
なるほど、そういう状態なのかと納得できた。
怠け者の今の自分を責めないようにしよう。
手抜きを許してもらおう。

とはいうものの、明日はじいさんの通院に付き添う。
レントゲン検査の結果が良ければ、仕上げの通院になるのだ。
37度の猛暑になるらしいから大変だけど。

* * * * * 

ゆっくりですが、ブログランキングに参加しています

にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ
にほんブログ村

2020年8月10日 (月)

理屈じゃないんだ!ですって

庭の甘夏の木の下に、数多くのセミの抜け殻が残っている。

P7240410-640x480 

木の下のミョウガの葉の裏にも

P7240411-640x480 

あちこちに散らばる分を集めたらこんなに・・・

P7240409-640x480

甘夏の樹液を吸って成虫になったのだろうか。
木が弱るらしいけれど、
甘夏は大丈夫そうで青い実をたくさんつけている。

この家の近くでは、あまりアブラゼミの鳴き声を聞かなかった。
どのあたりまで飛んで行って鳴いたのだろうか?
今はもうアブラゼミの季節ではない。

* * * 

寝苦しい夜が続く。
それでも、いつの間にか眠っているから何とか生きられる。

今朝は、じいさんがトイレに行く気配で目がさめた。
3時10分だった。
「これで何回目?」と聞いたら、
「うるさいな、何でもいいだろう、理屈じゃないんだ」
と、叱られた。

夜間多尿では困るだろうと心配しているのに、
「理屈じゃないんだ」とはどういうこと?

最近のじいさんは、夜の排泄の完全装備を嫌がって、
自分でトイレに起きて行く。
今のところは、
自力で上げ下ろしのできる紙パンにしているけれど、
昼間と同じように布パンでも大丈夫なんだと思う。

じいさんが、
次第に元の生活に戻って行くのがわかる。
コツコツという杖の音だけは、
以前にはなかったものだけれど、
そんな音も無しに歩ける日も戻って来るのだろうか。

ただありのままに、静かに受け止めて行きたい。

* * * * * 
ブログランキングに参加しています

にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ
にほんブログ村

2020年8月 5日 (水)

3本足の監督さん

一昨日は、古い母屋の西側の開口部二か所にサンシェードを吊るした。
現物を物置から取り出したのは、このばあさん、
脚立に上がって吊るしたのは姉さん孫だ。
じいさんには、「吊るし方を教えてね」と監督をお願いしてあった。

老若女二人で何とかなりそうだったけど、
じいさんに敬意を表したかったし、
(役職について)元気になってもらいたかった。

いざ始めると、じいさんのガミガミ指導に姉さん孫が猛烈に反発!
じいさんも声を荒げ、本当は杖を振り上げたかったに違いない。
けれども何とか無事にサンシェード吊るしの作業は終った。(汗)

暑い日が続く。
何もしたくない。
お見舞い状をくれた友だちに
近況を知らせたいと思いながら、
ハガキ一枚書けないで日が過ぎていく。

退院しました。
おかげさまで大分元気になりました。
と、書けばいいのに、書く気がしない。

退院は確かにした。
だいぶん元気になって来てもいる。
でも、まだいっぱい問題がある。
それを書いてどうなるものでもないし、
書かずにただ「おかげさまで・・・」
とかきれいごとを書くのは嘘くさい気がする。

P8050414-640x506

でも、もうそろそろ書かなければね。
難しく考えるのはやめよう。
淡々とお礼状をか書けばいい。

「洗濯物・・・」と、隣室でじいさんが言っている。
はいはい、取り込みますよ。

帽子かぶって炎天下
目下アタシはぎっくり腰よ
いつの間にやらやっちゃって
それでもやるさ
ハハハのハ(^'^)
イテテのテ(>_<)

今日はいろいろやけくそ気味デス。

* * * * * 

ブログランキングに参加しています

にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ
にほんブログ村

2020年8月 2日 (日)

これからが大変

やっと梅雨が明けたけど、
この地方の暑さはまだそれほどでもない。
晴れた日が少なかったから、
地面がまだ熱くなっていないせいだと私は思う。

遠くで雷が鳴り始めた。
夕立が来るかな?
「雨が降るんじゃないの?」と
隣りの部屋からじいさんの声がする。
洗濯物は先刻取り込んだから心配はいらない。

* * * * * 

じいさんは、少しずつ元のじいさんに戻りつつある。
一昨日、7月31日から、昼間は紙パンツを布パンに替えた。
「普通のパンツにするよ」と、自分で言い出したのだった。
(良かった!ひとつ進歩)と思った。

夜はまだ紙製品で完全装備しているけれど、
いつまでもこの状態が続くわけはないと思う。
けれども、私はいらんことは言わなくていい。
ただ、黙々と自分の務めを果たすだけだ。

もとのじいさんは、小うるさい年寄りだった。
その、小うるささも戻って来ている。
(何もできないくせに、文句ばかり言って)
と、孫たちは腹を立てている。
文句言うのも元気になった証拠なんだけど。

じいさんには、少々のひがっみぽさも戻ってきた。
「エアコンつけましょか?」と言ったら、
「何もしないで寝てるだけだからいらんよ」だって。
「いらんよ」の人にはつけないさ。
かりんの昼寝するこの部屋は、
エアコンがビンビンだわ♫

病人としての毎日も大変だったにちがいないけど、
少し元気になった半病人?の生活もつらいだろう。
気持ちが先走りして身体がついて行かれないのではないか。
それでも、もうもとの病人には戻れない。

おじいさん!
お前さま、これからが大変でございますなあ。

* * * * * 

ブログランキングにゆっくり参加しています。
応援していただきありがとうございます。

にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村

 

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

レジ袋ふうエコバッグ

新聞紙バッグ作り方